コンテンツにスキップ

渋川難波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渋川 難波
2019年撮影
基本情報
出身地 広島県廿日市市[1][2]
生年月日 (1986-05-19) 1986年5月19日(38歳)[1][2]
プロ入会 2011年[1][2]
所属団体 日本プロ麻雀協会[1][2]
Mリーグ
ドラフト 2022年/第1巡全体2番目
2022- KADOKAWAサクラナイツ
 
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年-
ジャンル 麻雀等
登録者数 6.9万人
総再生回数 1500万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年7月10日時点。
テンプレートを表示

渋川 難波(しぶかわ なんば、1986年5月19日[1] - )は、競技麻雀プロ雀士広島県廿日市市出身[2]日本プロ麻雀協会所属[1]。愛称は「魔神」[3]、「最強の積み木遊び」[4]。身長171cm[5]

経歴[編集]

広島市立大学情報科学部在学中の20歳の頃からオンライン麻雀「天鳳」の実況生配信を開始[6]

大学卒業後プロを目指して上京し、2011年に[1]日本プロ麻雀協会10期前期生としてプロデビュー[7]。2012年には「天鳳」の生配信を行っていたことをきっかけとして、プロ入り2年目にして「雀王決定戦」の解説を担当し、以降多くの対局解説を担当する[6]。また、同年から連載を開始した塚脇永久の漫画『鉄鳴きの麒麟児』の闘牌監修を担当し、以後複数の麻雀漫画で闘牌監修を担当する。

2013年2月25日、プロ入り3年目・26歳で雀竜位を獲得。同年5月2日には四神降臨~LEGEND~に出場し、井出洋介、土田浩翔と戦う。

2015年7月、第13回野口恭一郎賞男性棋士部門を受賞し、最強戦代表決定戦出場権、モンド杯出場権を獲得。2017年3月第15回日本オープン優勝。

2020年からMリーグ公式解説を務める[6]

2021年5月、自身のYouTubeチャンネル「渋川式 麻雀通信」を開設。

2021年に第20期雀王の座に輝く[8]。これにより矢島亨に続くグランドスラム(雀竜位、日本オープン、雀王の全てで優勝すること)を成し遂げた。このときには、「堀慎吾が2年前に雀王になってスターの階段を登っていくのを見て追いつきたいと思っていたので、これで少し追いつけたかと思う」という発言をしている[9]

2022年7月11日、Mリーグドラフト会議にてKADOKAWAサクラナイツより指名され、Mリーグ公式解説からMリーガーへの転身を果たす[10]

2023年3月24日、自身のYouTubeチャンネルを通じて、日本プロ麻雀連盟所属の早川林香との結婚を発表[11]。翌々日の3月26日に行われた挙式及び披露宴にはMリーガー[注釈 1]を始め、多くの競技麻雀プロが集まった。

2023年6月から行われたMトーナメント2023にて52名の頂点に輝く。[12][13]

人物[編集]

  • 幼少期に父が集めた麻雀漫画が多数あったことで麻雀に接し[2]、両親と妹と小学校の頃から家族麻雀をしていた[6]。父は麻雀に関する書籍を自主製作するほどの麻雀好きで、「魔神の父のМリーグ観戦記」のタイトルで近代麻雀竹書房)の公式noteに連載を持つ[14]
  • 小学校の頃は、卓を回りながら四人分の手牌を一人で打つという孤独な遊びをし続けていた[15]
  • 小倉孝に憧れて麻雀プロになった。
  • デジタル派の代表格であり、特に場況読みに優れている。
  • 将棋のことはあまりわからないが、将棋番組を見て将棋の木村一基九段の解説を麻雀解説の参考にしている[6]
  • 2017年の日本オープン優勝時に祝勝会を開いたところ、渋川を含めて3人しか集まらず[16]、2021年の第20期雀王獲得時の祝勝会にも堀慎吾を加えた4人しか集まらなかったこと[17]を本人が自虐的に語っている。
  • 妻の早川林香とは友人を介して知り合い、早川の放送対局(早川自身も自信のあった対局)を見て渋川が「全部見たのですが、良かった打牌が1.2個しかありませんでした」と答えたことで早川が強い印象を持ち、程なく交際を始めたという。YouTubeチャンネル「渋川式 麻雀通信」の開設時も早川が撮影、編集、サムネイル作り、企画の提案等を行ってきたとのこと[18]
  • プロ雀士とYouTuber(VTuber)による私設リーグ「神域リーグ」にて、2023シーズンより新規参入する「チームグラディウス」の監督を務めている[19]
  • 将棋棋士の藤井聡太に似ているといわれており[20]、そのことで日本テレビ系列『ZIP!』の取材を受けている[21]
  • 2023年5月に配信されたサクラナイツ最強決定戦では、サクラナイツのチームメイト相手に2半荘続けて役満を放銃する[注釈 2]という珍事を起こしている[22]

獲得タイトル[編集]


Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率 連対率 トップ率 平均
着順
1着 1.5 2着 2.5 3着 3.5 4着 参照
Pt 順位 平均 順位 順位
2022-23 KADOKAWAサクラナイツ 24 ▲105.1 21/32 ▲4.4 56,700 21/32 0.7500 16T/32 50.0% 20.8% 2.54 5 0 7 0 6 0 6 [23]
2023-24 KADOKAWAサクラナイツ 23 147.2 9/36 6.4 72,600 6/36 0.7826 12/36 52.2% 34.8% 2.35 8 0 4 0 6 0 5 [24]
通算 47 42.1 0.9 72,600 76.6% 51.1% 27.7% 2.45 13 0 11 0 12 0 11
  • 個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象
  • 着順の1.5、2.5、3.5は1着同着、2着同着、3着同着
ポストシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率 連対率 トップ率 平着 1着 1.5 2着 2.5 3着 3.5 4着
Pt 平均
セミファイナルシリーズ
2022-23 KADOKAWAサクラナイツ 5 80.6 16.1 39,500 80.0% 60.0% 60.0% 2.00 3 0 0 0 1 0 1
2023-24 KADOKAWAサクラナイツ 5 ▲10.6 ▲2.1 36,900 80.0% 80.0% 0% 2.40 0 0 4 0 0 0 1
セミファイナル通算 10 70.0 7.0 39,500 80.0% 70.0% 30.0% 2.20 3 0 4 0 1 0 2
ファイナルシリーズ
2023-24 KADOKAWAサクラナイツ 4 ▲113.3 ▲28.3 29,400 50.0% 25.0% 0% 3.25 0 0 1 0 1 0 2
ファイナル通算 4 ▲113.3 ▲28.3 29,400 50.0% 25.0% 0% 3.25 0 0 1 0 1 0 2
ポストシーズン通算 14 ▲43.3 ▲3.1 39,500 71.4% 57.1% 21.4% 2.50 3 0 5 0 2 0 4

作品[編集]

著書[編集]

  • 麻雀 魔神の読み(マイナビ、2012年9月) ISBN 978-4839944469
  • 麻雀 魔神の攻め(マイナビ、2013年3月) ISBN 978-4839946555
  • 麻雀 魔神の実戦(マイナビ、2013年9月) ISBN 978-4839948597
  • 魔神ラーニング(竹書房、2021年10月) ISBN 978-4801928442
  • 麻雀 天才の思考 魔神の選択 堀慎吾×渋川難波(堀慎吾との共著)(KADOKAWA、2023年7月)ISBN 978-4046064240

闘牌監修[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ チームメイトの内川幸太郎堀慎吾赤坂ドリブンズ全員、渋谷ABEMAS白鳥翔松本吉弘U-NEXT Pirates仲林圭
  2. ^ 第1試合東4局で岡田紗佳国士無双を放銃、第2試合東1局で親番の堀慎吾四暗刻単騎を放銃。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i “渋川 難波(日本プロ麻雀協会)”. 麻雀ウォッチ (ムー). (2015年8月12日). オリジナルの2020年11月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201115122318/https://mj-news.net/mjpro/pd/2015081219115 2020年11月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 【雀士名鑑】渋川難波(しぶかわなんば) 大人になった麻雀少年、ついに念願のMリーガーへ”. キンマweb (2022年6月23日). 2023年1月21日閲覧。
  3. ^ 【麻雀】魔神の宣告 - 福地誠blog 2019年2月2日閲覧
  4. ^ プロフィール - セガネットワーク対戦麻雀 MJ5 EVOLUTION 公式サイト 2019年2月2日閲覧
  5. ^ 日本プロ麻雀協会-渋川難波
  6. ^ a b c d e 福山純生 (2021年5月9日). “渋川難波「盛り上げるのはもちろん、盛り下げないことも大事」Mリーガー列伝番外編”. 麻雀ウォッチ. 2023年3月24日閲覧。
  7. ^ 協会員名簿 - 日本プロ麻雀協会 2019年2月2日閲覧
  8. ^ a b 麻雀ウォッチ編集部 (2021年12月9日). “痺れる最終戦の決め手は残り1枚の七対子!渋川難波が初の雀王戴冠!/第20期雀王決定戦”. 麻雀ウォッチ (ムー). オリジナルの2021年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211209044031/https://mj-news.net/mjpro/osr/20211209171414 2022年1月8日閲覧。 
  9. ^ 渋川難波、初の雀王!接戦から突き抜け最後は独走V「まだまだここからがスタート」/麻雀・雀王決定戦”. ABEMA TIMES (2021年12月9日). 2023年3月24日閲覧。
  10. ^ 『Mリーグ』22-23シーズンのドラフト KADOKAWAサクラナイツは渋川難波、U-NEXT Piratesは鈴木優&仲林圭を指名”. ORICON NEWS (2022年7月12日). 2023年3月24日閲覧。
  11. ^ Mリーガー・渋川難波、結婚を発表 お相手は早川林香「ドッキリでもなんでもなく本当です」”. ENCOUNT (2023年3月24日). 2023年3月24日閲覧。
  12. ^ 渋川難波、決勝戦2連勝!! Mトーナメント、初代王者に輝く!!【Mトーナメント2023 決勝】
  13. ^ なぜトーナメントは面白いのか【Mトーナメント2023/8/6 FINAL STAGE】担当記者:越野智紀
  14. ^ 魔神の父のМリーグ観戦記 2022年11月7日”. 近代麻雀ノート (2022年11月14日). 2023年1月21日閲覧。
  15. ^ 『魔神の読み』マイナビ出版、2012年9月30日、28-30頁。 
  16. ^ Mリーグドラフトを終えて”. note (2020年7月28日). 2023年6月11日閲覧。
  17. ^ 渋川難波🌸 [@sibukawarou] (2021年12月19日). "今日は雀王祝勝会してもらいました!!". X(旧Twitter)より2024年4月13日閲覧
  18. ^ 魔神の嫁のMリーグ応援記【早川林香】”. 近代麻雀ノート (2023年4月1日). 2023年6月11日閲覧。
  19. ^ 【神域リーグ2023】Mリーガー監督が指名した人気Vtuberは? ドラフト会議速報”. 東京スポーツ (2023年3月31日). 2023年6月27日閲覧。
  20. ^ ここにも話題の八冠王が!?麻雀界の“藤井聡太似”雀士の勝利に「八冠おめでとう」の珍コメントが殺到/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2023年10月18日). 2024年4月13日閲覧。
  21. ^ 渋川難波🌸 [@sibukawarou] (2023年11月3日). "はい、私が八冠の藤井聡太です。". X(旧Twitter)より2024年4月13日閲覧 [1]
  22. ^ 渡邉浩史郎 (2023年5月31日). “【KADOKAWAサクラナイツ最強決定戦2023観戦記・後編】サクラナイツ最強決定戦、ここに決着!そして誰よりも”持っている”男の指輪物語”. キンマWeb. 2024年4月13日閲覧。
  23. ^ チーム成績表”. M.LEAGUE(Mリーグ). 2023年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月23日閲覧。※着順について同着時に誤差あり
  24. ^ チーム成績表”. M.LEAGUE(Mリーグ). 2024年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月5日閲覧。※着順について同着時に誤差あり

外部リンク[編集]