WAになっておどろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WAになっておどろう 〜イレ アイエ〜
AGHARTA楽曲
リリース 1997年4月
規格 テレビ放送
ジャンル J-POP
作詞者 長万部太郎(本名:角松敏生)
作曲者 長万部太郎(本名:角松敏生)
V6
TOKIO
dream

WAになっておどろう」(わになっておどろう)は、1997年NHKのテレビ番組『みんなのうた』で放送された歌である。

同年5月21日にオリジナルを演奏するAGHARTAからシングルCDが発売された後、7月9日V6の7枚目のシングルとして発売されるなど、多くのアーティストによってカバーされた。

『みんなのうた』での放送[編集]

放送スケジュール[編集]

1997年4月-5月の新曲として放送された。番組での曲名は「WAになっておどろう 〜イレ アイエ〜」。『みんなのうた』初めての、5分間の放送枠を1曲で歌い切る「ロングバージョン」作品である。内幸町時代で1972年6月-7月に放送していた『空に小鳥がいなくなった日』以来25年ぶりである。

放送直後から、NHKには膨大な量のリクエストや問い合わせが殺到した。これに対応して、番組では1997年8月-9月に早速再放送を実施した。『みんなのうた』で、初回放送後2回目のタイミングで再放送を行うのは、リクエストが殺到した時に限られており、極めて珍しい。また、この再放送においては、TVでの再放送枠をこの曲が独占するという、破格の扱いとなった(TVでの再放送がある月としては、この作品が1980年以降唯一の扱い)。

再放送は続く10月-11月にも行われた後、長野オリンピックのマスコットキャラクター・スノーレッツのテーマソングに採用されたことを受けて、オリンピック開催期間中の1998年2月-3月、そして1998年の年末(12月)にも行われた。この時は再びTV再放送枠をこの曲が独占する扱いを受けた。閉会式ではAGHARTAが長大なセッションを披露した。

音源・映像[編集]

演奏はオリジナルのアーティストである「AGHARTA」が担当し、映像はNHKの番組スタッフが製作した(放送映像には製作者クレジットは非表示)、スタジオでの子供たちの踊りに世界各国の民族舞踊などを織り込んだものが使用されている。また、独特のキャラクターが曲に合わせて踊る3DCGを全面的に採用した点も、映像の特徴になっている。

楽曲[編集]

「みんなのうた」1997年8月-9月の番組テキストには、作詞・作曲を担当した長万部太郎のインタビューが、顔写真付きで掲載されている(当時の番組テキストとしては、極めて異例の対応)。このテキストには、作品の公式振り付けも掲載されているが、番組テキストで映像の振り付けが紹介されたのは、この作品が初めて。

それによると、この楽曲ではリズムを重要視して作られたことが伺える。「みんなのうた」という番組の特質にあわせて、子供からお年寄りまで幅広い世代の人々に親しんでもらえるよう、「どんなテンポでも踊れるようにした(テキストから引用)」。ゆったりしたテンポの16ビートをリズムの基礎に据えることで、速い踊り・遅い踊りのどちらでも曲にあわせられるような工夫がなされている。

また、視聴者から質問の多かった、サブタイトルの「イレ アイエ」については、アフリカのヨルバ語で「魂の家」という意味であることを明かしている。また、「それは無理に分からせるものではなく、ふと疑問に思った人が、『イレ アイエって何ですか』、と聞いてくれるだけで意味がある」とも語っている。

AGHARTA版[編集]

ILE AIYE 〜WAになっておどろう〜
AGHARTAシングル
A面 WAになっておどろう 〜イレ アイエ〜
B面 ILE AIYE 〜WAになっておどろう〜
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex ideak
チャート最高順位
AGHARTA シングル 年表
ILE AIYE 〜WAになって踊ろう〜 Yemaya〜何かを見つけよう〜
テンプレートを表示

5月に発売されたAGHARTAのシングルCD(発売元:エイベックス・ディー・ディー、CTDR-29000)では、タイトルが「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」となっている。

収録1曲目に「WAになっておどろう〜イレ アイエ〜」(NHK みんなのうた VERSION)、2曲目に「ILE AIYE〜WAになっておどろう」が収録されており、アレンジが多少異なる。1曲目はテレビ放映用に編集した物で、2曲目が通常のシングル曲である。長野オリンピック閉会式における同大会公式テーマソングとしての演奏や角松(長万部太郎)がステージでAGHARTAとして演奏したものは2曲目のものになる。

  1. WAになっておどろう〜イレ アイエ〜 (NHK みんなのうたヴァージョン)
  2. ILE AIYE〜WAになっておどろう
    • 作詞/作曲:長万部太郎
  3. INSTRUMENTAL ※ CDエクストラ

また、1999年のアルバム「REVENGE OF AGHARTA」(発売元:BMGファンハウス、B00005EIHD)にはライブバージョンさながらにパーカッションを増員し、イントロもライブ版に準じたバージョンが収録されているが、こちらは歌い出し以降の展開がテレビ版とほぼ同じであり、ライブ版に準じたフルサイズバージョンのスタジオ音源は少なくとも公開されていないようである。

V6版[編集]

WAになっておどろう
V6シングル
初出アルバム『NATURE RHYTHM (#1)
Very best (#1)
SUPER Very best (#1)』
B面 WHAT'S COOL?/Coming Century
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1997年7月度月間8位(オリコン)
  • 1997年8月度月間19位(オリコン)
  • 1997年度年間61位(オリコン)
  • 登場回数23回(オリコン)
V6 シングル 年表
本気がいっぱい
1997年
WAになっておどろう
1997年
GENERATION GAP
1997年
テンプレートを表示

V6としては「愛なんだ」、「MUSIC FOR THE PEOPLE」に次ぐ3番目の売り上げである。 坂本昌行森田剛にソロパートがある。

収録曲[編集]

  1. WAになっておどろう
    AGHARTAの「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」をカバーしたものである。
  2. WHAT'S COOL? / Coming Century
    • 作詞:三宅健、作曲:野田浩平、編曲:星野靖彦
  3. WAになっておどろう(カラオケ)
  4. WHAT'S COOL?(カラオケ)

「WAになっておどろう」のバージョン違い[編集]

  • WAになっておどろう(NEW ALBUM MIX)
    作詞・作曲:長万部太郎、編曲:上野圭市
    • 2ndアルバム『NATURE RHYTHM』と、ベストアルバム『Very best』には両方ともアルバムバージョンが収録された。以降、ライブでもこの「NEW ALBUM MIX」が使用され、2015年、2016年の紅白で使用されたのもこのバージョン。
      3枚目のベストアルバム『SUPER Very best』には(NEW ALBUM MIX)をベースにアレンジされた新録バージョン(SVb Version)が収録されており、2017年現在、シングルバージョンはアルバム未収録。
  • WAになっておどろう(A LIGHT ANGLE MIX)
    作詞/作曲:長万部太郎、編曲:CHOKKAKU
  • WAになっておどろう(FUNK DA SESAME MIX)
    作詞/作曲:長万部太郎、編曲:CMJK
  • WAになっておどろう(ULTIMATE MIX)
    作詞/作曲:長万部太郎、編曲:星野靖彦
    • 以上の3バージョン(A LIGHT ANGLE MIX~ULTIMATE MIX)は、Coming Centuryのビデオ『SKY』と、20th Centuryのアルバム『ROAD』を同時購入し、ビデオとアルバムそれぞれに封入されている応募券を1組にして応募すると、抽選でプレゼントされたCDシングル(CDケースは、キーホルダー型の特殊ケース)に収録された。(品番は、AVCS-10083)

ひまわりキッズ版[編集]

WAになっておどろう〜ILE AIYE〜キッズ・バージョン
ひまわりキッズシングル
B面 チュンチュンワールド 〜おげんきたいそう
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キングレコード
テンプレートを表示

9月にひまわりキッズがカバーしたものがCDシングルとして発売された。タイトルは「WAになっておどろう〜ILE AIYE〜キッズ・バージョン」である。

この音源はキングレコードから発売される童謡集アルバムに収録されることがある。

  1. WAになっておどろう〜ILE AIYE〜キッズ・バージョン
    AGHARTAの「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」をカバーしたものである。
  2. チュンチュンワールド 〜おげんきたいそう / 大和田りつこたいらいさお岡崎裕美柳田ヒロ、タンポポ児童合唱団
    • 作詞:森有栖香、作曲:赤坂東児

その他のカバー[編集]

シングルとして発売されたもの以外にも、CD等では以下のアーティストらによって歌われている。

  • 児玉国弘(日本コロムビア版カバー音源。タイトルは「WAになっておどろう 〜イレ アイエ〜」。日本コロムビアから発売された『みんなのうた』関連のアルバムに収録。例としては1999年発売の『NHKみんなのうたベスト WAになっておどろう 〜イレ アイエ〜/小さな木の実』など)
  • TOKIO(2004年9月1日発売のジャニーズ歴代ヒット曲のカバーアルバム『TOK10』でカバー。タイトルは「WAになって踊ろう」。V6のカバーであるため、「カバー曲のカバー」である。オリジナルを歌った角松敏生がコーラスとギターで参加している)
  • dream2004年12月8日発売のカバーアルバム『dream meets Best Hits avex』でカバー。タイトルは「ILE AIYE〜WAになって踊ろう〜」)
  • ROCO2012年発売『こどもじゃず その5』収録。タイトルは「WAになっておどろう」)
  • MAY'S2014年発売『VIVA!!! SUMMER COVERS 〜Dancin' In The Round〜』収録。タイトルは「WAになっておどろう 〜ILE AIYE〜 feat. Fatman Scoop, ハーフ芸人オールスターズ」。作曲者である角松敏生本人とも親交の深いMAY'Sによるカバー。"日本のブラジル"と言われている群馬県大泉町を舞台に、町長や町民も参加した「町おこしMusic Video」が制作された。)

CMへの起用[編集]

2010年4月28日から2011年4月11日まで、トヨタ・ノアのCM「カピバラの家族観察篇」「忘れモノ篇」にカバーが使われた[1]。タイトルは「WAになって踊ろう」である。歌手は非公開、演奏は「デイブレイク」とされているが詳細は公開されていない。

出典[編集]

外部リンク[編集]