加藤哲郎 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 哲郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1964-04-12) 1964年4月12日(52歳)
身長
体重
185 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト1位
初出場 1983年10月21日
最終出場 1994年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 哲郎(かとう てつろう、1964年4月12日 - )は、宮崎県宮崎郡佐土原町(現:宮崎市)出身の元プロ野球選手投手)・野球解説者タレント。血液型はAB型。身長185cm、体重90kg。

来歴・人物[編集]

宮崎日大高から1982年度プロ野球ドラフト会議にて1位指名で近鉄バファローズに入団。速球フォークボールを武器に1986年から徐々に頭角を現し、中継ぎとしてチームに貢献。

ペナント最終戦でチームが逆マジックをかけたものの敗れた1988年10.19を参照[1])や、2位オリックスとゲーム差なし、3位西武と0.5ゲーム差で熾烈な争いを展開し優勝した1989年は、先発・中継ぎにフル回転した。10.19でも延長戦でイニングを3分以内に終わらせなければ引き分けで事実上西武の優勝が確実となった場面で登板した。

1989年10月12日の西武とのダブルヘッダーに連勝した近鉄は、マジック1として10月14日藤井寺球場での対福岡ダイエーホークス戦において先発した加藤は6回1/3を1失点で勝利投手となった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでも3試合に登板するが、勝利投手となった第3戦での試合後のインタビューでの発言内容がクローズアップされ、話題となった(詳細は後述)。

1990年は右肩の故障で成績が低迷、1991年に中継ぎで6勝無敗の成績を挙げたものの、その後再度右肩を痛め、1993年11月に近鉄を自由契約となり、入団テストを経て広島東洋カープへ移籍。広島ではサイドスローへ転向し、通算150試合登板を果たすも1年で戦力外通告を言い渡される。1994年11月、福岡ダイエーホークスの入団テストを受け合格するが、一軍登板がないまま現役を引退。

その後、1998年から4年間朝日放送主に(ABCラジオ)で野球解説者をすると同時にオフィス斬に所属し俳優をした後、焼肉店「猛牛軍団」の店長を務めていていたが、退職[2]。現在は、麻雀教室の講師を担当している。

巨人との日本シリーズでの発言[編集]

近鉄と巨人が対戦した1989年の日本シリーズで、加藤は10月24日の第3戦(東京ドーム)に近鉄の先発投手として登板。挙式を控えた婚約者も観戦する中、6回1/3を3安打無失点に抑え勝利投手となり、近鉄は3連勝で日本一に王手をかけたが[3]、試合後のインタビューで「巨人はパ・リーグ最下位のロッテより弱い」と発言したとして、各種メディアによって報じられた。

第4戦から巨人が3連勝し両チーム3勝3敗となり、加藤は優勝のかかった10月29日の最終第7戦(藤井寺球場)に再び先発したが、2回表に駒田徳広に先制のソロ本塁打を打たれ、この時駒田に「バーカ!」と近鉄ベンチに向かって叫ばれる[4]など、3回3分の1を投げて3失点で降板。近鉄は試合に敗れ、悲願の日本一を逃した。しかし加藤は後に「お願い!ランキング」において駒田と対談した際に、「あのバカ発言は聞こえていなかった」と駒田に述べており、「もし聞こえていたら次の打席で頭に死球を当てていたと思う」とも振り返っている。この発言には駒田も「もし聞こえたら(頭部に)ぶつけられるのも覚悟しようと思っていた」と発言している[5]

近鉄球団は、球団50周年記念誌『感動の軌跡』で、加藤がロッテとの比較への言及については否定しているとし、「一選手の発言がシリーズを左右すると判断してはおかしい。(中略)それで勝負が決まるほど単純なものではないだろう」という見解を示している[6]

後年、駒田はベースボール・マガジン社の取材に「勝負の世界ですから、何を言われても仕方がないでしょう。僕は、プロ野球はああいう発言もアリだと思うんです」「(第7戦の「バーカ!」発言は)第3戦の彼の発言のことを言ったのではなく、あくまで第7戦に限ってのことです。先制ホームランを打った勢いが言わせた部分もあったろうし、巨人ファンの勢いがそう言わせたのかもしれない」[7]と答えている。しかし、勝敗については「1人の選手の発言で勝敗がひっくり返るほど、プロ野球の世界は甘くないですよ。」と前置きした上で、次のように述べている。「ただ、あの第7戦に関しては、何か特別なものがあったと僕は思う。(中略)日本シリーズが終わってから先輩の岡崎さんが言った言葉です。巨人が3つ負けたのは、自分たちの力がなかったからだ。巨人が3連勝したのは、自分たちが頑張ったからだ。そして最後の1つは、胸のGIANTSの6文字が勝たせてくれた、と。(中略)巨人でプレーしていると、チームの影響力の大きさを実感することは案外と少ないんですが、この第7戦はそれを強く感じました。われわれが加藤君の発言に怒る前に、世の中のファンが近鉄を萎縮させてしまった。言ってみれば、巨人というチームの影響力が彼らを萎縮させたんです[8]」。

加藤自身は二宮清純との対談で、報知新聞の近鉄担当記者に「(巨人は)ロッテより弱いんちゃうの?」と振られ、「あれだけ、ええピッチャーおったら(リーグ)優勝するで。でも打線はアカンなぁ」と答えた。すると、後半部分だけが、「巨人はロッテより弱い」という話にすり替えられたと主張している[9]

なお、当時同僚の阿波野秀幸は、加藤の人物像にも関連づけて「普段から(自分が勝利投手になったときの相手を)『きょうは手ごたえがなかった』とか言える男なんですよ」「(あの発言は)普段どおり」「(本人にとっては)特別挑発的なことを言ったわけではない」と振り返っている[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.0 7 2 1 0 0 2 0 0 3 3 6.75 2.00
1984 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 11 1.1 5 1 3 0 0 0 0 0 6 6 40.50 6.00
1986 23 5 0 0 0 0 4 0 -- .000 261 57.1 63 8 32 0 7 44 11 0 31 25 3.92 1.66
1987 38 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 357 78.2 81 10 49 0 5 39 2 0 56 54 6.18 1.65
1988 31 6 0 0 0 3 3 1 -- .500 268 59.2 64 7 33 3 2 46 3 0 24 23 3.47 1.63
1989 24 13 2 1 0 7 2 1 -- .778 416 94.0 98 11 49 2 3 61 5 0 41 40 3.83 1.56
1990 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 1 0 3 0 0 0 0 0 1 1 3.00 1.33
1991 21 0 0 0 0 6 0 4 -- 1.000 156 37.2 32 2 16 1 0 24 2 0 13 13 3.11 1.27
1992 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 9.0 14 0 1 0 2 4 0 0 9 8 8.00 1.67
1994 広島 7 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 43 9.2 11 3 4 0 0 6 0 0 8 8 7.45 1.55
通算:10年 151 25 2 1 0 17 12 6 -- .586 1588 354.1 376 44 191 6 19 226 23 0 192 181 4.60 1.59

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1983年 - 1993年)
  • 22 (1994年)
  • 56 (1995年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

野球解説者として[編集]

俳優・タレントとして[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・その他の番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、10.19では優勝がほぼ消滅した10回裏から登板している
  2. ^ 二宮清純責任編集SPORTS COMMUNICATIONS「野球 : 元近鉄・加藤哲郎、「巨人はロッテより弱い」発言の真相」(2011年10月13日)
  3. ^ 1989年10月25日日刊スポーツ2頁 この紙面でも「ロッテより…」との発言という記述は見当たらない。
  4. ^ 週刊ベースボール 2013年1月21日号20頁、25頁
  5. ^ ライブドアニュース[1]、2015年3月14日閲覧
  6. ^ 大阪近鉄バファローズ『感動の軌跡: 大阪近鉄バファローズ創立50年記念誌』 大阪近鉄バファローズ、2000年 ページ数 316
  7. ^ ベースボール・マガジン社『プロ野球日本シリーズ 1950~2008』、山口真一「【メディアとファンと日本シリーズ】3勝3敗、最後のピース。 巨人-近鉄、伝説の「1989」」 pp.9-10
  8. ^ 前掲、山口 p.11
  9. ^ 二宮清純「プロ野球伝説の検証」 『文藝春秋』2011年11月号 抄録野球 : 元近鉄・加藤哲郎、「巨人はロッテより弱い」発言の真相 投稿日時: 2011-10-13 19:23:46
  10. ^ ベースボールマガジン 2009年3月号53頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]