中田敦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中田なかた 敦彦あつひこ
本名 中田 敦彦(なかだ あつひこ)
ニックネーム あっちゃん[1]
生年月日 (1982-09-27) 1982年9月27日(39歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市(佐賀県生まれ)
血液型 O型
身長 173 cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業
出身 NSC東京校10期
コンビ名 オリエンタルラジオ
相方 藤森慎吾
芸風 ボケ
立ち位置
事務所 吉本興業フリーランス
活動時期 2003年 -
同期 トレンディエンジェル
はんにゃ
フルーツポンチなど
他の活動 RADIO FISH
実業家
YouTuber
配偶者 福田萌(2012年 - )
親族 FISHBOY(弟)
公式サイト 中田敦彦 公式サイト - Atsuhiko Nakata Official site -
Twitter 中田敦彦
Instagram 中田敦彦
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年4月19日 -
ジャンル 教育
登録者数 メイン 405万人[2]
トーク 50万人[3]
英会話 7.2万人[4]
総再生回数 メイン 8億815万回
トーク 7280万回
英会話 160万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年7月9日時点。
テンプレートを表示

中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本お笑いタレント歌手実業家YouTuberお笑いコンビオリエンタルラジオボケ、ネタ作り担当。相方藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。

略歴[編集]

1982年9月27日、父親の仕事の都合で佐賀県で生まれ、生後1ヵ月頃に大阪府高槻市へ移る[5]。小学校4年生の時、山口県山口市へ移住し、同市内の小学校に転入。三浦知良に憧れ、中学校2年生までサッカー部に所属。また、フジテレビ系『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』でやっていたコントに憧れ、学校で披露していたことがある[5]。その後、山口大学教育学部附属山口中学校に入学したが、父親の転勤により中学校3年生の時、東京学芸大学附属小金井中学校に転入[6]。転入後は勉強に集中するため、茶道部に所属。東京学芸大学附属高等学校を経て、2001年4月に慶應義塾大学経済学部経済学科入学。

高校生の時に観たビデオで明石家さんまシティボーイズダウンタウン千原ジュニアが好きになり、お笑い芸人に興味を持つ[7]。高校時代に『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に、自らが送ったネタが採用された経験がある[8]

大学1年生の時、山口県の小学校時代に通っていた塾で一緒だった川口誉と再会し、学園祭で漫才をするためコンビ「サメハダ」を結成。解散後、川口はNHKに入局し、音信不通となっていたが、2011年1月に同局の『ドキュメント20min.』で、「再会」と題して川口がディレクターとなり、中田に密着する模様が放送された[注 1][9]

同じく大学1年生の時、アルバイト先の保険会社の受付オペレーターをしていた藤森慎吾と出会う[7]。2003年8月1日に「オリエンタルラジオ」を結成。2004年4月に藤森の誘いで、吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校に入学[6]。大学は芸能活動が多忙のため、2度留年し、2007年3月に6年がかりで卒業した[10]

2004年、『M-1グランプリ』でNSC在籍中ながら準決勝に進出し、一躍注目を浴びる[1]。中田は、「雑学芸人[11]」として単独でクイズ番組などに出演。『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』や『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「抜き打ちテスト」など、いずれも好成績を収めている[注 2][12]

2007年、『牛に願いを Love&Farm』(フジテレビ)でテレビドラマ初出演を果たし[13]、2011年4月には映画『津軽百年食堂』で初主演を務めた[14]

2011年から福田萌と交際[15][16]。そして2012年6月3日、同月5日に婚姻届を提出することを発表[17]、同月4日に結婚記者会見を行った[18]

2014年、相方のSHINGOや弟のFISHBOYらと共にダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHを結成。グループでは御神体という肩書きでパフォーマンスや多くの作詞を担当している[注 3]。2016年、6thシングル「PERFECT HUMAN」が話題となり、年末には『第67回NHK紅白歌合戦』にも出場した[19]

2018年からはRADIO FISHの弟分グループであるFAUSTのプロデュースを手掛けている[20]。同年、オンラインサロン・RROGRESSの運営を開始[21]。また、古畑奈和SKE48)の1stミニアルバム「Dear 君とボク。」に収録されている3曲の作詞とサウンドプロデュースを担当した[22]

2019年4月より、青山学院大学経営学部の客員講師に就任[23]
同年4月19日よりカジサックの勧めで教育系YouTuberとして、文学や経済・歴史などを、参考文献を基に紹介し解説する動画を投稿している。2019年9月3日に登録者数100万人[24][25]、2020年3月21日に200万人[26]、同年10月11日に300万人を達成した[27]

2020年12月28日、相方の藤森慎吾と共に吉本興業を同月末をもって退所することを発表した[28][29]。2021年3月より家族でシンガポールへ移住[30]

人物[編集]

  • 本名は「中田敦彦(なか あつひこ)」だが、よく間違われるため芸名は「中田敦彦(なか あつひこ)」としている[33][34]
  • L'Arc〜en〜Cielのファン。VAMPS主宰イベントで共演した際は「学生のときからすごく尊敬しておりまして…。お声が掛かった時は夢かと思いました」と発言していた[37]。また、kentetsuyaも自身の冠番組で共演を果たす。kenのソロ曲のPVに相方・藤森とともに参加したことがある[38]。もっとも好きな曲は「DIVE TO BLUE[要出典]
  • 高校時代、父親からは、一橋大学に進学し東京海上火災保険に入社することを望まれた。しかし、既に私立文系のみに特化した受験勉強をしていたため、国公立大学の受験を断念。結局第一志望だった慶應義塾大学法学部には不合格だったものの、早稲田大学法学部と慶應義塾大学経済学部に合格した結果、慶大に進学した[40]
  • かつては喫煙者であったが、結婚後、妻の要望を受けて禁煙した[41]
  • 乃木坂46星野みなみの5thシングル特典映像個人PV『お願い☆マイハート』を愛聴しており自らをお願いマイハーターと名乗る[42]
  • 座右の銘は「前言撤回」と「まだやれることがある[21]

芸風[編集]

オリエンタルラジオのネタは、全て中田が作っている。バラエティ番組『10カラット』のコントでは、高飛車な役柄を演じた[45]

作品[編集]

楽曲提供[編集]

作詞
  • 古畑奈和
    • 本性(2018年12月24日) - ミニアルバム『Dear 君とボク。』に収録。
    • MESSIAH(2018年12月24日) - ミニアルバム『Dear 君とボク。』に収録。
    • 観覧車(2018年12月24日) - ミニアルバム『Dear 君とボク。』に収録。
  • 寺田有希
    • XENO(2019年12月27日) - カードゲーム「XENO」テーマソング。
プロデュース
  • JUVENILE
    • Let me tell you now (feat. Zinee)(2021年4月20日) - 作詞:Zinee / 作曲・編曲:JUVENILE。番組『Win Win Wiiin』オープニング主題歌。

ゲーム[編集]

  • XENO(2019年10月) - カードゲーム。企画・考案。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

書籍[編集]

  • 芸人前夜(2013年11月27日、ワニブックスISBN 978-4-8470-9180-3
  • 大合格 参考書じゃなくオレに聞け!(2017年4月8日、KADOKAWAISBN 978-4-04-601997-4
  • 天才の証明(2017年11月2日、日経BP社ISBN 978-4-8222-5921-1
  • 僕たちはどう伝えるか(2018年9月19日、宝島社ISBN 978-4-8002-8460-0
  • 労働2.0 やりたいことして、食べていく(2019年3月16日、PHP研究所ISBN 978-4-5698-4259-2
  • 中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41(2019年9月27日、徳間書店ISBN 978-4-19-864935-7
  • 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書(2019年11月20日、SBクリエイティブISBN 978-4815603830
  • 幸福論 「しくじり」の哲学(2020年8月28日、徳間書店)ISBN 9784198651428

翻訳

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、この回は『20min.』史上最高となる視聴率(関東地区3.9%)を記録した。
  2. ^ 参加した「第9回抜き打ちテスト」では、総合1位。2位になった相方の藤森との点差は52点で歴代最大。また、彼が出した得点「455点」は2014年の「フジテレビ開局55周年記念スペシャル」で菊川怜が「459点」を記録するまでは歴代最高記録であった。
  3. ^ RADIO FISHでの活動時にはNAKATA名義を用いるが、作詞の際には中田敦彦名義を使用している

出典[編集]

  1. ^ a b 遠藤敏文「今年の芸人人気ランキングで急浮上 お笑い要注意人物11」『日経エンタテインメント!』第10巻第8号、日経BP社、2006年6月、 20-21頁、2011年8月9日閲覧。
  2. ^ YouTubeランキング 中田敦彦のYouTube大学 登録者数・年収
  3. ^ YouTubeランキング 中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS 登録者数・年収
  4. ^ YouTubeランキング NAKATA WORLD 登録者数・年収
  5. ^ a b 【中田敦彦のしくじり武勇伝】人は何者にでもなれる、いつからでも。”. 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY (2020年7月11日). 2020年7月11日閲覧。
  6. ^ a b 2006年10月8日放送回『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ)出演時の本人談。
  7. ^ a b 川渕一彦「オリエンタルラジオ オリラジムックカッキーン!」『お笑いポポロ』第4巻第1号、麻布台出版社、2006年2月、 10-11頁、2011年8月9日閲覧。
  8. ^ 【爆笑問題さん】オリラジの節目をいつも見守ってくれていた”. 中田敦彦のトーク - NAKATA TALKS (2020年6月13日). 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ みやび (2011年2月1日). “【エンタがビタミン♪】「利害関係が、友情。」オリラジ中田の言葉に、幼なじみが呆然。「俺たち、友達だよな!」”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2011/02/oriraji_nakata20min1101311113.html 2011年8月9日閲覧。 
  10. ^ 2007年3月10日放送回『オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR』での本人談。
  11. ^ ““チャラ男”藤森、次の標的は「少女時代です!」”. ORICON NEWS (オリコン). (2011年8月5日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2000459/full/ 2011年8月9日閲覧。 
  12. ^ “オリラジ中田敦彦が『日本人テスト』で大奮闘”. ORICON NEWS. (2008年5月1日). https://www.oricon.co.jp/news/54202/full/ 2020年9月8日閲覧。 
  13. ^ a b コ○助 (2007年5月13日). “連続ドラマ「牛に願いを Love&Farm」、香里奈ら6人で農大生の青春描く”. Narinari.com. http://www.narinari.com/Nd/2007057424.html 2011年8月9日閲覧。 
  14. ^ “オリラジ藤森&中田が主演映画『津軽百年食堂』で募金活動”. MOVIE WALKER. (2011年4月2日). https://movie.walkerplus.com/news/article/21319/ 2020年12月8日閲覧。 
  15. ^ “オリラジ中田、福田萌と熱愛発覚!”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2012年1月15日). オリジナルの2012年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120121165348/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/05/0004722337.shtml 2012年1月16日閲覧。 
  16. ^ “オリラジ中田 福田萌と熱愛宣言”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2012年1月16日). オリジナルの2012年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120116210812/http://daily.co.jp/newsflash/2012/01/16/0004747831.shtml 2012年1月16日閲覧。 
  17. ^ “オリラジ中田、福田萌バースデー5日に結婚!”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2012年6月3日). オリジナルの2012年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120604000720/http://www.sanspo.com/geino/news/20120603/mar12060303580000-n1.html 2012年6月3日閲覧。 
  18. ^ “中田&萌、デレデレ会見「顔の大きさ格差婚」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2012年6月5日). オリジナルの2012年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120607050506/http://www.sanspo.com/geino/news/20120605/mar12060505060001-n1.html 2012年6月5日閲覧。 
  19. ^ “【紅白】RADIO FISH、紅白初出場「PERFECT HUMAN」ダンサー募集”. ORICON NEWS. (2016年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2081949/full/ 2018年9月18日閲覧。 
  20. ^ “中田敦彦、音楽プロデューサーとして天下取り宣言。”. LINE BLOG. (2018年8月20日). https://lineblog.me/atshikonakata/archives/1294317.html 2020年9月8日閲覧。 
  21. ^ a b “「月額5980円→980円」中田敦彦がオンラインサロンを大幅値下げしたワケ”. PRESIDENT Online. (2020年9月2日). https://president.jp/articles/amp/38320 2020年12月8日閲覧。 
  22. ^ “オリラジ中田が作詞を手掛けた3曲も!古畑奈和の1stミニアルバム『Dear 君とボク。』収録曲・購入者特典が決定”. music.jp. (2018年11月24日). http://music-book.jp/music/news/news/209546/ 2018年12月2日閲覧。 
  23. ^ “オリラジ中田が青山学院大学で経営学部の客員講師に「エキサイティングな授業を」”. お笑いナタリー. (2019年3月6日). https://natalie.mu/owarai/news/322800 2019年3月6日閲覧。 
  24. ^ YouTube登録100万人突破!オリラジ中田敦彦“絶好調”の理由は「日韓問題」”. アサ芸プラス (2019年9月6日). 2019年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月6日閲覧。
  25. ^ 【世界情勢】EUとイギリス離脱~前編~日本の未来にも関わる人類の大問題”. 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY (2019年9月4日). 2019年9月8日閲覧。
  26. ^ チャンネル登録者数200万人突破しました!”. 中田敦彦のトーク - NAKATA TALKS (2020年4月2日). 2020年12月8日閲覧。
  27. ^ 300万人突破記念コラボ【GACKTさん&妻・福田萌】”. 中田敦彦のトーク - NAKATA TALKS (2020年10月15日). 2020年12月8日閲覧。
  28. ^ お知らせ|吉本興業ホールディングス株式会社”. 吉本興業. 2020年12月28日閲覧。
  29. ^ 【緊急会見】オリラジ吉本興業独立までの経緯(前編)”. 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY. YouTube (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
    【緊急会見】オリラジ吉本興業独立までの経緯(後編)”. 藤森慎吾のYouTubeチャンネル. YouTube (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
  30. ^ 中田がシンガポールの移住の本音を語る”. オリエンタルラジオ - Oriental Radio. YouTube (2020年11月24日). 2020年11月24日閲覧。
  31. ^ “オリラジ・中田敦彦の弟は世界一のダンサーだった”. 日刊アメーバニュース. Ameba. (2011年5月19日). http://news.ameba.jp/20110519-207/ 2011年8月9日閲覧。 
  32. ^ 川渕一彦「オリラジ最新"武勇伝"5!」『お笑いポポロ』第4巻第2号、麻布台出版社、2006年5月、 10頁、2011年8月9日閲覧。
  33. ^ Atsuhiko Nakata”. Twitter. 2020年7月3日閲覧。
  34. ^ 新人YouTuberとして改めて自己紹介させてい頂きます!”. 中田敦彦のYouTube大学. 2020年7月3日閲覧。
  35. ^ 2008年4月25日放送回『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画「エヴァンゲリオン芸人」出演時の本人談。アメトーーク!DVD第5巻収録。
  36. ^ “破・打ち上げ!”. 緒方恵美オフィシャルブログ (Seesaa). (2009年8月25日). http://emou.seesaa.net/article/126474733.html 2020年9月8日閲覧。 
  37. ^ “【レポート】VAMPS主宰<HALLOWEEN PARTY 2016>幕張2日目、「宇宙の彼方からやって来ました」”. BARKS. (2016年11月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000134881 2020年9月8日閲覧。 
  38. ^ “Ken新曲PVにオリエンタルラジオ出演、一緒に踊るシーンも”. 音楽ナタリー. (2010年7月29日). https://natalie.mu/music/news/35371 2020年9月8日閲覧。 
  39. ^ “【8月2日のらじらー!サンデーまとめ】”. 日本放送協会. (2015年8月2日). https://www.nhk.or.jp/radirer-blog/sp/800/224352.html 2020年9月8日閲覧。 
  40. ^ 『みんな十四歳だった!―よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話―』吉本興業・新潮社 (2012/09/28)
  41. ^ オリラジ中田、妻へマニフェスト守ります
  42. ^ らじらー!”. Twitter (2018年11月4日). 2020年9月8日閲覧。
  43. ^ “関ジャニ・横山&大倉、高卒認定試験に挑戦”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2046402/full/ 2015年1月24日閲覧。 
  44. ^ “関ジャニ大倉&横山、高卒認定試験に合格「頑張ってよかった!」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2047326/full/ 2015年1月24日閲覧。 
  45. ^ 久保谷裕美「『10カラット』満点攻略BOOK」『お笑いポポロ』第4巻第1号、麻布台出版社、2006年2月、 50頁、2011年8月9日閲覧。
  46. ^ “中田敦彦ビビット卒業「攻撃した人に陳謝して…」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803280000323.html 2018年3月28日閲覧。 
  47. ^ 特別番組『中田敦彦のSTAND UP STUDY』放送決定! AbemaTVで完全オリジナル企画も” (日本語). AbemaTIMES (2019年11月20日). 2019年11月21日閲覧。
  48. ^ 中田敦彦×宮迫博之のYouTube番組『WinWinWiiin』に見る、テレビ黄金期への挑戦と憧れ 制作に至るまでの経緯を追う”. Real Sound (2020年11月26日). 2021年1月27日閲覧。
  49. ^ “【オリエンタルラジオ中田敦彦のオールナイトニッポンPremium】#1~2018年10月3日(水)〜”. ニッポン放送. (2018年10月5日). https://www.allnightnippon.com/premium-nakata/premium-nakata_blog/20181005-30701/ 2020年10月1日閲覧。 
  50. ^ “銚子電鉄制作、ホラー映画『電車を止めるな!』が意外にも感動作だった”. 文春オンライン. (2020年11月1日). https://bunshun.jp/articles/-/41193 2021年1月15日閲覧。 
  51. ^ 皆藤愛子とオリラジ藤森が自分大好き宣言!?”. ORICON NEWS (2007年12月15日). 2021年2月15日閲覧。
  52. ^ 『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』完成披露試写会 レポート!”. 東映株式会社 (2015年3月9日). 2021年1月15日閲覧。
  53. ^ “オリラジあっちゃん、ヤギで映画デビュー!”. ORICON NEWS. (2006年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/24659/full/ 2020年12月8日閲覧。 
  54. ^ “『ライアンを探せ!』オリエンタルラジオ アフレコ会見”. CinemaCafe. (2006年9月16日). https://s.cinemacafe.net/article/2006/09/16/734.html 2020年12月8日閲覧。 
  55. ^ “オリラジ、濃厚キスシーンは目を閉じてマイクに…”. シネマトゥデイ. (2007年8月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0011316 2020年12月8日閲覧。 
  56. ^ “オリラジ、武勇伝バブルが役に生きた!劇場版『トーマス』で声優”. シネマトゥデイ. (2014年5月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0062893 2020年12月8日閲覧。 
  57. ^ “オリラジ、出演時間の短さに自虐「一瞬だから聞き逃さないで」”. ORICON NEWS. (2015年7月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2056011/full/ 2020年12月8日閲覧。 
  58. ^ “オリラジ・中田が初の翻訳!『おやすみ、ロジャー』最新作 『だいじょうぶだよ、モリス』が発売10日で10万部突破!”. アットプレス. (2018年9月27日). https://www.atpress.ne.jp/news/165655 2019年3月1日閲覧。 

外部リンク[編集]