高宮まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高宮 まり
Mari Takamiya 2019.jpg
2019年撮影
基本情報
出身地 茨城県
生年月日 (1988-11-08) 1988年11月8日(31歳)
プロ入会 2010年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
ドラフト 2018年/2巡目
2018- KONAMI麻雀格闘倶楽部
テンプレートを表示

高宮 まり[* 1](たかみや まり、1988年11月8日 - )は、日本プロ雀士茨城県出身。日本プロ麻雀連盟所属、27期生、四段。また、グラビアアイドルとしても活動しており、雀士とグラビアアイドルの活動を両立している[1]。身長152cm。血液型はO型。

来歴[編集]

2013年に「女流モンド杯」に初出場。決勝卓に進出すると、予選トップの宮内こずえを追い落として、2半荘連続のトップで文句なしの初優勝。続く「麻雀 Battle Royal」でも先鋒として大きなリードによりチーム優勝に貢献する等、大舞台での勝負強さを印象付けた。雀士としての目標は、鳳凰位を取ること[1]である。

グラビアアイドルとしての活動では、2nd DVD『高宮まり 女神降臨』が2014年11月17日付オリコン・アイドルイメージDVD週間ランキングで1位を獲得[2]

2018年7月に発足した競技麻雀のプロリーグ・Mリーグにて、KONAMI麻雀格闘倶楽部からドラフト2巡目指名される。[3]

人物 [編集]

思い切りのよい攻撃型の雀風から「猛撃プリンセス」というキャッチフレーズがデビュー時から用いられていたが、本人によると「あまり浸透していません」[* 2]。また、近年では「淑女なベルセルク」というキャッチフレーズが使われることも多い。

登山が趣味で、モンド麻雀プロリーグの番外編として「第1回サバイバルウォーキング杯」や「高宮登山部」といった企画が放送されたこともある。

獲得タイトル[編集]

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018[4] KONAMI麻雀格闘倶楽部 16 -273.9 19/21 6011 17/21 0.63 19/21
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率
2019[5] KONAMI麻雀格闘倶楽部 21 99.5 9/29 47600 25/29 0.8095 7/29

※個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

著書[編集]

イメージDVD[編集]

  • 高宮まり テンパイ-聴牌-(2013年4月、エスデジタル
  • 高宮まり 女神降臨(2014年11月5日、AMGエンタテインメント)
  • 高宮まり まりさんぽ(2015年12月18日、 イーネット・フロンティア)
  • 高宮まり 天和(2016年12月23日、エスデジタル)
  • 高宮まり Stay with you(2017年7月28日、スパイスビジュアル)
  • 高宮まり 秘密の時間(2018年1月18日、ギルド)
  • 高宮まり 立直-リーチ-(2018年10月26日、エスデジタル)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本人ブログのタイトル等には「高宮茉莉」の表記が用いられている。
  2. ^ 2013年10月5日の本人twitterによる。

出典[編集]

  1. ^ a b 美しすぎるGカッププロ雀士の高宮まりが魅せた”. zakzak. SANKEI DIGITAL INC. (2013年10月11日). 2013年11月23日閲覧。
  2. ^ 集計期間:2014年11月3日(月)〜11月9日(日)、販売枚数338枚。
    詳細や過去のランキングについては要会員登録(オリコン)
  3. ^ 身長152センチでGカップ グラドル&女流雀士・高宮まりの悩み「牌に胸が当たる…」「いすを上げると足が届かない…」” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2018年10月28日). 2019年1月22日閲覧。
  4. ^ 2018年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。
  5. ^ M.LEAGUE公式サイト”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。
  6. ^ 参戦プロ雀士紹介”. 麻雀格闘倶楽部. コナミデジタルエンタテインメント. 2013年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年7月2日閲覧。
  7. ^ 美しすぎる女流プロ雀士 高宮まりが「女神降臨」に登場!”. GirlsNews. 株式会社レゾリューション (2013年9月12日). 2013年11月23日閲覧。
  8. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]