岡部洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡部 洋一[1](おかべ よういち[2]1943年8月13日[3] - )は、日本の工学者。前放送大学学長東京大学名誉教授[4]放送大学名誉教授[5]。専門は、超伝導エレクトロニクス、生体磁気、ニューラルネットワークス[6]工学博士(1972年)[7]東京都生まれ[8]

東京大学先端科学技術研究センターセンター長、東京大学情報基盤センター長放送大学教授/副学長を歴任。2011年5月から放送大学学長を歴任した。現在放送大学客員教授

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

兼職[編集]

IBM Watson研究所San Jose研究所)外国人研究員、南京大学客員教授などを歴任。

活動[編集]

先端研センター長時代はCASTI(現東大TLO)やインキュベータASTEC(先端科学技術エンタープライズ)の立ち上げ、バリアフリー分野の新設などを行った。

家族[編集]

家系に工学者が多い。

受賞[編集]

社会的活動[編集]

研究分野[編集]

  • ブレインコンピュータ、特に、中庸主義に基づく神経回路網の自己組織化
  • 生体磁場、特に、逆問題解析
  • 超伝導エレクトロニクス、特に、単一磁束量子論理回路

著書[編集]

共編著[編集]

  • 計算機センタ利用入門 TSS端末を中心として 吉沢昭宣共編 東京大学出版会 1983.6
  • オブジェクト指向言語C++入門 Cとの違いを徹底追求 櫻井由樹子共著 丸善 2000.10

趣味[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ株式会社編『新訂 現代日本人名録2002 1.あーかと』、日外アソシエーツ株式会社、2002年1月28日、1569頁
  2. ^ 前掲書『新訂 現代日本人名録2002 1.あーかと』
  3. ^ 前掲書『新訂 現代日本人名録2002 1.あーかと』
  4. ^ 『読売新聞』朝刊、読売新聞大阪本社、2016年4月8日、14面
  5. ^ 放送大学 授業科目案内の担当講師肩書き
  6. ^ 前掲書『読売新聞』朝刊、2016年4月8日
  7. ^ 前掲書『読売新聞』朝刊、2016年4月8日
  8. ^ 前掲書『読売新聞』朝刊、2016年4月8日


外部リンク[編集]