サヨナラの意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サヨナラの意味
乃木坂46シングル
初出アルバム『生まれてから初めて見た夢
B面 孤独な青空
あの教室(Type-A)
ブランコ(Type-B)
2度目のキスから(Type-C)
君に贈る花がない(Type-D)
ないものねだり(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
杉山勝彦(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • デイリー1位(オリコン[3]
  • 週間1位(オリコン)[4]
  • 週間1位(TOWER RECORDS[5]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100)[6]
  • 週間1位(Billboard Japan Top Singles Sale)[7]
  • 週間3位(Billboard Japan Radio Songs)[8]
  • 週間1位(TSUTAYA[9]
  • 2016年11月度月間2位(オリコン)[10]
  • 2016年度年間5位(オリコン)[11]
  • 2016年度年間13位(Billboard Japan Hot 100)
  • 2017年年間90位(オリコン)[12]
  • 2017年度年間41位(Billboard Japan Hot 100)
  • 乃木坂46 シングル 年表
    裸足でSummer
    (2016年)
    サヨナラの意味
    (2016年)
    インフルエンサー
    (2017年)
    ミュージックビデオ
    サヨナラの意味
    テンプレートを表示

    サヨナラの意味」(サヨナラのいみ)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。秋元康が作詞、杉山勝彦が作曲した。2016年11月9日に乃木坂46の16作目のシングルとしてN46Div.から発売。センターポジションは橋本奈々未が務めた[13]第67回NHK紅白歌合戦歌唱曲[14][15]

    背景とリリース[編集]

    DVD付属のType-A・B・C・D、CDのみの通常盤の5形態で発売[16]。前作「裸足でSummer」から約4か月ぶりのシングルとなる[要出典]

    2016年10月20日、『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で表題曲「サヨナラの意味」がラジオ初放送され[17]、 その際、自身初となるセンターを務める橋本奈々未から[13]、自身の誕生日である2017年2月20日を目安に[18]、乃木坂46からの卒業および芸能界を引退することが発表された[19]。2016年12月31日、乃木坂46が『第67回NHK紅白歌合戦』へ2年連続出場した際、本作の表題曲「サヨナラの意味」が出場曲となった[20]

    表題曲「サヨナラの意味」は、過去に「制服のマネキン」「君の名は希望」「きっかけ」などを手掛けた杉山勝彦が作曲を担当しており[21]、グループのイメージを想起させる切ないピアノの旋律と美しいメロディが耳に残るミディアムナンバーに仕上がっている[22]。杉山がシングルの表題曲を手掛けたのは、5thシングル「君の名は希望」以来11作ぶりである[22]。制服衣装は年長組がネイビー、年少組がボルドーを着ている。

    また、2016年の紅白歌合戦にこの楽曲で2回目の出場を果たし、グループの冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)内で発表されたファン10万人が全156曲の中から選ぶ乃木坂46のベストソングランキングにおいて、「サヨナラの意味」が1位を獲得している[23]

    アートワーク[編集]

    ジャケット写真のメンバー[24]
    Type-A 表 橋本奈々未
    Type-A 裏 橋本奈々未
    Type-B 表 高山一実・齋藤飛鳥・松村沙友理・西野七瀬・秋元真夏
    Type-B 裏 斉藤優里・伊藤かりん・中田花奈・川後陽菜
    Type-C 表 堀未央奈・若月佑美・生田絵梨花・白石麻衣・衛藤美彩
    Type-C 裏 山崎怜奈・川村真洋・斎藤ちはる・和田まあや
    Type-D 表 桜井玲香・井上小百合・伊藤万理華・新内眞衣
    Type-D 裏 鈴木絢音・能條愛未・伊藤純奈・樋口日奈
    通常盤 表 中元日芽香・北野日奈子・生駒里奈・星野みなみ
    通常盤 裏 佐々木琴子・相楽伊織・寺田蘭世・渡辺みり愛

    2016年10月上旬、東京都内にあるスタジオで撮影された[25]。今作で初の表題曲センターに抜擢され、かつ、今作の活動限りで卒業を発表した橋本奈々未が持つ「大人でファッショナブルなイメージ」とリリース予定時期の冬を重ね合わせたコンセプトになっている[25]。橋本のみのジャケット写真が使用されているType-Aは、卒業発表した橋本の旅立ちの意味を込めてトラベルバックをモチーフにしており、各メンバーがファッションモデル同様に試行錯誤を繰り返しながら撮影したアートでスタイリッシュな「大人の乃木坂46」がポイントとなっている[26]。撮影は乃木坂46の2ndアルバム『それぞれの椅子』と同じく間仲宇が担当した[25]

    チャート成績[編集]

    本作は2016年11月9日付のオリコンデイリーCDランキングで推定売上68万3481枚を記録し[27]、デイリー1位を獲得した[28]。その後、2016年11月21日付のBillboard Japan Hot 100で総合ポイント9万5882点[6]、Billboard Japan Top Singles Salesで推定売上84万7735枚[7]、オリコン週間CDシングルランキングで推定売上82万7717枚を記録し[29]、週間1位を獲得した[30]。2016年11月度のオリコン月間CDシングルランキングでは推定売上89万3730枚を記録し、月間2位を獲得した[10]

    出荷枚数は約101万3000枚を記録し、乃木坂46として初の出荷枚数100万枚を突破した[31][注 1]。これにより、2016年12月、日本レコード協会からミリオン認定(2016年11月度)された[1]

    ミュージック・ビデオ[編集]

    サヨナラの意味
    原案・監督:柳沢翔[32]、脚本:湯浅弘章山岸聖太[33]
    表題曲「サヨナラの意味」のミュージック・ビデオは、2016年9月下旬に静岡県山梨県で撮影が行われたものの、台風の直撃により撮影は途中で中止となり延期された[32]。後日快晴の日に行われた撮影では、天候が変わったことで演出上のシチュエーションを合わせるために人工雨を降らせて撮影された[32]。メンバーは、感情の起伏で身体に棘が出てくる「棘人(しじん)」と「棘が出ない人」に分かれて役を演じており、お互いを恐れている2つの種族が毎年開催されるお祭りで協力しようとするファンタジックなストーリーになっている[34]。棘人役の橋本奈々未と、棘が出ない人役の西野七瀬の交流を中心に話が展開されていて、言葉少なに感情表現豊かな演技が映されている[34]。劇中振付は菅尾なぎさ[33]、劇中衣装は尾内貴美香が担当した[35]。さらに脚本には、過去に「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」や「立ち直り中」などを手がけた湯浅弘章と、「別れ際、もっと好きになる」や「シークレットグラフィティー」を手がけた山岸聖太の2人が起用されたほか[33]、デザイン面や撮影等でもグループにとってお馴染みの制作スタッフが手を組んだ[36]。本作の監督である柳沢は、自身のTwitterで「乃木坂オールスタースタッフの総力戦で挑んだ作品」と明言している[37]。振付はWARNERが担当した[38]
    あの教室
    監督:山岸聖太[39]
    齋藤飛鳥と堀未央奈のユニット曲「あの教室」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県三浦市の学校と東京都内のスタジオで撮影された[40]。作品のテーマは「齋藤飛鳥と堀未央奈の2人の学校生活」[40]。学校に馴染めない齋藤とクラスに溶け込みすぎている堀の対照的な2人が、お互い惹かれあっていくものの近づくこともない、淡い高校時代の心象風景を描いたストーリーになっている[40]。また、「女の子の心情はコロコロ変わる」ことを表現するために、30種類もの靴下をシーンごとに変化させている[40]。振付はイデビアンクルーが担当した[41]
    ブランコ
    監督:伊藤衆人[42]
    寺田蘭世をセンターとするアンダーメンバーの楽曲「ブランコ」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県横須賀市で撮影された[42]。アンダーメンバーが全員で、何かを探しに冒険に出ているストーリーになっている[42]。極力カット数を減らした編集によって、普遍的な映像になっている[42]。撮影当日、気温が30度近くまで上がっている中、オーバーオールポンチョという暖かい衣装を着用しての撮影となった[42]
    2度目のキスから
    監督:中村太洸[43]
    真夏さんリスペクト軍団のユニット曲「2度目のキスから」のミュージック・ビデオは、「真夏さんリスペクト軍団の1日」がテーマになっており、寝起きから夜までの1日が描かれている[44]。秋元=生クリーム担当、相楽=飴担当、鈴木=プリン担当、渡辺=氷担当というメンバー4人のキャラクター設定に基づいたシーンや、巨大扇風機を用いた演出もあり、コミカルな要素を含む作品になっている[43]
    君に贈る花がない
    監督:東市篤憲[42]
    サンクエトワールのユニット曲「君に贈る花がない」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県のスタジオで撮影された[45]。5つ星の意味を持つサンクエトワールというユニット名をヒントに、「とにかく光り輝く」がテーマになっている[45]。「光の具合を変えながら歌う、踊る」ということで、全編を通じて30回ほどフルダンスで撮影されており、パフォーマンスがメインの作品になっている[45]。また、この作品のために準備されたプロジェクトマッピングも使用されている[42]
    ないものねだり
    監督:山岸聖太[46]
    橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」のミュージック・ビデオは、神奈川県横浜市中区よこはまコスモワールド・東京近郊を中心に、極秘で撮影された[46]。橋本のプライベートが垣間見える映像と共に、今まで乃木坂46として活動してきた5年半の思い出が甦える作品になっている[46]。なお、2017年2月16日に配信されたSHOWROOMの特別番組「乃木坂46・橋本奈々未MV初公開&写真集発売直前スペシャル」内にて初公開されたものであるため[47]、今作には収録されず、翌年5月24日に発売される3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」のType-Aの映像特典として収録される[48]

    メディアでの使用[編集]

    サヨナラの意味
    forTUNE music(ソニー・ミュージックディストリビューション)のCMソング[要出典]
    孤独な青空
    forTUNE music(ソニー・ミュージックディストリビューション)のCMソング[要出典]
    ブランコ
    forTUNE music(ソニー・ミュージックディストリビューション)のCMソング[要出典]

    シングル収録トラック[編集]

    Type-A[編集]

    CD[49]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「あの教室」秋元康カワノミチオカワノミチオ
    4.「サヨナラの意味 off vocal ver.」 杉山勝彦若田部誠
    5.「孤独な青空 off vocal ver.」 aokadoaokado
    6.「あの教室 off vocal ver.」 カワノミチオカワノミチオ
    合計時間:
    DVD[49]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「サヨナラの意味 Music Video」  柳沢翔
    2.「あの教室 Music Video」  山岸聖太
    3.「ドキュメンタリー〜サヨナラの意味〜」  熊坂出
    合計時間:

    Type-B[編集]

    CD[50]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「ブランコ」秋元康Hiro HoashiHiro Hoashi
    4.「サヨナラの意味 off vocal ver.」 杉山勝彦若田部誠
    5.「孤独な青空 off vocal ver.」 aokadoaokado
    6.「ブランコ off vocal ver.」 Hiro HoashiHiro Hoashi
    合計時間:
    DVD[50]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「サヨナラの意味 Music Video」  柳沢翔
    2.「ブランコ Music Video」  伊藤衆人
    3.「アンダードキュメンタリー〜つま先の向こうに〜」  中里耕介
    合計時間:

    Type-C[編集]

    CD[51]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「2度目のキスから」秋元康Akira SunsetAPAZZIAkira Sunset、APAZZI
    4.「サヨナラの意味 off vocal ver.」 杉山勝彦若田部誠
    5.「孤独な青空 off vocal ver.」 aokadoaokado
    6.「2度目のキスから off vocal ver.」 Akira Sunset、APAZZIAkira Sunset、APAZZI
    合計時間:
    DVD[51]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「サヨナラの意味 Music Video」  柳沢翔
    2.「2度目のキスから Music Video」  中村太洸
    3.「2016年 乃木坂46〜いつもと違う夏〜前編」   
    合計時間:

    Type-D[編集]

    CD[52]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「君に贈る花がない」秋元康Rizz山田竜平
    4.「サヨナラの意味 off vocal ver.」 杉山勝彦若田部誠
    5.「孤独な青空 off vocal ver.」 aokadoaokado
    6.「君に贈る花がない off vocal ver.」 Rizz山田竜平
    合計時間:
    DVD[52]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「サヨナラの意味 Music Video」  柳沢翔
    2.「君に贈る花がない Music Video」  東市篤憲
    3.「2016年 乃木坂46〜いつもと違う夏〜後編」   
    合計時間:

    通常盤[編集]

    CD[53]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「ないものねだり」秋元康丸谷マナブ丸谷マナブ、福田貴史
    4.「サヨナラの意味 off vocal ver.」 杉山勝彦若田部誠
    5.「孤独な青空 off vocal ver.」 aokadoaokado
    6.「ないものねだり off vocal ver.」 丸谷マナブ丸谷マナブ、福田貴史
    合計時間:

    Special Edition[編集]

    デジタル・ダウンロード[54]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「サヨナラの意味」秋元康杉山勝彦若田部誠
    2.「孤独な青空」秋元康aokadoaokado
    3.「あの教室」秋元康カワノミチオカワノミチオ
    4.「ブランコ」秋元康Hiro HoashiHiro Hoashi
    5.「2度目のキスから」秋元康Akira SunsetAPAZZIAkira Sunset、APAZZI
    6.「君に贈る花がない」秋元康Rizz山田竜平
    7.「ないものねだり」秋元康丸谷マナブ丸谷マナブ、福田貴史
    合計時間:

    選抜メンバー[編集]

    サヨナラの意味[編集]

    (センター:橋本奈々未[13]

    今作は前作の「裸足でSummer」から3人多い19人選抜である。福神は1列目と2列目を合わせた11名が「十一福神」となる[55]。桜井玲香は14th「ハルジオンが咲く頃」以来の福神落ち[要出典]、若月佑美は12th「太陽ノック[要出典]、堀未央奈は8th「気づいたら片想い」以来の福神復帰[要出典]、伊藤万理華・井上小百合は14th「ハルジオンが咲く頃」、新内眞衣は12th「太陽ノック」以来の選抜復帰である[56]。高山一実がフロントメンバーに選出されたのは、今作が初となる[55]

    孤独な青空[編集]

    (センター:橋本奈々未)

    • 秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、中元日芽香、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美[16]

    あの教室[編集]

    • 齋藤飛鳥、堀未央奈[16]

    ブランコ[編集]

    (センター:寺田蘭世[45]

    2度目のキスから[編集]

    (センター:秋元真夏、ユニット:真夏さんリスペクト軍団)[16]

    • 秋元真夏、相楽伊織、鈴木絢音、渡辺みり愛[16]

    君に贈る花がない[編集]

    (ユニット:サンクエトワール)

    • 北野日奈子、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、堀未央奈[16]

    ないものねだり[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 前作「裸足でSummer」が出荷枚数100万枚を突破してミリオン認定を受けたのは本作の出荷枚数100万枚突破よりも後のことである。

    出典[編集]

    1. ^ a b “レコ協 11月ゴールドディスク認定作品発表、AKB48「ハイテンション」&乃木坂46「サヨナラの意味」がミリオン認定”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2016年12月9日). https://www.musicman-net.com/business/63736.html 2016年12月9日閲覧。 
    2. ^ 有料音楽配信認定 2017年3月”. 一般社団法人 日本レコード協会. RIA J (2017年4月20日). 2017年5月20日閲覧。
    3. ^ “オリコンデイリーCDランキング11月9日付”. ORICON STYLE (oricon ME inc.). (2016年11月10日). http://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2016-11-09/ 2016年11月11日閲覧。 
    4. ^ “【オリコン】乃木坂46橋本卒業曲1位 自己最高の初週売上82.8万枚”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2081435/full/ 2016年11月15日閲覧。 
    5. ^ タワーレコード全店総合シングル2016/11/07-2016/11/13”. タワーレコード. タワーレコード. 2016年12月11日閲覧。
    6. ^ a b Billboard Japan Hot 100 2016/11/21 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2016年11月). 2016年11月24日閲覧。
    7. ^ a b “【ビルボード】乃木坂46『サヨナラの意味』が847,735枚売り上げ、シングル・セールス1位”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2016年11月14日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/44243/2 2016年11月14日閲覧。 
    8. ^ Billboard Japan Radio Songs 2016/11/21 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2016年11月28日). 2016年12月14日閲覧。
    9. ^ 【TSUTAYA・販売CDシングルランキング】乃木坂46 vs 三代目JSBが直接対決! 勝負の行方は…?”. T-SITE. TSUTAYA (2016年11月14日). 2016年11月18日閲覧。
    10. ^ a b オリコン月間 CDシングルランキング 2016年11月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月). 2016年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月17日閲覧。
    11. ^ オリコン年間 シングルランキング 2016年度”. ORICON STYLE. oricon ME. 2017年1月5日閲覧。
    12. ^ オリコン年間 シングルランキング 2017年度”. ORICON NEWS. oricon ME. 2018年7月23日閲覧。
    13. ^ a b c d e f “乃木坂46新曲は橋本奈々未が初センター「いろんな思いがある」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2080046/full/ 2016年10月17日閲覧。 
    14. ^ “AKB48が“紅白選抜”選挙、桐谷健太&RADIO FISHは視聴者とステージへ”. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月24日). http://natalie.mu/music/news/210533 2017年3月29日閲覧。 
    15. ^ “嵐が大トリ、紅組トリは石川さゆり 紅白曲順発表 - 音楽”. ニッカンスポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月25日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1756574_m.html 2018年12月31日閲覧。 
    16. ^ a b c d e f g 【更新!!】乃木坂46 16thシングル「サヨナラの意味」商品概要”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年10月20日). 2016年10月20日閲覧。
    17. ^ “乃木坂46・橋本奈々未:卒業、芸能界引退を発表「普通の女性に」生田絵梨花は涙”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年10月20日). http://mantan-web.jp/2016/10/20/20161020dog00m200009000c.html 2016年10月22日閲覧。 
    18. ^ “橋本奈々未が乃木坂46を卒業、芸能界も引退”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月20日). http://natalie.mu/music/news/206113 2016年10月20日閲覧。 
    19. ^ “橋本奈々未「一般の女性として生きたい」乃木坂卒業&芸能界引退”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/19/kiji/K20161019013568170.html 2016年10月20日閲覧。 
    20. ^ “【紅白】2月に芸能界卒業の乃木坂46・橋本奈々未「今までで一番緊張」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161231-OHT1T50258.html 2017年1月9日閲覧。 
    21. ^ “この曲調こそが乃木坂46最大の武器。いい曲は歌っていても嬉しい!(高山一実)<前編>”. T-STYLEニュース (TSUTAYA). (2016年11月8日). http://top.tsite.jp/news/i/32210151/ 2016年11月15日閲覧。 
    22. ^ a b “16thシングル『サヨナラの意味』リリースインタビュー 乃木坂46高山一実、初フロントの喜びとグループの現在地を語る「全部がいい方向に進んでいる」”. Real Sound (blueprint). (2016年11月9日). http://realsound.jp/2016/11/post-10058.html 2016年11月15日閲覧。 
    23. ^ “乃木坂46、ファン10万人が選ぶベストソング1位は?<ランキングベスト10位~1位まで発表>”. モデルプレス (Netnative). (2018年3月5日). https://mdpr.jp/music/detail/1750799 
    24. ^ 乃木坂46 2016a乃木坂46 2016b乃木坂46 2016c乃木坂46 2016d乃木坂46 2016e
    25. ^ a b c “乃木坂46ななみん卒業シングル、アートでスタイリッシュな大人ジャケ5種”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月20日). http://natalie.mu/music/news/206119 2016年10月20日閲覧。 
    26. ^ 乃木坂46、大人ファッションな新曲ジャケ写公開 卒業発表の橋本奈々未が初センター”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年10月20日). 2016年10月20日閲覧。
    27. ^ オリコンデイリー CDシングルランキング 2016年11月08日付”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年11月). 2016年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月9日閲覧。
    28. ^ “オリコンデイリーCDランキング”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月9日). オリジナルの2016年11月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161110111636/http://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2016-11-09/ 2016年11月9日閲覧。 
    29. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2016年11月07日〜2016年11月13日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年11月). 2016年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
    30. ^ “【オリコン】乃木坂46橋本卒業曲1位 自己最高の初週売上82.8万枚”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2081435/full/ 2016年11月15日閲覧。 
    31. ^ “乃木坂初ミリオン 橋本奈々未初センター曲で快挙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年11月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1735991.html 2016年11月10日閲覧。 
    32. ^ a b c “乃木坂46橋本奈々未、ラストシングルで迫真の演技”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月21日). https://mdpr.jp/music/detail/1626384 2016年10月21日閲覧。 
    33. ^ a b c SHOW YANAGISAWA (2016年10月21日). “乃木坂46【サヨナラの意味】①原案/監督:柳沢翔 脚本:湯浅弘章 山岸聖太 撮影:吉田由伸(UNIQLOCK) 撮影Bユニット:塩谷大樹(ハルジオンが咲く頃) 衣裳:酒井タケル(ムジカピッコリーノ) 劇中振付:菅尾なぎさ(まりっか17)”. @SHOWyanagisawa. Twitter. 2016年11月26日閲覧。
    34. ^ a b “種族越えた交流描く乃木坂46新曲MV、橋本奈々未が“棘を持つ人”に”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月21日). http://natalie.mu/music/news/206312 2016年10月21日閲覧。 
    35. ^ kimika onai (2016年10月22日). “乃木坂46 『サヨナラの意味』 youtu.be/M3eGhMORIpY ダンスシーンの衣裳を製作させていただきました。大事な大事な曲に少しだけですが関わらせていただけたこと、とても嬉しく思っています ありがとうございました”. @kimikatrock. Twitter. 2016年11月28日閲覧。
    36. ^ 「乃木坂46物語Another Story〜『サヨナラの意味』の意味〜」『週刊プレイボーイ増刊 乃木坂46×プレイボーイ2016』集英社〈プレイボーイ〉、2016年11月24日、96頁。
    37. ^ SHOW YANAGISAWA (2016年10月21日). “乃木坂チームの今楽曲への想いを受け 私的オールスタースタッフ 総力戦で挑みました。”. @SHOWyanagisawa. Twitter. 2016年11月26日閲覧。
    38. ^ WARNER (2016年11月4日). “YOU今日も見てよ。三代目JSBもでるよ。#乃木坂46 #さよならの意味 #本日夜8時 #musicstation #mステ #テレ朝 ピコ太郎もでるよ @ TV Asahi instagram.com/p/BMX9QTEly6B/”. @WARNER317. Twitter. 2016年11月28日閲覧。
    39. ^ “【遂に解禁!!】16thシングル「サヨナラの意味」C/W曲「あの教室」のMusic Videoが公開!!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2016年10月25日). http://www.nogizaka46.com/news/2016/10/16thcwmusic-video.php 2016年10月25日閲覧。 
    40. ^ a b c d “乃木坂46齋藤飛鳥&堀未央奈、“シュールな”新曲MV公開”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080548/full/ 2016年10月25日閲覧。 
    41. ^ “乃木坂46、齋藤飛鳥と堀未央奈の学校生活描いた「あの教室」MV”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月26日). http://natalie.mu/music/news/206925 2016年10月26日閲覧。 
    42. ^ a b c d e f g “【遂に公開!!】16thシングル「サヨナラの意味」C/W曲「ブランコ」「君に贈る花がない」Music Video!!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2016年11月3日). http://www.nogizaka46.com/smph/news/2016/11/16thcwmusic-video-1.php 2016年11月3日閲覧。 
    43. ^ a b “【遂に公開!!】16thシングルC/W曲「2度目のキスから」Music Video!!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2016年11月2日). http://www.nogizaka46.com/news/2016/11/16thcw2music-video.php 2016年11月2日閲覧。 
    44. ^ “乃木坂46、16thシングルC/W曲「2度目のキスから」MV公開”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2016年11月2日). https://www.musicman-net.com/artist/62424.html 2016年11月2日閲覧。 
    45. ^ a b c d “乃木坂46、16thシングルC/W曲「ブランコ」「君に贈る花がない」MV公開”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2016年11月4日). https://www.musicman-net.com/artist/62482.html 2016年11月4日閲覧。 
    46. ^ a b c 【橋本奈々未 ラストのMusic Video!!】16thシングル「サヨナラの意味」C/W収録曲「ないものねだり」”. 乃木坂46LLC (2017年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
    47. ^ “乃木坂46橋本奈々未が今夜SHOWROOMに、ソロ曲MVオンエアも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月16日). http://natalie.mu/music/news/221011 2017年2月16日閲覧。 
    48. ^ 【3rdアルバム商品概要更新!!】乃木坂46 3rdアルバムタイトル名も決定!!”. 乃木坂46LLC (2017年4月28日). 2016年5月17日閲覧。
    49. ^ a b 乃木坂46 2016a
    50. ^ a b 乃木坂46 2016b
    51. ^ a b 乃木坂46 2016c
    52. ^ a b 乃木坂46 2016d
    53. ^ 乃木坂46 2016e
    54. ^ “本日11/2(水)~New Single 『サヨナラの意味』が配信限定スペシャル・エディションで先行フル配信スタート!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2016年11月2日). http://www.nogizaka46.com/smph/news/2016/11/112new-single.php 2017年9月22日閲覧。 
    55. ^ a b “乃木坂46の16thシングル選抜メンバー決定、橋本奈々未が初センター”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月17日). http://natalie.mu/music/news/205645 2016年10月17日閲覧。 
    56. ^ “乃木坂46、16thシングルで橋本奈々未が初センター 「良いモノをお届けしたい!」”. Real Sound (blueprint). (2016年10月17日). https://realsound.jp/2016/10/post-9739.html 2016年10月17日閲覧。 

    参考文献[編集]

    • 乃木坂46『サヨナラの意味』Type-A、Sony Music Records、2016年11月9日。SRCL-9258/9。ASIN B01LXAMB6H
    • 乃木坂46『サヨナラの意味』Type-B、Sony Music Records、2016年11月9日。SRCL-9260/1。ASIN B01LYX0GQ9
    • 乃木坂46『サヨナラの意味』Type-C、Sony Music Records、2016年11月9日。SRCL-9262/3。ASIN B01LWYV79K
    • 乃木坂46『サヨナラの意味』Type-D、Sony Music Records、2016年11月9日。SRCL-9264/5。ASIN B01LY9PA9O
    • 乃木坂46『サヨナラの意味』通常盤、Sony Music Records、2016年11月9日。SRCL-9266。ASIN B01LWYVEUP

    外部リンク[編集]