中田花奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかだ かな
中田 花奈
プロフィール
愛称 かなりん
生年月日 1994年8月6日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
公称サイズ(2017年[1]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
備考 靴のサイズ 24 cm[注 1]
活動
デビュー 2011年
所属グループ 乃木坂46
活動期間 2011年 -
主な出演作 デスブログ 劇場版
アイドル: テンプレート - カテゴリ

中田 花奈(なかだ かな、1994年8月6日 – )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである[3]埼玉県出身[注 2]。身長158cm[1]。血液型A型[3]

略歴[編集]

小学1年生の時、父親にモーニング娘。のライブへ連れて行ってもらったのがきっかけでアイドルを好きになり[6]田中れいな松浦亜弥のコンサートへ行くようになった[7]。小学4年生の時、メイクに興味が湧き、アイドルよりモデルの舞川あいくを好きになった[7]。その頃は埼玉県が「ダサイたま」と呼ばれていることから、必要以上にファッションを気にし、埼玉県内では買わないようSHIBUYA 109-2のNARUMIYAで買っていた[4]。小学校を卒業後、女子中高一貫校へ進学した[8]

中学2年生の時、AKB48が好きな友達がきっかけでAKB48の「10年桜」を聴き[7]、モデルでありながらアイドルでもあった篠田麻里子に惹かれた[7]。そこからAKB歌劇団の宣伝写真を通じて柏木由紀を好きになり[7]、柏木由紀の所属するAKB48チームBの公演へ行くようになった[7]。公演ではAKB48チームBの公演チケットよりも研究生の公演チケットの方が当たりやすかったため、研究生の公演を観賞する機会が増えた[7]。その影響でテレビに出演していなくても現場で頑張っているアイドルに惹かれるようになり[7]、柏木由紀・森高千里など[9]、パフォーマンス能力のあるアイドルに憧れるようになった[10]。それ以降、他のアイドルの公演も行くようになり、愛乙女★DOLLDoll☆Elements[11]SUPER☆GiRLS東京女子流などを観賞した[7]

17歳の時[12]、将来はニュースキャスターになるつもりだったが[13]、父親から乃木坂46の1期生オーディションを勧められ[14]、自身を元気づけてくれたアイドルへの憧れもあって[15]、乃木坂46の1期生オーディションを受験した[12]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではフレンチ・キスの「夜風の仕業」を歌った[12]。オーディションは1回目のダンス審査で落選したが、敗者復活戦で合格した[16]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった[17]。合格後、学校が芸能活動禁止だったために退学しようと考えたが[18]、母親は中田が大学へ進学して就職するまでの道のりを考えていたために反対され[19]、転校を選んだ[18]。その後、乃木坂46の握手会が開催され、人生で初めて男性の手に触れる経験をした[20]。それまでそのようなアルバイトの経験がなく[9]、女子校出身だったため[8]、男性とちゃんと話した経験や[21]、恋愛を目の当たりにした経験もなかった[22]

2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」で初のフロントを務めた[23]。2012年10月、乃木坂46の4thシングル「制服のマネキン」の選抜発表で初の選抜落ちが発表された[24]。それまで選抜のよい位置を任されていたために落胆した[7]。なぜなら、先月の『16人のプリンシパル』で全役を演じ、4位という結果を残し[25]、かつ大学進学を諦めて乃木坂46の活動に専念すると決めた直後だったからである[26]。それ以降はイメージを変えるためにボブヘアだった髪型をロングヘアに変えた[7]

2013年3月9日、高等学校を卒業した[26]。それまで大学受験のために塾へ通っていたが、乃木坂46のために大学進学を諦めた[9]。この件について、母親からは理解を得られなかったが、父親からは理解を得られた[19]。なぜなら、もともと父親は娘にアイドルをやらせたくて子どもの頃からハロー!プロジェクトのオーディションを受験させていたからである[19]。その後、何もない生活が続いて途方に暮れる時期もあったが[26]、ブログ、モバイルメール、パフォーマンスなど、まず目の前のことを確実にこなすことを考えた[注 3]。2013年4月18日、『生のアイドルが好き』(ニコニコ生放送)に中田花奈・松村沙友理の2人でMCとして初のレギュラー出演を開始した[27]

2014年、乃木坂46でブログ更新率1位になった[21]。2014年5月24日、映画『デスブログ 劇場版』で初の主演を務めた[28]。2014年6月29日、『乃木坂って、どこ?』の頭脳王で優勝し[29]、初代・頭脳女王となった[14]

2015年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[30]。2015年10月、株式を始めた[31]

2016年11月、クレジットカードが停止、節約生活を始める[32]

2017年1月30日、乃木坂46の17thシングル『インフルエンサー』で11作(約3年半)ぶりに選抜メンバーを務めることが発表された[33]

人物[編集]

愛称は、かなりん[15]。キャッチコピーは「上から読んでも下から読んでもなかだかな、横から読んだら"ダ"!」[34]。グラマラスボディの持ち主だが、水着には恥じらいがある[26]

嗜好[編集]

好きな食べ物は甘いもの[注 4]、うどん、野菜ジュース[36]。肉や魚があまり好きでない[37](厳密には、焼肉があまり好きではないのであって、肉料理が嫌いなわけではない。餃子は大好き。)[38]。主食はお菓子で洋菓子、和菓子が大好き[37]ピエール・ガニェールの五右衛門というケーキを食べてからスイーツ愛好家になった[37]。好きなアーティストは黒木メイサ[39]

趣味[編集]

趣味はアイドル[40]

アイドルオタクで[41]、アニメオタクではない[42]。父親がアニメを好きでなかったため、子どもの頃からアニメをほとんど観た経験がない[43]。ただし、漫画『君に届け』、『スイッチガール』は読んだことがある[44]。アイドル好きであることは中田にとって「私が私であるための前提」である[26]。AKB48の劇場公演を好み、アイドルはライブをするものだという理想型を描いており[19]、「アイドルはパフォーマンスしてなんぼ」とし[14]、ブログは作りこむものではないが、歌やダンスといったステージ上のパフォーマンスは作りこむものだと考えている[45]。アイドルファンとして人気のあるメンバーが前列に選ばれることはよいことだと考えている[26]。アイドルグループでは大所帯でもユニットが作れるグループを好み、ハロー!プロジェクトのファンとして、とくにLuce Twinkle Wink☆を愛する[35]。アイドルグループではフェアリーズ、東京女子流、℃-uteなどの5人組程のグループを好む傾向がある[46]

日本語ラップMCバトルが好きであり[47]、自身がレギュラー出演するエフエム富士のラジオ番組『沈黙の金曜日』では「中田花奈のフリースタイル」というコーナーを行うほか、般若が主宰する昭和レコードのライブイベントなどにも足を運んでいる[48]。好きなラッパーはZORNちゃんみなR-指定[49]。2016年11月27日放送の『乃木坂工事中』では、MCのバナナマンにオススメしたい1曲としてCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)「刹那」を紹介した[50]

特技[編集]

特技はアイドル鑑賞[51]、ピアノ[52]、ダンス、ベース[36]

ピアノは、14年間の経験がある[52]。保有資格は語彙・読解力検定準2級[53]、自動車免許[54]

乃木坂46[編集]

乃木坂46のダンス七福神[55]検定八福神[56]乃木團のベース[57]サンクエトワールのメンバー[58]、七福神・平選抜・アンダーのすべてを経験し、表題曲のフロントとアンダー曲のセンターを務めたメンバー[59]、『16人のプリンシパル』の全9公演・第2幕で9回ともすべて異なる役を演じた唯一のメンバー[60]

ダンス七福神で、3歳から中学受験するまでバレエを習っていた[14]。中学生時代はバトン部に所属し、全国大会で金賞を受賞した[61]。高校生時代はヒップホップダンスを始めた[14]。ヒップホップを踊っていた頃は一体感のあるダンスを重視していたが、アイドルになってからは自分をアピールして好きになってもらうダンスを重視した[62]。乃木坂46ではメディア選抜メンバー以上のダンスパフォーマンスを見せるために自主練習に取り組んでおり、サイドポニーの髪型はダンスパフォーマンスを追究した結果、辿り着いた髪型である[3]。ダンスに関しては気づいた点があれば指摘するよう心掛けており、乃木坂46のアンダーライブでは映像を通じて反省点を挙げ、伊藤万理華と議論した[7]。中田自身よりダンスの上手なメンバーとして川村真洋を挙げている[3]

乃木坂46で好きな振付は「自由の彼方[63]。好きな曲は「他の星から」、「別れ際、もっと好きになる」、「気づいたら片想い[64]。ただし、乃木坂46を知らない人には「制服のマネキン」を推薦している[65]。好きなミュージック・ビデオは「せっかちなかたつむり」、「気づいたら片想い」、「白米様[66]

作品[編集]

シングル[編集]

乃木坂46

まゆ坂46

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030/1) - EAN 4988009052632

こじ坂46

アルバム[編集]

乃木坂46

映像作品[編集]

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

イベント[編集]

  • フューチャーアイドルパーティースペシャル『アイドルプラネット プレミアムLIVE Ver.2.5』(2014年4月23日、duo MUSIC EXCHANGE) - MC[72]
  • ホップ! ステップ! アイドルプラネット!!(2014年12月18日、duo MUSIC EXCHANGE) - MC[73]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.01(2016年4月2日 - 、KADOKAWA) - 中田選抜選定委員会[74]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 靴のサイズは2013年時点[2]
  2. ^ 1994年8月6日、大阪府で生まれ、0歳の時に埼玉県へ転居したため、出生は大阪府だが[4]、出身は埼玉県である[5]
  3. ^ 中田によれば、そこから先の道ではそれ以外の何かが必要になることは分かっているが、具体的にそれが何であるか検討はついていない[26]
  4. ^ とくにチョコを好む[35]

出典[編集]

  1. ^ a b 中田 花奈”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2017年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月29日閲覧。
  2. ^ 中田花奈 (2013年3月1日). “財布だけを持った人カナ? 407”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 中田花奈 (2015年9月29日). 【緊急インタビュー】乃木坂46中田花奈に聞く——アイドルが葛藤を明かす時. インタビュアー:大貫真之介. エンタメNEXT.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=1621 2015年9月29日閲覧。 
  4. ^ a b 秋元真夏、井上小百合、相楽伊織、中田花奈 「さいたまサミット」『BUBKA』2016年1月号、サイゴン、白夜書房、2015年11月30日、97-98頁。ASIN B017WH4130
  5. ^ 乃木坂46”. アイドルプラネット. ゼウス・スマートアプリケーション (2013年11月28日). 2013年11月28日閲覧。
  6. ^ 大西元博 (2016年6月25日). “(乃木坂46日々是勉強)中田花奈 「挫折しても復活」を証明”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ6P7SJCJ6PUCVL038.html 2016年6月25日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 中田花奈 (2014年12月12日). 中田花奈(乃木坂46). インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット.. http://idol-planet.com/premium/201412/12-kana_nakada 2014年12月12日閲覧。 
  8. ^ a b 「asymmetry girl #3」『ENTAME』2014年2月号、徳間書店、2013年12月28日ASIN B00H8X812Q
  9. ^ a b c d 中田花奈」『季刊 乃木坂』vol.1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日、34-42頁。ISBN 978-4-86336-387-8
  10. ^ 中田花奈; 松村沙友理 (2014年10月12日). 松村沙友理、中田花奈が乃木坂46「新曲MV秘話」「神宮ライブ裏側」を解説. (インタビュー). ドワンゴジェイピーnews.. http://news.dwango.jp/?itemid=11821 2014年10月12日閲覧。 
  11. ^ 川後陽菜; 中田花奈 (2014年4月30日). Doll☆Elements特集 乃木坂46・中田花奈&川後陽菜が魅力を徹底分析 (2/3). インタビュアー:橋本尚平. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/dollelements/page/2 2014年4月30日閲覧。 
  12. ^ a b c “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(3)【合格者一覧(後半)〜会見】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月28日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_03.htm 2013年4月4日閲覧。 
  13. ^ 「乃木坂46 桜井玲香 井上小百合 中田花奈 永島聖羅 能條愛未」『Cool-up Girls』Vol.5、斉藤貴志、音楽専科社、2015年1月27日、2015年3月号、8頁。ASIN B00S1L32KA
  14. ^ a b c d e 大貫真之介 (2014年7月1日). “乃木坂46ナンバー1頭脳女王・中田花奈が「アイドルはパフォーマンスしてなんぼでしょ!」を証明する”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2014年7月1日閲覧。
  15. ^ a b 中田 花奈(なかだ かな) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  16. ^ 中田花奈 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/39/10/ 2011年11月2日閲覧。 
  17. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  18. ^ a b 中田花奈 (2012年2月23日). 乃木坂46『ぐるぐるカーテン』インタビュー. インタビュアー:杉岡祐樹. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/120223_nogizaka46/page2.html 2012年2月23日閲覧。 
  19. ^ a b c d 篠本634 「乃木坂46物語 Another Story 「アンダーライブ前夜〜夜明け前の闇の中で〜」」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、56頁。ASIN B01518F35W
  20. ^ “乃木坂46・中田花奈 男性に手を触れられビックリ!”. リアルライブ (フェイツ). (2014年5月26日). http://npn.co.jp/article/detail/30146287/ 2014年5月26日閲覧。 
  21. ^ a b 中田花奈 (2014年6月7日). 映画初主演・乃木坂46中田花奈インタビュー「ブログは中田花奈と認知してもらえたら嬉しいです」. インタビュアー:日刊SPA! 編集部. 日刊SPA!.. http://nikkan-spa.jp/654828 2014年6月7日閲覧。 
  22. ^ “乃木坂46伊藤寧々 恋愛映画出演「あんまり…」と拒否”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年6月22日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/281406/ 2014年6月22日閲覧。 
  23. ^ 「乃木坂46 号泣! 2nd選抜までのすべて」『ENTAME』2012年6月号、徳間書店、2012年4月28日、56頁。ASIN B007SWLQ2E
  24. ^ 中田花奈 (2012年10月8日). “4th選抜発表カナ? 265”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年10月8日閲覧。
  25. ^ 篠本634 「第11章 帰ってきた秋元真夏」『乃木坂46物語』 集英社、2015年12月18日、129頁。ISBN 978-4-08-780774-5
  26. ^ a b c d e f g 犬飼華、斉藤貴志、六輪優 「乃木坂46 ウワサの真相スペシャル2015」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、西中賢治、集英社、2015年9月17日、増刊号、52頁。ASIN B01518F35W
  27. ^ a b “乃木坂46松村&中田、ニコ生新番組でアイドルと“生”トーク”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月12日). http://natalie.mu/music/news/88628 2013年4月19日閲覧。 
  28. ^ “乃木坂46能條愛未、中田花奈、伊藤寧々がホラー映画主演”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月1日). http://natalie.mu/music/news/110975 2014年3月5日閲覧。 
  29. ^ 中田花奈 (2014年7月22日). プレミアムインタビュー. インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット.. http://idol-planet.com/premium/201407/22-nogizaka46-3 2014年7月22日閲覧。 
  30. ^ “乃木坂46“華の94年組”が成人式で誓い「引っ張っていきます!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月10日). http://natalie.mu/music/news/135919 2016年1月10日閲覧。 
  31. ^ “乃木坂46 中田花奈が株をスタート”. リアルライブ (フェイツ). (2015年10月21日). http://npn.co.jp/article/detail/06106723/ 2015年11月1日閲覧。 
  32. ^ “ミリオン達成の乃木坂46メンバーが金銭苦を告白「カードが止まっちゃったの」”. リアルライブ (フェイツ). (2016年11月10日). http://npn.co.jp/article/detail/12425580/ 2016年11月10日閲覧。 
  33. ^ “最多21人が選抜入り、乃木坂46ニューシングルは西野&白石のダブルセンター”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年1月30日). http://natalie.mu/music/news/218721 2017年1月30日閲覧。 
  34. ^ 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  35. ^ a b 「乃木坂46 No.1 アイドルフリーク・中田花奈の中田選抜選定委員会 連載 第1回」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.01、西廣智一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年4月2日、No.595、66-67頁。ISBN 978-4-04-731995-0
  36. ^ a b 「乃木坂46 美女散歩 Vol.39」『Samurai ELO』2016年1月号、ANDRE、三栄書房、2015年11月24日、156頁。ASIN B017T4UU7C
  37. ^ a b c 「乃木坂46 中田花奈はスイーツに夢中!」『UPDATE girls』Vol.2、齋藤春子、ぴあ〈ぴあMOOK〉、2015年11月27日、102-103頁。ISBN 978-4-8356-2568-3
  38. ^ 乃木坂46SP第2弾!なんか時間もらったからフニャフニャおしゃべりしちゃうぞTV - 2017/05/13 20:00開始”. AbemaGOLDチャンネル. AbemaTV. 2017年5月13日閲覧。
  39. ^ 中田花奈 (2011年11月26日). “バスの中で撮ったらぶれちゃった”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年11月26日閲覧。
  40. ^ 「恋の嵐は突然に…」『EX大衆』2015年2月号、双葉社、2015年1月15日ASIN B00QQ1TNDC
  41. ^ “乃木坂46 乃木坂46、取材中に新キャラ誕生、ヲタ芸している棒人間“asr”とは?”. BARKS (グローバル・プラス). (2013年3月14日). http://www.barks.jp/news/?id=1000088312 2013年4月28日閲覧。 
  42. ^ 中田花奈 (2011年12月4日). “イケメンとの2s”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年12月4日閲覧。
  43. ^ 中田花奈; 松村沙友理 (2015年2月11日). 乃木坂46松村「弟が最近優しくなった」と中田2015年オススメアイドル. インタビュアー:西廣智一. ドワンゴジェイピーnews.. http://news.dwango.jp/index.php?itemid=16814 2015年2月11日閲覧。 
  44. ^ 向原康太 (2017年1月30日). “乃木坂46 白石麻衣、Wセンター選抜への意気込み「形を作っていいシングルになったら」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2017/01/post-11159.html 2017年1月30日閲覧。 
  45. ^ 中田花奈 (2015年9月29日). 【緊急インタビュー】乃木坂46中田花奈に聞く——アイドルが葛藤を明かす時. インタビュアー:大貫真之介. エンタメNEXT.. http://www.entamenext.com/news/detail/02/id=1621 2015年9月29日閲覧。 
  46. ^ 「ウワサの真相スペシャル2016」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、西中賢治・西廣智一、集英社、2016年11月24日、49頁。ASIN B01M67T85Q
  47. ^ 乃木坂46”. アイドルプラネット. ゼウス・スマートアプリケーション (2016年12月4日). 2016年12月12日閲覧。
  48. ^ 中田花奈 (2016年10月14日). “沈黙の金曜日さんのツイート: "沈金始まるよ! 実は月曜日に昭和レコードのライブ行ってました! なかだかな https://t.co/U8xPDs2Mul"”. 沈黙の金曜日オフィシャルツイッター. Twitter. 2016年12月12日閲覧。
  49. ^ 11月23日 新内眞衣のオールナイトZEROは???”. オールナイトニッポン0[ZERO]. ニッポン放送 (2016年11月23日). 2016年12月12日閲覧。
  50. ^ 乃木坂工事中|メンバーが熱い思い入れを持つ1曲をバナナマンにオススメ|2016/11/28(月)00:00放送|テレビ東京”. TVでた蔵. 富士ソフト (2016年11月28日). 2016年12月12日閲覧。
    中田花奈 (2016年11月28日). “安全につくられてるカナ? 1385”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2016年12月12日閲覧。
  51. ^ 「『せっかちなかたつむり』MV撮影現場に完全密着!」『FLASHスペシャル グラビアBEST』2016年新春号、日光文社、2015年12月25日、FLASH増刊、69頁。ASIN B0198OSLRW
  52. ^ a b 「Book in Book 乃木坂46 全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』 集英社、2011年10月24日、不定版、134頁。ASIN B005VLKGQ6
  53. ^ 乃木坂メンバー、準2級に10人合格 語彙・読解力検定”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年2月21日). 2014年2月21日閲覧。
  54. ^ 中田花奈 (2014年3月27日). “空気清浄機カナ? 733”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年3月27日閲覧。
  55. ^ ワイヤーアクション (2011年11月). “テレビ東京|乃木坂って、どこ?|2011/11/28(月)00:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。
  56. ^ 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  57. ^ “乃木坂46&“乃木團”が本家・氣志團と初コラボ 綾小路翔も太鼓判”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2050519/full/ 2015年3月24日閲覧。 
  58. ^ “乃木坂46“サンクエトワール”の歌声が聖夜に響く! フリーライブ&サイン会開催”. GirlsNews (レゾリューション). (2015年12月21日). https://girlsnews.tv/unit/258013 2015年12月21日閲覧。 
  59. ^ 中田花奈 (2013年1月7日). “5th選抜発表カナ? 358 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ”. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月19日閲覧。
  60. ^ 中田花奈 (2013年4月16日). “123カナ? 456”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月19日閲覧。
  61. ^ 相楽伊織; 寺田蘭世; 中田花奈 (2015年8月28日). 乃木坂46. インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット.. https://idol-planet.com/premium/201508/28-nogizaka46-7 2015年8月28日閲覧。 
  62. ^ 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい 「NOGIZAKA 46 INTERVIEW」『乃木坂派』 双葉社、2013年10月22日、157頁。ISBN 978-4-575-30587-6
  63. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、80頁。ASIN B00TSOFB2G
  64. ^ 斉藤貴志 「乃木坂46楽曲総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、90頁。ASIN B01518F35W
  65. ^ 「HISTORY OF THE TITLE SONG」『OVERTURE』NO.001、徳間書店、2014年10月3日、32頁。ISBN 978-4-19-710393-5
  66. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、91頁。ASIN B01M67T85Q
  67. ^ “乃木坂46中田花奈、映画初主演に緊張「もっと上手くなりたい」と女優業に意欲”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年5月7日). http://news.mynavi.jp/news/2014/05/07/135/ 2014年5月7日閲覧。 
    “小南泰葉、乃木坂46×ホラー第2弾主題歌は「NO-MAN」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年5月1日). http://natalie.mu/music/news/115742 2014年5月1日閲覧。 
  68. ^ “乃木坂46「あさひなぐ」映画版キャストが舞台版会場に登場、14人でなぎなた披露”. ナタリー (ナターシャ). (2017年5月30日). http://natalie.mu/music/news/234758 2017年7月30日閲覧。 
  69. ^ 「じょしらく」”. ネルケプランニング. ネルケプランニング (2015年4月). 2016年5月8日閲覧。
  70. ^ 「じょしらく弐 〜時かけそば〜」”. ネルケプランニング. ネルケプランニング (2016年4月). 2016年5月8日閲覧。
  71. ^ 中田花奈がFM FUJI「沈黙の金曜日」のアシスタントとしてレギュラー出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年3月25日). 2016年5月8日閲覧。
  72. ^ 中田花奈がMCで「アイドルプラネット プレミアムLIVE Ver.2.5」に出演!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2014年4月6日). 2014年5月10日閲覧。
    フューチャーアイドルパーティースペシャル『アイドルプラネット プレミアムLIVE Ver2.5』”. アイドルプラネット. ゼウス・スマートアプリケーション (2014年4月). 2014年5月10日閲覧。
  73. ^ ホップ! ステップ! アイドルプラネット!!”. アイドルプラネット. ゼウス・スマートアプリケーション (2014年11月). 2016年5月8日閲覧。
  74. ^ 「中田選抜選定委員会」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.01、KADOKAWA、2016年4月2日ISBN 978-4-04-731995-0

外部リンク[編集]