長澤茉里奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ながさわ まりな
長澤 茉里奈
プロフィール
愛称 まりちゅう
生年月日 1995年10月8日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
血液型 O型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 153 cm / kg
スリーサイズ 82 - 52 - 83 cm
カップサイズ F
活動
デビュー 2013年
所属グループ 放課後プリンセス元メンバー
活動期間 2013年 - 2014年、2015年 -2016年、2017年-
事務所 ヴィズミック
受賞歴

ミスiD2016

週刊プレイボーイ2016グラビアアイドルベスト50 第5位入賞

週刊SPA!グラビアン魂2017  副賞
週刊プレイボーイ合法ロリ番付 東横綱(2018年1月10日)
アイドル: テンプレート - カテゴリ

長澤 茉里奈(ながさわ まりな、1995年10月8日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、女優。放課後プリンセスの元メンバー。埼玉県出身。ヴィズミック所属。愛称は、まりちゅう

略歴[編集]

2013年7月、放課後プリンセス5期候補生見習いとして加入、同年10月12日候補生に昇格[2]。しかし、ルール違反があったとして候補生見習いに降格の上、2014年8月29日解雇処分となる[3]

ただし、グッズ販売などのスタッフとして働くことを条件に今後オーディションを受け直すことは可能としており、2015年2月18日に候補生見習いとして復帰。この日始動した下部ユニット「放プリユース」として活動していた[4]

事務所代表の大郷剛が選考委員を務める講談社主催のミスiD2016に応募し、選考委員による最終選考を前に一般投票1位でミスiD2016を獲得。動画サイトでは特にロシアからのコメントが目立ったという[5]

2016年8月7日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2016会場にて放課後プリンセスに昇格したことを発表[6]。同年9月22日載冠式が行われたが[7]、12月14日に年内での脱退を発表[8]。12月31日をもって事務所からも退所した[9]

2017年5月1日、自身のツイッターで活動再開を宣言し、ヴィズミックに所属することを発表した[10]

その後、歌やダンスよりは主にグラビアアイドルやタレント、女優を中心に幅広く活動している。

人物[編集]

姉1人、妹が2人の4人姉妹の次女である。

高校時代にマクドナルドのアルバイトをしていた時、16万人のクルーが参加した接客の埼玉県大会で2年連続優勝したことがある。

キャッチコピーは「合法ロリ巨乳」。童顔の清楚系で髪型は好んでツインテールによくしている。ツイッターやインスタグラムに投稿された写真にはしばしば「中学生にしか見えない」といったツイートが数多く寄せられる。

また、2018年4月19日自身のツイッターやインスタグラムにて幼児服を着用した姿をアップすると、あまりの違和感のなさに「小学生でも充分通用する」との声が多数寄せられた。

その容姿ゆえ、夜間外出の際にはしばしば警察に補導されそうになったり、利用する店舗で年齢確認をされることがある。そのため終電に乗り損ねたこともあったという。

その清楚な姿とは反対に好きなものが「酒(特にビール)」「ラーメン」「焼き小籠包」「韓国料理(激辛料理が全般に好き)」「スターウォーズ(出演するのが夢である)」「年下のアイドル」「麻雀」(麻雀番組のアシスタントで自身のコーナーを持っている)など、まるで中年男性の趣味であり、自身も様々な場所で「私は中味はオヤジですから」と公言している。しばしばツイッターやインスタグラムに飲酒している姿を投稿するが「子どもが飲酒したらダメだよ」「背徳感がすごい」といったコメントが数多く寄せられる。この容姿と趣味のギャップがたまらないというファンも多い。

ファンたちのことを本人もファン自身も「まりなーず」と呼んでいる。

中学生の頃から同じウィズミック所属の椎名ひかりに憧れており、現在は公私共に仲良くしている。先述の幼児服は椎名から借りたものである。

作品[編集]

イメージビデオ[編集]

  • 見習いプリンセス(2015年4月22日、イーネット・フロンティア
  • ピュア・スマイル(2015年10月23日、竹書房
  • まりちゅう日和(2016年2月19日、竹書房)
  • まりちゅうに夢中(2016年5月20日、ラインコミュニケーションズ
  • まりなーず伝説(2016年11月5日、イーネット・フロンティア)
  • まりな だって好きなんだもん(2017年10月20日、イーネット・フロンティア)

ミュージックビデオ[編集]

リーガルリリー3rd mini album『the Telephone』より、「うつくしいひと」主演(2018年6月29日)

WEB CM[編集]

SEGA「セガNET麻雀MJ」CM(2017年11月24日)

「ドラゴンクエストVR」WEBムービー メイド役(2018年4月20日)

DVD[編集]

  • 夜話 投稿実話物語「ぞくり」(2018年4月3日、「ぞくり」製作委員会 (有)十影堂エンターテイメント)

カレンダー[編集]

  • 長澤茉里奈 2017年カレンダー(2016年10月29日、トライエックス)
  • 長澤茉里奈 スクールカレンダー2018.04 》2019.03(2018年4月29日、ウィズミック A2版と卓上カレンダーの2種類)

写真集[編集]

デジタル写真集[編集]

  • デジタル週プレ写真集 長澤茉里奈「合法ロリ巨乳、ギリギリセーフ!? それともアウトか!?」(2016年5月27日、集英社

出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

  • 咲-Saki-(2016年12月、MBSTBS系) - 妹尾佳織役
    • 特別編(2017年1月、MBSTBS) - 妹尾佳織役
  • 覚悟はいいかそこの女子(2018年6月、MBS・TBS系)

ウェブドラマ[編集]

映画[編集]

インターネットTV[編集]

  • AbemaTVナビ(2016年10月3日 - 2017年3月、AbemaTV) - 月曜MC
  • Fresh TV「まりちゅう育成中 長澤茉里奈チャンネル」(2017年6月8日 – 10月26日)
  • AbemaTV 麻雀ch(2018年2月17日 - ) - 8代目アシスタント
  • Rakuten Shopping Live TV いやしの月曜(2018年2月19日)
  • ニコニコ動画「ひかちゅうのイケナイことしましょ」(2018年3月16日 - 4月19日)
  • AbemaTV「必殺 バカリズム地獄」(2018年3月28日)

脚注[編集]

  1. ^ “グラビアアイドル”長澤茉里奈、Fカップボディー披露「スッポンポンで撮影したときは度胸あると思った」”. ZAKZAK (2016年10月24日). 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ 木月生誕ワンマン@赤坂GENKIありがとうございました!<重大発表>”. 放課後プリンセス Staff Blog (2013年10月13日). 2016年10月31日閲覧。
  3. ^ 5期候補生見習い・長澤茉里奈に関しまして”. 放課後プリンセス Staff Blog (2014年8月29日). 2016年10月31日閲覧。
  4. ^ 放課後プリンセス重大発表”. 放課後プリンセス Staff Blog (2015年2月19日). 2016年10月31日閲覧。
  5. ^ “ロシアで話題のFカップ”長澤茉里奈に学ぶ「最高のおもてなし接客術」”. 日刊SPA! (2015年11月6日). 2016年10月31日閲覧。
  6. ^ 世界最大の「東京アイドルフェスティバル2016」レポ! この夏、一番輝くアイドル!出てこいや!!【前編】(5/5)”. 週プレNEWS (2016年8月15日). 2016年10月31日閲覧。
  7. ^ 放課後プリンセス厳かに昇格メンバー戴冠式 長澤茉里奈ら感激”. ドワンゴジェーピーnews (2016年9月23日). 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ “長澤茉里奈 年内で「放課後プリンセス」脱退 ツアーも中止”. スポニチアネックス. (2016年12月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/14/kiji/K20161214013906700.html 2016年12月14日閲覧。 
  9. ^ 長澤茉里奈、ラストライブに「もうオタ生活頑張れない!」 “最強合法ロリ巨乳”封印を危惧する声も”. おたぽる (2017年1月7日). 2017年1月22日閲覧。
  10. ^ “合法ロリ”グラドル長澤茉里奈が活動再開「これから頑張るぞ!」”. 東スポWeb (2017年5月2日). 2017年5月2日閲覧。
  11. ^ プロレス偏愛さは伝わりまくってリフレイン/私、やりますって!【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】”. ぼくらのプロレス (2017年12月27日). 2017年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]