黒沢咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒沢 咲
Saki Kurosawa 2019.jpg
2019年撮影
基本情報
出身地 東京都世田谷区
生年月日 10月6日(年齢非公表)
プロ入会 2005年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
ドラフト 2018年/3巡目
2018- TEAM RAIDEN/雷電
テンプレートを表示

黒沢 咲(くろさわ さき、10月6日 - 、本名非公開、年齢非公開)は、競技麻雀のプロ雀士。東京都世田谷区出身。血液型A型。上智大学卒。日本プロ麻雀連盟所属(現在、同団体内での段位は六段)、愛称は「強気のヴィーナス」。

人物[編集]

会社員として働き二足のわらじを履いていたが、多忙を理由に勤務先を依願退職し、麻雀プロ一本で頑張ることを決意。

現在は妹とともにポーセラーツ(陶器などの絵付け)のサロンをオープンし、講師を務めているという[1]

2018年に行われたMリーグドラフト会議にて、TEAM RAIDEN/雷電から3位指名を受ける。

2019年9月30日、Mリーグの今季2戦目で1着を取った後のインタビューで結婚を発表した。

同年、第36期鳳凰戦A2リーグの第10節終了時点で3位に位置し、昇級ボーダーの2位に位置している近藤久春とは78.1ポイント差。昇級するには12月25日に行われる最終節の上位4名によるD卓でこのポイント差をひっくり返す必要があった。そして迎えた同日のD卓、3回戦で6万点を超える1人浮きでのトップを獲った黒沢は、トータルポイントでついに近藤を逆転。最終戦も安定した打ち回しでトータル+52.2ポイントの卓内トップを獲得。近藤が卓内ラス(△59.6ポイント)でトータル3位となる+111.7ポイント、黒沢が同2位の+163.3ポイントとなったため女流3人目となる来期のA1リーグ昇級を同首位で同じMリーガーの佐々木寿人(+195.5ポイント)と共に決めた。なお、A1リーグにいた同じ女流の和久津晶は今期が△183.3ポイントの11位で最下位の前原雄大(△206.6ポイント)と共に来期A2リーグに降級したため、連盟史上初となるA1リーグに2人の女流がいる状態とはならなかった。なお、女性雀士として順位戦の最高位に昇級するのは、浦田和子(元連盟)・崎見百合プロ協会)・山口まや最高位戦)・和久津晶に次いで5人目。

2020年2月7日、Mリーグの2戦目で1着を取った後のインタビューで懐妊を発表[2]、7月2日に帝王切開により女児が誕生したことを報告している[3]。復帰戦となるテレビ対局「麻雀最強戦2020 タイトルホルダー vs Mリーガー 最強の女流決戦」では、僅差の点数状況を守り抜き優勝し、自身初めてとなる最強戦ファイナル出場権を得た[4]

タイトル履歴[編集]

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018[5] チーム雷電 22 116.9 7/21 6750 12/21 0.77 10/21
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率
2019[6] チーム雷電 28 150.5 8/29 80,600 4/29 0.7143 18T/29

※個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第7回女流モンド21杯・予選第2戦での宮内の解説による。
  2. ^ “セレブ”黒沢咲のおめでた報告に選手、ファンから祝福ラッシュ/麻雀・Mリーグ”. AbemaTIMES. 2020年2月8日閲覧。
  3. ^ TEAM雷電・黒沢咲が第1子女児を出産!ファンやMリーガーから祝福の声/麻雀・Mリーグ”. AbemaTIMES. 2020年7月4日閲覧。
  4. ^ “母は強し!Mリーガー黒沢咲が出産から2カ月で優勝、ファイナル進出決定/麻雀最強戦2020”. ABEMA TIMES. (2020年9月6日). オリジナルの2020年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/98Wl8 2020年9月8日閲覧。 
  5. ^ 2018年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。
  6. ^ 2019年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]