INCARNATIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INCARNATIO
角松敏生スタジオ・アルバム
リリース
録音 WESTSIDE STUDIO [Tokyo]
WARNER MUSIC RECORDING STUDIO [Tokyo]
PARADISE STUDIO KOMAZAWA [Tokyo]
CRESCENTE STUDIO [Tokyo]
AJIMA STUDIO [Okinawa]
CHIKAR STUDIO [Asahikawa]
ジャンル 邦楽
ロック
ポップス
AOR
時間
レーベル IDEAK ⁄ BMG FUNHOUSE
CD:BVCR-11044
プロデュース 角松敏生
チャート最高順位
角松敏生 アルバム 年表
1988-1993
2000年
INCARNATIO
2002年
Summer 4 Rhythm
2003年
EANコード
ASIN B00006JLC1
JAN 4988017612149
『INCANATIO』収録のシングル
テンプレートを表示

INCARNATIO』(インカナティオ)は、2002年10月30日に発売された角松敏生通算14作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

下地暁による沖縄の三線(サンシン)、OKIによるアイヌの弦楽器トンコリやコーラスにも沖縄やアイヌの要素を、さらにこの年の5月まで鼓童に所属していた内藤哲郎による和太鼓、佐藤英史による篠笛と、まさに日本を代表する3つの伝統音楽を取り込んだアルバムである。大和、琉球、アイヌのそれぞれの文化の「日本の伝統」としての共通項に気付いた角松の、この3つの音楽を合わせて合わないはずがない、と言う思いから生まれたアルバムである。

ジャケットのイラストは見開きになっているが、角松は“飾っておきたいくらい綺麗”なアートワークにしたかったという。そして、自分と同じように縄文文化に興味を持っていた若いグラフィックアーティストに出会えたので、彼に本作のコンセプトを話して曲を聴いてもらい“色鮮やかな、神々しい絵にして欲しい”と伝えた結果、本作のアートワークが出来上がったという。

初回限定デジパック仕様。一部店舗では予約先着購入特典として『INCARNATIONスペシャルブックレット』が付いた。

収録曲[編集]

  1. INASA - (1:26)[1]
    角松敏生 作曲・編曲
    INASAとは出雲大社そばの稲佐の浜のこと。
  2. IZUMO - (4:02)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  3. Prelude #1 - (1:34)[1]
    OKI 作曲、角松敏生 編曲
  4. 風車 - (4:35)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  5. Dawn - (5:05)[1]
    角松敏生 作詞、鹿田川見 作曲、角松敏生 編曲
  6. マレビトの浜 -Let's find out- - (5:30)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  7. 常世へ続く川 - (6:29)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  8. アマヌサの海 - (6:18)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  9. AIJIN - (5:40)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
    AIJINとは“愛人”のこと。角松は「30歳も過ぎて酸いも甘いも、それこそ離婚とか経験した後の恋愛関係って、恋人っていうより愛人って言ったほうが美しい気がするのね。日本人は不倫関係に限定してしまう傾向があるけど、僕は、それは単に“愛する人”のことであり、そこには約束事も何も無い本来的なもの。いつ別れが訪れてしまうか分からないけれど、今、一番そばにいたいというかね」と答えている。
  10. Ways - (4:11)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  11. Gazer - (5:22)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  12. Prelude #2 - (1:45)[1]
    OKI 作曲、角松敏生 編曲
  13. 八月踊りの島 - (5:46)[1]
    角松敏生 作詞、鹿田川見 作曲、角松敏生 編曲
  14. 鎮魂の夜 - (4:55)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  15. 太陽と海と月 - (4:54)[1]
    角松敏生 作詞、鹿田川見 作曲、角松敏生 編曲
    曲名の読みは「ティダ(琉球語で「太陽」の意)とアドイ(アイヌ語で「海」の意)と「つき」(日本語)」であり、アイヌ、日本、沖縄の3要素を取り込んだ本作を象徴する一曲である。
  16. Always Be With You (album version) - (6:57)[1]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲

クレジット[編集]

スタッフ[編集]

  • PRODUCED by TOSHIKI KADOMATSU
  • Directed by Tetsuo KOKUBU (BEANS), Kunio KOGA (BEANS)
  • A&R : Ryuichi KASHIWAGI (BMG FUNHOUSE), Yutaka SAKAE (BMG FUNHOUSE)


  • Mixed by Goh HOTODA, Yasuo MATSUMOTO, Eiji UCHINUMA
  • Recorded by Shinichi KAWASUMI (MIXER'S LAB)
  • AssistanT Engineers :
    • (MIXER'S LAB) Hiroyuki SUKANO, Takashi SHINBORI, Rie YOSHIDA, Hiroshi YOKOTE, Katsuyuki ABE, Chinatsu KOIZUMI, Haruna TAKAHASHI
    • (CRESCENT STUDIO) Kentaro KIKUCHI
  • Mastered by Ted JENSEN (STERLING SOUND DISK MASTERING)
  • Mixed at WESTSIDE STUDIO [Tokyo], WARNER MUSIC RECORDING STUDIO [Tokyo]
  • Recorded at WESTSIDE STUDIO [Tokyo], WARNER MUSIC RECORDING STUDIO [Tokyo], PARADISE STUDIO KOMAZAWA [Tokyo], CRESCENTE STUDIO [Tokyo], AJIMA STUDIO [Okinawa], CHIKAR STUDIO [Asahikawa]
  • Mastered at STERLING SOUND DISK MASTERING [New York]
  • New York Mastering Co-ordination : Yuuko HONDA (FOURTH DIMENTION PRODUCTIONS)
  • Studio Management : Koji KIKKAWA (MIXER'S LAB)
  • Equipment Management : Hiroshi YAMADA (BEANS)
  • Equipment Technician : Masazumi NAKAYAMA
  • Production Desk : Akiko SUNADOI (EMERALD SPLASH), Kyoko SUGIURA (EMERALD SPLASH), Yukiko SUGIURA (EMERALD SPLASH), Masaki YOSHIZAWA (EMERALD SPLASH)


  • Promotion Chief : Yoshinori MORINAGA (BMG FUNHOUSE)
  • Area Promoter Chief : Kimio “gandhi” SATO (BMG FUNHOUSE)
  • Sales Promoter : Yoshinori OHTA (BMG FUNHOUSE)
  • Supervisor : Hideo TASHIRO (BMG FUNHOUSE), Hiromi YOSHIZAWA (BMG FUNHOUSE)


  • Art Direction & Design : Manabu KOYAMA (Swingarm)
  • Illustration : Tetsuya NAGATO
  • Photography : Gen MURAKOSHI (G.M.R)
  • Styling : Yohko TANAKA
  • Hair & Make-up : Yasusuke IIZUKA (HAIR DIMENTION)
  • Creative Co-ordination : Norihiko “anthony” NISHIKAWA (BMG FUNHOUSE)


  • Masato HONDA appears courtesy of Victor Entertainment,Inc
  • Yoichi MURATA appears courtesy of Victor Entertainment,Inc
  • Fumiaki MIYAMOTO appears courtesy of Sony Music Japan International Inc

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 角松敏生/インカナティオ”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]

SonyMusic