Mリーグ2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mリーグ2019
レギュラーシーズン
日程 2019年9月30日 - 2020年3月9日
チーム数 8チーム
選手数 29名
試合数 各チーム90半荘(全180半荘)
セミファイナル
日程 2020年3月16日 - 2020年3月31日
チーム数 6チーム
試合数 各チーム16半荘(全24半荘)
ファイナル
日程 2020年6月15日 - 2020年6月23日
チーム数 4チーム
試合数 12半荘
成績上位
優勝 U-NEXT Pirates
2位 セガサミーフェニックス
3位 渋谷ABEMAS
4位 KADOKAWAサクラナイツ
« 2018
2020 »

Mリーグ 2019(エムリーグ 2019)では、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ「Mリーグ」の2019年シーズンにおける動向をまとめる。

Mリーグの2019年シーズンは、上限3人だった1チームの人数を4人(3人以上)に変更し、男女混合チームが義務化された。KADOKAWAサクラナイツが新たに加盟し、チーム数が8チームになった[1]。上限変更と新チーム加盟に伴い、7月9日にウェーバー制によるドラフト会議が開催された[2]。前年の契約選手について移籍・戦力外がなかったため、各チーム、前年所属選手にドラフトされた選手を加えた新体制でシーズンが開幕した[2]。また、このシーズンからセミファイナルが導入され、平均打点の替わりに最高スコア(1半荘最高得点)を個人タイトルとすることになった。

2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症の流行により、改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたのに伴って、ファイナルシリーズの延期が発表された[3]

2020年5月27日、政府の緊急事態宣言の全面解除に伴い、ファイナルシリーズの実施と日程が発表され、2020年6月15日から再開された。再開にあたり、PCR検査で陰性であることを出場資格とするなどのコロナ対策を実施した上で、頭脳スポーツとしての麻雀のパフォーマンス維持のため、マスクなしでの対局を行うことが発表された[4]

6月15日から再開されたファイナルシリーズでは、U-NEXT Piratesが4位からの逆転優勝を決めた。

シーズンルール[編集]

[5]

優勝チーム決定方法[編集]

各チームの半荘数が80半荘から90半荘に増加し、このシーズンからセミファイナルシリーズが導入された。ファイナル進出チームの年間半荘数は前年の104半荘から118半荘に増加し、リーグ全体の半荘数は前年の164半荘から216半荘に増加した。

  • レギュラーシーズンは、各チーム90試合ずつ行い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。
  • セミファイナルシリーズは、レギュラーシーズンのポイントを半分持ち越し、上位6チームが各チーム16試合ずつ行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出。
  • ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズのポイントを半分に持ち越し、上位4チームが各チーム12試合ずつ行い、優勝チームが決定。

規定打荘数[編集]

各選手以下の範囲内で打荘することが規定されている。

  • 最低10試合
  • 最高45試合

※レギュラーシーズンの選手の規定打数は上記とする。

個人賞タイトル[編集]

このシーズンから平均打点の替わりに最高スコア(1半荘最高得点)を個人タイトルとすることになった。

  • トータルポイント賞
  • 4位回避率賞
  • 半荘最高スコア賞

※レギュラーシーズンが対象。

ドラフト[編集]

2019年7月9日、ドラフト会議が開催され、8名が指名された。団体別内訳は日本プロ麻雀連盟(以下、連盟)が5名、最高位戦日本プロ麻雀協会(以下、最高位戦)が3名。これにより、リーグ全体としては、連盟16名・最高位戦9名・日本プロ麻雀協会(以下、協会)2名・RMU1名・麻将連合-μ-(以下、麻将連合)1名という構成となった。

指名権 指名チーム 選手名 所属団体
1番目 KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎 日本プロ麻雀連盟
2番目 岡田紗佳 日本プロ麻雀連盟
3番目 沢崎誠 日本プロ麻雀連盟
4番目 TEAM RAIDEN/雷電 指名なし
5番目 セガサミーフェニックス 和久津晶 日本プロ麻雀連盟
6番目 U-NEXT Pirates 瑞原明奈 最高位戦日本プロ麻雀協会
7番目 KONAMI麻雀格闘倶楽部 藤崎智 日本プロ麻雀連盟
8番目 渋谷ABEMAS 日向藍子 最高位戦日本プロ麻雀協会
9番目 EX風林火山 指名なし
10番目 赤坂ドリブンズ 丸山奏子 最高位戦日本プロ麻雀協会
11番目 KADOKAWAサクラナイツ 指名なし

[6]

所属選手[編集]

()内は、各選手の当時の所属団体。

Mリーグ2019
チーム 選手
 赤坂ドリブンズ  園田賢(最高位戦) 村上淳(最高位戦) 鈴木たろう(協会) 丸山奏子(最高位戦)
 EX風林火山  二階堂亜樹(連盟) 滝沢和典(連盟) 勝又健志(連盟)
 KADOKAWAサクラナイツ  内川幸太郎(連盟) 岡田紗佳(連盟) 沢崎誠(連盟)
 KONAMI麻雀格闘倶楽部  佐々木寿人(連盟) 高宮まり(連盟) 前原雄大(連盟) 藤崎智(連盟)
 渋谷ABEMAS  多井隆晴(RMU) 白鳥翔(連盟) 松本吉弘(協会) 日向藍子(最高位戦)
 セガサミーフェニックス  魚谷侑未(連盟)[7] 近藤誠一(最高位戦) 茅森早香(最高位戦) 和久津晶(連盟)
 TEAM RAIDEN/雷電  萩原聖人(連盟) 瀬戸熊直樹(連盟) 黒沢咲(連盟)
 U-NEXT Pirates  小林剛(麻将連合) 朝倉康心(最高位戦) 石橋伸洋(最高位戦) 瑞原明奈(最高位戦)

[6]

成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

レギュラーシーズン最終成績[編集]

順位 チーム Pt[8] 選手成績
1位 セガサミーフェニックス 495.5 魚谷侑未 451.4 近藤誠一 332.0 和久津晶 ▲130.0 茅森早香 ▲157.9
2位 渋谷ABEMAS 273.9 白鳥翔 290.2 多井隆晴 211.4 日向藍子 18.6 松本吉弘 ▲246.3
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 195.0 高宮まり 99.5 佐々木寿人 80.7 前原雄大 80.2 藤崎智 ▲65.5
4位 KADOKAWAサクラナイツ 48.4 沢崎誠 234.3 内川幸太郎 ▲33.1 岡田紗佳 ▲152.8
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲80.1 黒沢咲 150.5 瀬戸熊直樹 20.9 萩原聖人 ▲251.5
6位 U-NEXT Pirates ▲202.3 小林剛 211.0 瑞原明奈 ▲101.8 朝倉康心 ▲143.4 石橋伸洋 ▲168.1
7位 赤坂ドリブンズ ▲276.3 村上淳 366.7 鈴木たろう ▲125.6 丸山奏子 ▲139.8 園田賢 ▲377.6
8位 EX風林火山 ▲474.1 勝又健志 0.5 滝沢和典 ▲188.2 二階堂亜樹 ▲286.4

レギュラーシーズン個人成績[編集]

[9]

選手名 チーム



個人タイトル
1
2
3
4































4



魚谷侑未 フェニックス 27 319 451.4 94,400 0.8148 2.14 10 8 4 5 0.37 0.66 8333.87 0.14 0.2 0.19 0.08 5414.81
村上淳 ドリブンズ 27 332 366.7 53,600 0.8519 2.18 9 8 6 4 0.33 0.62 7509.37 0.13 0.2 0.19 0.09 4546.66
近藤誠一 フェニックス 22 287 332.0 56,200 0.9545 2.09 7 7 7 1 0.31 0.63 8230.35 0.13 0.2 0.19 0.06 5705
白鳥翔 ABEMAS 24 279 290.2 62,400 0.7083 2.2 11 4 2 7 0.45 0.62 7056 0.22 0.16 0.17 0.11 5503.22
沢崎誠 サクラナイツ 41 523 234.3 92,100 0.7317 2.37 12 13 5 11 0.29 0.6 6927.77 0.21 0.18 0.2 0.11 5794.82
多井隆晴 ABEMAS 27 340 211.4 59,900 0.8148 2.33 8 7 7 5 0.29 0.55 6297.5 0.2 0.2 0.23 0.08 6043.33
小林剛 Pirates 30 351 211.0 64,100 0.9333 2.25 8 8 12 2 0.26 0.53 5570.37 0.31 0.17 0.23 0.08 6383.33
黒沢咲 RAIDEN 28 345 150.5 80,600 0.7143 2.46 9 5 6 8 0.32 0.5 8234.32 0.08 0.23 0.19 0.1 7116.66
高宮まり 麻雀格闘俱楽部 21 270 99.5 47,600 0.8095 2.38 6 5 6 4 0.28 0.52 6576.56 0.15 0.25 0.23 0.12 5760
佐々木寿人 麻雀格闘俱楽部 29 365 80.7 50,500 0.7931 2.44 8 6 9 6 0.27 0.48 6905.97 0.18 0.27 0.18 0.12 5400
前原雄大 麻雀格闘俱楽部 20 235 80.3 75,800 0.8000 2.35 6 5 5 4 0.3 0.55 6264.4 0.25 0.23 0.25 0.13 6706.25
瀬戸熊直樹 RAIDEN 33 424 20.9 82,100 0.7879 2.57 7 7 12 7 0.21 0.42 7384.88 0.11 0.24 0.2 0.1 5248.83
日向藍子 ABEMAS 16 212 18.6 51,200 0.6875 2.43 5 4 2 5 0.31 0.56 6602.5 0.21 0.21 0.18 0.12 6350
勝又健志 風林火山 35 431 0.5 62,300 0.7143 2.51 9 9 7 10 0.25 0.51 6477.38 0.21 0.19 0.19 0.09 6460
内川幸太郎 サクラナイツ 30 369 ▲33.1 65,600 0.7333 2.5 8 7 7 8 0.26 0.5 7107.24 0.19 0.2 0.18 0.12 5221.27
藤崎智 麻雀格闘俱楽部 20 218 ▲65.5 48,000 0.8500 2.6 5 1 11 3 0.25 0.3 6965.78 0.21 0.15 0.17 0.11 4607.69
瑞原明奈 Pirates 16 216 ▲101.8 50,500 0.6875 2.62 4 3 4 5 0.25 0.43 7047.22 0.18 0.2 0.16 0.11 7280
鈴木たろう ドリブンズ 26 317 ▲125.6 55,600 0.7308 2.61 7 3 9 7 0.26 0.38 6689.65 0.24 0.22 0.18 0.11 6027.02
和久津晶 フェニックス 15 177 ▲130.0 49,000 0.6000 2.6 4 4 1 6 0.26 0.53 5860.6 0.14 0.2 0.18 0.14 6411.53
丸山奏子 ドリブンズ 10 135 ▲139.8 47,300 0.6000 2.9 1 3 2 4 0.1 0.4 6127.27 0.2 0.21 0.16 0.06 6377.77
朝倉康心 Pirates 28 347 ▲143.4 51,300 0.7500 2.62 6 6 9 7 0.21 0.42 5311.59 0.25 0.21 0.19 0.1 5160
岡田紗佳 サクラナイツ 19 247 ▲152.8 55,000 0.7895 2.65 3 4 8 4 0.15 0.36 6380.43 0.14 0.19 0.18 0.1 6600
茅森早香 フェニックス 26 324 ▲157.9 44,400 0.6923 2.63 4 9 5 8 0.15 0.5 6491.37 0.18 0.21 0.17 0.09 6086.66
石橋伸洋 Pirates 16 210 ▲168.1 53,400 0.6875 2.62 3 5 3 5 0.18 0.5 6697.22 0.28 0.19 0.17 0.1 6763.63
滝沢和典 風林火山 35 448 ▲188.2 68,100 0.7714 2.61 5 12 10 8 0.14 0.48 7073.17 0.18 0.19 0.18 0.1 5931.25
松本吉弘 ABEMAS 23 282 ▲246.3 52,700 0.6087 2.73 3 9 2 9 0.13 0.52 6640 0.15 0.23 0.17 0.11 6268.75
萩原聖人 RAIDEN 29 347 ▲251.5 43,800 0.7241 2.65 5 8 8 8 0.17 0.44 6165.15 0.12 0.25 0.19 0.14 5020.4
二階堂亜樹 風林火山 20 221 ▲286.4 44,700 0.6000 2.9 3 4 5 8 0.15 0.35 5489.47 0.1 0.15 0.17 0.09 4940.9
園田賢 ドリブンズ 27 329 ▲377.6 48,300 0.6667 2.88 3 6 9 9 0.11 0.33 5756.25 0.31 0.2 0.19 0.11 5456.75

レギュラーシーズン日程・対戦成績[編集]

セミファイナルシリーズ[編集]

セミファイナルシリーズ最終成績[編集]

順位 チーム 合計[192] 持越[193] 選手成績
1位 KADOKAWAサクラナイツ 284.7 24.2 沢崎誠 157.4 内川幸太郎 69.6 岡田紗佳 33.5
2位 セガサミーフェニックス 172.0 247.8 近藤誠一 67.5 魚谷侑未 0.5 和久津晶 ▲41.7 茅森早香 ▲102.1
3位 渋谷ABEMAS 64.0 137.0 日向藍子 27.6 松本吉弘 ▲3.6 白鳥翔 ▲28.3 多井隆晴 ▲68.7
4位 U-NEXT Pirates ▲3.5 ▲101.1 石橋伸洋 215.5 小林剛 ▲17.0 瑞原明奈 ▲34.6 朝倉康心 ▲66.3
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0 97.5 藤崎智 ▲16.5 高宮まり ▲46.1 前原雄大 ▲46.4 佐々木寿人 ▲53.5
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲86.8 ▲40.0 黒沢咲 45.7 萩原聖人 ▲1.2 瀬戸熊直樹 ▲91.3
7位 赤坂ドリブンズ レギュラーシーズン敗退
8位 EX風林火山
  • レギュラーシーズン終了時のポイントの半分をセミファイナルシリーズへ持ち越し

セミファイナルシリーズ個人成績[編集]

[194]

選手名 チーム











4




1
2
3
4























石橋伸洋 Pirates 6 64 215.5 49400 1 1.5 3 3 0 0 0.5 1 7347.36 0.32 0.21 0.29 0.17 4718.18
沢崎誠 サクラナイツ 7 81 157.4 49400 1 1.85 3 2 2 0 0.42 0.71 5314.28 0.25 0.18 0.25 0.09 4200
内川幸太郎 サクラナイツ 7 87 69.6 42100 0.85 2.14 2 3 1 1 0.28 0.71 7417.64 0.24 0.16 0.19 0.06 6700
近藤誠一 フェニックス 5 54 67.5 58900 1 2.2 1 2 2 0 0.2 0.6 7118.18 0.22 0.2 0.2 0.09 1960
黒沢咲 RAIDEN 7 86 45.7 39000 0.71 2.42 3 0 2 2 0.42 0.42 6661.11 0.06 0.3 0.2 0.08 6428.57
岡田紗佳 サクラナイツ 2 24 33.5 32800 1 2 1 0 1 0 0.5 0.5 4183.33 0.16 0.33 0.25 0.12 5300
日向藍子 ABEMAS 4 49 27.6 37100 0.75 2 2 1 0 1 0.5 0.75 7650 0.1 0.2 0.16 0.1 6100
魚谷侑未 フェニックス 6 71 0.5 35800 0.83 2.33 1 3 1 1 0.16 0.66 7440 0.16 0.18 0.14 0.07 4500
萩原聖人 RAIDEN 3 33 ▲1.2 51800 0.66 2.66 1 0 1 1 0.33 0.33 7733.33 0.15 0.15 0.18 0.06 5150
松本吉弘 ABEMAS 4 45 ▲3.6 25300 1 2.25 0 3 1 0 0 0.75 8314.28 0.2 0.2 0.15 0.06 8400
藤崎智 麻雀格闘俱楽部 3 38 ▲16.5 59200 0.33 3 1 0 0 2 0.33 0.33 11140 0.07 0.18 0.13 0.13 3040
小林剛 Pirates 4 51 ▲17.0 50600 0.75 2.75 0 2 1 1 0 0.5 4542.85 0.23 0.25 0.27 0.05 3866.66
白鳥翔 ABEMAS 4 47 ▲28.3 38100 0.75 2.5 1 1 1 1 0.25 0.5 6462.5 0.23 0.23 0.17 0.14 6985.71
瑞原明奈 Pirates 4 47 ▲34.6 44000 0.75 2.75 1 0 2 1 0.25 0.25 8283.33 0.17 0.19 0.12 0.06 10300
和久津晶 フェニックス 3 40 ▲41.7 33300 0.66 3 0 1 1 1 0 0.33 4363.63 0.1 0.17 0.27 0.07 4200
高宮まり 麻雀格闘俱楽部 3 33 ▲46.1 39900 0.33 3 1 0 0 2 0.33 0.33 5100 0.18 0.21 0.15 0.03 12000
前原雄大 麻雀格闘俱楽部 4 47 ▲46.4 43500 0.5 2.75 1 1 0 2 0.25 0.5 5342.85 0.23 0.27 0.14 0.12 6366.66
佐々木寿人 麻雀格闘俱楽部 6 69 ▲53.5 47200 0.66 2.83 1 1 2 2 0.16 0.33 6191.66 0.14 0.21 0.17 0.08 5033.33
朝倉康心 Pirates 2 24 ▲66.3 26800 0.5 3.5 0 0 1 1 0 0 8000 0.2 0.04 0.08 0.08 3250
多井隆晴 ABEMAS 4 50 ▲68.7 35400 0.75 3 0 1 2 1 0 0.25 7175 0.24 0.14 0.16 0.1 6360
瀬戸熊直樹 RAIDEN 6 70 ▲91.3 53400 0.66 3 1 0 3 2 0.16 0.16 5058.33 0.17 0.17 0.17 0.12 5377.77
茅森早香 フェニックス 2 22 ▲102.1 17000 0 4 0 0 0 2 0 0 6400 0.22 0.18 0.13 0.13 12400

セミファイナルシリーズ日程・対戦成績[編集]

ファイナルシリーズ[編集]

ファイナルシリーズ最終成績[編集]

順位 チーム 合計[221] 持越 選手成績 賞金
1位 U-NEXT Pirates 244.7 ▲1.7 朝倉康心 85.4 石橋伸洋 65.0 瑞原明奈 49.1 小林剛 46.9 5000万円
2位 セガサミーフェニックス 185.1 86.0 魚谷侑未 126.0 和久津晶 54.2 茅森早香 21.5 近藤誠一 ▲102.6 2000万円
3位 渋谷ABEMAS 78.0 32.0 松本吉弘 41.5 日向藍子 39.6 多井隆晴 ▲5.1 白鳥翔 ▲30.0 1000万円
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲249.1 142.4 岡田紗佳 ▲54.7 沢崎誠 ▲140.2 内川幸太郎 ▲196.6 ――
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 セミファイナルシリーズ敗退
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 赤坂ドリブンズ レギュラーシーズン敗退
8位 EX風林火山
  • セミファイナルシリーズ終了時のポイントの半分をファイナルシリーズへ持ち越し

ファイナルシリーズ個人成績[編集]

[222]

選手名 チーム











4




1
2
3
4























魚谷侑未 フェニックス 6 74 126.0 42900 1 1.83 2 3 1 0 0.33 0.83 8557.14 0.27 0.17 0.18 0.12 5788.88
朝倉康心 パイレーツ 3 41 85.4 74400 1 2 1 1 1 0 0.33 0.66 13850 0.29 0.19 0.14 0.04 5950
石橋伸洋 パイレーツ 3 37 65.0 54800 1 2 1 1 1 0 0.33 0.66 5727.27 0.24 0.29 0.29 0.05 5300
和久津晶 フェニックス 1 9 54.2 34200 1 1 1 0 0 0 1 1 8600 0.11 0.11 0.22 0.22 3900
瑞原明奈 パイレーツ 2 26 49.1 57200 1 2 1 0 1 0 0.5 0.5 7450 0.07 0.23 0.15 0.03 2900
小林剛 パイレーツ 4 48 46.9 62700 0.5 2.5 2 0 0 2 0.5 0.5 5230.76 0.18 0.2 0.27 0.04 10800
松本吉弘 ABEMAS 2 26 41.5 39600 1 2 1 0 1 0 0.5 0.5 6242.85 0.19 0.34 0.26 0.03 12000
日向藍子 ABEMAS 2 26 39.6 43600 1 2 1 0 1 0 0.5 0.5 5000 0.23 0.26 0.23 0.03 8000
茅森早香 フェニックス 2 31 21.5 30800 1 2 1 0 1 0 0.5 0.5 6900 0.16 0.19 0.12 0.06 10000
多井隆晴 ABEMAS 5 69 ▲5.1 51800 0.8 2.4 1 2 1 1 0.2 0.6 6607.69 0.18 0.3 0.18 0.13 4866.66
白鳥翔 ABEMAS 3 31 ▲30.0 27400 1 2.66 0 1 2 0 0 0.33 4420 0.16 0.25 0.16 0.03 1500
岡田紗佳 サクラナイツ 2 28 ▲54.7 24200 0.5 3 0 1 0 1 0 0.5 4871.42 0.14 0.17 0.25 0.07 10000
近藤誠一 フェニックス 3 38 ▲102.6 36700 0.33 3.33 0 1 0 2 0 0.33 4657.14 0.15 0.18 0.18 0.15 4583.33
沢崎誠 サクラナイツ 5 59 ▲140.2 24800 0.6 3.2 0 1 2 2 0 0.2 7980 0.05 0.18 0.08 0.1 3883.33
内川幸太郎 サクラナイツ 5 65 ▲196.6 21500 0.2 3.6 0 1 0 4 0 0.2 4920 0.15 0.18 0.07 0.13 4855.55

ファイナルシリーズ日程・対戦成績[編集]

役満[編集]

各家の表記は、その局における家を示す。

通算回 日付・曜日・回 東家 南家 西家 北家
レギュラーシーズン(全180戦)
第15戦[235][236] 10月11日 第1戦 東4局 大三元 内川幸太郎 近藤誠一 瀬戸熊直樹 藤崎智
四索四索發發中中中 白白白 南南南 自摸牌 發
第34戦[237][238] 10月26日 第2戦 東4局2本場 四暗刻 勝又健志 鈴木たろう 茅森早香 瀬戸熊直樹
一萬一萬一萬四索四索四筒四筒白白白 牌背六筒六筒牌背 自摸牌 四索
第57戦[239][240] 11月14日 第1戦 南1局2本場 四暗刻 丸山奏子 沢崎誠 前原雄大 魚谷侑未
三索三索赤五索五索八索八索八索九索九索九索 牌背赤五筒五筒牌背 自摸牌 五索
第91戦[241][242] 12月12日 第1戦 南3局1本場 四暗刻(単騎) 小林剛 白鳥翔 勝又健志 佐々木寿人
四萬四萬四萬五萬三索三索三索赤五索五索五索 牌背二筒二筒牌背 和了牌 五萬
第166戦[243][244] 2月25日 第2戦 南4局2本場 四暗刻(単騎) 勝又健志 黒沢咲 村上淳 内川幸太郎[245]
四萬四萬四萬三筒三筒三筒四筒四筒四筒西 牌背八筒八筒牌背 和了牌 西
第167戦[246][247] 2月27日 第1戦 東1局 国士無双 石橋伸洋 魚谷侑未 松本吉弘 前原雄大
一萬九萬九索一筒一筒九筒東南西北白發中 自摸牌 一索
第174戦[248][249] 3月3日 第2戦 南3局1本場 四暗刻 園田賢 魚谷侑未 小林剛 多井隆晴
一萬一萬一萬赤五索五索二筒二筒二筒南南發發發 自摸牌 五索
ファイナルシリーズ(全12戦)
第5戦[250][251] 6月18日 第1戦 南1局 大三元 朝倉康心 近藤誠一 多井隆晴 岡田紗佳
三索三索五索六索七索白白 中中中 發發發 自摸牌 白

 自摸和了   出和了   放銃 

できごと[編集]

2019年
2020年
  • 1月16日 - KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりが11翻(立直、一発、自摸、三暗刻、ドラ6)の三倍満を自摸和了った。
  • 1月17日 - 初の地方公式パブリックビューイングとなる「Mリーグ パブリックビューイング in 高松」が開催された。
  • 2月3日 - 「Mリーグプレミアムナイト南場」がEXシアター六本木で開催された。
  • 2月7日
    • KADOKAWAサクラナイツの沢崎誠が三筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒六索六索七索八索八索から六索を自摸リ、誤って七筒切りのノーテン立直をかけた。この局が流局したことにより、Mリーグ史上初のチョンボとなった[252]
    • ベルサール六本木でパブリックビューイングが開催された。この日のパブリックビューイングが、新型コロナウイルス感染症による中止前最後のMリーグ機構主催のパブリックビューイングとなった。
  • 2月13日 - 渋谷ABEMASの白鳥翔が11翻(清一色、ドラ6)の三倍満を自摸和了った[253]
  • 2月25日 - TEAM RAIDEN/雷電の黒沢咲がKADOKAWAサクラナイツの内川幸太郎から四暗刻を単騎待ちで和了った[243]
  • 2月27日
    • セガサミーフェニックスの魚谷侑未国士無双を自摸和了った[246]。2月25日の黒沢咲の役満は2半荘目の最終局であり、この役満は2月26日の休みを挟んだ2月27日の1半荘目の最初の局での役満であったため、Mリーグとして2局連続の役満となった。
    • 3月6日と3月9日に予定されていたパブリックビューイングが新型コロナウイルスによる感染予防のため、開催中止となることが発表された。
  • 3月3日 - セガサミーフェニックスの魚谷侑未が四暗刻を自摸和了った[248]。魚谷侑未の役満は2週連続となった。
  • 3月9日 - レギュラーシーズンが終了し、前年優勝チームの赤坂ドリブンズと前年2位のEX風林火山がレギュラーシーズン敗退となった。
  • 3月16日 - セミファイナルシリーズが開幕した。
  • 3月30日 - セミファイナルシリーズが終了した。KONAMI麻雀格闘倶楽部とTEAM RAIDEN/雷電が敗退し、KADOKAWAサクラナイツ、セガサミーフェニックス、渋谷ABEMAS、U-NEXT Piratesの4チームがファイナルシリーズ進出を決めた。
  • 4月7日 - 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令により、4月13日開幕予定であったファイナルシリーズを延期することが発表された[3]
  • 5月27日 - 緊急事態宣言解除に伴い、ファイナルシリーズ日程と感染症予防策が発表された。
  • 6月15日 - 当初の予定より2ヶ月強遅れでファイナルシリーズが開幕した。
  • 6月18日 - U-NEXT Piratesの朝倉康心が大三元を自摸和了った[250]
  • 6月23日 - ファイナルシリーズが終了し、U-NEXT Piratesが初のMリーグ王者に輝いた。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社KADOKAWAが新たに加盟 2019シーズンは8チームに/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES. 2019年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c 10月に開幕する2019シーズンの概要について” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  3. ^ a b ファイナルシリーズ試合延期のお知らせ” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2020年4月7日). 2020年4月8日閲覧。
  4. ^ Mリーグファイナルシリーズコロナ対策ガイドラインの公開” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2020年6月12日). 2020年6月17日閲覧。
  5. ^ “【Mリーグ】2019シーズン試合ルール 最低出場試合数10試合 最高出場試合数45試合 ポイントの持越し割合 個人賞を発表”. 麻雀ウォッチ. (2019年9月30日). https://mj-news.net/news/mleague/20190930133802 2020年2月8日閲覧。 
  6. ^ a b 2019シーズンドラフト会議開催 8人が指名・交渉へ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年7月9日). 2019年7月9日閲覧。
  7. ^ “人気拡大中のプロ麻雀リーグ・Mリーグ MVP、女流プロ 魚谷侑未が語る覚悟「命を懸けて麻雀を打っています」”. エンタメNEXT. (2020年7月8日). https://entamenext.com/articles/detail/5547 2021年3月8日閲覧。 
  8. ^ 【Mリーグ2019】チーム・個人ランキング – レギュラーシーズン(3月9日更新)”. キンマweb (2020年3月9日). 2020年4月4日閲覧。
  9. ^ チーム成績表” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ). 2020年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  10. ^ 魚谷侑未、昨年の雪辱を果たす!! Mリーグ2019開幕戦はセガサミーフェニックスが制す!!”. キンマweb (2019年10月1日). 2020年12月9日閲覧。
  11. ^ 黒沢咲、勝利とともに結婚報告! 今年も雷電の麻雀は面白いんです!”. キンマweb (2019年10月1日). 2020年12月9日閲覧。
  12. ^ 高宮まり、ロケットスタートに成功! 今年の高宮は光を掴む!!”. キンマweb (2019年10月2日). 2020年12月9日閲覧。
  13. ^ 勝又健志、3つのマンガンで圧勝! 風林火山に死角ナシ!!”. キンマweb (2019年10月2日). 2020年12月9日閲覧。
  14. ^ 瑞原明奈、 初登場初トップ!! 女海賊鮮烈デビュー!!”. キンマweb (2019年10月4日). 2020年12月9日閲覧。
  15. ^ 沢崎誠、少牌はしてもトップは譲らぬ! サクラナイツに桜咲く!”. キンマweb (2019年10月4日). 2020年12月9日閲覧。
  16. ^ 近藤誠一、6000オール一閃! 快勝でチームは最高潮!!”. キンマweb (2019年10月5日). 2020年12月9日閲覧。
  17. ^ 村上淳、オーラス大逆転! ドリブンズ貫禄の1勝目!!”. キンマweb (2019年10月5日). 2020年12月9日閲覧。
  18. ^ 瑞原明奈、 開幕2連勝!! この強さはもう本物だ!!”. キンマweb (2019年10月7日). 2020年12月9日閲覧。
  19. ^ 滝沢和典、 超乱打戦を制して 僥倖のシーズン初トップ!!”. キンマweb (2019年10月8日). 2020年12月9日閲覧。
  20. ^ 多井隆晴、完璧なる半荘のはずが… 初トップなれど、まさかのイエローカード!”. キンマweb (2019年10月9日). 2020年12月9日閲覧。
  21. ^ 茅森早香、今期初トップ!! 今シーズンの早香はいけちゃうと思います!?”. キンマweb (2019年10月9日). 2020年12月9日閲覧。
  22. ^ 勝又健志、3戦2勝!! そうですね、今年も風林火山の 安定感は健在です!!”. キンマweb (2019年10月11日). 2020年12月9日閲覧。
  23. ^ 白鳥翔、初トップ奪取! 今期は個人10位以内を目指す宣言!!”. キンマweb (2019年10月11日). 2020年12月9日閲覧。
  24. ^ 近藤誠一、大三元!! 今期初役満を引っさげて、 早くも独走態勢か!?”. キンマweb (2019年10月12日). 2020年12月9日閲覧。
  25. ^ 沢崎誠、 マムシのヤミテンで2勝目奪取!!”. キンマweb (2019年10月12日). 2020年12月9日閲覧。
  26. ^ 岡田紗佳、涙の初勝利!! サクラナイツ2位浮上!!”. キンマweb (2019年10月15日). 2020年12月9日閲覧。
  27. ^ 二階堂亜樹、初勝利!! 今日だけは勝ちたかった!! 執念が掴んだ1勝!!”. キンマweb (2019年10月15日). 2020年12月9日閲覧。
  28. ^ 高宮まり、 攻めに攻めて、個人2勝目!!”. キンマweb (2019年10月16日). 2020年12月9日閲覧。
  29. ^ 白鳥翔、 ウラサン、ウラサンで2連勝!! 今年の白鳥は何かが違う!?”. キンマweb (2019年10月16日). 2020年12月9日閲覧。
  30. ^ 黒沢咲、 強運お守りで2勝目ゲット!!”. キンマweb (2019年10月18日). 2020年12月9日閲覧。
  31. ^ 萩原聖人、ついに1勝!! 今年も雷電の麻雀は 面白いんです!!”. キンマweb (2019年10月18日). 2020年12月9日閲覧。
  32. ^ 日向藍子、 怒濤の逆転で うれしい初勝利!!”. キンマweb (2019年10月18日). 2020年12月9日閲覧。
  33. ^ 多井隆晴、 特大トップで連勝!! ABEMAS首位浮上!!”. キンマweb (2019年10月19日). 2020年12月9日閲覧。
  34. ^ 小林剛、 お待たせしました1勝目! 最高スコア更新の大トップ!!”. キンマweb (2019年10月21日). 2020年12月9日閲覧。
  35. ^ 鈴木たろう、今期1勝目!! お待たせしすぎたのかもしれません!! 今年もナンバーワンになります宣言!!”. キンマweb (2019年10月21日). 2020年12月9日閲覧。
  36. ^ a b 同着3位。
  37. ^ 前原雄大、接戦を制して 天を目指す初トップ!!”. キンマweb (2019年10月22日). 2021年2月19日閲覧。
  38. ^ 内川幸太郎、 「たくさんの人に見てもらえて、 幸せです!!」”. キンマweb (2019年10月22日). 2021年2月19日閲覧。
  39. ^ 魚谷侑未、 開幕戦以来の2勝目!! フェニックスはまだまだトップ獲ったるど!!”. キンマweb (2019年10月24日). 2020年12月9日閲覧。
  40. ^ 魚谷侑未、 オーラスの大逆転劇!! シーズン初の同日2連勝!!”. キンマweb (2019年10月24日). 2020年12月9日閲覧。
  41. ^ 沢崎誠、 オーラス4位からの大逆転!! 全連対伝説更新中!!”. キンマweb (2019年10月26日). 2020年12月9日閲覧。
  42. ^ 石橋伸洋、 家族の期待に応える初トップ!! 全部トップ取るつもりで優勝を目指す!!”. キンマweb (2019年10月26日). 2020年12月9日閲覧。
  43. ^ 園田賢、 7戦目の初勝利!! これからもナイスな麻雀をお見せします!!”. キンマweb (2019年10月26日). 2020年12月9日閲覧。
  44. ^ 瀬戸熊直樹、 四暗刻ツモの大トップ!! 2019年も雷電の麻雀は面白い!!”. キンマweb (2019年10月26日). 2020年12月9日閲覧。
  45. ^ 白鳥翔、 やりました!! 5戦3勝で完全復活!?”. キンマweb (2019年10月29日). 2020年12月9日閲覧。
  46. ^ 小林剛、 超接戦のオーラスを制す!! パイレーツがついにプラスに浮上!!”. キンマweb (2019年10月29日). 2020年12月9日閲覧。
  47. ^ 丸山奏子、 オーラス倍マンツモの大逆転トップ!! ドリブンズの秘密兵器が鮮烈デビュー!!”. キンマweb (2019年10月30日). 2020年12月9日閲覧。
  48. ^ 前原雄大、 バイマン一発ツモ一閃! 気合い漲る個人2連勝!!”. キンマweb (2019年10月30日). 2020年12月9日閲覧。
  49. ^ 瀬戸熊直樹、覚醒!? 個人2連勝でチームは首位へ!!”. キンマweb (2019年11月1日). 2020年12月9日閲覧。
  50. ^ 岡田紗佳・小林剛、初の同点トップ!! 痛恨のエラーで岡田が単独トップを譲る!!”. キンマweb (2019年11月1日). 2020年12月9日閲覧。
  51. ^ 同着1位。
  52. ^ 松本吉弘、 勝利に涙は似合わない!! ファンに笑顔で1勝目を報告!!”. キンマweb (2019年11月1日). 2020年12月9日閲覧。
  53. ^ 瑞原明奈、 ラス牌ツモの逆転勝利!! 3勝目ゲットでパイレーツ2位浮上!!”. キンマweb (2019年11月2日). 2020年12月9日閲覧。
  54. ^ 勝又健志、 2時間超のビッグゲームを制し、 EX風林火山、2位に浮上!!”. キンマweb (2019年11月5日). 2020年12月9日閲覧。
  55. ^ 魚谷侑未、 7戦4勝、ロケットスタート継続中!! まだまだ上を目指します!!”. キンマweb (2019年11月5日). 2020年12月9日閲覧。
  56. ^ 前原雄大、 個人3連勝で個人成績首位に浮上!! 作戦名は、好きなようにガラクタ!!”. キンマweb (2019年11月6日). 2020年12月9日閲覧。
  57. ^ 内川幸太郎、 逆境を跳ね返して2勝目獲得!! サクラナイツが首位返り咲き!!”. キンマweb (2019年11月6日). 2020年12月9日閲覧。
  58. ^ 瀬戸熊直樹、 滝沢とのマッチレースを制して 個人3連勝!!”. キンマweb (2019年11月8日). 2020年12月9日閲覧。
  59. ^ 滝沢和典、 5連続2着の末、ついにトップ獲得!! 個人3位に浮上し、チームは2位に!!”. キンマweb (2019年11月8日). 2020年12月9日閲覧。
  60. ^ 萩原聖人、 マンガン祭りを制して2勝目!! 首位まで0.7ポイントの2位浮上!!”. キンマweb (2019年11月8日). 2020年12月9日閲覧。
  61. ^ 勝又健志、 怒涛のリーチ合戦を制して、 チーム首位に到達!!”. キンマweb (2019年11月8日). 2020年12月9日閲覧。
  62. ^ 鈴木たろう、 多井とのマッチレースを勝ち抜き、 待望の2勝目ゲット!!”. キンマweb (2019年11月10日). 2020年12月9日閲覧。
  63. ^ 内川幸太郎、 南場の4連続アガリで大逆転!! 自身2連勝の3勝目獲得!!”. キンマweb (2019年11月10日). 2020年12月9日閲覧。
  64. ^ 佐々木寿人、 8戦目で掴んだ初勝利!! 魔王の復活なるか!?”. キンマweb (2019年11月11日). 2020年12月9日閲覧。
  65. ^ 佐々木寿人、 2勝目2連勝!! アガり倒して、一気に覚醒!!”. キンマweb (2019年11月11日). 2020年12月9日閲覧。
  66. ^ 村上淳、 開局いきなりバイマン一閃!! リーチ超人の復活の兆し!?”. キンマweb (2019年11月12日). 2020年12月9日閲覧。
  67. ^ 石橋伸洋、 超接戦を制して個人2勝目!! ロースコアトップを更新!!”. キンマweb (2019年11月12日). 2020年12月9日閲覧。
  68. ^ 沢崎誠、 貫禄のスーアンコで4勝目!! この強さは何なのか!?”. キンマweb (2019年11月14日). 2020年12月9日閲覧。
  69. ^ 鈴木たろう、 帰ってきたハネマンおじさん!! 目の覚める6000オールで3勝目!!”. キンマweb (2019年11月14日). 2020年12月9日閲覧。
  70. ^ 二階堂亜樹、 何が何でもトップを取る!! 自らバースデーに花を添える!!”. キンマweb (2019年11月15日). 2020年12月9日閲覧。
  71. ^ 多井隆晴、 ギリギリの闘いを制して、 麻雀仲間に捧げる特別な1勝!!”. キンマweb (2019年11月15日). 2020年12月9日閲覧。
  72. ^ 勝又健志、 個人最多勝の5勝目をあげて、 EX風林火山が首位に返り咲き!!”. キンマweb (2019年11月19日). 2020年12月9日閲覧。
  73. ^ 村上淳、 ハコ下からの生還!! 8000オールの逆転の一撃!!”. キンマweb (2019年11月19日). 2020年12月9日閲覧。
  74. ^ 瑞原明奈、 岡田とのマッチレースを逃げ切り、 バースデートップを奪取!!”. キンマweb (2019年11月19日). 2020年12月9日閲覧。
  75. ^ 沢崎誠、 マムシの毒が強すぎる!! 個人ぶっちぎりで史上最多スコア更新!!”. キンマweb (2019年11月19日). 2020年12月9日閲覧。
  76. ^ 白鳥翔、 3度の一発ツモが炸裂!! ロングゲームを制して4勝目!!”. キンマweb (2019年11月21日). 2020年12月9日閲覧。
  77. ^ 日向藍子、 ABEMAS同日2連勝達成で、 チームを6位に牽引!!”. キンマweb (2019年11月22日). 2020年12月9日閲覧。
  78. ^ 園田賢、 驚異の5局連続アガリで、快勝!! 一気に4位にランクアップ!!”. キンマweb (2019年11月22日). 2020年12月9日閲覧。
  79. ^ 近藤誠一、 ハネマン飛び交う戦場を制して3勝目!! チームも個人も3位に浮上!!”. キンマweb (2019年11月22日). 2020年12月9日閲覧。
  80. ^ 沢崎誠、 単独首位の6勝目獲得!! サクラナイツ、300越えの独走態勢!?”. キンマweb (2019年11月25日). 2020年12月9日閲覧。
  81. ^ 滝沢和典、 みごとな押し引きで3勝目!! サクラナイツの独走に待った!!”. キンマweb (2019年11月25日). 2020年12月9日閲覧。
  82. ^ 前原雄大、 南場の親番で大爆発!! 親っパネの連発で4勝目!!”. キンマweb (2019年11月26日). 2020年12月9日閲覧。
  83. ^ 瀬戸熊直樹、 ついにクマクマタイム到来!! 大トップでTEAM雷電、一気に3位浮上!!”. キンマweb (2019年11月27日). 2020年12月9日閲覧。
  84. ^ 白鳥翔、 ABEMASはボクが支える!! 5勝目獲得でチームは4位浮上!!”. キンマweb (2019年11月28日). 2020年12月9日閲覧。
  85. ^ 日向藍子、 個人・チームともに2連勝!! 渋谷ABEMAS、1日で3位に上昇!!”. キンマweb (2019年11月29日). 2020年12月9日閲覧。
  86. ^ 佐々木寿人、 トンカツでもぎ取った3勝目!! 「魔王タイム」で、4位浮上!!”. キンマweb (2019年11月30日). 2020年12月9日閲覧。
  87. ^ 鈴木たろう、 あわやのパーフェクトゲーム!? これがゼウスの選択だ!!”. キンマweb (2019年11月30日). 2020年12月9日閲覧。
  88. ^ 前原雄大、 アガりまくって5勝目獲得!! 麻雀格闘倶楽部が地上に復活!!”. キンマweb (2019年12月2日). 2020年12月9日閲覧。
  89. ^ 朝倉康心、 9戦目にして悲願の初勝利!! 上げろ! パイレーツの反撃の狼煙!!”. キンマweb (2019年12月2日). 2020年12月9日閲覧。
  90. ^ 瀬戸熊直樹、 PVの声援に応える一発ツモ!! 5勝目獲得で、個人首位に立つ!!”. キンマweb (2019年12月3日). 2020年12月9日閲覧。
  91. ^ 滝沢和典、リーチ成功率100%!! 風林火山が首位を奪還!!”. キンマweb (2019年12月3日). 2020年12月9日閲覧。
  92. ^ 白鳥翔、 絶好調の個人6勝目!! 渋谷ABEMAS、3位浮上!!”. キンマweb (2019年12月5日). 2020年12月9日閲覧。
  93. ^ 朝倉康心、 愛のブレスレットで2連勝!! なるかパイレーツ完全復活!!”. キンマweb (2019年12月5日). 2020年12月9日閲覧。
  94. ^ 岡田紗佳、 首位攻防戦を制して、 サクラナイツ首位奪還!!”. キンマweb (2019年12月7日). 2020年12月9日閲覧。
  95. ^ 勝又健志、 チームメイト滝沢に捧げる バースデートップ!!”. キンマweb (2019年12月7日). 2020年12月9日閲覧。
  96. ^ 藤崎智、 忍んで忍んでようやく掴んだ、念願の初勝利!!”. キンマweb (2019年12月8日). 2020年12月9日閲覧。
  97. ^ 藤崎智、 忍ばずワッショイ!! 同日2連勝達成!!”. キンマweb (2019年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
  98. ^ 石橋伸洋、 オーラスの大逆転で、 パイレーツ、プラスに復活!!”. キンマweb (2019年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
  99. ^ 内川幸太郎、 猛攻実って大逆転!! サクラナイツが首位に返り咲き!!”. キンマweb (2019年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
  100. ^ 沢崎誠、 全20局のロングゲームを制して、 個人トップ返り咲き!!”. キンマweb (2019年12月11日). 2020年12月9日閲覧。
  101. ^ 茅森早香、 決死の親番キープが奏功!! 嬉しい今期2勝目獲得!!”. キンマweb (2019年12月11日). 2020年12月9日閲覧。
  102. ^ 白鳥翔、四暗刻単騎炸裂!! 絶好調の7勝目獲得!!”. キンマweb (2019年12月12日). 2020年12月9日閲覧。
  103. ^ 藤崎智、先行逃げ切りで3連勝!! 目指すは年内暫定1位!!”. キンマweb (2019年12月12日). 2020年12月9日閲覧。
  104. ^ 多井隆晴、 ABEMASのエース復活!! 試合巧者ぶりを見事発揮して4勝目!!”. キンマweb (2019年12月14日). 2020年12月9日閲覧。
  105. ^ 沢崎誠、 マムシの親分が大暴れ!! 大逆転劇で単独首位の8勝目!!”. キンマweb (2019年12月14日). 2020年12月9日閲覧。
  106. ^ 黒沢咲、 100ポイント超えの大トップ!! 2ヶ月ぶりの特大アーチ!!”. キンマweb (2019年12月17日). 2020年12月9日閲覧。
  107. ^ 近藤誠一、 1日でプラス100ポイント!! 個人3位に一挙浮上!!”. キンマweb (2019年12月17日). 2020年12月9日閲覧。
  108. ^ 小林剛、 ピンチを救った大きな勝利!! セミファイナルに望みを繋ぐ!!”. キンマweb (2019年12月17日). 2020年12月9日閲覧。
  109. ^ 朝倉康心、 緻密なオーラスのチョイスで3勝目!! パイレーツ、会心の2連勝!!”. キンマweb (2019年12月17日). 2020年12月9日閲覧。
  110. ^ 黒沢咲、セレブ打法で4勝目!! 土俵際で堪えきる!!”. キンマweb (2019年12月19日). 2020年12月9日閲覧。
  111. ^ 内川幸太郎、 連闘に応え5勝目獲得!! チームは再び300超え!!”. キンマweb (2019年12月19日). 2020年12月9日閲覧。
  112. ^ 茅森早香、 3勝目獲得で個人8位!! セミファイナル進出圏内へ!!”. キンマweb (2019年12月20日). 2020年12月9日閲覧。
  113. ^ 和久津晶、 9戦目にして初トップ!! 同日2連勝のオマケつき!!”. キンマweb (2019年12月21日). 2020年12月9日閲覧。
  114. ^ 瀬戸熊直樹、会心のバイマンツモ!! 2020年も雷電の麻雀は面白いんです!!”. キンマweb (2020年1月6日). 2020年12月9日閲覧。
  115. ^ 萩原聖人、 Wリーチとチンイツで 年始を飾る同日2連勝!!”. キンマweb (2020年1月6日). 2020年12月9日閲覧。
  116. ^ 和久津晶、 ニヤニヤが止まらない! 連勝となる2勝目獲得!!”. キンマweb (2020年1月8日). 2020年12月9日閲覧。
  117. ^ 近藤誠一、怒濤のチーム4連勝!! チームは2位へ大躍進!!”. キンマweb (2020年1月8日). 2020年12月9日閲覧。
  118. ^ 沢崎誠、 2020年もトップで発進!! 白鳥を降し、個人首位に!!”. キンマweb (2020年1月9日). 2020年12月9日閲覧。
  119. ^ 日向藍子、 白鳥の仇討ちを果たし、 個人4勝目をゲット!!”. キンマweb (2020年1月9日). 2020年12月9日閲覧。
  120. ^ 魚谷侑未、 驚異のチーム5連勝!! 首位を捉える大躍進!!”. キンマweb (2020年1月11日). 2020年12月9日閲覧。
  121. ^ 萩原聖人、お嬢に捧げる個人2連勝! チームは3位に浮上!!”. キンマweb (2020年1月11日). 2020年12月9日閲覧。
  122. ^ 佐々木寿人、我慢に我慢を重ねて、掴んだ令和2年初トップ!!”. キンマweb (2020年1月14日). 2020年12月9日閲覧。
  123. ^ 藤崎智、リーチ成功率100%!! まさに非の打ち所なきおっさん!!”. キンマweb (2020年1月14日). 2020年12月9日閲覧。
  124. ^ 黒沢咲、これぞセレブ打ち!! 驚異の追い上げで、ビッグゲームを制す!!”. キンマweb (2020年1月15日). 2020年12月9日閲覧。
  125. ^ 朝倉康心、絶体絶命のピンチを救う、価値ある一勝!!”. キンマweb (2020年1月15日). 2020年12月9日閲覧。
  126. ^ 魚谷侑未、勢いが止まらない!! 勝利のドラを手繰り寄せる!!”. キンマweb (2020年1月17日). 2020年12月9日閲覧。
  127. ^ 高宮まり、攻守に光った三倍満!!! 3ヶ月ぶりのトップ獲得!”. キンマweb (2020年1月17日). 2020年12月9日閲覧。
  128. ^ 茅森早香、強メンタルを発揮して 昨日の鬱憤を晴らす4勝目!!”. キンマweb (2020年1月18日). 2020年12月9日閲覧。
  129. ^ 二階堂亜樹、史上最大の接戦!! オーラス差し切り3勝目!!”. キンマweb (2020年1月18日). 2020年12月9日閲覧。
  130. ^ 黒沢咲、勢い止まらぬ個人2連勝!! チーム2位浮上で、首位を狙う!!”. キンマweb (2020年1月19日). 2020年12月9日閲覧。
  131. ^ 村上淳、赤坂ドリブンズに22戦ぶりの トップをもたらし、感慨無量!!”. キンマweb (2020年1月19日). 2020年12月9日閲覧。
  132. ^ 沢崎誠、個人10勝目1番乗り!! 驚異のトップ率37%!!”. キンマweb (2020年1月20日). 2020年12月9日閲覧。
  133. ^ 内川幸太郎、 赤牌が押し寄せる!! これが赤川幸太郎!?”. キンマweb (2020年1月20日). 2020年12月9日閲覧。
  134. ^ 小林剛、薄氷を踏んで手にした貴重な勝利!! 大接戦を制して5勝目!!”. キンマweb (2020年1月22日). 2020年12月9日閲覧。
  135. ^ 近藤誠一、驚異の平均順位1.85!! 個人首位を取り返す6勝目!!”. キンマweb (2020年1月22日). 2020年12月9日閲覧。
  136. ^ 朝倉康心、風林火山とのボーダー争いを制して5勝目!! チームは5位浮上で プラス域に!!”. キンマweb (2020年1月24日). 2020年12月9日閲覧。
  137. ^ 萩原聖人、6000オール一閃!! シーソーゲームを制して、チームメイトに捧げる5勝目獲得!!”. キンマweb (2020年1月24日). 2020年12月9日閲覧。
  138. ^ 鈴木たろう、7戦ぶりの勝利!! なるかドリブンズ、反撃の狼煙!!”. キンマweb (2020年1月25日). 2020年12月9日閲覧。
  139. ^ 村上淳、チーム・個人ともに連勝!! 同日2連勝達成で、大逆転劇の幕が上がる!?”. キンマweb (2020年1月25日). 2020年12月9日閲覧。
  140. ^ 園田賢、これが会社を辞めた男の覚悟! 3勝目獲得!! 赤坂ドリブンズ3連勝!!”. キンマweb (2020年1月27日). 2020年12月9日閲覧。
  141. ^ 村上淳、もうマユゲなんて描かない!! 個人3連勝、3位!! チームは怒濤の4連勝!!”. キンマweb (2020年1月27日). 2020年12月9日閲覧。
  142. ^ 勝又健志、接戦を制して7勝目!! 麻雀IQ220を駆使し、緻密な手順で逆転勝利!!”. キンマweb (2020年1月29日). 2020年12月9日閲覧。
  143. ^ 松本吉弘、「とてつもなく嬉しい」1勝!! 3ヶ月ぶりに手にした勝利!!”. キンマweb (2020年1月29日). 2020年12月9日閲覧。
  144. ^ 近藤誠一、絶好調の7勝目!! フェニックスはまだまだ 羽ばたきます!!”. キンマweb (2020年1月31日). 2020年12月9日閲覧。
  145. ^ 滝沢和典、10戦ぶりに掴んだトップ!! チームを救う5勝目獲得!!”. キンマweb (2020年1月31日). 2020年12月9日閲覧。
  146. ^ 佐々木寿人、麻雀格闘倶楽部に 8戦ぶりのトップをもたらす!!”. キンマweb (2020年1月31日). 2020年12月9日閲覧。
  147. ^ 白鳥翔、 なんでもいいから取りたかった8勝目!! ハイブリッドが ABEMASを救う!!”. キンマweb (2020年1月31日). 2020年12月9日閲覧。
  148. ^ 魚谷侑未、パブリックビューイングの期待に応えた7勝目!! チームポイント400超え!!”. キンマweb (2020年2月4日). 2020年12月9日閲覧。
  149. ^ 小林剛、頼れる船長がファンに勝利を携えて凱旋帰港!!”. キンマweb (2020年2月4日). 2020年12月9日閲覧。
  150. ^ 松本吉弘、2連勝でチームに貢献!! ABEMAS4位浮上で連闘宣言!!”. キンマweb (2020年2月5日). 2020年12月9日閲覧。
  151. ^ 鈴木たろう、ついに最下位脱出!! これぞゼウスの選択、自ら決めに行く禁断のトップ目リーチ!!”. キンマweb (2020年2月5日). 2020年12月9日閲覧。
  152. ^ 佐々木寿人、らしさ全開!! アグレッシブな攻撃で、6勝目獲得!!”. キンマweb (2020年2月6日). 2020年12月9日閲覧。
  153. ^ 佐々木寿人、2連闘2連勝!! ついに魔王覚醒か!?”. キンマweb (2020年2月7日). 2020年12月9日閲覧。
  154. ^ 岡田紗佳、オーラス大爆発!! 4連続アガリであわや6万点超えの大トップ!!”. キンマweb (2020年2月8日). 2020年12月9日閲覧。
  155. ^ 黒沢咲、高打点連打の特大トップ、これぞセレブタイフーン!! さらにご懐妊報告のサプライズも!!”. キンマweb (2020年2月8日). 2020年12月9日閲覧。
  156. ^ 多井隆晴、エースは僕だ宣言!! 平たい展開を制して5勝目!!ABEMASは4位に浮上!!”. キンマweb (2020年2月11日). 2020年12月9日閲覧。
  157. ^ 高宮まり、土壇場の一戦、手に汗握る オーラスを制して4勝目!!”. キンマweb (2020年2月11日). 2020年12月9日閲覧。
  158. ^ 村上淳、ノーメイク戦法で6連対!! ドリブンズは、まだまだ優勝を諦めない!!”. キンマweb (2020年2月12日). 2020年12月9日閲覧。
  159. ^ 和久津晶、フェニックスを400Pの 大台に乗せる、3勝目獲得!!”. キンマweb (2020年2月12日). 2020年12月9日閲覧。
  160. ^ 白鳥翔、まさかのオーラス三倍満!! ラスからトップへ大逆転!! 持ってる男は一味違う!?”. キンマweb (2020年2月13日). 2020年12月9日閲覧。
  161. ^ 黒沢咲、セレブリティな親っパネ!! 監督の指令に応える、みごとなトップで8勝目!!”. キンマweb (2020年2月13日). 2020年12月9日閲覧。
  162. ^ 前原雄大、リーチも仕掛けも自由自在!! サクラナイツに肉迫する、大きな大きな6勝目!!”. キンマweb (2020年2月14日). 2020年12月9日閲覧。
  163. ^ 佐々木寿人、終盤の魔王がやってきた!! 麻雀格闘倶楽部3連勝!! 狙うはフェニックス、1位の座!!”. キンマweb (2020年2月14日). 2020年12月9日閲覧。
  164. ^ 朝倉康心、沢崎誠との直接対決を制す!! 完璧なゲームメイクで、貴重な1勝を獲得!!”. キンマweb (2020年2月15日). 2020年12月9日閲覧。
  165. ^ 勝又健志、セミファイナルへの 希望の糸をつなぐ!! 苦しいチーム状況を、覆せるのか!?”. キンマweb (2020年2月15日). 2020年12月9日閲覧。
  166. ^ 瀬戸熊直樹、クマクマタイムを出さずとも、大ブレイクのの7勝目!!”. キンマweb (2020年2月18日). 2020年12月9日閲覧。
  167. ^ 村上淳、44歳独身、ムラムラタイム発動中!!?”. キンマweb (2020年2月18日). 2020年12月9日閲覧。
  168. ^ 村上淳、個人3連勝、8連対!! ムラムラタイム継続中!!”. キンマweb (2020年2月19日). 2020年12月9日閲覧。
  169. ^ 内川幸太郎、目の覚める嶺上開花!! 驚異の親連荘で9戦ぶりにサクラナイツに朗報!!”. キンマweb (2020年2月19日). 2020年12月9日閲覧。
  170. ^ 藤崎智、好き放題ニンニン!! セミファイナルへの礎を築く5勝目獲得!!”. キンマweb (2020年2月20日). 2020年12月9日閲覧。
  171. ^ 小林剛、充実のツモと点棒!! セミファイナル進出にむけ、貴重な勝利を獲得!!”. キンマweb (2020年2月20日). 2020年12月9日閲覧。
  172. ^ 沢崎誠、均衡を破る5巡目ハネマン!! 10戦ぶりのトップ獲得で、セミファイナルに向けて 死角なし!!”. キンマweb (2020年2月21日). 2020年12月9日閲覧。
  173. ^ 魚谷侑未、佐々木寿人とのマッチレースを制して、独走の400ポイントオーバー!!”. キンマweb (2020年2月21日). 2020年12月9日閲覧。
  174. ^ 多井隆晴、値千金の6勝目!! パイレーツとトップラスを決めてABEMASが5位浮上!!”. キンマweb (2020年2月25日). 2020年12月9日閲覧。
  175. ^ 多井隆晴、連闘戦勝!! ABEMASが天王山で完全勝利を収める!!”. キンマweb (2020年2月25日). 2020年12月9日閲覧。
  176. ^ 鈴木たろう、セミファイナルに向けて大きな1勝を獲得!! マンガン3つで7勝目!!”. キンマweb (2020年2月25日). 2020年12月9日閲覧。
  177. ^ 黒沢咲、これぞセレブの真骨頂!! オーラス大逆転の 四暗刻単騎炸裂!!”. キンマweb (2020年2月25日). 2020年12月9日閲覧。
  178. ^ 魚谷侑未、いきなり国士無双!! 最高打点記録を更新して絶好調!!”. キンマweb (2020年2月27日). 2020年12月9日閲覧。
  179. ^ 小林剛、海賊の危機に頼れる船長がナイスな舵さばきで8勝目!!”. キンマweb (2020年2月28日). 2020年12月9日閲覧。
  180. ^ 高宮まり、のびのび麻雀で5勝目!! 麻雀格闘倶楽部はボーダー争いから離脱成功か!?”. キンマweb (2020年2月28日). 2020年12月9日閲覧。
  181. ^ 内川幸太郎、8勝目!! スッタン放銃の悪夢を、1戦で払拭!!”. キンマweb (2020年2月29日). 2020年12月9日閲覧。
  182. ^ 白鳥翔、盤石のゲームメイクで10勝目獲得!! セミファイナルに向けて王手を決めた!!”. キンマweb (2020年3月2日). 2020年12月9日閲覧。
  183. ^ 白鳥翔、連戦連勝!! 僅差の勝機をものにする、オールラウンダー!!”. キンマweb (2020年3月3日). 2020年12月9日閲覧。
  184. ^ 多井隆晴、ロングゲームを制して3連勝!! そしてドリブンズ、ついにボーダーをクリア!!”. キンマweb (2020年3月4日). 2020年12月9日閲覧。
  185. ^ 魚谷侑未、四暗刻ツモで大逆転!! 2週連続役満成就の 大記録!!”. キンマweb (2020年3月4日). 2020年12月9日閲覧。
  186. ^ 沢崎誠、東場ですでに独擅場!! 圧倒的猛攻で、MVPを目指す!!”. キンマweb (2020年3月5日). 2020年12月9日閲覧。
  187. ^ 勝又健志、可能性は潰えさせない!! ドリブンズとの直接対決に希望を託す!!”. キンマweb (2020年3月5日). 2020年12月9日閲覧。
  188. ^ 小林剛、クールな頭脳とトップ取りへの熱い執念!! 精密機械の如きテンパイ取り、繋いだ親番で逆転トップ!!”. キンマweb (2020年3月6日). 2020年12月9日閲覧。
  189. ^ 日向藍子、神頼みが通じたか…!? レギュラーシーズン最終戦をトップで締めくくり、ABEMAS2位でフィニッシュ!!”. キンマweb (2020年3月7日). 2020年12月9日閲覧。
  190. ^ 高宮まり、リーチ攻勢で6勝目獲得!! 個人成績もベスト10入り!!”. キンマweb (2020年3月9日). 2020年12月9日閲覧。
  191. ^ 和久津晶、フェニックスに有終の美を飾る!! シーズン優勝、そして個人賞を総なめ!!”. キンマweb (2020年3月9日). 2020年12月9日閲覧。
  192. ^ 【Mリーグ2019】チーム・個人ランキング – セミファイナルシリーズ(3月31日更新)”. キンマweb (2020年3月31日). 2020年4月4日閲覧。
  193. ^ “リーグ初の「セミファイナル」開幕 首位通過・セガサミーが初戦から登場/麻雀・Mリーグ”. AbemaTIMES. (2020年3月16日). https://times.abema.tv/articles/-/7046145 2020年4月4日閲覧。 
  194. ^ チーム成績表” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  195. ^ 内川幸太郎、セミファイナル初トップ奪取!! 追い風に乗ってサクラナイツ爆進か!?”. キンマweb (2020年3月17日). 2020年12月9日閲覧。
  196. ^ 沢崎誠、サクラナイツ連勝!! 盤石の攻守で、一気に2位に浮上!!”. キンマweb (2020年3月17日). 2020年12月9日閲覧。
  197. ^ 瑞原明奈、親倍マン炸裂!! 目の覚めるメンホン・チートイツでパイレーツ、5位に浮上!!”. キンマweb (2020年3月17日). 2020年12月9日閲覧。
  198. ^ 石橋伸洋、全局参加の石橋オリジナル!! 奇跡の4000オール成就で、パイレーツ2連勝!!”. キンマweb (2020年3月17日). 2020年12月9日閲覧。
  199. ^ 佐々木寿人、攻めに攻めてセミファイナル初トップを奪取!! 麻雀格闘倶楽部、一気に2位浮上!!”. キンマweb (2020年3月20日). 2020年12月9日閲覧。
  200. ^ 石橋伸洋、なぜか南場に強いこの男!! 会心の6000オールで2連続逆転勝利!!”. キンマweb (2020年3月20日). 2020年12月9日閲覧。
  201. ^ 日向藍子、東場で3度のマンガンツモ!! ABEMAS、セミファイナル初勝利&2位浮上!!”. キンマweb (2020年3月21日). 2020年12月9日閲覧。
  202. ^ 前原雄大、正義は我らガラクタにあり!? 麻雀格闘倶楽部3位復帰!!”. キンマweb (2020年3月21日). 2020年12月9日閲覧。
  203. ^ 沢崎誠、接戦を制して、サクラナイツ3勝目!! 麻雀格闘倶楽部をかわして3位浮上!!”. キンマweb (2020年3月22日). 2020年12月9日閲覧。
  204. ^ 萩原聖人、オーラス逆転トップで雷電、セミファイナル初トップ!!”. キンマweb (2020年3月22日). 2020年12月9日閲覧。
  205. ^ 近藤誠一、チーテン取らずの18000!! セミファイナル初勝利で首位攻防戦を死守!!”. キンマweb (2020年3月23日). 2020年12月9日閲覧。
  206. ^ 内川幸太郎、桜の季節に4勝目!! フェニックスを射程圏にロックオン!!”. キンマweb (2020年3月24日). 2020年12月9日閲覧。
  207. ^ 黒沢咲、渾身の二択で見事に勝利を引き当てる!! TEAM雷電2連勝!!”. キンマweb (2020年3月24日). 2020年12月9日閲覧。
  208. ^ 石橋伸洋、大接戦を制して個人3勝目!! 絶好調のこの男が、ついにABEMASを捉えた!!”. キンマweb (2020年3月24日). 2020年12月9日閲覧。
  209. ^ 岡田紗佳、チーム単独5勝目獲得!! ついにフェニックスをかわして首位浮上!!”. キンマweb (2020年3月26日). 2020年12月9日閲覧。
  210. ^ 瀬戸熊直樹、宿願の6000オール!! 崖っぷちの雷電に一縷の光明をもたらす!!”. キンマweb (2020年3月26日). 2020年12月9日閲覧。
  211. ^ 魚谷侑未、サクラナイツとの直接対局を制して、首位奪還!!”. キンマweb (2020年3月27日). 2020年12月9日閲覧。
  212. ^ 日向藍子、セミファイナル3戦2勝!! 絶好調でボーダー争いからの離脱に成功!!”. キンマweb (2020年3月28日). 2020年12月9日閲覧。
  213. ^ 黒沢咲、オーラス大逆転トップで雷電2連勝!! 土俵際ギリギリでの粘り腰を発揮!!”. キンマweb (2020年3月29日). 2020年12月9日閲覧。
  214. ^ 沢崎誠、モンスター級の異次元麻雀でサクラナイツ6勝目!! 麻雀格闘倶楽部はついに千切れる!?”. キンマweb (2020年3月29日). 2020年12月9日閲覧。
  215. ^ 白鳥翔、オーラス一気の大まくり!! カンドラ・ウラドラ、ま 乗るよね?!!”. キンマweb (2020年3月31日). 2020年12月9日閲覧。
  216. ^ 黒沢咲、2度のフリテンリーチを成就させ、最終戦を勝利で飾るも雷電、条件に泣く…!”. キンマweb (2020年3月31日). 2020年12月9日閲覧。
  217. ^ “今夜も“セレブ”でありがとう!黒沢咲、セミファイナル最終戦勝利にファンから感謝の嵐/麻雀・Mリーグ”. ABEMA TIMES. (2020年3月31日). https://times.abema.tv/articles/-/7048273 2021年5月2日閲覧。 
  218. ^ 高宮まり、大きく振りかぶってトップを奪取!! 一筋の希望を次戦につなぐ!!”. キンマweb (2020年3月31日). 2020年12月9日閲覧。
  219. ^ 藤崎智、あわや条件クリア!? 忍者の猛攻が炸裂!! 同日2連勝で、有終の美を飾る!!”. キンマweb (2020年3月31日). 2020年12月9日閲覧。
  220. ^ “最後まで「格闘倶楽部」藤崎智が有終の勝利 セミファイナル敗退も解説者「執念を見た」/麻雀・Mリーグ”. ABEMA TIMES. (2020年4月1日). https://times.abema.tv/articles/-/7048415 2021年5月2日閲覧。 
  221. ^ 【Mリーグ2019】チーム・個人ランキング / ファイナルシリーズ – 6月23日更新”. キンマweb (2020年6月23日). 2020年7月4日閲覧。
  222. ^ チーム成績表” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  223. ^ 小林剛、麻雀サイボーグの面目躍如!! 6万点オーバーで初戦を快勝!!”. キンマweb (2020年6月15日). 2020年12月9日閲覧。
  224. ^ 魚谷侑未、これぞMVPの麻雀!! 積極果敢な攻撃姿勢で、 しびれる接戦を制して辛勝!!”. キンマweb (2020年6月15日). 2020年12月9日閲覧。
  225. ^ 日向藍子、優勝を勝ち取る気概に満ちたポジティブファイト!! ABEMASファイナル初勝利!!”. キンマweb (2020年6月16日). 2020年12月9日閲覧。
  226. ^ 魚谷侑未、ファイナル2連勝!! 絶好調の最速マーメイド、 いったい誰が止めるのか!?”. キンマweb (2020年6月16日). 2020年12月9日閲覧。
  227. ^ 朝倉康心、大三元!! 16000オール成就で、パイレーツついに首位到達!!”. キンマweb (2020年6月18日). 2020年12月9日閲覧。
  228. ^ 和久津晶、少ないチャンスを活かし、ファイナル初トップ!! フェニックスは死なず!!”. キンマweb (2020年6月18日). 2020年12月9日閲覧。
  229. ^ 瑞原明奈、巧みな押し引きで、パイレーツに3勝目を持ち帰る!!フェニックス追撃戦開始!!”. キンマweb (2020年6月19日). 2020年12月9日閲覧。
  230. ^ 松本吉弘、ハコ下からの生還!! ABEMASはまだまだ死んでない!!”. キンマweb (2020年6月20日). 2020年12月9日閲覧。
  231. ^ 多井隆晴、覚悟の親番で大連荘!! ABEMAS2位浮上で優勝争いは三つ巴!!”. キンマweb (2020年6月22日). 2020年12月9日閲覧。
  232. ^ 茅森早香、土壇場の大仕事!! 長丁場を制して優勝にリーチ!!”. キンマweb (2020年6月23日). 2020年12月9日閲覧。
  233. ^ 石橋伸洋、これ以上ないパーフェクトゲーム!! 土壇場の首位浮上で最終戦に臨む!!”. キンマweb (2020年6月23日). 2020年12月9日閲覧。
  234. ^ 小林剛、史上最大の下剋上!! ボーダーからの大逆転劇、フェニックス直撃の一本勝ち!!”. キンマweb (2020年6月24日). 2020年12月9日閲覧。
  235. ^ a b まさに近藤誠一オリジナル!奇跡の手順で役満・大三元 ツモアガリに渾身の「カッ!」/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年10月12日). 2019年10月12日閲覧。
  236. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 10/11放送】役満集#1 Mリーグ2019初役満は近藤誠一の大三元<雷電vsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツ>大和証券Mリーグ毎週月火木金よる7時〜アベマTV - Mリーグ 2019年10月12日
  237. ^ a b 瀬戸熊直樹が役満・四暗刻!Mリーグ2年目で初達成/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  238. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 10/26放送】役満集#2 瀬戸熊直樹のMリーグ初の四暗刻成就!! <雷電vsフェニックスvsドリブンズvs風林火山>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜アベマTV - Mリーグ 2019年10月27日
  239. ^ a b もはや大蛇!沢崎誠、役満アガリに解説者も絶句の激読みで4勝目/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  240. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 11/14放送】役満集#3 マムシ沢崎の鮮やかな四暗刻成就!<ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜アベマTV - Mリーグ 2019年11月14日
  241. ^ a b リーグ初!激レア役満・四暗刻単騎、白鳥翔が達成 戦慄の2局連続役満テンパイ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  242. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 12/12放送】役満集#4 今シーズン4回目!白鳥翔の四暗刻単騎待ち!<風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsPirates>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜 - Mリーグ 2019年12月12日
  243. ^ a b “セレブ打法”の究極進化形 黒沢咲、四暗刻単騎でMリーグ女性選手初の役満 大逆転トップ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  244. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 2/25放送】『役満集#5』これぞドラマ!黒沢のオーラス大逆転の四暗刻単騎<ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs雷電>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜アベマTV - Mリーグ 2020年2月25日
  245. ^ 内川幸太郎、苦渋の決断…ドリブンズのトップ阻止へ決死の四暗刻単騎ダイブ!【熱論!Mリーグ】担当記者:渡邉浩史郎”. キンマweb (2020年2月26日). 2020年2月27日閲覧。
  246. ^ a b 光り輝く人魚姫、魚谷侑未がリーグ最高記録更新、9万4400点の特大トップ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  247. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 2/27放送】『役満集#6』魚谷侑未、東1局いきなりの国士無双!<Piratesvsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜 - Mリーグ 2020年2月28日
  248. ^ a b 「ウルッと来ちゃいました…」魚谷侑未、リーグ史上初1シーズン2度目の役満で個人トップに/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2020年3月4日). 2020年3月4日閲覧。
  249. ^ 【麻雀・Mリーグ2019 3/3放送】『役満集#7』魚谷侑未、今シーズン2度目の役満ツモ!<ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvsPirates>大和証券Mリーグ 毎週月火木金よる7時〜 - Mリーグ 2020年3月4日
  250. ^ a b リーグ史上2度目の親役満!朝倉康心、会心の大三元で実況・ファンが大絶叫/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  251. ^ 【初役満】大三元和了!本人コメント付き【Mリーグファイナル3日目】 - Mリーグ 2020年6月19日
  252. ^ リーグ史上初の「ノーテンリーチ」が発生/麻雀・MリーグABEMA麻雀タイムズ 2020年2月8日
  253. ^ なんだ、その三倍満!白鳥翔、清一色・ドラ6でラス目からオーラス逆転トップ「ツキすぎて怖い」/麻雀・MリーグABEMA麻雀タイムズ 2020年2月14日

外部リンク[編集]