第67回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第67回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg第67回NHK紅白歌合戦.jpg
会場のNHKホール(上)
第67回NHK紅白歌合戦のモデルプレス (下)
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 19:15 - 20:55、21:00 - 23:45 (JST)(265分)
放送期間 2016年12月31日(土曜日)(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
【放送媒体:総合テレビジョン
出演者 有村架純 - 紅組司会
相葉雅紀 - 白組司会
音声 音声多重放送
字幕 文字放送
データ放送 実施
オープニング 鷺巣詩郎「Fly into the Sun」
エンディング 蛍の光
外部リンク 第67回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第67回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送局 NHKラジオ第1
パーソナリティ 二宮直輝
寺門亜衣子
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通
テンプレートを表示

第67回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2016年平成28年)12月31日19時15分から23時45分まで放送された通算67回目のNHK紅白歌合戦である。

概要[編集]

テーマは「夢を歌おう」。

なお、このテーマは第70回(2019年)までの共通テーマと制定。

共通テーマが制定されたのは第58回2007年)から第60回2009年)以来。

放送まで[編集]

日付はいずれも2016年。

9月8日
開催が発表された。今回から第70回(2019年)まで東京オリンピックパラリンピックに向けテーマを「夢を歌おう」で統一することも併せて発表された[1]
11月12日
司会者として、紅組:有村架純(女優)、白組:相葉雅紀)が発表された[2]。通常は司会者が出席しての記者会見が行われるが、今回は第60回2009年)以来の2人のコメントの発表のみとなった。
11月24日
出場歌手が決定[3]。また、総合司会には武田真一が起用される事も併せて発表された[4]
12月7日
スペシャルゲストとしてタモリマツコ・デラックスが出演することを発表[5]
12月19日
曲目が発表された[6]
12月21日
ゲスト審査員が発表された[7]
12月22日
各種企画が発表された。また、今回のオープニングテーマに鷺巣詩郎がこの番組のために書き下ろし(作曲)した「Fly into the Sun」を使用する事も発表された[8]
12月23日
SMAPが公式に出場辞退を発表。NHK側も出演交渉を打ち切ったことを公表した。
12月25日
曲順が発表された。
12月28日
リハーサル開始。
12月29日
事前番組「Road to 紅白 スペシャル」を放送。『シン・ゴジラ』主演の長谷川博己の出演や「AKB48 夢の紅白選抜」が発表された。

当日のステージ[編集]

セットのコンセプトはかまくら。NHKホール全体をステージに見立てるというコンセプトで、2階席を張り出してサブステージを設営し、メインステージと行き来しながらパフォーマンスが行われる(2階ステージは第55回2004年)以来)。また、ゲスト審査員席は例年1階席最前列であるが、2階でもパフォーマンスを行う都合上、メインステージの下手側通路にラウンジスタイルの物を設置した。

第62回2011年)を最後に取りやめになっていたバックバンドの生演奏が今回は復活。歌の臨場感を高めるため、4年ぶりに“生音”にこだわった[9]

第60回2009年)以来7年ぶりにテロップのデザインが更新された。基本的なデザインは例年通りであるがセットのコンセプトにあわせたものになった。

前半[編集]

番組開始の冒頭でタモリとマツコが「ふるさと審査員」で招待されたという設定で夫婦役でNHKホールの入り口に登場[10]し、入場整理券を忘れ警備員に制止されるも強引に入場しようとするという寸劇が生中継された。その後も放送終了まで、客席につけないままホール内をさまようという寸劇が数度挟まれた(あくまで一般人という設定のため、司会者らとの絡みは一切なし)[11][12][13]

初出場の欅坂46はグループカラーの緑に、円陣の掛け声「謙虚・優しさ・絆」を英字表記した「HUMILITY・KINDNESS・BONDS」の文字を入れた紅のリポン型のタスキを掛けた紅白仕様の新衣装[14]で統率の取れたパフォーマンスを披露[15]。スタンバイ時には楽屋からの中継でファンを公言していたTHE YELLOW MONKEY吉井和哉が自前で購入したCDを披露する一幕もあった[14][15]

椎名林檎東京都庁前の都民広場から生中継で出演した。2012年に解散した東京事変のメンバーがバックバンドとして参加し(テロップは無し)、都庁舎に映像を投影する演出がなされた。[16]

前半ラストはいきものがかりゆずという共に神奈川県の「路上」から出発したグループの対戦となった[17]。ゆずが歌唱した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は、永六輔(2016年7月7日に逝去)が作詞した坂本九の「見上げてごらん夜の星を」に北川悠仁が詩とメロディを加筆した楽曲。永の追悼企画として、永と親交の深かった黒柳徹子とゆずが対談したVTRが流された[18]。坂本が過去の紅白歌合戦でこの楽曲を歌唱する映像も紹介された[注 1]

後半[編集]

後半のトップバッターであるRADWIMPSが「前前前世」を歌唱中、新海誠監督による『君の名は。』(タイアップ先)の特別編集映像が流された[19]

RADIO FISHのテーマは「ネオ秀吉」で、中田敦彦が全身金色の特別衣装で登場。中田とピコ太郎は「火花をちらすライバル関係」という設定で前半の中継パートで睨み合う姿を見せていたが、歌唱後に「和解」した[20]

桐谷健太は有村とauのCM(タイアップ先)で共演しており、それにちなんだやり取りが展開された[21]

AKB48は「夢の紅白選抜」48名(メンバーは後述)での「RIVER」歌唱後、「フライングゲット」がBGMとして流れる中でフロントメンバーとなる上位16名を発表、山本彩指原莉乃6月の選抜総選挙1位)を抑えて1位となり、「君はメロディー」をセンターで歌唱した[22]

Perfumeは、ダイナミックVRを駆使し、空中浮遊を錯覚させる映像に仕立てた[23]

星野源の歌唱前にNHKホール内を彷徨ったタモリとマツコ・デラックスがステージ右上の音響席に現れたが、音響席に設置されていたパイプオルガンを勝手に弾いたために警備員に強制的に音響席から退去させられた[24]

星野源が「」を歌唱中、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した新垣結衣(同ドラマの主演)もゲスト審査員席から照れながら恋ダンスを踊った[25]。番組終了後の取材で新垣は「カメラが目の前に来たので、そうなったらやるしかない」と照れながら語ったという[26][27]

坂本冬美の歌唱時に「夜桜お七」の作詞・作曲者のテロップが「詞 吉岡治 曲 弦哲也[注 2]と間違って表示されるミスが発生した。40分後のTHE YELLOW MONKEYの歌唱後に武田アナが「ここで一つ訂正がございます。先ほど坂本冬美さんがお歌いになった『夜桜お七』の作詞者・作曲者の表示に間違いがありました。正しくは作詞・林あまりさん、作曲・三木たかしさんです。お詫びして訂正いたします。」と陳謝した[28]

TOKIOは、1964年東京からリオまでのオリンピックにおける日本選手の活躍(出場しなかった1980年のモスクワを除く)をまとめた映像がプロジェクションマッピングで映し出される中、歌唱した[29]

X JAPANが歌唱しゴジラの凍結に成功した後、サプライズとしてポール・マッカートニーからのビデオメッセージが流れ、2017年に東京ドームで来日公演を行うことも発表された[30]

白組トリおよび大トリのの曲紹介は有村が行った[31]。相葉は曲間、涙を流す一幕もあった[32]

恒例のエンディングでの「蛍の光」の大合唱では平尾昌晃がタクトを振ったが、平尾は翌年の7月21日肺炎のために逝去したことによりこれが最後の紅白でのタクトとなった[33]

「蛍の光」の大合唱で番組本編が終了した後に、タモリとマツコが観覧できないまま「なんだかんだで楽しかった」と語らいながら去るシーンが挿入された[34]

結果[編集]

天童よしみの歌唱後に視聴者審査の途中経過が発表され、その時点では紅組444,495票対白組374,460票で紅組がリードしていた。だが、ゆずの歌唱後(前半終了時点)の発表では紅組922,066票対白組1,435,175票で白組が大幅に逆転リードした。視聴者審査の最終結果と会場審査の結果はいずれも紅組2,527,724票対白組4,203,679票(視聴者審査)、紅組870票対白組1,274票(会場審査)であり、白組には玉がそれぞれ2個ずつ、計4個が入れられた。しかし、ゲスト審査員10名とふるさと審査員の投票結果が圧倒的に紅組優勢(紅組9個対白組2個)によって最終的には紅組が9-6と逆転し、前回に引き続き紅組が2連勝した。紅組は31勝目。紅組の2連勝は第35回1984年)・第36回1985年)以来かつ、21世紀になってからでは初めてだった。デジタル審査の結果と最終結果がひっくり返ったのは第55回以来12年ぶりである。ゲスト審査員の草刈正雄から優勝旗が授与された有村も驚きを見せると同時に「びっくりしました。てっきり白組が勝つかと思いました」と漏らした[35]

ゲスト審査員を務めた春風亭昇太は自身を含めてゲスト審査員のほぼ全員が紅組に投票したことについて、今回ゲスト審査員席が紅組側の下手席に設けられたことを挙げている[36]

会場・視聴者票を覆しての紅組優勝や審査方法そのものに対し、第55回当時同様、苦情が多く寄せられた[注 3][37][38]。NHK・木田幸紀放送総局長は1月18日に都内で行った定例会見で、審査方法が分かりづらいとの声が噴出したことを受け、「現場は改善策などを話し合ってると思う」と語った[39]

出場歌手[編集]

歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

紅組 白組
曲順 歌手・ユニット名 楽曲 曲順 歌手・ユニット名 楽曲
前半
オープニング「Fly into the Sun」
2 PUFFY PUFFY 20周年紅白スペシャル[※ 1] 1 関ジャニ∞ 5 ズッコケ男道〜紅白で夢を歌おう〜
4 E-girls 4 DANCE WITH ME NOW! 3 AAA 7 ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
5 欅坂46 サイレントマジョリティー 6 三山ひろし 2 四万十川〜けん玉大使編〜
8 miwa 4 結 -ゆい- 7 山内惠介 2 流転の波止場〜究極の貴公子編〜
10 天童よしみ 21 あんたの花道 9 Sexy Zone 4 よびすて 紅白'16
12 市川由紀乃 心かさねて 11 SEKAI NO OWARI 3 Hey Ho from RPG[※ 2]
14 香西かおり 19 すき真田丸スペシャルVer.〜 13 三代目 J Soul Brothers 5 Welcome to TOKYO
15 椎名林檎 4 青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-[※ 3] 16 福田こうへい 3 東京五輪音頭
17 絢香 8 三日月 18 郷ひろみ 29 言えないよ
20 水森かおり 14 越後水原〜白鳥飛翔〜 19 V6 3 Smile! メドレー[※ 4]
21 いきものがかり 9 SAKURA 22 ゆず 7 見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜
企画「紅白 HALFTIME SHOW」(進行:二宮和也
渡辺直美Crazy in Love
ピコ太郎PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン)
後半
24 乃木坂46 2 サヨナラの意味 23 RADWIMPS 前前前世 [original ver.]
26 島津亜矢 3 川の流れのように 25 福山雅治 9 2016スペシャルメドレー[※ 5]
28 西野カナ 7 Dear Bride 27 RADIO FISH PERFECT HUMAN
30 AI 2 みんながみんな英雄 29 桐谷健太 海の声〜みんなの海の声バージョン〜
31 AKB48 9 夢の紅白選抜SPメドレー[※ 6] 32 五木ひろし 46 九頭竜川
特別企画「ふるさと
34 Perfume 9 FLASH 33 KinKi Kids 硝子の少年
36 大竹しのぶ 愛の讃歌 35 星野源 2
37 坂本冬美 28 夜桜お七 38 TOKIO 23 宙船(そらふね)[※ 3]
39 松田聖子 20 薔薇のように咲いて 桜のように散って 40 X JAPAN 7
41 髙橋真梨子 4 ごめんね… 42 THE YELLOW MONKEY JAM
44 宇多田ヒカル 花束を君に COLORS[※ 7] 43 氷川きよし 17 白雲の城[※ 8]
45 石川さゆり 39 天城越え 46 8 嵐×紅白スペシャルメドレー[※ 9]

歌唱曲・出場回数に関する備考

  1. ^ アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」を順に披露。
  2. ^ RPG」「Hey Ho」を順に披露(RPGは冒頭のみ)。
  3. ^ a b 東京都新宿区東京都庁都民広場からの中継で登場。
  4. ^ WAになっておどろう」「HONEY BEAT」を順に披露。
  5. ^ 少年」「1461日」を順に披露。例年通り、自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継で登場。
  6. ^ RIVER」「君はメロディー」を順に歌唱。
  7. ^ 在住先であるイギリスの旗 イギリスロンドンからの中継で登場。
  8. ^ 4月に発生した熊本地震で被災した熊本県熊本市中央区熊本城から特別に許可を得て中継で出演。
  9. ^ A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」を順に披露。[40]

選考を巡って[編集]

初出場は10組。返り咲きは4組。

前回の出場歌手の中より不選出となったのは紅10組、白10組の計20組(斜字は不出場を明言または出場不可能な歌手。)

  • 紅組:今井美樹NMB48[注 4]大原櫻子伍代夏子Superfly[注 5]藤あや子μ's[注 6]レベッカ和田アキ子
  • 白組:EXILEゲスの極み乙女。[注 7]ゴールデンボンバー近藤真彦SMAP德永英明BUMP OF CHICKEN細川たかし美輪明宏森進一
  • 森は、前年の放送前に既に「今回(第66回)限りで勇退」と宣言していた[48]。また、細川は出場歌手発表直前の11月21日に「世代交代も必要」として紅白からの勇退を表明していた[49]。和田は女性歌手として初の40回出場目前で落選したが、事務所を通して「出場していれば40回という節目でもあったので正直悔しい気持ちです」としつつもこれまでの出場に関して感謝のコメントを出している[50]。和田は落選決定後、泣いたことも明かした[51]他、本紅白を視聴したくないとも述べている[52]。他に伍代、藤も落選し、演歌、歌謡曲系の歌手は大幅に入れ替わった。矢島良チーフプロデューサーは「今年のヒットということをひとまず考えている、ウエートを占めていたということかなと考えています」と答えている[53]
  • リオデジャネイロオリンピックパラリンピックNHK中継テーマソングHero」を担当した安室奈美恵も、「ファンの前でしか歌いたくないです」として辞退を表明した[54]
  • EXILEについては、今年8月にボーカルのEXILE ATSUSHIが2018年までアメリカに留学することを発表しており、EXILEの所属事務所であるLDHはグループとしても出場しない意向を示してきたため、今回の紅白は出場辞退となった[55]
  • 同年8月14日に年内いっぱいでの解散を発表したSMAPについては、籾井勝人NHK会長が9月の定例記者会見で「是非出て戴きたい」と出場を熱望するなど[56]交渉を続けていたが、正規の出場歌手として発表はされなかった[41]。その後も特別枠を含めた出演交渉を続けた[57][41]が、12月23日に出演そのものを辞退することを事務所サイドがNHKに申し入れたことが報道され[58]、その報道を受けてジャニーズ事務所よりマスコミ各社へ向けてSMAP出場辞退が最終的決定事項であること、そしてSMAPメンバー全員の連名によりNHKに対して出場辞退を申し入れる書簡を送付していたことなどが正式に発表された[59]。このため、NHK側は「SMAPメンバーの意思を尊重する」として出演交渉を打ち切ったことを表明した[60]

その他[編集]

石川さゆりは33年連続出場(通算39回)、小林幸子の持つ紅組歌手における連続出場の最長記録に並んだ。通算39回の出場は女性歌手および紅組歌手の最多出場記録である[61]。また和田の落選に伴い、紅組の最多出場となった。

五木ひろし森進一の勇退に伴い、白組の最多出場となった。

満67歳9か月の髙橋真梨子も紅組歌手の最年長出場記録を打ち立てた。

AKB48のメンバーのうち、島崎遥香は本紅白をもってAKB48を卒業。他に翌年(2017年)3月18日卒業の大和田南那、同4月19日卒業の小嶋陽菜、同9月30日卒業の木﨑ゆりあも本回が紅白最後の出演となった[注 8]

AAAのメンバーのうち、伊藤千晃が翌年3月末を以って卒業したため、本回が紅白最後の出演となった。

乃木坂46メンバーのうち、橋本奈々未は翌年2月に、中元日芽香は同年中に乃木坂46から卒業し、かつ芸能界から引退したことにより、本回が紅白最後の出演となった。

いきものがかりは2017年1月に「放牧宣言」という名の活動休止を発表。第68回にも出演はなく、今回で初出場以来の連続出場が途切れた。

曲順を巡って[編集]

紅組トリに石川、白組トリおよび大トリにが起用された。嵐は第65回2014年)以来2年ぶり2回目の白組トリ、および初の大トリ担当であった[62][63]。白組司会を兼任する嵐のメンバー・相葉は第21回1970年)での美空ひばり以来46年ぶり2人目かつ男性では史上初の組司会と大トリの兼任となる[64]

なお、曲順発表以前に各種メディアが挙げていたトリの候補は以下の通り。

  • スポーツニッポン(2016年11月25日・12月20日付) - 「紅組トリは坂本冬美松田聖子らが候補に挙がっている。白組トリおよび大トリは嵐が有力」[65]「紅組トリは石川、いきものがかり(この年デビュー10周年)、AKB48(同この年デビュー10周年)を軸に選定中。白組トリおよび大トリは嵐で確実」[66]
  • 日刊スポーツ(2016年12月20日付) - 「白組トリおよび大トリは嵐が有力」[67]
  • サンケイスポーツ(2016年12月20日付) - 「紅組トリは聖子が濃厚。白組トリおよび大トリは嵐が有力」[68]

司会者[編集]

有村は初司会かつ紅白司会としては初の平成生まれ、相葉は嵐として5度司会経験があるが単独では初司会であった[69]

コメントの中で相葉はこのオファーを受けた際、本当に悩んだことを明かしている[70]。有村・相葉の起用は司会発表当日にスポーツニッポンがスクープしている[71]。また、相葉は司会発表の1週間程前に白組司会のオファーを聞いたことを明かしている[72]。番組終了後の取材に対し、相葉は自身の司会ぶりについて、「ポンコツでした」と猛省した[73]

武田は初司会かつ音楽番組司会初担当[74]。『NHKニュース7』(『NHKきょうのニュース』→『(19時の)NHKニュース』時代も含む)平日版の現役メインキャスターが紅白の司会に起用されるのは初めて。

チーフプロデューサーの矢島良は総合司会について、当初はここ4年間の担当者だった有働由美子(東京アナウンス室)の続投案もあったが、(東京オリンピックまでの)4か年計画のスタートの年だったため、「切り替え」を象徴するためにそれを見送り、有働の先輩である武田を起用したことを明かしている[75][76]。有働は総合司会を外れたことについて「ホッとしました、正直。あれ、大変なんですよ」と述べているほか、リハーサルと本番では武田のサポートを行った[77][78]。また、有働は当初紅組司会の候補にも挙がっていたとされる[79][80]

東京スポーツは、今回から第70回(2019年)もしくは第71回(2020年)まで、嵐メンバーの交代や嵐全員で白組司会に起用する計画があると報じている[81]。なお、翌年の第68回での白組司会は同じく嵐の二宮和也が選出されている[82]

審査方法[編集]

ボールを利用した玉入れ形式により勝敗を決定する。

  • ゲスト審査員(別記) - 1人1個で10個
  • ふるさと審査員(NHKホールに招待された3組6名の視聴者) - 1個
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員) - 麻布大学野鳥研究部の集計により投票数の多かったチームが2個
  • 視聴者審査 - 1対戦ごとに投票を行い、計23回の投票総数が多かったチームが2個

メイン演奏[編集]

  • 大晦日音楽隊(指揮:栗田信生)[注 9]

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

スペシャルゲスト[編集]

「ふるさと審査員」として招待された夫婦が、入場整理券を忘れて客席につくことができずNHKホール内をさまようという寸劇を繰り広げた[83]

紅白 HALFTIME SHOW[編集]

前半最後にスーパーボウルのハーフタイムショーをイメージしたショーを行った。

  • 渡辺直美[84] :ストリーミング生配信企画「紅白楽屋トーク」の進行も担当。
  • ピコ太郎[84]:世界中で大ブームとなっている「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を披露した他、ゴジラに対する「渋谷紅白迎撃作戦」に参加した。

紅白対ゴジラ[編集]

  • ゴジラ
  • 矢口蘭堂(長谷川博己):内閣官房副長官・巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)事務局長。
  • 大河内清次(大杉漣):内閣総理大臣。
  • 郡山肇(渡辺哲):内閣危機管理監。
  • 泉修一(松尾諭):保守第一党政調副会長。
  • 間邦夫(塚本晋也):国立城北大学大学院生物圏科学研究科准教授・巨災対メンバー。
  • 森文哉(津田寛治):厚生労働省医政局研究開発振興課長(医系技官)・巨災対メンバー。
  • 町田一晃(吉田ウーロン太):経済産業省製造産業局長・巨災対メンバー。
  • 袖原泰司(谷口翔太):官邸内統幕運用第1課長・巨災対メンバー。

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲストなど[編集]

その他の番組担当者[編集]

  • ラジオ中継:二宮直輝寺門亜衣子(いずれも東京アナウンス室)
  • テレビ放送副音声『紅白ウラトークチャンネル』:バナナマン橋本奈穂子(東京アナウンス室)
  • 生配信企画『紅白楽屋トーク』:渡辺直美
    • 紅白パソコン公式サイト、公式アプリ、FacebookYouTubeLINE LIVEにおいて、ライブ配信を実施。NHKホールの楽屋に発信スタジオを設置し、渡辺の進行で出場歌手やゲストとのトークを繰り広げる[86]

企画[編集]

この回は番組テーマである「夢を歌おう」に合わせて、3つの企画が実施された。

AKB48 夢の紅白選抜[編集]

AKB48と姉妹グループ[注 10]のメンバー300人以上の中から紅白に出場する48人を選抜する企画で、投票期間は12月8日から12月28日までの20日間であり、視聴者が公式スマートフォンアプリとデータ放送で投票して選出した[87]。12月15日にTOKYO DOME CITY HALLで開催された『第6回 AKB48紅白対抗歌合戦』で中間結果が明らかにされ[88][注 11]、選抜48名は12月29日放送の『Road to 紅白 スペシャル』において発表された[89]。総得票数は460,856票であり[90]、当選人数はAKB48から17名、SKE48から6名、NMB48HKT48からそれぞれ11名、NGT48から3名となったが[89][注 12]、このうち中学生メンバーの矢吹奈子(HKT48・AKB48兼任)と田中美久(HKT48)の二人は歌唱には参加できず[注 13]、前半で天童よしみのバックダンサーとして参加していた(メインサポートは本田望結)。田中と矢吹の代わりの歌唱メンバーにはSKE48の北川綾巴惣田紗莉渚が繰り上がった。

AKB48夢の紅白選抜 順位表
順位[91] 氏名[91] 所属[91] 得票数[91] 総選挙
順位
1位 山本彩 NMB 41,990票 4位
2位 指原莉乃 HKT 34,247票 1位
3位 島崎遥香 AKB 19,002票 8位
4位 渡辺麻友 AKB 15,473票 2位
5位 宮脇咲良 HKT/AKB 11,552票 6位
6位 吉田朱里 NMB 11,101票 77位
7位 小嶋陽菜 AKB 10,957票 16位[注 14]
8位 横山由依 AKB 9,758票 11位
9位 柏木由紀 AKB/NGT 9,220票 5位
10位 市川美織 NMB 8,624票 81位
11位 松井珠理奈 SKE 8,541票 3位
12位 大家志津香 AKB 8,110票 87位
13位 須田亜香里 SKE 5,954票 7位
14位 北原里英 NGT 5,870票 12位
15位 白間美瑠 NMB/AKB 5,659票 24位
16位 峯岸みなみ AKB 5,408票 17位
以上16名が「君はメロディー」歌唱メンバー
17位 矢吹奈子 HKT/AKB 5,089票 28位
18位 木下百花 NMB 4,819票 不参加
19位 高柳明音 SKE 4,813票 20位
20位 朝長美桜 HKT/AKB 4,542票 23位
21位 薮下柊 NMB 4,415票 39位
22位 向井地美音 AKB 4,336票 13位
23位 木﨑ゆりあ AKB 4,233票 37位
24位 入山杏奈 AKB 4,230票 18位
25位 小嶋真子 AKB 4,202票 19位
26位 渋谷凪咲 NMB/AKB 4,075票 56位
27位 上西恵 NMB 3,899票 不参加
28位 太田夢莉 NMB 3,762票 52位
29位 兒玉遥 HKT/AKB 3,734票 9位
30位 村山彩希 AKB 3,720票 不参加
31位 田島芽瑠 HKT 3,678票 43位
32位 岡田奈々 AKB 3,668票 14位
33位 中井りか NGT 3,626票 96位
34位 須藤凜々花 NMB 3,471票 44位
35位 松岡はな HKT 3,347票 圏外
36位 大和田南那 AKB 3,307票 62位
37位 松村香織 SKE 3,221票 不参加
38位 川本紗矢 AKB 3,156票 27位
39位 加藤美南 NGT 3,148票 76位
40位 古畑奈和 SKE 3,117票 29位
41位 矢倉楓子 NMB 3,055票 33位
42位 加藤玲奈 AKB 3,036票 26位
43位 武藤十夢 AKB 3,019票 10位
44位 大場美奈 SKE 2,860票 22位
45位 田中美久 HKT 2,798票 45位
46位 森保まどか HKT 2,796票 50位
47位 本村碧唯 HKT 2,709票 36位
48位 松岡菜摘 HKT 2,652票 46位
49位 北川綾巴 SKE/AKB 2,648票 64位
50位 惣田紗莉渚 SKE 2,539票 30位

その他[編集]

  • RADIO FISHはステージ上で「PERFECT HUMAN」を踊るメンバーを一般人から募集、オーディションを実施した[92]
  • 桐谷は「海の声」を一緒に歌う一般人を募集、送られてきたエピソードを元に選出しスタッフが映像収録してそれを流しながら歌った[93]

紅白 対 ゴジラ[編集]

シン・ゴジラ』とのコラボレーション企画[94]。会場のNHKホールにゴジラが襲来したという設定で『シン・ゴジラ』主演の長谷川博己らが出演するオリジナル映像を交えながら出場歌手がゴジラと対峙するという設定であった[95][96][97]

ゴジラの進路は速報の形で番組内で随時伝えられ[97]、長谷川演じる矢口蘭堂はゴジラ対策チーム「巨災対」メンバーの進言によりNHKホールでゴジラを足止めして、紅白歌合戦の「良質な歌」を聴かせることでゴジラの凍結を図る「渋谷紅白迎撃作戦」の実施を決断し、紅白の会場に協力を呼びかけた[98]

松田聖子の歌唱終了後にゴジラがNHKホール前に到達し、会場の外から武田アナがレポートした[95][99]。「良質な歌」を披露するように指示があったところでピコ太郎が名乗り出て、合唱団とともに「PPAP」の第九バージョンを披露すると、ゴジラが動きを止めてしまう[96][99]。しかし直後に武田アナが突然「PPAP」のパロディーを披露したことからゴジラが激怒し[99]、ここでX JAPANYOSHIKIが「僕たちが止めます」と宣言、「紅」を演奏するとゴジラは凍結した[95][99][98][100]

視聴率[編集]

番組平均視聴率は前半(19:15 - 20:55)が35.1%、後半(21:00 - 23:45)が40.2%で2年ぶりの40%台となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[101]。瞬間最高視聴率は優勝が決まったシーンの44.8%、歌手別では嵐の43.7%だった。ピコ太郎は前半最高となる40.5%、後半での出演時も歌手別2位の星野源と並ぶ42.9%を記録した[102][103]

なお、前半ラストのピコ太郎の直後に放送された「ニュース」(20:55 - 21:00)の平均視聴率が40.4%(同、瞬間最高は41.3%)となり、紅白の視聴率を超える異例の事態となった[104][注 15]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テロップでは「第20回NHK紅白歌合戦(昭和44年)」と表示されていたが、正しくは第14回NHK紅白歌合戦(昭和38年)の映像である。
  2. ^ これ自体は石川さゆりの「天城越え」の作詞・作曲者。
  3. ^ 第55回での紅組優勝に批判が寄せられたことなどが原因で翌年の第56回における審査方法は会場審査員・視聴者を含めた全審査員の投票数全てをそのまま反映する形とした。第58回 - 第63回2012年)、第65回、前回も同様(第57回2006年〉、第64回2013年〉はボール審査を採用)。なお、第56回 - 第61回2010年)まで白組が6連勝となったが、視聴者投票で白組出場歌手のファンによる白組への組織的な投票が行われており、それが白組優勝の一因となっているとの指摘があった(『週刊新潮』2011年1月13日号)。
  4. ^ ただし、所属メンバーの一部はAKB48として出場した。
  5. ^ 体調不良により療養中。
  6. ^ 2016年3月31日4月1日に行われたファイナルライブを以って事実上の活動休止状態になったため。
  7. ^ 12月3日より活動自粛。
  8. ^ 姉妹グループではNMB48から翌年4月10日卒業の上西恵、同4月19日卒業の薮下柊、同8月30日卒業の須藤凜々花、同9月27日卒業の木下百花が最後の出演となった。
  9. ^ 三山ひろしの歌唱中に画面テロップ紹介。また演奏・指揮者については公式ツイッターでもツイート >当該ツイート, 。
  10. ^ 選抜総選挙と同様、海外を拠点に活動するJKT48は対象外。
  11. ^ 中間発表では込山榛香高橋朱里藤江れいなが48位以内であり、加藤美南川本紗矢松村香織惣田紗莉渚が49位以下だった。
  12. ^ 兼任の場合、所属元チームで算出。
  13. ^ 公式発表では(労働基準法第61条に基づく18歳未満の者の夜間就業禁止規定による)「年齢のため」とされている。なお、この二人は翌年4月1日放送のBSプレミアムAKB48 SHOW!』で、紅白の本番でメンバーが着用したものと同じオリジナル衣装を披露、この衣装でAKB48のユニット曲『となりのバナナ』を歌唱している。
  14. ^ 選抜総選挙は「にゃんにゃん仮面」名義での立候補。
  15. ^ ビデオリサーチでは15分未満の番組を視聴率ランキングの対象外としており、「影の年間視聴率1位」として報じられている[104]

出典[編集]

  1. ^ 『紅白』テーマ発表 4年後の東京五輪に向けて「夢を歌おう」 ORICON STYLE 2016年9月8日閲覧
  2. ^ “第67回NHK紅白歌合戦司会者” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年11月12日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/mc/ 2016年11月12日閲覧。 
  3. ^ “第67回NHK紅白歌合戦出場歌手” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年11月24日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/ 2016年11月24日閲覧。 
  4. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  5. ^ a b c タモリ&マツコ 紅白特別ゲストに!矢島CP「どんな化学反応を…」,スポーツニッポン,2016年12月7日
  6. ^ RADは「前前前世」=宇多田さん朝ドラ曲も-NHK紅白歌合戦,時事通信社,2016年12月19日
  7. ^ 【NHK紅白】ゲスト審査員に「真田丸」の草刈正雄さんら ドラマ「逃げ恥」のガッキーも,産経ニュース,2016年12月21日
  8. ^ オープニングテーマ曲「Fly into the Sun」,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  9. ^ [http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161229-OHT1T50000.html/
  10. ^ “【紅白】タモリ&マツコが入場拒否される 開幕に寸劇”. デイリースポーツ. (2016年12月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/31/0009795018.shtml#btnMore 2017年1月5日閲覧。 
  11. ^ 【紅白】タモリ&マツコ 受信料に"苦情" 禁断ネタに切り込む デイリースポーツ 2017年1月1日
  12. ^ [http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000117-dal-ent&pos=3 【紅白】タモリ&マツコ オルガンで爆音…警備員につまみ出される デイリースポーツ 2016年12月31日。
  13. ^ [http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/05/kiji/20170104s00041000316000c.html 紅白 タモリ&マツコが高視聴率 会場内に姿現した場面42% スポーツニッポン 2016年12月31日。
  14. ^ a b “【紅白】欅坂46、21人で圧巻のパフォーマンス イエモン吉井もファン公言”. オリコン. (2016年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2083962/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  15. ^ a b “欅坂46が登場! イエモン吉井和哉は自前購入のCD披露 三山ひろしは大技「三山スパイク」を大成功”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310012-n1.html 2017年1月2日閲覧。 
  16. ^ 東京都庁前から椎名林檎が生出演 福田こうへいは「東北・日本を元気にしたい!」産経新聞 2016年12月31日
  17. ^ “ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る”. 神奈川新聞. (2016年12月31日). http://www.kanaloco.jp/article/222249/2/ 2017年1月10日閲覧。 
  18. ^ “ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る”. 神奈川新聞. (2016年12月31日). http://www.kanaloco.jp/article/222249/ 2017年1月10日閲覧。 
  19. ^ 初出場のRADWIMPS、『君の名は。』主題歌「前前前世」熱唱 オリコン 2016年12月31日。
  20. ^ オリラジ中田敦彦とピコ太郎がハグで和解 RADIO FISHが“黄金PERFECT HUMAN” モデルプレス 2016年12月31日
  21. ^ 紅白歌合戦、auのCM状態に "浦ちゃん"と"かぐちゃん"コラボとAI熱唱,T-SITE,2016年12月31日
  22. ^ “NMB山本彩が紅白センター さしこ抜き涙/紅白”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759555.html 2017年1月2日閲覧。 
  23. ^ Perfumeが宙に浮いた!?最新技術で観客を異次元へ モデルプレス 2016年12月31日
  24. ^ [http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000117-dal-ent&pos=3 【紅白】タモリ&マツコ オルガンで爆音…警備員につまみ出される デイリースポーツ 2016年12月31日。
  25. ^ 星野源 ガッキーも照れながら“恋ダンス”披露 「逃げ恥」再び 毎日新聞 2016年12月31日
  26. ^ “【紅白】「逃げ恥」コンビ再会 ガッキーはにかみながら「恋ダンス」披露「やるしかないと…」”. スポーツ報知. (2017年1月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170101-OHT1T50103.html 2017年1月7日閲覧。 
  27. ^ 滝沢文那 (2017年1月5日). “ガッキー、紅白で照れ笑い 恋ダンス「やるしかない」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK142DW4K14UCVL001.html 2017年1月7日閲覧。 
  28. ^ 【紅白】別人テロップで武田アナが謝罪 坂本冬美「夜桜お七」の作詞・作曲者 デイリースポーツ 2016年12月31日
  29. ^ TOKIO、ジャニーズ初の中継出演 都庁前から「宙船」歌う ORICON STYLE 2016年12月31日
  30. ^ ポール・マッカートニー、4月に東京ドーム3days ORICON STYLE 2017年1月1日付発信・閲覧
  31. ^ 初の大トリ・嵐 デビュー曲などヒットメドレーで「夢届ける」,スポーツニッポン,2016年12月30日
  32. ^ 【紅白】嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も,デイリースポーツ,2017年1月1日
  33. ^ 作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける スポーツニッポン 2017年7月22日
  34. ^ タモリがマツコと夫婦役で爆笑も「何も見られなかったな」毎日新聞 2017年1月1日
  35. ^ 【紅白】紅組が2年連続優勝 有村架純「えっ、えっ」と驚き,ORICON STYLE,2016年12月31日
  36. ^ 春風亭昇太、紅白歌合戦の裏側明かした!紅組が勝った理由とは…,スポーツ報知,2017年1月4日
  37. ^ 「紅白歌合戦」全舞台裏 視聴者置いてけぼりだった「紅組勝利」のカラクリ,週刊新潮,2017年1月12日号
  38. ^ 「審査方法がよく分からない」「暗い気持ちになる」 昨年のNHK紅白に厳しい意見78%,産経新聞,2017年2月1日
  39. ^ 『デイリースポーツ』2017年1月18日付
  40. ^ “【紅白】大トリ・嵐、気になるメドレー内容は?”. smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年12月30日). https://thetv.jp/news/detail/97102/ 2016年12月30日閲覧。 
  41. ^ a b c d 【紅白】SMAP出演打診「最後の最後まで」 矢島良CPの一問一答,ORICON STYLE,2016年11月24日
  42. ^ PUFFYが初紅白 やむなく断念の96年以来悲願,日刊スポーツ,2016年11月24日
  43. ^ a b c 【紅白】KinKi Kids など計10組が初出場 “世代交代”一気に加速,東京スポーツ,2016年11月24日
  44. ^ 【紅白】イエモン・吉井和哉、会見欠席も「紅白は僕らの憧れ」,スポーツ報知,2016年11月24日
  45. ^ NHK紅白の中継企画、氷川きよしは被災熊本城から,日刊スポーツ,2016年12月19日
  46. ^ 欅坂46が紅白初出場 メジャーデビュー年で快挙,日刊スポーツ,2016年11月24日
  47. ^ 市川由紀乃が水森かおり以来、13年ぶりに女性演歌歌手の初出場/紅白,サンケイスポーツ,2016年11月24日
  48. ^ 森進一「紅白」卒業発表 歌手生活50周年「大事な一つのけじめ」 スポーツニッポン 2015年12月4日閲覧
  49. ^ “細川たかし紅白卒業「世代交代必要」心境を明かす”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1740996.html 2016年11月21日閲覧。 
  50. ^ 【コメント全文】和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」 デイリースポーツ,2016年11月24日
  51. ^ 和田アキ子 紅白不出場で「毎日泣いた」 生ラジオで心境、エールに感謝 ,SponichiAnnex,2016年11月26日
  52. ^ 和田アキ子 今年の紅白は見ない「とっとと日本を後にしたい」,SponichiAneex,2016年11月26日
  53. ^ 紅白 和田、伍代、藤…ベテラン勢落選理由を番組CP語る デイリースポーツ,2016年11月24日
  54. ^ 【紅白】リオ五輪テーマ曲歌った安室辞退 歌手としての「こだわり」,東スポWeb,2016年11月25日
  55. ^ 紅白歌合戦:EXLIEはATSUSHI米国移住で“断り” 毎日新聞 2016年11月25日
  56. ^ “9月会長定例記者会見要旨” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会広報局, (2016年9月8日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/toptalk/kaichou/k1609.pdf 2016年11月26日閲覧。 
  57. ^ SMAP、紅白出場歌手に入らず NHK、交渉は継続か 朝日新聞,2016年11月24日
  58. ^ SMAP紅白辞退!正式断り、生出演もなく解散へ 日刊スポーツ,2016年12月23日
  59. ^ “SMAP紅白辞退でNHKに手紙/5人コメント全文”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年12月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1755781.html 2016年12月23日閲覧。 
  60. ^ “NHK SMAPの紅白出演交渉を断念「意思を尊重」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年12月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/23/kiji/20161223s00041000230000c.html 2016年12月24日閲覧。 
  61. ^ 女性歌手では和田アキ子と並び最多、紅組歌手では単独最多。
  62. ^ 嵐が初の大トリ 紅組トリは石川さゆり 紅白曲順決定,スポーツニッポン,2016年12月25日
  63. ^ 嵐が初の紅白大トリ 8回目で大役…石川さゆりがトリ,デイリースポーツ,2016年12月25日
  64. ^ 嵐・相葉、史上2人目の司会&大トリ!美空さん以来46年ぶり,デイリースポーツ,2016年12月26日
  65. ^ 「嵐」大トリ有力 紅組トリは坂本冬美&松田聖子ら,スポーツニッポン,2016年11月25日
  66. ^ 紅白大トリは嵐が確実 初出場KinKiはデビュー曲「硝子の少年」歌う,スポーツニッポン,2016年12月20日
  67. ^ 嵐がNHK紅白初の大トリへ 人気、実績十分と判断,日刊スポーツ,2016年12月20日
  68. ^ 嵐、SMAPの“後継者”に!8年連続紅白メドレーで初大トリ有力,サンケイスポーツ,2016年12月20日
  69. ^ 今年の紅白司会、有村架純さんと相葉雅紀さんに,読売新聞,2016年11月12日
  70. ^ NHK紅白司会は嵐・相葉&有村 相葉「本当に悩んだ」有村「恐れ多い」,スポーツニッポン,2016年11月12日
  71. ^ 紅白司会決まった!嵐の相葉雅紀&次期朝ドラのヒロイン有村架純
  72. ^ 相葉 紅白司会決定で嵐メンバーから「ミスもして」,スポーツニッポン,2016年11月13日
  73. ^ 【紅白】嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も,デイリースポーツ,2017年1月1日
  74. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  75. ^ 紅白、有働アナ見送り理由 五輪モードで「切り替え」,デイリースポーツ,2016年11月24日
  76. ^ 武田アナ紅白総合司会、東京五輪へ有働アナから変更,日刊スポーツ,2016年11月25日
  77. ^ 紅白司会の武田アナ、有働アナのサポートに感謝「やらかしたらペチッとやって」,デイリースポーツ,2016年12月28日
  78. ^ 有働アナ 紅白司会“外れ”「ホッと」当日は武田アナを“後方支援” ,スポーツニッポン,2017年1月6日
  79. ^ イノッチ&有働アナ「あさイチ」コンビで紅白司会 総合司会は古舘?
  80. ^ NHK会長 SMAP紅白出場への直談判は「行ってません」
  81. ^ 【紅白司会】「嵐」相葉に決定の真相,東スポWeb,2016年11月15日
  82. ^ 第68回での紅組司会は有村が続投した。
  83. ^ “【紅白】タモリ&マツコ 疲れへたり込む「ポール牧さんはコメントできないわよ!」”. デイリースポーツ. (2016年12月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/31/0009795781.shtml 2017年1月1日閲覧。 
  84. ^ a b ピコ太郎 紅白企画枠で出場決定「ドッキリですよね」,デイリースポーツ,2016年12月22日
  85. ^ 事前番組『Road to 紅白 スペシャル』内でオーディションの模様が放送された。
  86. ^ 紅白楽屋トーク,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  87. ^ AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!|第67回NHK紅白歌合戦
  88. ^ “AKB48「NHK紅白歌合戦」“夢の紅白選抜”中間結果発表<48名メンバー>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月15日). https://mdpr.jp/news/detail/1646377 2017年2月1日閲覧。 
  89. ^ a b “AKB48「夢の紅白選抜」メンバー決定、島崎遥香は最後のステージに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月29日). http://natalie.mu/music/news/215221 2017年2月1日閲覧。 
  90. ^ 岡田隆志 (2016年12月29日). “AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう! 結果”. Google+. 2017年2月1日閲覧。
  91. ^ a b c d “AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位~48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651212 2017年2月1日閲覧。 
  92. ^ 紅白のステージで一緒に踊れる!RADIO FISH 「PERFECT HUMAN」 ダンスオーディション!|第67回NHK紅白歌合戦
  93. ^ 桐谷健太と日本中の皆さんの歌声で一夜限りの『海の声〜みんなの海の声バージョン〜』を届けます!|第67回NHK紅白歌合戦
  94. ^ 紅白にゴジラ"襲来" スペシャル企画を発表,ORICON STYLE,2016年12月22日
  95. ^ a b c “【紅白】ゴジラ襲来で武田アナ"緊迫"の実況 突如「PPAP」ダンスも披露”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/news/2083980/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  96. ^ a b “【紅白】ピコ太郎、第九バージョン「PPAP」を披露”. オリコン. (2016年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2084011/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  97. ^ a b “武田真一アナがまさかのPPAPパロディー 相葉雅紀「後悔してないですよね?」 松田聖子はYOSHIKIと…”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310024-n1.html 2017年1月2日閲覧。 
  98. ^ a b 安藤健二 (2016年12月31日). “X JAPAN、シン・ゴジラを撃退 紅白歌合戦でコラボ”. ハフィントン・ポスト日本版. http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/31/shin-godzilla-kouhaku_n_13910418.html 2017年1月2日閲覧。 
  99. ^ a b c d “武田真一アナがまさかのPPAPパロディー 相葉雅紀「後悔してないですよね?」 松田聖子はYOSHIKIと…”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310024-n2.html 2017年1月2日閲覧。 
  100. ^ “X JAPAN「紅」熱唱でゴジラを止める/紅白”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759567.html 2017年1月2日閲覧。 
  101. ^ “「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る”. スポーツニッポン. (2017年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/02/kiji/20170102s00041000013000c.html 2017年1月2日閲覧。 
  102. ^ “嵐が歌手別最高43.7%、番組最高は結果発表…紅白「毎分視聴率」”. デイリースポーツ. (2017年1月5日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/05/0009803607.shtml 2017年1月6日閲覧。 
  103. ^ “紅白歌手別視聴率、1位は嵐相葉雅紀の「男泣き」”. 日刊スポーツ. (2017年1月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1760971.html 2017年1月5日閲覧。 
  104. ^ a b “影の年間視聴率1位「絶対に笑ってはいけない高瀬アナ」とは?”. デイリースポーツ. (2017年1月6日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/01/06/0009806576.shtml 2017年1月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スマートフォン専用アプリケーション