土井泰昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土井 泰昭(どい やすあき、1958年12月9日 - )は、競技麻雀のプロ雀士。島根県出身、血液型はAB型、愛称は「先走る浪漫派」。

概要[編集]

ナルミ』『勝負師の条件』『ダブルフェイス』『極麻伝』などの原作者としても多数の麻雀劇画を世に出すなど、マルチぶりを発揮している。1983年最高位戦日本プロ麻雀協会に加入。その後、2001年11月日本プロ麻雀協会を結成。初代会長として団体の発展に大きく貢献した。2005年11月より五十嵐毅が代表に就任し自身は協会を退会した。
2009年に協会に復帰したが、2012年4月に除名処分を受け、処分の無効を求めて係争を行ったが請求を棄却され敗訴が決定した。
2014年3月に新団体『全日本麻雀協会』の立ち上げを発表。4月1日に発足。但し、この『全日本麻雀協会』は、他団体より『プロ団体』承認を受けていないため、土井は現在、フリープロ雀士として活動している。

雀風[編集]

  • セオリーに忠実。順子主体の手筋を得意とし、丁寧な打ち筋から「浮かせ打法」の異名を持つ。好きな手役は三色同順混一色
  • 特に第1回モンド21王座決定戦では予選から決勝に至るまで圧倒的な強さを見せて優勝した。特に決勝第2戦で見せた、北の暗刻落としの聴牌取らずの末の6000オールは伝説となっている。

人物[編集]

  • 対局前後や解説では非常にフランクである。また、視聴者や他の参加者からも「どいーん」の愛称で親しまれている。自らの手筋を解説させると非常に論理的で特に捨て牌や点棒状況を考えた打牌に優れている。
  • 尊敬しているプロは金子正輝。

獲得タイトル[編集]

  • 發王位 2期(第8期・18期)
  • 雀王(第1期)
  • モンド21王座(第1回)
  • 新人王戦(第11回)

出演[編集]

著書[編集]

山根泰昭名義

土井泰昭名義

関連項目[編集]

外部リンク[編集]