末永吉幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
末永 吉幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1948-01-03) 1948年1月3日(71歳)
身長
体重
173 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト6位
初出場 1968年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

末永 吉幸(すえなが よしゆき、1948年1月3日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手である。ポジションは内野手。日本ハム、中日、ロッテに所属した。

来歴・人物[編集]

小倉工では2年生の時、二塁手として1964年夏の甲子園に出場。1回戦で広陵高に延長11回裏逆転負けを喫する[1]。卒業後は鹿児島鉄道管理局に入社し、1966年都市対抗野球大会に出場[2]

1967年ドラフト6位で、東映フライヤーズに入団。1969年には一軍に定着、内野のユーティリティプレーヤーとして活躍する。主に大橋穣阪本敏三の控え遊撃手として起用されたが、1971年には主に遊撃手、三塁手として75試合、1974年には遊撃手、二塁手として93試合に先発出場を果たす。1975年オフに、渋谷幸春との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。しかし出場機会には恵まれず、1976年限りで自由契約となりロッテオリオンズに移籍した。ここでは代打や守備固めとして起用されるが、1979年限りで引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 東映
日拓
日本ハム
12 8 8 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .125 .125 .125 .250
1969 53 33 31 7 4 1 0 0 5 0 0 0 1 0 1 0 0 6 0 .129 .156 .161 .318
1970 95 146 133 13 24 1 3 1 34 7 3 2 1 2 9 0 1 23 3 .180 .234 .256 .490
1971 102 311 273 35 64 9 2 3 86 17 8 8 3 4 26 2 5 35 7 .234 .308 .315 .623
1972 87 225 182 23 50 10 1 1 65 24 4 5 6 6 24 1 7 19 4 .275 .370 .357 .727
1973 74 186 165 14 39 4 1 4 57 15 1 3 6 1 12 1 2 21 1 .418 .461 .345 .807
1974 105 359 306 37 81 11 3 7 119 27 11 6 17 1 33 2 2 31 6 .265 .339 .389 .728
1975 85 214 189 12 33 2 0 0 35 8 2 1 12 3 6 1 4 23 6 .175 .213 .185 .398
1976 中日 12 20 18 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 1 7 1 .167 .250 .222 .472
1977 ロッテ 73 160 146 12 34 4 0 5 53 20 2 5 2 2 7 0 3 19 2 .233 .278 .363 .641
1978 46 119 109 12 29 2 0 3 40 18 1 1 3 0 6 0 1 9 0 .266 .310 .367 .677
1979 11 13 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 1 .000 .154 .000 .154
通算:12年 755 1794 1571 166 362 45 10 24 499 138 32 31 51 19 127 7 26 196 32 .230 .295 .318 .613
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 23 (1968年 - 1971年)
  • 4 (1972年 - 1975年)
  • 43 (1976年)
  • 31 (1977年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]