2014年の北海道日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014年の北海道日本ハムファイターズ
成績
CS最終ステージ敗退
CSFinal:3勝4敗(対ソフトバンク
CS1st:2勝1敗(対オリックス
パシフィック・リーグ3位
73勝68敗3分 勝率.518
本拠地
都市 北海道札幌市豊平区
球場
札幌ドーム
Sapporo dome view from seats.jpg
球団組織
オーナー 小林浩
経営母体 日本ハム
監督 栗山英樹
« 2013
2015 »

2014年の北海道日本ハムファイターズでは、2014年北海道日本ハムファイターズの動向についてまとめる。

この年の北海道日本ハムファイターズは、栗山英樹監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 陽岱鋼
2 西川遥輝
3 大谷翔平
4 中田翔
5 ミランダ
6 小谷野栄一
7 稲葉篤紀
8 大引啓次
9 大野奨太
投手 吉川光夫
2014年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 オリックス -- オリックス -- オリックス -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク --
2位 ソフトバンク 3.0 ソフトバンク 2.0 ソフトバンク 1.5 オリックス 1.5 オリックス 1.5 オリックス 0.0
3位 ロッテ 4.5 日本ハム 6.0 日本ハム 9.0 日本ハム 8.0 日本ハム 9.5 日本ハム 6.5
4位 楽天 7.5 ロッテ 7.0 ロッテ 11.0 西武 14.5 西武 17.5 ロッテ 14.0
5位 日本ハム 楽天 10.5 楽天 14.5 ロッテ 15.0 ロッテ 18.5 西武 16.0
6位 西武 10.5 西武 12.5 西武 楽天 17.5 楽天 21.5 楽天 17.0

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
15 メンドーサ カンザスシティ・ロイヤルズ 新外国人
17 浦野博司 セガサミー ドラフト2位
20 クロッタ ワシントン・ナショナルズ傘下 新外国人
22 藤岡好明 福岡ソフトバンクホークス 鶴岡慎也のFA移籍に伴う人的補償
39 高梨裕稔 山梨学院大学 ドラフト4位
40 金平将至 東海理化 ドラフト5位
43 白村明弘 慶應義塾大学 ドラフト6位
62 佐藤祥万 横浜DeNAベイスターズ トレード移籍
捕手
56 市川友也 読売ジャイアンツ 金銭トレード
68 石川亮 帝京高 ドラフト8位
内野手
23 渡邉諒 東海大学甲府高 ドラフト1位
31 岡大海 明治大学 ドラフト3位
46 ミランダ メキシカンリーグ 新外国人
外野手
67 岸里亮佑 花巻東高 ドラフト7位

退団[編集]

選手名 去就
投手
ケッペル 米・レッズとマイナー契約
トーマス 米・エンゼルスとマイナー契約
榊原諒 オリックスと育成契約
ウルフ ソフトバンクと契約
糸数敬作 ダイビングショップ勤務
若竹竜士 アマチュア復帰(三菱重工神戸
植村祐介 打撃投手に転向
捕手
鶴岡慎也 ソフトバンクにFA移籍
内野手
二岡智宏 巨人と業務委託契約を締結
ホフパワー 未定
加藤政義 佐藤祥万とトレードでDeNAに移籍
岩舘学 スカウトに転向
外野手
浅沼寿紀 球団スタッフ・野球教室講師に就任

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
増渕竜義 45 東京ヤクルトスワローズ 3月31日、今浪隆博とトレード
カーター 70 サンディエゴ・パドレス傘下 4月21日、新外国人として加入

退団[編集]

選手名 去就
内野手
今浪隆博 3月31日、増渕竜義とトレードでヤクルトに移籍

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 試合結果[編集]

    レギュラーシーズン[編集]

    凡例
    日本ハムの勝利試合 日本ハムの敗北試合 引き分け 試合中止
    2014年 レギュラーシーズン

    順位表[編集]

    2014年パシフィック・リーグ最終成績
    順位 球団 勝率
    優勝 福岡ソフトバンクホークス 78 60 6 .565 ---
    2位 オリックス・バファローズ 80 62 2 .563 0.0
    3位 北海道日本ハムファイターズ 73 68 3 .518 6.5
    4位 千葉ロッテマリーンズ 66 76 2 .465 14.0
    5位 埼玉西武ライオンズ 63 77 4 .450 16.0
    6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 64 80 0 .444 17.0

    セ・パ交流戦[編集]

    日本生命セ・パ交流戦2014 最終成績
    順位 球団 勝率
    優勝 読売ジャイアンツ 16 8 0 .667 ---
    2位 福岡ソフトバンクホークス 14 8 2 .636 1.0
    3位 オリックス・バファローズ 14 10 0 .583 2.0
    4位 中日ドラゴンズ 13 10 1 .565 2.5
    5位 横浜DeNAベイスターズ 13 11 0 .542 3.0
    6位 千葉ロッテマリーンズ 12 12 0 .500 4.0
    7位 北海道日本ハムファイターズ 11 12 1 .478 4.5
    8位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 5.0
    9位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2 .455 5.0
    10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 15 0 .375 7.0
    11位 阪神タイガース 9 15 0 .375 7.0
    12位 広島東洋カープ 9 15 0 .375 7.0

    [注 1]

    クライマックスシリーズ[編集]

    2014 LAWSON クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ
    日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
    10月11日(土) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 6-3 オリックス・バファローズ 京セラドーム大阪
    10月12日(日) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 4-6 オリックス・バファローズ
    10月13日(月) 第3戦 台風19号の影響により順延
    10月14日(火) 北海道日本ハムファイターズ 2-1 オリックス・バファローズ
    勝者:北海道日本ハムファイターズ
    2014 LAWSON クライマックスシリーズ・パ ファイナルステージ
    日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
    アドバンテージ 北海道日本ハムファイターズ   福岡ソフトバンクホークス
    10月15日(水) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 2-3 福岡ソフトバンクホークス 福岡ヤフオク!ドーム
    10月16日(木) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 5-1 福岡ソフトバンクホークス
    10月17日(金) 第3戦 北海道日本ハムファイターズ 12-4 福岡ソフトバンクホークス
    10月18日(土) 第4戦 北海道日本ハムファイターズ 2-5 福岡ソフトバンクホークス
    10月19日(日) 第5戦 北海道日本ハムファイターズ 6-4 福岡ソフトバンクホークス
    10月20日(月) 第6戦 北海道日本ハムファイターズ 1-4 福岡ソフトバンクホークス
    勝者:福岡ソフトバンクホークス

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

    出典[編集]

    1. ^ 藤岡選手が入団会見 背番号は22に決定日本ハム球団公式サイト2014年1月7日配信
    2. ^ 二岡選手が引退会見日本ハム球団公式サイト2014年1月9日配信
    3. ^ 2014年チームスローガンは「前進せよ-トゥミコロクル-」 2014年1月24日 北海道日本ハムファイターズ公式サイト(2016年3月4日閲覧)
    4. ^ 交換トレード成立のお知らせ日本ハム球団公式サイト2014年3月31日配信
    5. ^ アンソニー・カーター選手と契約合意日本ハム球団公式サイト2014年4月21日配信