何度目の青空か?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
何度目の青空か?
乃木坂46シングル
初出アルバム『透明な色
B面 遠回りの愛情
転がった鐘を鳴らせ!(Type-A)
私、起きる。(Type-B)
あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(Type-C)
Tender days(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
川浦正大(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
乃木坂46 シングル 年表
夏のFree&Easy
(2014年)
何度目の青空か?
(2014年)
命は美しい
(2015年)
ミュージックビデオ
何度目の青空か?
テンプレートを表示

何度目の青空か?」(なんどめのあおぞらか)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、川浦正大が作曲した。2014年10月8日に乃木坂46の10作目のシングルとしてN46Div.から発売された[15]。楽曲のセンターポジションは生田絵梨花が務めた[15]

背景とリリース[編集]

DVD付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[15]。センターポジションは8th、9thと2作連続で表題曲センターを務めた西野七瀬に代わり、生田絵梨花が務めた[15]

生田絵梨花は2014年4月20日の8thシングルの握手会で、大学進学のために9thシングルに参加しないことと、2014年5月30日から6月15日まで開催された『16人のプリンシパル trois』終了後に芸能活動を一時休業することを発表したが[16]、後に10thシングルから芸能活動を再開することを発表し、本作のシングル曲で復帰した[17]伊藤寧々は2014年9月12日に乃木坂46公式サイトより2014年10月19日付けで卒業が発表されたため[18]、本作には参加していない[19]

これまでの表題曲の歌詞は「きみとぼくのストーリー」が多いのに対し、本作の表題曲「何度目の青空か?」は、「自分自身を今を見つめ直すこと」がテーマとなっている[20]。同曲で示されている今とは、歌詞の通り青春時代のことである[20]。楽曲は、表題曲としては「君の名は希望」以来の四つ打ちバラードになっており、キックとピアノのシリアスな旋律から曲が始まり、次第に空が開けるような展開で構成されている[20]

プロモーション[編集]

ヒット祈願キャンペーンとして、『乃木坂って、どこ?』内で富士山の頂上にある鳥居をくぐりながらヒット祈願する企画に秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理の7名が挑戦した[21]。最終的に富士山8合目到達前で桜井玲香がリタイアし、残りの6名が[22]、山頂でヒット祈願した[23]

また、2014年9月26日から10月31日までJOYSOUNDエクシング)で歌唱回数の上位5名にサイン入りオリジナル写真をプレゼントし、「XX.046点」を獲得した全員にサイン入りオリジナルポスターと新譜本セットをプレゼントするキャンペーンが実施された[24]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表の通りである[25]

Type-A 表 生田絵梨花
Type-A 裏 生田絵梨花
Type-B 表 松井玲奈・白石麻衣・西野七瀬・橋本奈々未
Type-B 裏 松井玲奈・白石麻衣・西野七瀬・橋本奈々未
Type-C 表 アンダーメンバー
Type-C 裏 アンダーメンバー
通常盤 表 松村沙友理・衛藤美彩・若月佑美・秋元真夏・堀未央奈・生駒里奈・星野みなみ・桜井玲香・高山一実・深川麻衣・斎藤ちはる
通常盤 裏 選抜メンバー

CDジャケットのコンセプトは「合唱の練習風景」で、茨城県にある廃校で撮影された[26]。それぞれのタイプに合わせて「一生懸命練習する人」「参加したくてもなかなか勇気が出せない人」「サボってしまう人」「無邪気に楽しんで混ざっていく人」など[26]、実際の学校生活によくある光景をメンバーが忠実に再現している。また、8th、9thの2作に引き続き、Type-Cのジャケットはアンダーメンバーのみで構成されている[26]。撮影は太田好治が担当した。

チャート成績[編集]

本作はサウンドスキャンジャパン[4]、Billboard JAPAN Hot 100[6]、Billboard JAPAN Top Singles Sales[7]オリコン週間CDシングルランキングなどの週間チャートで初登場1位を獲得した[27]。オリコン週間CDシングルランキングにおける乃木坂46の1位獲得は2ndシングル「おいでシャンプー」から9作連続で通算9作目となり、連続1位獲得数でAKB48(24作連続)、SKE48(11作連続)に続き、ピンク・レディーとならぶ女性グループ歴代3位となった[27]。初週推定売上は47万8788枚で[9]、8thシングル「気づいたら片想い」が記録した約45万8000枚を上回り、自己最高記録を更新した[27]

ミュージック・ビデオ[編集]

何度目の青空か?
監督:内田けんじ[28]
表題曲「何度目の青空か?」のミュージック・ビデオは、栃木県足利市内にある学校と市民会館で撮影された[29]。内容は「元女子校が共学になり、入学してみたら男子は自分ひとり」という設定の青春物語になっており[29]、自分自身の今を見つめなおすことをテーマとし[30]、自分しか男子がいない学校における様々な出来事がコミカルに描かれている[29]。男子生徒役は広田亮平が務めた[31]。衣装は市野沢祐大とbodysong.[32]、振付はLICOがそれぞれ担当した[33]
転がった鐘を鳴らせ!
監督:丸山健志[31]
カップリング曲「転がった鐘を鳴らせ!」のミュージック・ビデオは、生田絵梨花が開発した人の中身を入れ替えることのできるマシンによって乃木坂46のメンバーがパンクバンド、男子中学生、ヤマンバギャル、工事現場の作業員などと入れ替わってしまうユーモアあふれる内容となっている[34]
私、起きる。
監督:柳沢翔[35]
現役高校生メンバー(当時)のユニット曲「私、起きる。」のミュージック・ビデオは、乃木坂46のメンバーが80年代アイドル風や原宿系アイドル風の姿になり[36]、架空のアイドルを演じるファンタジー作品になっている[37]。作中の曲名のロゴデザインはグラフィックデザイナーの杉山峻輔が担当した[38]
あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
監督:湯浅弘章[39]
アンダーメンバーの楽曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」のミュージック・ビデオは、伊藤万理華井上小百合を中心に女子校の演劇部での配役を巡る葛藤を描いており[40]、1990年公開の映画『櫻の園』をオマージュした作品になっている[41]。教師役は1990年版『櫻の園』で生徒役を演じたつみきみほが務めた[41]

メディアでの使用[編集]

何度目の青空か?
HTC J butterfly HTL23』(2014年8月19日 - 、HTC NIPPON)のCMソング[42]。乃木坂46の表題曲にタイアップが付いたのは、6thシングル「ガールズルール」以来、4作ぶりとなる。

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[31]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「何度目の青空か?」 秋元康 川浦正大 百石元
2. 「遠回りの愛情」 秋元康 Noda Akiko 野中“まさ”雄一
3. 「転がった鐘を鳴らせ!」 秋元康 中山英二 田上陽一
4. 「何度目の青空か? -off vocal ver.-」   川浦正大 百石元
5. 「遠回りの愛情 -off vocal ver.-」   Noda Akiko 野中“まさ”雄一
6. 「転がった鐘を鳴らせ! -off vocal ver.-」   中山英二 田上陽一
合計時間:
DVD[31]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「何度目の青空か? Music Video」     内田けんじ
2. 「転がった鐘を鳴らせ! Music Video」     丸山健志
3. 「秋元真夏」     山本ワタル  
4. 「生田絵梨花[注 1]     月田茂、山本篤彦、柴谷麻以
5. 「斎藤ちはる」     早川具孝  
6. 「新内眞衣」     武田さとみ  
7. 「中元日芽香」     大山徹  
8. 「永島聖羅」     カニくりーむコロっけ  
9. 「能條愛未」     水落豊  
10. 「橋本奈々未」     応援団
11. 「樋口日奈」     臼井崇  
12. 「星野みなみ」     志田誉幸  
13. 「松井玲奈」     中村太洸
14. 「研究生 part 1」     伊藤衆人  

Type-B[編集]

CD[35]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「何度目の青空か?」 秋元康 川浦正大 百石元
2. 「遠回りの愛情」 秋元康 Noda Akiko 野中“まさ”雄一
3. 「私、起きる。」 秋元康 Akira Sunset、ZERO Akira Sunset、ZERO
4. 「何度目の青空か? -off vocal ver.-」   川浦正大 百石元
5. 「遠回りの愛情 -off vocal ver.-」   Noda Akiko 野中“まさ”雄一
6. 「私、起きる。 -off vocal ver.-」   Akira Sunset、ZERO Akira Sunset、ZERO
合計時間:
DVD[35]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「何度目の青空か? Music Video」     内田けんじ
2. 「私、起きる。 Music Video」     柳沢翔
3. 「伊藤かりん」     森澤透馬  
4. 「伊藤万理華」     中村浩紀  
5. 「川後陽菜」     古井哲郎  
6. 「川村真洋」     山崎連基  
7. 「北野日奈子」     伊藤衆人  
8. 「齋藤飛鳥」     今泉力哉
9. 「桜井玲香」     平野奈央、福岡郷介
10. 「白石麻衣」     ヒロシュー
11. 「松村沙友理[注 1]     月田茂、山本篤彦、柴谷麻以
12. 「若月佑美」     頃安祐良  
13. 「和田まあや」     あないかずひさ  
14. 「研究生 part 2」     伊藤衆人  

Type-C[編集]

CD[39]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「何度目の青空か?」 秋元康 川浦正大 百石元
2. 「遠回りの愛情」 秋元康 Noda Akiko 野中“まさ”雄一
3. 「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」 秋元康 三輪智也 京田誠一
4. 「何度目の青空か? -off vocal ver.-」   川浦正大 百石元
5. 「遠回りの愛情 -off vocal ver.-」   Noda Akiko 野中“まさ”雄一
6. 「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた -off vocal ver.-」   三輪智也 京田誠一
合計時間:
DVD[39]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「何度目の青空か? Music Video」     内田けんじ
2. 「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた Music Video」     湯浅弘章
3. 「生駒里奈」     SUGOI inc.  
4. 「井上小百合」     池田一真  
5. 「衛藤美彩」     大石健弘  
6. 「斉藤優里」     清水健斗  
7. 「高山一実」     大山徹  
8. 「中田花奈」     中島望  
9. 「西野七瀬」     湯浅弘章  
10. 「畠中清羅」     笹川真  
11. 「深川麻衣」     林隆行
12. 「堀未央奈」     山岸聖太
13. 「大和里菜」     川滝悟司  
14. 「研究生 part 3」     伊藤衆人  

通常盤[編集]

CD[45]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「何度目の青空か?」 秋元康 川浦正大 百石元
2. 「遠回りの愛情」 秋元康 Noda Akiko 野中“まさ”雄一
3. 「Tender days」 秋元康 SoichiroKNozomu.S Soulife
4. 「何度目の青空か? -off vocal ver.-」   川浦正大 百石元
5. 「遠回りの愛情 -off vocal ver.-」   Noda Akiko 野中“まさ”雄一
6. 「Tender days -off vocal ver.-」   SoichiroK、Nozomu.S Soulife
合計時間:

選抜メンバー[編集]

何度目の青空か?[編集]

(センター:生田絵梨花)[15]

今作は前作「夏のFree&Easy」のフォーメーション3列目から1人減らし、「気づいたら片想い」以来の2作ぶりの16名選抜である。福神は前作同様、1列目と2列目を合わせた10人が「十福神」となる[15]。斎藤ちはるが初選抜となり[15]斉藤優里、大和里菜、井上小百合が今作の選抜メンバーから外れた[39]

遠回りの愛情[編集]

(センター:永島聖羅・桜井玲香)

「94年組」による選抜メンバー[47]

転がった鐘を鳴らせ![編集]

(センター:生田絵梨花)

  • 1期生:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、衛藤美彩、斎藤ちはる、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美[46]
  • 2期生:堀未央奈[46]
  • 交換留学生:松井玲奈[46]

私、起きる。[編集]

(センター:生田絵梨花)

当時現役高校生10名による選抜メンバーである[48]

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた[編集]

(センター:井上小百合)[49]

  • 3列目:川村真洋、樋口日奈、川後陽菜、大和里菜、北野日奈子、新内眞衣[39]
  • 2列目:和田まあや、永島聖羅、中田花奈、能條愛未、伊藤かりん、畠中清羅[39]
  • 1列目:中元日芽香、齋藤飛鳥、井上小百合、伊藤万理華、斉藤優里[39]

伊藤かりんは乃木坂46のシングルに初参加である。なお、研究生の相楽伊織はミュージック・ビデオのみに参加した[39]

Tender days[編集]

  • 1期生:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、松村沙友理[46]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b からあげ姉妹(生田絵梨花・松村沙友理)の曲「食物連鎖」を収録[43]。からあげ姉妹とは乃木坂46の美人大食いユニットのことである[44]

出典[編集]

  1. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2017年3月”. 一般社団法人 日本レコード協会. RIA J (2017年). 2017年9月11日閲覧。
  2. ^ 有料音楽配信認定 2015年11月”. 一般社団法人 日本レコード協会. RIA J (2015年). 2016年2月2日閲覧。
  3. ^ 2014年10月07日のCDシングルデイリーランキング(2014年10月07日付)”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年10月). 2014年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月14日閲覧。
  4. ^ a b 週間 CDソフト TOP20 2014年10月6日〜2014年10月12日 調査分”. Phile-web. 音元出版 (2014年10月). 2015年6月17日閲覧。
  5. ^ “Billboard Japan Adult Contemporary Airplay 2014/11/03 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2014年11月3日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=adult_airplay&year=2014&month=11&day=3 2015年7月21日閲覧。 
  6. ^ a b “10/20付ビルボードジャパンチャートおよび10/6〜10/12 RADIO ON AIR DATA発表”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2014年10月15日). https://www.musicman-net.com/business/40569.html 2015年6月17日閲覧。 
  7. ^ a b “Billboard Japan Top Singles Sales 2014/10/20 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2015年3月30日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=sales&year=2014&month=10&day=20 2015年7月21日閲覧。 
  8. ^ SUPER HITS PERFECT RANKING 50 ON AIR: 2014/10/26”. スペースシャワーTV. スペースシャワーネットワーク (2014年10月26日). 2015年12月12日閲覧。
  9. ^ a b オリコン週間 CDシングルランキング 2014年10月06日〜2014年10月12日”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年10月). 2014年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月20日閲覧。
  10. ^ オリコン月間 CDシングルランキング 2014年10月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年). 2014年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月20日閲覧。
  11. ^ オリコン月間 CDシングルランキング 2014年11月度 21〜30位”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年11月). 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  12. ^ オリコン月間 CDシングルランキング 2014年12月度 21〜30位”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年12月). 2015年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  13. ^ オリコン年間 CDシングルランキング 2014年度”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年). 2015年5月28日閲覧。
  14. ^ 2014 年間 USEN HIT J-POPランキング”. music.usen.com. USEN (2014年). 2015年12月7日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j “乃木坂46生田絵梨花、次作で初センター就任”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月4日). http://natalie.mu/music/news/122718 2014年8月30日閲覧。 
  16. ^ “乃木坂46生田絵梨花、進学準備のため一時休業を発表”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月20日). http://natalie.mu/music/news/114878 2016年9月11日閲覧。 
  17. ^ “乃木坂46生田絵梨花、次作で復帰&主演舞台も”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月25日). http://natalie.mu/music/news/121958 2014年8月30日閲覧。 
  18. ^ 伊藤寧々 卒業のお知らせ”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年9月13日閲覧。
  19. ^ 卒業します”. 乃木坂46 伊藤寧々 公式ブログ. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  20. ^ a b c 乃木坂46の勝負作『何度目の青空か?』が担う使命ーーグループの目指す今後の姿とは?”. Real Sound. blueprint (2014年10月10日). 2017年1月19日閲覧。
  21. ^ 向原康太 (2014年9月29日). “乃木坂46秋元真夏、ロケ見せ場でワザと転倒? バナナマン設楽も思わず指摘”. Real Sound. サイゾー. 2014年9月29日閲覧。
  22. ^ 向原康太 (2014年10月6日). “乃木坂46、富士登山中に“青空”呼びこむ 松村沙友理「日本一目指そうって改めて思った」”. Real Sound. サイゾー. 2014年10月6日閲覧。
  23. ^ 向原康太 (2014年10月6日). “(2ページ目)乃木坂46、富士登山中に“青空”呼びこむ 松村沙友理「日本一目指そうって改めて思った」”. Real Sound. サイゾー. 2014年10月6日閲覧。
  24. ^ 乃木坂46×JOYSOUND コラボキャンペーン”. JOYSOUND.com. エクシング (2014年9月25日). 2014年9月25日閲覧。
  25. ^ 乃木坂46 2014a乃木坂46 2014b乃木坂46 2014c乃木坂46 2014d
  26. ^ a b c “乃木坂46、生田センター曲ジャケは合唱練習”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月5日). http://natalie.mu/music/news/125441 2014年9月9日閲覧。 
  27. ^ a b c “【オリコン】乃木坂46、自己最高初動47.9万枚 9作連続1位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2043249/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  28. ^ 10月8日発売のNewシングル「何度目の青空か?」Music Videoが遂に完成!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年9月12日閲覧。
  29. ^ a b c “女子校に男子1人!? 乃木坂46新PVは学園モノ”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月12日). http://natalie.mu/music/news/125958 2014年9月12日閲覧。 
  30. ^ ポップス (2014年10月10日). “(2ページ目)乃木坂46の勝負作『何度目の青空か?』が担う使命ーーグループの目指す今後の姿とは?”. Real Sound. サイゾー. 2014年10月10日閲覧。
  31. ^ a b c d 乃木坂46 2014a
  32. ^ 「乃木坂46と欅坂46 永遠性も、閃光のきらめきも閉じ込めた衣装の力」『装苑』2016年9月号、文化出版局、2016年7月28日、22頁。ASIN B01G5SQDWE
  33. ^ 「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」『MdN』2015年4月号、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、月刊版、76頁。ASIN B00TSOFB2G
  34. ^ “乃木坂46、新PVでヤマンバやパンクスに変身”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月19日). http://natalie.mu/music/news/126481 2014年10月22日閲覧。 
  35. ^ a b c 乃木坂46 2014b
  36. ^ “乃木坂46生田、新PVで“干物女”のアイドルに”. ナタリー (ナターシャ). (2014年10月2日). http://natalie.mu/music/news/127659 2014年10月22日閲覧。 
  37. ^ SHOW YANAGISAWA (2014年10月4日). “乃木坂46「私、起きる。」MV監督しました。干物系ファンタジー。”. @SHOWyanagisawa. Twitter. 2014年10月4日閲覧。
  38. ^ SHOW YANAGISAWA (2014年10月4日). “曲名、ミナミオナ、HARU-HINA、あしゅりん、ツギハギチェックメイトのロゴデザインはトーフビーツさんのMV監督や、でんぱ組アートワークでおなじみVIDEO BOYスケブリさん。”. @SHOWyanagisawa. Twitter. 2014年10月4日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h 乃木坂46 2014c
  40. ^ 湯浅弘章 「映画監督インタビュー 湯浅弘章」『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』Vol.3、大貫真之介、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、68頁。ISBN 978-4-8443-6529-7
  41. ^ a b “乃木坂46アンダーPVは「櫻の園」オマージュ”. ナタリー (ナターシャ). (2014年10月2日). http://natalie.mu/music/news/127553 2014年10月18日閲覧。 
  42. ^ “乃木坂46、HTC会見で10thシングルお披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月19日). http://natalie.mu/music/news/124018 2014年8月19日閲覧。 
  43. ^ 乃木坂46 2015a乃木坂46 2015b
  44. ^ 秋元真夏、永島聖羅、松村沙友理 「“かわいいトリオ”伝説」『BUBKA』2016年2月号、宮田栄一郎、学研プラス、2015年12月9日、21頁。ASIN B017A62298
  45. ^ 乃木坂46 2014d
  46. ^ a b c d e f g いよいよ来週発売の10thシングル「何度目の青空か?」商品概要のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年10月3日). 2015年7月3日閲覧。
  47. ^ “乃木坂46“華の94年組”が成人式で誓い「引っ張っていきます!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月10日). http://natalie.mu/music/news/135919 2016年1月26日閲覧。 
  48. ^ 中元日芽香 (2014年10月8日). “ひめたん-o○o-その486”. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2014年10月12日閲覧。
  49. ^ “乃木坂46、井上小百合センターのアンダー曲MV公開 伊藤万理華の葛藤描く”. Real Sound (サイゾー). (2014年10月2日). http://realsound.jp/2014/10/post-1436.html 2014年7月2日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]