沢崎誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沢崎 誠
Makoto Sawazaki 2020.jpg
2020年撮影
基本情報
出身地 群馬県安中市
生年月日 (1955-01-13) 1955年1月13日(66歳)
プロ入会 1984年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
初ドラフト 2019年/全体3番目
2019- KADOKAWAサクラナイツ
テンプレートを表示

沢崎 誠(さわざき まこと)は日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士群馬県安中市出身[要出典]東京理科大学中退[要出典]。団体内での段位は九段。

経歴・人物[編集]

  • 東京理科大学に入学後、麻雀に没頭し、数ヶ月で中退した[要出典]。そして、29歳でプロ雀士に転身した。
  • 勝負手ほど静かに息を潜めて痛烈なアガリを決めることから「マムシの沢崎」と呼ばれる[要出典]
  • 2020年、第14回モンド名人戦で予選を3位で通過し、初の決勝進出した。1回戦目は3位だったものの、2回戦目東場に満貫を決めると、南場で跳満・満貫をアガり、1回戦目トップのともたけ雅晴をトータルポイントで逆転した。オーラスで藤崎智から鮮やかな満貫を決め、名人戦で悲願の初優勝となった。
エピソード
  • 長年、テレビ対局の出場が無かったが、第2回ロン2カップにおいて初テレビ対局へ出場し、第5回モンド名人戦に出場した。しかし、その内の一戦で飯田正人に国士無双を放銃し、完全に無防備からの放銃であったため、師匠の小島武夫からは酷評を受けた[要出典]
  • 2019年7月9日、Mリーグの新設チーム・KADOKAWAサクラナイツより指名された[要出典]

雀風[編集]

  • 小島武夫に憧れ、一時は師事していた時もあった。一緒に打っていた時期もあったそうだが、小島とは2011年のモンド名人戦で手合わせするまで2年以上も顔を合わせていなかったとのこと。
  • 基本的にオーソドックスであるが、前述の第5回モンド名人戦においてはテレビマッチを意識した手役狙いもしている。
  • 比較的打牌は静かで牌を切る時は卓上に牌を置くような特徴的な打牌の仕方をする。リーチをかける際や勝負牌を切る時は打牌が強くなるが、解説をしていた荒正義は「(沢崎)誠は勝負をかけてくる時ほどそっと(牌を)切り出してくる。」と分析している。
  • 弟子に藤崎智清水香織などがおり、実力や人柄を慕われている。

獲得タイトル[編集]

  • 第2期新人王
  • 第7期雀魔王
  • 第13期十段位
  • 麻雀マスターズ(第16・27期) 
  • グランプリ2007
  • 第15期チャンピオンズリーグ
  • 最強位(2013年)
  • 麻雀日本シリーズ2017
  • 麻雀日本シリーズ2019
  • 第14回モンド名人戦(MONDO TV

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率 参照
Pt 順位 順位 順位
2019 KADOKAWAサクラナイツ 41 234.3(5.7) 5/29 92,100 2/29 0.7317(30/41) 15/29 [1]
2020 KADOKAWAサクラナイツ 21 ▲280.6(▲13.4) 27/30 66,400 7/30 0.6667(14/21) 25/30 [2]
2021 KADOKAWAサクラナイツ ?/32 ?/32 ?/32 [3]
通算 62 ▲46.3(▲0.7) 92,100 0.7097 (44/62)
  • 個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象
  • 個人スコアの括弧内は1半荘平均スコア

著書[編集]

  • 「沢崎誠の強すぎる麻雀経験論」(2020年 マイナビ出版)ISBN 978-4839973995

出典[編集]

  1. ^ 2019年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  2. ^ 2020年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年9月2日閲覧。
  3. ^ M.LEAGUE公式サイト”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]