唾奇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

唾奇(つばき、1991年8月4日 - )は、沖縄県出身のラッパーである。Pitch Odd Mansion所属。

来歴[編集]

17歳ごろからラップのリリック(歌詞)を書き始め、19歳ごろから曲を作り始めていた。2017年、音楽番組流派-Rで「最もアツいラッパー」に選ばれてから知名度が爆発的に上がった。

またこの年、Sweet Williamとのダブルネームで発表したアルバム「Jasmine」で注目され、高い評価を得る。

人物[編集]

  • 沖縄県那覇市寄宮で生まれる。家庭環境は荒れており、不遇な幼少期を過ごした。その後は祖母に育てられる。
  • ヒップホップは小学6年生の時、姉の彼氏の影響で聴いたキングギドラの「トビスギ」という曲に衝撃を受け、本格的に聴くようになる。中学生の時は一時期地元で流行っていたウェッサイを聴き、LGY(現LGYankees)などを聴いていた[1]
  • ラップを始める前はダンサーとして活動していたが、ライミングを踏む事)にハマり、自分でSkypeで自作のラップを録音してラッパーとしての活動を始める[2]
  • 名前の「唾奇」の由来は漫画、アニメの「ソウルイーター」のキャラクターの「椿」から来ているがそのままだとホストみたいなので、あえて汚いイメージの「唾」を使った事から来ている。[3]
  • ドレッドヘアがトレードマークである。また、アニメゲーム好きでもある。
  • トラックメーカーで共に多数の曲を作ったSweet Williamとは唾奇が国際通りのバーで働いていた時、バーのスピーカーで流していた「SHUREN THE FIRE」を偶然、大学の卒業旅行で那覇市に観光で来ていたSweet Williamが聞き、店に入ってきたのが唾奇との出会いである[4]
  • 吸っている煙草はアメリカンスピリッツ。「アメスピ吸うほど金持ちになったんだね」と言われるが、喫煙量からアメスピの方がむしろ経済的なため。吸っているタバコをこれ以上聞かないで欲しいと言っている。(アメスピの色は青色)

作品[編集]

アルバム

  • Jasmine (唾奇×Sweet William)
  • 道 -TAO-

脚注[編集]

  1. ^ 唾奇 x Sweet William (2017年4月18日). 唾奇 x Sweet William INTERVIEW. インタビュアー:伊藤雄介(Amebreak). Amebreak[アメブレイク]. https://amebreak.jp/interview/5515 2020年5月14日閲覧。 
  2. ^ 唾奇×Sweet William『Jasmine』インタビュー | USENのオウンドメディア「encore(アンコール)」 | encoremode |”. e.usen.com. 2020年4月25日閲覧。
  3. ^ 唾奇×Sweet William『Jasmine』インタビュー | USENのオウンドメディア「encore(アンコール)」 | encoremode |”. e.usen.com. 2020年4月25日閲覧。
  4. ^ 唾奇 x Sweet William (2017年4月18日). 唾奇 x Sweet William INTERVIEW. インタビュアー:伊藤雄介(Amebreak). Amebreak[アメブレイク]. https://amebreak.jp/interview/5515/3 2020年4月25日閲覧。 

外部リンク[編集]