東京タワー (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京タワー
著者 江國香織
発行日 2001年12月7日
発行元 マガジンハウス
ジャンル 長編小説
恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 297
公式サイト magazineworld.jp
コード ISBN 978-4-8387-1317-2
ISBN 978-4-10-133921-4文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

東京タワー』(とうきょうタワー)は、江國香織による長編恋愛小説。文芸誌『鳩よ!』(マガジンハウス)に1999年11月から2001年8月に連載、マガジンハウスより2001年12月7日に刊行された。新潮文庫より2006年3月1日に文庫化されている。

黒木瞳岡田准一主演で映画化され、2005年1月に公開された[1]。また2014年には韓国で、本作を原案として『密会』(原題:밀회)のタイトルでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書籍情報[編集]

オトバンクのFeBe!で分冊でオーディオブックとして配信されている。

映画[編集]

東京タワー
tokyo tower
監督 源孝志
脚本 中園ミホ
源孝志
原作 江國香織
製作 佐藤敦(企画・プロデュース)
製作総指揮 平井文宏
出演者 黒木瞳
岡田准一
松本潤
寺島しのぶ
宮迫博之
平山あや
加藤ローサ
半田健人
ミレーヌ・ドモンジョ
余貴美子
岸谷五朗
音楽 溝口肇
主題歌 山下達郎FOREVER MINE
ノラ・ジョーンズ 「スリープレスナイト」
撮影 袴一喜
編集 日下部元孝
制作会社 「東京タワー」製作委員会
日本テレビ放送網
電通
J Storm
日本出版販売
バップ
TOKYO FM
アバンティコミュニケーションズ
製作会社 日本テレビ
日本テレビオリジナルムービー
配給 東宝
公開 日本の旗 2005年1月15日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 16.3億 [2]
テンプレートを表示

日本テレビの製作により黒木瞳岡田准一主演で映画化され、東宝配給により2005年1月15日に公開された。源孝志の映画初監督作品となる。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

受賞歴(映画)[編集]

関連商品[編集]

サウンドトラック
  • 溝口肇 映画「東京タワー」オリジナル・サウンドトラック「tokyo tower o.s.t」(2004年12月22日、バップ、VPCD-81498)
VHS
  • 東京タワー(2005年7月21日、バップ、VPVT-68463)
DVD
  • 東京タワー(2005年7月21日、バップ、VPBT-12330)
  • 東京タワー プレミアム・エディション(2005年7月21日、バップ、VPBT-12331)

主題・挿入歌[編集]

韓国ドラマ[編集]

密会
各種表記
ハングル 밀회
漢字 密會
発音 ミルェ
日本語読み: みっかい
ローマ字 Milhoe
題: Secret Love Affair
テンプレートを表示

密会』(原題:밀회)のタイトルでドラマ化され、JTBC月火ドラマで、2014年3月17日から全16話が放送された。JTBC歴代ドラマの中で6.6%という最高視聴率を記録した[4]

韓国版あらすじ[編集]

キャスト(韓国ドラマ)[編集]

スタッフ(韓国ドラマ)[編集]

  • 演出 - アン・パンソク
  • 脚本 - チョン・ソンジュ
  • 音楽監督 - イ・ナミョン

受賞歴(韓国ドラマ)[編集]

  • 第9回ソウルドラマアワード 長編ドラマ部門 女性演技賞 キム・ヒエ
  • 第50回百想芸術大賞 TV部門 脚本賞 チョン・ソンジュ、演出賞 アン・パンソク
  • 第50回百想芸術大賞 LFファッショニスタ賞 キム・ヒエ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “純粋で野蛮な映画「東京タワー」完成記者会見”. 映画.com. (2004年11月24日). https://eiga.com/news/20041124/17/ 2018年5月24日閲覧。 
  2. ^ 2005年(平成17年)興収10億以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2006年). 2014年10月15日閲覧。
  3. ^ 主題歌を担当した山下は、原作・映画台本を読みこみ、完成フィルムをチェックした上で曲制作に臨んだが、映画の結末が原作小説と異なるハッピーエンドである事に違和感を覚え、異議を唱えたくなり、不倫関係にある男女が常に心に抱えている「死のメタファー(隠喩・暗喩)」についての歌にしたとのこと(ベストアルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』解説文)。映画ではそのまま採用されたが、この曲のPVの監督を担当した丹下紘希はこの曲の真の意味を見抜いていたという。
  4. ^ 密会”. eico. ゲオ. 2015年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]