鎌田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鎌田 実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県三原郡広田村(現:南あわじ市
生年月日 (1939-03-08) 1939年3月8日(78歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1957年
初出場 1957年6月12日
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

鎌田 実(かまだ みのる、1939年3月8日 - )は、兵庫県三原郡広田村(現:南あわじ市)出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ解説者評論家

来歴[編集]

洲本高校時代は遊撃手で4番を打っていた。1956年夏の甲子園県予選で決勝に進出するも、今津光男擁する県尼崎高に敗退。甲子園出場を逸したが、同期には蔦行雄がいた。

卒業後は慶應義塾大学への進学を希望していたが、1957年大阪タイガースへ入団。当初は中日ドラゴンズに入団する予定だったが、鎌田を担当していた佐川直行スカウトがドラゴンズを解雇されてタイガースに移籍したことにより、「何だかよくわからないうちに」タイガースに入団することとなった[注釈 1]

タイガース入団後は「空前絶後の遊撃手」とまで言われた吉田義男がいたため、二塁手に転向。1959年白坂長栄の後を引き継いで二塁の定位置を獲得すると、1960年には初の規定打席(13位、打率.265)に到達する。主に二番打者として起用され、1962年のリーグ優勝に貢献。しかし、日本シリーズでは31打数4安打と真価を発揮できなかった。1964年には移籍入団の本屋敷錦吾にポジションを譲るが、その後も準レギュラーとして活躍。1966年には定位置を奪還する。1967年近鉄バファローズへ移籍。ここでも3年間、レギュラー二塁手をつとめた。1970年に阪神へ復帰し、1971年からは選手兼任コーチとなったが、1972年限りで現役引退。

引退後は西宮市苦楽園口駅前でスポーツ用品店を経営する傍ら、サンテレビ解説者デイリースポーツ評論家(1978年 - 1992年)を務めた。その後は近鉄で二軍総合アドバイザー(1993年)・一軍総合アドバイザー(1994年)を務めた。退団後は再びサンテレビ解説者・デイリースポーツ評論家を務めた後、2002年からは淡路島で少年野球教室「KBクラブ」を結成。2009年より神戸市で「KBAカマタベースボールアカデミー」を結成し、同年2月1日より阪神大学野球連盟神戸大学海事科学部野球部(神戸大学体育会硬式野球部とは別チーム)監督に就任。その傍らで芦屋市立山手中学校野球部の外部コーチとしても活躍。

遊撃・吉田、三塁・三宅秀史と共に「試合前のシートノックだけで金を取れる」と言われるほど「日本球界最強の鉄壁の内野陣」を構成する。

ただし一塁手遠井吾郎だけは、お世辞にも守備がうまいとは言えなかったため、「下手な一塁手に出てこられると邪魔だ」と、本来一塁手が捕るべき打球を鎌田がすべて処理した。なお、この指示に従って一塁から動かなかった遠井は「仏のゴローちゃん」と呼ばれた温厚な性格のためか「鎌田さんの言うとおりですから」と、嫌な顔ひとつしなかったという。

人物[編集]

鎌田も遊撃手として非常に高い能力があったようで、一時期 故障した吉田の代役として遊撃を任されたこともある。それを見た巨人が阪神にトレードを申し入れたということもあるという。そのプランでは吉田と共に名手と並び称された広岡達朗を二塁にコンバートし、鎌田を遊撃手に据えるというものであった。そのことからも、遊撃手としても半端ではない鎌田の技量が窺える。しかし、阪神がトレードを了承せず、この話は幻のまま終わったため、本人がこのトレード話を当時巨人監督の川上哲治から知らされたのは現役引退後だった。

鎌田は日本で初めてバックトスを導入した選手として知られる。1963年のフロリダキャンプで現地の選手のバックトスを目の当たりにした鎌田は、「このプレーを日本でも定着させたい」と思い、練習を始める[1]。3年後、ついにバックトスを自在に使えるようになるが、マスコミ嫌いのため「このチームでバックトスをして、万一失敗したらマスコミがうるさいから」と、ほとんど使用しなかった。それでも、チームの危機にはバックトスを使って併殺を築き、相手チームの反撃を絶った。このとき受け皿となった吉田はのちに「お互いプロだし、守備についてのプライドもある。だから初めて見た時は驚いたけど、驚かないフリをした(笑)」と語っている。

近鉄移籍後、「これで自由にバックトスが使える」と思ったが、いきなり遊撃手がボールを捕れずにエラー。翌1968年から監督を務めた三原脩からは「バックトスを使うな」と厳命された。納得できぬ鎌田は「なぜバックトスを使ってはいけないのか」と、大監督である三原に食って掛かった。「他の野手のレベルが低く、鎌田のバックトスに対応できなかったから」と諭そうとする三原に対し、「それは他の内野手の問題で、私のバックトスに問題があるわけではない。むしろ、併殺の可能性が高まるので、バックトスは積極的にするべきだ」とさらに反論。三原は「私も昔バックトスをやろうとしたができなかった」などと話をうやむやにするしかなかったという。その後はバックトスを封印していたが、一度だけバックトスを行い、サヨナラ負けのピンチを救った。これ以降、三原は鎌田に対し「先輩」というあだ名で呼ぶようになったという。また、2000年に行われた阪神巨人OB戦では往年のバックトスを披露した(ただし、打球は正面に近く、技を見せるためにわざとバックトスをしていた)。

飛行機の移動が苦手で、試合中チームを離れて、次の試合に備えて一人夜行列車で移動したこともある。これは前述のフロリダキャンプの際、他のメンバーが熟睡する中、一人起きていた鎌田はものすごい大雨の中を飛行機が飛び立つという経験をし、恐怖を覚えたからだという。つまり、鎌田はバックトスと共に飛行機恐怖症も一緒に覚えて帰ったということになる。

バッティングにも特徴のある選手で、いわゆる悪球打ちの打者であった[1]。バッティングのストライクゾーンが頭の上まであったという[1]。この打撃に「大根切り打法」という呼び名もついていた[1]。これは、頭の高さのボールであっても強引に叩きつけ、ヒットにするバッティングであったことから命名された[1]。その一方で真ん中のボールに弱いという弱点も持っていた[1]選球眼に難があり、ボールゾーンスイング率が高く、打率出塁率がほぼ変わらなかった。IsoD(出塁率-打率)が.028と4000打数以上の歴代選手の中では最も低い数字となっている[2]1959年には106試合出場で、IsoDが.006,1961年には全試合出場を果たしながら.013しかなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 阪神 45 92 85 4 11 1 0 0 12 5 1 0 3 0 1 0 3 13 2 .129 .169 .141 .310
1958 67 139 128 9 23 4 3 1 36 13 3 1 6 1 3 0 1 18 0 .180 .203 .281 .484
1959 106 371 360 31 86 16 4 2 116 17 1 6 7 1 2 0 1 23 8 .239 .245 .322 .567
1960 130 468 449 32 119 16 3 3 150 39 11 8 3 1 14 1 1 35 4 .265 .288 .334 .622
1961 130 522 500 56 130 17 4 4 167 36 14 11 10 2 9 1 1 29 9 .260 .273 .334 .607
1962 133 571 532 41 106 10 5 1 129 23 2 10 9 2 25 1 3 59 9 .199 .238 .242 .481
1963 110 416 400 43 104 12 3 1 125 26 5 4 1 2 13 0 0 13 5 .250 .282 .313 .594
1964 53 154 148 11 26 2 1 0 30 6 2 1 1 1 3 0 1 11 2 .176 .196 .203 .399
1965 88 227 213 13 45 4 1 1 54 10 4 1 1 1 12 1 0 31 6 .211 .252 .254 .506
1966 92 272 250 20 50 8 1 2 66 12 2 3 6 0 16 4 0 11 3 .200 .248 .264 .512
1967 近鉄 112 441 420 52 105 15 1 2 128 16 16 4 9 2 9 0 1 50 3 .250 .266 .305 .571
1968 124 429 390 38 89 11 2 3 113 25 15 4 19 2 17 1 1 25 5 .228 .261 .290 .551
1969 114 302 278 24 63 10 2 2 83 18 2 3 9 1 13 1 1 20 5 .227 .263 .299 .561
1970 阪神 108 213 186 23 54 5 3 2 71 12 3 2 15 0 12 0 0 12 5 .290 .333 .382 .715
1971 62 116 104 5 28 2 0 0 30 6 3 1 8 0 4 1 0 9 0 .269 .296 .288 .585
1972 8 10 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
通算:16年 1482 4743 4451 403 1041 133 33 24 1312 264 84 59 109 16 153 11 14 360 66 .234 .261 .295 .555
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 41 (1957年 - 1966年、1970年 - 1972年)
  • 8 (1967年 - 1969年)
  • 71 (1993年 - 1994年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『21世紀の野球理論―もっと上手になる120の鉄則』デイリースポーツ社(共著・編集)。神戸新聞出版センター。2002年。128頁。ISBN 4343001776

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 鎌田と同様に、佐川直行スカウトの移籍によって入団先がドラゴンズからタイガースに変更になった選手に並木輝男がいる。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]