藤田晋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじた すすむ
藤田 晋
生誕 (1973-05-16) 1973年5月16日(50歳)
日本の旗 日本福井県鯖江市
出身校 青山学院大学経営学部
職業 実業家
団体 サイバーエージェント
代表取締役社長
AbemaTV 代表取締役
AbemaNews 代表取締役
FC町田ゼルビア 代表取締役社長
配偶者 奥菜恵(2004年1月 - 2005年7月)
元秘書の女性(2009年 - )
テンプレートを表示

藤田 晋(ふじた すすむ[1]1973年5月16日[2] - )は、日本実業家馬主株式会社サイバーエージェント代表取締役社長、株式会社AbemaTV代表取締役社長、株式会社ゼルビア代表取締役社長兼CEO、一般社団法人Mリーグ機構代表理事・チェアマン一般社団法人新経済連盟副代表理事、一般社団法人パッションリーダーズ特別顧問。

フォーブス誌によると2021年日本長者番付 RANKING TOP 50にて第33位にランクイン。資産額は1,944億円。

来歴[編集]

福井県鯖江市に生まれ、高校卒業までを鯖江で過ごす[3]福井県立武生高等学校を卒業した後、上京、青山学院大学経営学部へ進学する[4][4]。在学中は麻雀にのめりこみ、一時期はプロ入りも考える程だった。留年の後卒業後、人材派遣会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア)での勤務を経て、1998年に起業[5]。株式会社サイバーエージェントを設立し、同社の代表取締役に就任。2000年、26歳当時、同社の東証マザーズ上場を当時史上最年少で果たした[6]

2006年にはJリーグ東京ヴェルディ1969を運営する日本テレビフットボールクラブの副社長に就任[7]。しかし成績低迷などを理由として2年後に東京Vの運営から撤退した[8]

2007年、世界経済フォーラム主催のヤング・グローバル・リーダーに選出される。同団体には、楽天の三木谷浩史、Google共同創立者の セルゲイ・ブリンラリー・ペイジ、オンライン百科事典「Wikipedia」の創始者であるジミー・ウェールズ、テスラモーターズCEOのイーロン・マスクなどが選出されている。

2010年、The Japan Timesが発表する「次世代を担う100人のCEO アジア2010」に選出される。

2013年、秋元康幻冬舎見城徹エイベックス松浦勝人らと女性向け雑誌「DRESS(ドレス)」を発売するために株式会社giftを設立(3億4200万円の赤字を出して2015年に売却[9])した[10]

2014年、日経ビジネス「社長が選ぶベスト社長」に選出される。

2015年、アメリカ・フォーブス誌発表の「Japan's 50 Richest People」において、43位にランクインする。

2016年4月、カイシャの評判 「経営手腕が優れている社長」ランキング(IT・WEB業界編)で第2位にランクインする。第1位はソフトバンクグループの孫正義であった。

2018年10月、サイバーエージェントがJリーグ・FC町田ゼルビアを運営する株式会社ゼルビアの株の8割を約11億円で買収し経営権を取得[11]、藤田は町田のオーナーに就任した[8]。2022年12月にはゼルビアの代表取締役社長・最高経営責任者(CEO)に就任している[12]

2021年、日本長者番付 RANKING TOP 50にて第33位にランクイン。資産額は1,944億円[13]

一般社団法人新経済連盟副代表理事[14]

私生活[編集]

もともと金銭への執着はあまり無いほうで、自社株公開後にそれなりの個人資産を得てからますます金銭欲が薄れたという[15]

父親は大手企業(カネボウ)勤務のサラリーマンであった[16]。その父のようになるのが嫌であったのだという。若年の頃にはミュージシャンを真剣に目指した時期もあったものの、高校3年頃、自身の音楽的才能に疑問を抱くに至り断念。実業の道を志し始めたのもちょうど同時期のことであったという[17]。当時、口から出任せで「将来レコード会社を作ってみんなをデビューさせてやる」と仲間に対して吹聴していた。それが起業を意識したきっかけであったのかもしれない、と語っている[6]

2000年代に「ヒルズ族」として語られていたものの、実際には、2009年の再婚後に入居するまで六本木ヒルズとはまったく無関係であった。

交友関係は広く、ライブドア代表取締役社長CEOの堀江貴文を始め、ピーチ・ジョン社長の野口美佳、株式会社麻生の代表取締役社長である麻生巌、幻冬舎代表取締役社長の見城徹、テレビ朝日早河洋島田紳助飯島愛Gackt市川海老蔵など、各界に渡る。ピーチ・ジョンの野口とは古くからの付き合いで2006年に6000人を集めた企業家セミナーを共催し、酒席で意気投合したテレ朝の早河とは、2016年3月1日AbemaTVを発足させている。

趣味[編集]

音楽[編集]

ヒップホップを好み、「Rhymester」のファンである[18]

競馬[編集]

麻雀[編集]

小学生時代に友達の親から麻雀を教わって以降、大学時代に至るまで麻雀に親しんでいた。大学入学後すぐに桜井章一率いる雀鬼会に通い、厚木のフリー雀荘で働くまで1年半にわたって通い続けていた[19][20]。月に2~300半荘打ちこみ、一時はプロを目指したほどの腕前で、「ビジネスで大事なことの非常に多くのことを麻雀を通じて学んだ」とも話している[21]将棋棋士鈴木大介とは当時雀鬼会でよく卓を囲んでいた仲間だが、当時は鈴木が将棋棋士だとは知らなかった[22]

2014年12月には麻雀最強戦に優勝し、最強位となった。[20]

2016年「RTD inc.」のプロデュースのもと、AbemaTVにおいて「藤田晋invitational RTDリーグ」を開催。主催者として、予選BLACK DIVISION・WHITE DIVISION両リーグに唯一出場。麻雀プロ団体の垣根を越えて招集した14名のトッププロとの年間138試合という長期リーグにおいて、第一回の準優勝を飾った。優勝した多井隆晴は「藤田さんは、局面を俯瞰で捉えることができる数少ないプレイヤー。自分の視点、相手の視点、客観的な視点という麻雀で大事な視点を3つ全て持ってる」と話している[23]

麻雀最強戦での優勝を機に麻雀の勉強をし直し、2016年は趣味の釣りとゴルフを一切やらなくなり[24]、自身の別荘ではプロ雀士とともに合宿を行うなど、その実力は「あの頃(最強戦)に比べたら圧倒的に強い。地力がついた」と述懐している[25]。一方でAbemaTVの麻雀チャンネルに頻繁に出演しているため、一部の人間から「この社長、全然仕事してないな」と思われているという[22]

2017年、2回目となるRTDリーグにおいて去年に引き続き予選両リーグに出場するも、ともに6位で予選敗退。2018年は、自身の仕事のスケジュールの問題とコンディションの調整の兼ね合いもあって、出場を断念した。

2018年7月、競技麻雀のプロリーグ『Mリーグ』を運営する一般社団法人Mリーグ機構を設立し、初代代表理事(チェアマン)に就任。またサイバーエージェントを母体に同リーグに参戦する「渋谷ABEMAS」の監督も務めることになった。

その他[編集]

釣りが趣味で、小型船舶操縦士免許を所有[26]

東京ヤクルトスワローズのファン。2010年12月に日刊スポーツが「サイバーエージェントがヤクルトを買収」と報じた[27]際には「初耳です(笑)」と驚いた様子をTwitterで明らかにした[28]

神の雫』を読んだことがきっかけで、ワインにハマっている[29]

2014年10月に氏の経営者ブログにて掲載された『私が退職希望者に「激怒」した理由』という記事が炎上し、パワハラではないかと言われた事がある。

婚姻歴[編集]

2004年1月に女優の奥菜恵と結婚するが、翌2005年の7月に離婚[30]。2009年に自身の元秘書の女性と再婚している。[31]

財界活動[編集]

2012年6月から一般社団法人新経済連盟理事。

2016年現在、一般社団法人新経済連盟副代表理事。[32][33]

書籍[編集]

著書[編集]

著書(デジタル書籍)[編集]

  • 「藤田晋のかけこみ人生相談」(2016年8月26日、幻冬舎)

他。

出演[編集]

映画[編集]

  • 麻雀最強戦 the movie(2022年11月18日公開、マグネタイズ)監督:原澤遊風 - ナビゲーター[34]

馬主活動[編集]

かねてより競馬に入れ込んでおり、2008年には第53回有馬記念において、ダイワスカーレットアドマイヤモナークの馬連(294.9倍)を5万円購入して的中させ、1474万5000円という払い戻しを得た[35]。好きな馬はトウカイテイオーマイネルラヴ[36]

藤田の勝負服

子会社のCygamesが開発・運営するゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のヒットもあり、「競馬界に還元したい」として馬主活動を開始した[37]。それまで、起業時の恩師であるUSEN宇野康秀から「フェラーリだけ買わなければ自由にしていい」と馬主になることは禁じられていた[36]。しかし、2020年に宇野から「もう馬を買ってもいいよ」と許可が出たことに加えて、同年に雑誌で対談した武豊からも馬主になることを勧められて馬主になることを決めた[36]。2021年2月、その武豊との食事の席に同席した森秀行調教師が馬主申請書を持参しており、3月には森の薦めによりアメリカのトレーニングセールで2歳馬を4頭購入している[36]

2021年5月21日に行われた千葉サラブレッドセールディープインパクト産駒の牡馬「プレミアステップスの2019」を4億7010万円(税抜)で落札した[38]。この金額は同セールの歴代最高額であり、他の国内セールを含めても歴代5位となる金額であった[38]。また、同年7月13日、7月14日にかけて行われたセレクトセールにて、ハーツクライ産駒やキズナ産駒をはじめとした計18頭を、総額23億6700万円で購買したことも大きく話題となった[39][40][41]

2021年7月、JRAの馬主登録が認可される。勝負服の柄は「海老、袖白二本輪」[42]。大好きなワイン色にちなんでおり[36]、有資格初年度にデビューさせた所有馬5頭の馬名はJRAの競走馬情報には「人名」や「地名」と登録されているが、実際はすべてワインの銘が由来となっていると自身のInstagramで投稿している[43]

馬名については「実況に呼ばれた際の音感」「名馬になったらかっこいいか」「個人的な趣味」「読みやすさ、覚えやすさ」をもとにして命名している[44]。初年度は前述の通りワイン、2年目以降はヒップホップ由来の命名が多い[45]

2021年8月14日、自身の所有馬でアメリカで購入したうちの1頭であるデュガ[36]が小倉9R・フェニックス賞(OP)でデビュー(結果は3着)[46]し、馬主としてのキャリアをスタートさせた。

2021年9月4日、札幌5Rでドーブネ(前述の「プレミアステップスの2019」)が1着となり、馬主として初勝利を挙げた[47]

2022年2月2日、姫路10R・鉢伏山特別でラヤスが勝利し、藤田が初年度に所有した5頭すべてが勝ち上がった[48]

2022年4月9日、所有馬であるジャングロ中山競馬場で行われた11R・ニュージーランドトロフィーで勝利し、馬主として初の重賞勝利を遂げた[49]

2023年11月3日、JBC2歳優駿で所有馬であるフォーエバーヤングが勝利し地方重賞初制覇。

2023年12月13日、所有馬であるフォーエバーヤングがG1級競走である全日本2歳優駿を勝利し、G1級重賞初制覇を遂げた。

2024年2月24日、フォーエバーヤングがサウジダービーを勝利し、海外重賞初制覇[50]

1960年代から80年代にかけてハッピープログレスなどを所有した馬主の藤田晋とは同姓同名の別人である。

主な所有馬[編集]

GI級競走優勝馬[編集]

太字はGI・JpnI競走

重賞競走優勝馬[編集]

その他の所有馬[編集]

出典[編集]

  1. ^ 《私のアラサー論》社会の価値観の揺り戻しに戸惑っている(2/2)』 2010年1月7日 東洋経済オンライン
  2. ^ ワールドカップ2006 藤田晋・ワールドカップと私(2/2)』 公開時期不詳 ライブドアスポーツ
  3. ^ メガネザンマイ | 第20回メガネベストドレッサー賞 ― スペシャルインタビュー:藤田晋』 公開時期不詳 鯖江メガネファクトリー
  4. ^ a b 人格劣る稼ぎ頭は、出世させるべきか 「手放せない人の条件」有名社長がアドバイス【藤田晋 サイバーエージェント社長兼CEO】(1/3)』 2012年1月23日 プレジデント
  5. ^ 日本新聞協会 よんどく!|IT社長インタビュー|#03』 2009年6月 日本新聞協会
  6. ^ a b 寄付講座:第4回 株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長CEO 藤田 晋 氏』 2011年5月18日 青山学院大学寄付講座
  7. ^ 役員人事及び第三者割当て増資について(4/18)』(プレスリリース)株式会社日本テレビフットボールクラブ、2006年4月18日http://www.verdy.co.jp/topics/club-info/club-info-2006/20060418-2.html 
  8. ^ a b 藤田氏、東京V時代教訓生かし11億で町田子会社化”. 日刊スポーツ (2018年10月1日). 2020年5月13日閲覧。
  9. ^ 幻冬舎が雑誌「ドレス」を発行するgiftを5090万円で売却 WWD JAPAN 2014年12月12日
  10. ^ 秋元康が新ビジネスに自信!松浦勝人×見城徹×藤田晋ら時代の寵児とタッグ! 2012年10月29日 シネマトゥデイ
  11. ^ J1ライセンス取得に向けたクラブの体制強化について』(プレスリリース)FC町田ゼルビア、2018年10月1日http://www.zelvia.co.jp/news/news-130595/2018年11月26日閲覧 
  12. ^ 株式会社ゼルビア 代表取締役社長交代のお知らせ - FC町田ゼルビア・2022年10月24日
  13. ^ フォーブス日本の富豪50人・億万長者ランキング(2021年版) | ORICON NEWS”. 2021年7月5日閲覧。
  14. ^ 理事・監査役・顧問・幹事新経済連盟
  15. ^ お金より大切なものを探すには―藤田 晋(1/2)』 2009年7月14日 プレジデント
  16. ^ 【父の教え】サイバーエージェント社長・藤田晋さん 愛社精神を持ち続けた姿+(1/2ページ)』 2014年3月5日 MSN産経ニュース
  17. ^ Susumu Fujita | 100 Next-Era CEOs in Asia 2010』 2010年 ジャパンタイムズ (英語)
  18. ^ 経営者ブログサイバーエージェント社長 ヒップホップ文化からもらった反骨心』 2016年4月27日 日経カレッジカフェ
  19. ^ 元・雀鬼会! サイバーエージェント社長・藤田晋の麻雀
  20. ^ a b 麻雀最強戦、優勝! - 渋谷ではたらく社長のアメブロ・2014年12月14日
  21. ^ https://www.youtube.com/watch?v=M2-MZLhIet8&t=212s
  22. ^ a b 羽生善治三冠とサイバーエージェント藤田社長、二人の考える将棋のいいところとは? - 日本将棋連盟・2017年8月4日
  23. ^ https://rtdmonthly.amebaownd.com/posts/1903272
  24. ^ https://ameblo.jp/shibuya/entry-12233634328.html
  25. ^ GOTETHE ゲーテ 4月号 P94,95 2017年4月1日
  26. ^ 「一緒に働きたい」と思われるための3カ条 藤田 晋 氏
  27. ^ ヤクルト身売りサイバーエージェント有力 - 日刊スポーツ・2010年12月4日
  28. ^ サイバー社長 ツイッターで「初耳 ヤクルトファンだから嬉しいけど」 - スポニチアネックス・2010年12月4日
  29. ^ ワインに魅せられた男たち
  30. ^ 離婚報告もブログの時代--サイバーエージェント藤田氏と奥菜恵が破局』 2005年7月22日 CNET Japan
  31. ^ 藤田晋社長、ブログで再婚報告「子供が早くほしい」』 2009年8月9日 日テレNEWS24
  32. ^ 理事・監査役|会員一覧 - 新経済連盟
  33. ^ 新経済連盟と加盟企業
  34. ^ 麻雀最強戦 the movie - allcinema 2024年3月9日閲覧
  35. ^ サイバーエージェントの藤田晋社長、有馬記念で1,500万円当てる。』 2008年12月29日 ナリナリドットコム - ライブドアニュース
  36. ^ a b c d e f 早く活躍馬出して「ウマ娘」へ 競馬界参入の藤田晋オーナー特別インタビュー”. スポーツ報知 (2021年9月1日). 2021年9月1日閲覧。
  37. ^ 【セレクトセール】藤田晋氏が15.4億円爆買い「ウマ娘」社長「競馬界に還元できれば」”. デイリー. デイリースポーツ (2021年7月13日). 2021年7月21日閲覧。
  38. ^ a b ディープ産駒4億7010万円で落札 落札者はサイバー藤田晋氏|極ウマ・プレミアム”. p.nikkansports.com. 2021年5月24日閲覧。
  39. ^ “【セレクトセール2021】藤田晋氏「ウマ娘」買い!2日間で23億6700万円”. サンケイスポーツ. (2021年7月14日). https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20210714/etc21071404570004-s.html 2021年7月14日閲覧。 
  40. ^ “【セレクトセール】藤田晋氏が2日目も爆買い 総額23億6700万円に”. ネット競馬. (2021年7月14日). https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=190294 2021年7月14日閲覧。 
  41. ^ 【セレクトセール2021】サイバーエージェント藤田晋氏が総売上の10分の1を購入 消費税だけで2億3670万円”. netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2021年7月13日). 2021年7月21日閲覧。
  42. ^ 藤田晋 | 馬主データ(netkeiba)
  43. ^ Instagram”. www.instagram.com. 2024年2月10日閲覧。
  44. ^ 【藤田晋の新人馬主日記】ワインからヒップホップ ”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2022年2月22日). 2024年2月24日閲覧。
  45. ^ Dr.コパ×藤田晋 スペシャルビッグ対談(前編) 二人のオーナーの競馬との出合いやこだわりを語り合う”. サンケイスポーツ. 産経デジタル (2023年2月21日). 2024年2月24日閲覧。
  46. ^ フェニックス賞(OP) 結果・払戻”. netkeiba.com (2021年9月5日). 2021年8月14日閲覧。
  47. ^ サイバーエージェント藤田晋オーナーが札幌5Rで馬主初勝利 自身のツイッターで「ドーブネ勝った!!」喜び表現”. スポーツ報知 (2021年9月5日). 2021年9月5日閲覧。
  48. ^ 大井ふみ. “最後の1頭が「落ちこぼれ説」を一掃する圧勝劇!? 初年度勝ち上がり率は驚愕の100%達成…凄腕馬主は話題のあの人”. GJ | 真剣勝負の裏にある真実に斬り込むニュースサイト. 2022年3月15日閲覧。
  49. ^ 【ニュージーランドT】「ウマ娘」藤田晋氏が重賞初勝利!ジャングロで逃げ切る!(競馬のおはなし)”. Yahoo!ニュース. 2022年4月9日閲覧。
  50. ^ 【サウジダービー】フォーエバーヤングV!「ウマ娘」藤田晋オーナー、海外重賞初制覇 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年2月24日閲覧。
  51. ^ フォーエバーヤング (Forever Young) | 競走馬データ - netkeiba”. netkeiba.com. 2024年2月24日閲覧。
  52. ^ ジャングロ - netkeiba.com
  53. ^ シンエンペラー - netkeiba.com
  54. ^ ドーブネ - netkeiba.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]