役満貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

役満貫(やくまんがん)とは、日本の麻雀で採用されているのうち非常に難易度が高いもの、またはその役で得られる得点のことを言う。役満(やくまん)と略すことが多い。

役満貫となる役については麻雀の役一覧を参照のこと。

概要[編集]

役満貫の得点は符数や飜数を超越した扱いとされており、計算を必要としない。役満貫が成立している場合は役満貫以外の役は全て無視し、決められた特定の得点とする。現在は四倍満貫(親48000点/子32000点)とする事が多い。 関西で多いブー麻雀では役満には得点は設定されておらず、和了すれば無条件でマルAトップとして扱われゲーム終了となる。その名残で、役満を和了すると無条件にトップとしてゲームを終了させる事が出来る「役満コールド」ルールが設定されている雀荘もある。 但し、完全先付けにおける和了資格等を考慮する際に役満貫以外の役との複合を認める場合もある。

役満貫同士が複合した場合(字一色大三元など)、ダブル役満トリプル役満と称し通常の役満貫の2倍及び3倍の点数として扱う場合もある。また、役満貫に該当する役が1種類だけでも和了の方法(四暗刻単騎待ち国士無双十三面待ち九蓮宝燈九面待ち)や役の難易度(大四喜)によってはダブル役満として扱うルールもある(大役満と呼び、通常の1.5倍の点数とするローカルルールもある)が、特に競技麻雀では複合や和了の如何を問わず最大点数を単一の役満貫相当点(親48000点/子32000点)で打ち止めとする場合もある。

一般的なフリー麻雀や競技麻雀では最大点数を単一の役満貫相当点とするルールが主流で、純粋に複合する役満の場合のみダブル役満やトリプル役満とするルールが少数ながら存在し、四暗刻単騎待ちや大四喜、国士無双13面待ち、九蓮宝燈9面待ちをダブル役満とするルールはほとんどない。主に関西のセット麻雀にのみ見られるルールである。

歴史的には麻雀において一回の和了で獲得できる最大の点数(上限)を満貫と称した(英語でも満貫は「Limit」と称する)。複数の役の複合により満貫に達する場合を数え満貫或は数満貫と呼び、単一の役だけで満貫として扱う場合を役満貫として区別した。 因って役満貫の点数は文字通り満貫と同額であったが、所謂麻雀のインフレ化に伴い満貫以上の得点(倍満貫・三倍満貫・四倍満貫)が認められるようになり、それに応じて役満貫の点数も上昇していった。その結果現在では役満貫を四倍満貫として扱うようになった。 これに伴い、役満貫以外の役の複合による最大得点も四倍満貫相当とするのが一般的となった(数え役満)。 数え役満についての詳細は麻雀の得点計算を参照。

役満は、ほとんどが和了に必要とする牌に么九牌(老頭牌、字牌(四風牌、三元牌))を含んでいる。それを含んでいない役満は(天和・地和・人和などといった特殊な役満を除き)、四暗刻四槓子と(發なし)緑一色の3種類のみである。前者2役に関しては、使用する牌に一切の制限がない[1]

役満の中で、七対子形で作れるのは(天和・地和・人和などといった特殊な役満を除き)字一色のみである(このような字一色を大七星ともいう。)[2]

役満の中で、平和形で作れるのは(天和・地和・人和などといった特殊な役満を除き)緑一色のみである。

役満貫は一般に非常に難度が高いので実戦でもそう滅多に和了れる事はないが、その難度は役の種類により幅が大きい。中でも比較的完成するのが容易であるとされる

  • 四暗刻 - 使用できる牌種を厳しく制限するものが多い中で四暗刻では全ての牌を役の構成牌として使えるうえに門前限定で手の内を晒さないので非常に見破りにくい(四槓子も全ての牌を使えるのは同様だが、こちらはの難しさと牌が相手に見えてしまうことから難度は圧倒的に高い)。
  • 大三元 - 手牌14牌の殆どか全体に条件を課すものが多い中、こちらの条件は白・發・中の3面子9牌だけであり、鳴いても良い。
  • 国士無双 - 牌種の制限から同種の牌を複数要求するものが多い中、国士無双では雀頭を除き1種1枚で良く、確率的に有利である。

以上の役満役を総称して俗に役満御三家三大役満などと言われる。


役満貫の複合例[編集]

東東南南白白白中中中 發發發 和了南
南南南北西西西 東東東 白白白 和了北
一索一索一筒一筒一筒九筒九筒九萬九萬九萬九索九索九索 ツモ和了一索

四暗刻自体は比較的出現しやすい役満であるが、四暗刻が他の役満と複合するのは非常に稀である。理由として、手の内がすべて対子と刻子の状態になり四暗刻が狙える手組みになったとしても、対子と刻子がすべて一九牌だったりすべて字牌だったりすれば、メンゼンに拘ることなく鳴いて和了に向かうからである。つまり四暗刻が他の役満と複合するためには、手の内に他の役満のタネ(対子)が揃っており、かつ、それら必要牌がなかなか場に切り出されず、かつ、切り出される前に自力でツモってこなければならない。しかも必要牌すべてが自分のツモ筋になければならない。達成不可能なわけではないが、これら重なり合う条件をすべてクリアしなければならないため、四暗刻の複合は非常に珍しい。

役満自体そう頻発するものではないため、役満の複合にお目にかかることは滅多にない。しかし敢えて言うなら、字一色が大三元や四喜和と複合するケースはごくごく稀に見られる。四暗刻と四槓子も理論上は国士無双と九蓮宝燈を除くすべての役満、さらにローカル役では四連刻などと複合可能であるが、あくまで理論上の話であって、上述の通り現実的には非常に難しい。まして天和や地和の複合は天文学的確率であると言える。ただし以下のように、天和地和が他の役満を含んでいた例はわずかながら存在する。

  • 大正時代に日本で行われた公式大会で、天和大三元をあがったという記録が存在する。
  • 2001年近代麻雀主催の読者大会の予選で、一般参加者が地和国士無双をあがった記録がある。

脚注[編集]

  1. ^ それ以外の役満では、国士無双で么九牌13種類、大三元で三元牌3種類、四喜和で四風牌4種類、字一色で字牌5~7種類、(發あり)緑一色で「發」1種類、清老頭で老頭牌6種類、九蓮宝燈で老頭牌2種類(一色のみ)を必要とする。
  2. ^ ただし中国麻雀など、七対子の4枚使いを認めるルール下においては、清老頭緑一色の七対子形も可能。