青木智仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青木 智仁
出生名 青木 智仁
生誕 1957年6月12日
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県藤沢市
死没 (2006-06-12) 2006年6月12日(49歳没)
ジャンル J-POP,フュージョン
職業 ベーシスト
担当楽器 エレクトリックベース
活動期間 1976年 - 2006年
共同作業者 角松敏生
近藤房之助
DIMENSION
宮崎隆睦
著名使用楽器
ATELIER Z M#245(4弦)
ATELIER Z M#265(5弦)

青木 智仁(あおき ともひと、Aoki Tomohito、1957年6月12日 - 2006年6月12日)は、日本ベーシスト神奈川県藤沢市出身。血液型O型。

来歴[編集]

14歳でギター、16歳でベースを手にする。美術学校在学中の19歳の時にYAMAHAベイエリアスペシャルコンテストでベストベーシスト賞を受賞。その後プロとして活動を始める。様々なアーティストのサポート、またスタジオミュージシャンとして多くのレコーディングに参加する。

角松敏生のプロジェクトでは、1982年からツアーはもとよりほとんどのアルバムに参加している。また、1993年から5年間、渡辺貞夫グループに参加。全米、カナダ、東南アジア、ブラジルなどのツアーに同行する。また、本田雅人バンドのベーシストでもあった。

1989年には1stソロアルバム『DOUBLE FACE』(BMGビクター)を発表。2000年に11年振りのソロアルバムとなる『EXPERIENCE』(ビクターエンタテインメント)をリリース。その年の『ADLIB』誌のベストフュージョンアルバムに選ばれる。その『ADLIB』誌の人気投票においては2005年度に1位(ベーシスト部門)を獲得している。

2006年6月12日、急性心不全のため死去、奇しくもこの日は49歳の誕生日だった。

角松は、青木の死去により『LEGACY OF YOU』以来計画していた自身のインストゥルメンタルアルバム第3弾の製作を封印する事にしたと雑誌『ADLIB』の青木智仁追悼企画でのインタビューで語っている。

人物[編集]

  • 謙虚で人柄が良くひょうきんでもあり、言葉遣いも丁寧で、かつ演奏に対して手を抜かず低音でミュージシャン達を支え続け、ベーシストとしてだけでなく人格者としても多くのミュージシャンから慕われていた。
  • 愛器はATELIER Z製のシグネイチャー・モデル、M#245(4弦)・M#265(5弦)ハートキー・ベースアンプ。

活動史[編集]

  • 2002年本田雅人塩谷哲沼澤尚とフォー・オブ・ア・カインド結成。グループ名のアルバムをリリース。2006年までに2枚のオリジナルアルバムをリリースしている。
  • 2006年5月23日、東京都目黒区のブルース・アレイ・ジャパンにて新生・青木バンドのライブを行った。
  • 亡くなって12日後の2006年6月24日に横浜アリーナで行われた角松敏生のデビュー25周年ライブでは、過去のライブで演奏された音源を使用し、メンバー紹介も角松敏生より『He is on bass Aoki Tomohito』と紹介される。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

ソロ・アルバム[編集]

レコーディング参加作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]