前原雄大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前原 雄大
Yudai Maehara 2019.jpg
2019年撮影
基本情報
出身地 東京都
生年月日 (1956-12-19) 1956年12月19日(62歳)
プロ入会 1981年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
2018- KONAMI麻雀格闘倶楽部
主な実績
鳳凰位 4期
十段位 5期
麻雀グランプリMAX 2期
テンプレートを表示

前原 雄大(まえはら ゆうだい、1956年12月19日 - )は競技麻雀プロ雀士である。東京都出身。日本プロ麻雀連盟所属(2012年現在は常務理事)、同団体内での段位は九段。早稲田大学出身。本名は前原秀雄。

略歴・人物[編集]

幼少時に母親がたまたま購入してきた『近代麻雀』(竹書房)を読んで競技麻雀に関心を抱く[1]。20歳のときに古川孝次と出会う[2]。日本プロ麻雀連盟では1期生。若い頃は非常に攻撃的な性格だったが、麻雀を通じて伊集院静と交流するようになり、伊集院から「男は舐められて一人前」との言葉を得たことで性格が一変し、現在のような社交的な性格になったという[3]

フリー雀荘での存在感から「歌舞伎町のモンスター」・「超獣」・「地獄の門番」[4]などの異名を取る。ただし本人は「天国だろうが地獄だろうが、普通偉い人は門番なんかやらない」として、「地獄の門番」というニックネームを嫌っている[3]

雀風は超攻撃型で、鳴きやリーチを駆使して主導権を取ることに重きを置いている。

佐々木寿人とは公私ともに仲がよく、打点や待ちが優秀とは言い難いリーチ(通称 ガラリー)や遠い仕掛け(通称 ガラポン・ガラチー)の多用など、一見雑だが攻撃型の力強い雀風も似ることから、二人で「チームガラクタ」(前原が総帥、佐々木が部長)を結成、しばし会話の話題にあがる。

2018年に行われたMリーグドラフト会議にて、KONAMI麻雀格闘倶楽部から3位指名を受ける。2018年現在、Mリーグ参加選手で唯一の孫持ち[3]

主なタイトル[編集]

  • 鳳凰位 4期(第12・25・33・34期)
  • 十段位 5期(第14・15・24・25・26期)
  • 麻雀グランプリMAX 2期(第3期・8期)
  • グランプリ2008 優勝
  • チャンピオンカーニバル 2期(第1・5回)
  • チャレンジカップ 1期(第51回)
  • インターネット麻雀・日本選手権2012 優勝
  • 天鳳位VS連盟プロ2nd season 優勝
  • 天鳳位VS連盟プロ3rd season 優勝
  • モンド名人戦 2期(第7・9回)
  • モンド王座決定戦 1期(第8回)
  • 天空麻雀 1期(第8回)

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
年度 チーム 半荘 スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018[5] KONAMI麻雀格闘倶楽部 27 84.8 8/21 6826 9/21 0.78 9/21
2019 ?/29 ?/29 ?/29

※個人賞は規定打荘数以上の選手が対象

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロ雀士インタビュー・第28回 - 日本プロ麻雀連盟
  2. ^ リレーエッセィ・第30回 - 日本プロ麻雀連盟
  3. ^ a b c 『熱闘!Mリーグ』(AbemaTV)第16回(2019年2月3日配信)
  4. ^ 前原雄大の勝ってこそ麻雀 - Amazon.co.jp
  5. ^ M.LEAGUE公式サイト”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]