U-NEXT Pirates

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
U-NEXT Pirates
2018年創設(4年目)
所属選手
戦績
優勝
ファイナル進出
  • 2019
オーナー企業
U-NEXT

U-NEXT Pirates(ユーネクスト パイレーツ)は、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ・Mリーグのチーム。U-NEXTがオーナー企業となり、2018年に設立された。

略歴[編集]

Mリーグが発足した初年度から参入した。

オーナー企業がデジタルコンテンツを配信しているU-NEXTであることから、いわゆるデジタル思考を雀風とする3雀士を初年度のドラフトで指名した[1]

初年度はシーズン中盤で調子を落とし、最終戦までファイナル進出を争うも5位でレギュラーシーズン敗退となった。その後男女混合義務化を受けて、ネット麻雀・天鳳で高段位まで昇段したデジタル思考の瑞原明奈を2年目のドラフトで指名した。

Mリーグ2019では前年同様レギュラーシーズンで苦戦を強いられ、最終戦までセミファイナル進出を争ったものの6位でレギュラーシーズンを突破。セミファイナルでは大きく調子を上げ、レギュラーシーズンからの持ち越しのポイント差を覆して4位に浮上し、チーム初となるファイナル進出を果たした。ファイナルでも好調を維持し、少ない対局数の中で上位3チームを一気に抜き去ってチーム初となるMリーグ優勝を果たした。

チャンピオンチームとして前年と同じメンバーで臨んだMリーグ2020では、エースの小林剛が4着回避率のタイトルを獲得する活躍で個人3位とチームを牽引するも、残り3名が個人20位台に沈む不調。レギュラーシーズン最終日は、当日2戦を「1着1回・2着以上1回」で終えれば6位のチーム雷電を逆転できるという状態で迎えたが、1戦目の石橋伸洋・2戦目の小林剛が共に2着に終わり、7位でレギュラーシーズン敗退となった。 なお、前年覇者がレギュラーシーズン敗退となるのはMリーグ2019の赤坂ドリブンズに続き2年連続の出来事であった。

所属選手[編集]

シーズン 選手
2018 小林剛[2] 朝倉康心[2] 石橋伸洋[2]
2019 瑞原明奈[2]
2020
2021

監督[編集]

監督はU-NEXT企画開発部長の木下尚[2]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン 順位 総合 選手・得点
2018[3] 5位 ▲99.2 朝倉康心 178.8 小林剛 ▲115.6 石橋伸洋 ▲162.4
2019[4] 6位 ▲202.3 小林剛 211.0 瑞原明奈 ▲101.8 朝倉康心 ▲143.4 石橋伸洋 ▲168.1
2020[5] 7位 ▲264.3 小林剛 337.5 瑞原明奈 ▲117.9 石橋伸洋 ▲189.9 朝倉康心 ▲294.0

セミファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 セミファイナル 選手・得点
2019 4位 ▲3.5 ▲101.1 97.6 石橋伸洋 215.5 小林剛 ▲17.0 瑞原明奈 ▲34.6 朝倉康心 ▲66.3
2020 レギュラーシーズン敗退

ファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル 選手・得点
2018 レギュラーシーズン敗退
2019 優勝 244.7 -1.7 246.4 朝倉康心 85.4 石橋伸洋 65.0 瑞原明奈 49.1 小林剛 46.9
2020 レギュラーシーズン敗退

個人成績[編集]

選手別成績[編集]

シーズン 選手数 小林剛 朝倉康心 石橋伸洋 瑞原明奈
スコア 順位 スコア 順位 スコア 順位 スコア 順位
2018[3] 21 ▲115.6 15 178.8 4 ▲162.4 17 ――
2019[4] 29 211.0 7 ▲143.4 21 ▲168.1 24 ▲101.8 17
2020[5] 30 337.5 3 ▲294.0 29 ▲189.9 24 ▲117.9 21
  • 4着回避率1位
小林剛 2020

役満[編集]

シーズン シリーズ 通算回 日付・曜日・回 東家 南家 西家 北家 出典
2019 ファイナル 第5戦/全12戦 2020年6月18日 第1戦 南1局 大三元 朝倉康心 近藤誠一 多井隆晴 岡田紗佳 [6]

 自摸和了   出和了者   放銃者 

脚注[編集]

外部リンク[編集]