血は立ったまま眠っている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

血は立ったまま眠っている』は寺山修司が23歳のときに書いた戯曲である。1960年、「文学界」に発表された。「一本の木にも流れている血がある そこでは血は立ったまま眠っている」という寺山自身のから生まれたものである。(寺山はこの作品を「処女戯曲」と読んでいるが、実際には1956年に『忘れた領分』という劇を書いている)

安保闘争の時代背景の中、兄弟の如く寄り添う若きテロリスト二人を筆頭に、若者たちの心の葛藤や怒りを生き生きと描いている。

舞台[編集]

2010年1月上演時のキャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 協力:九条今日子/テラヤマ・ワールド

参考文献[編集]