DOUBLE FACE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DOUBLE FACE
青木智仁スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フュージョン
レーベル BMGビクター
プロデュース 青木智仁
角松敏生
青木智仁 アルバム 年表
DOUBLE FACE
(1989年)
EXPERIENCE
(2000年)
テンプレートを表示

DOUBLE FACE』(ダブル・フェイス)は、青木智仁の1枚目のアルバム。

解説[編集]

11曲中4曲は自作曲である。ビートルズのカバー曲「With A Little Help From My Friends」は本来のベースのパートが無い一方、共同プロデュースを担当した角松敏生と共にボーカルを担当している。

批評[編集]

『CDジャーナル』は「持ち前のサービス精神を発揮して、ウェザー・リポート風からアール・クルー風、日本のティンパンのカヴァーまで憧れの人々の面影を追う器用貧乏(?)な熱演集」と評した[1]

曲目[編集]

  1. Triboro Bridge〜Memories of M. K.〜
    作曲・編曲:角松敏生
  2. Mr. J.F.P
    作曲:青木智仁 編曲:小倉泰治
  3. Forgive Me
    作曲・編曲:青木智仁
  4. Don't Ever Hurt Me
    作詞:Mike Dunn 作曲:青木智仁 編曲:林有三
  5. Linda
    作曲・編曲:浅野祥之梶原順
  6. Amboseil
    作曲・編曲:村上秀一水野正敏
  7. Risa
    作曲:青木智仁 編曲:幾見雅博
  8. 砂の女(原曲:鈴木茂
    作詞:松本隆 作曲:鈴木茂 編曲:角松敏生
  9. Manhattan Love Affair
    作曲・編曲:角松敏生
  10. With A Little Help From My Friends(原曲:ビートルズ
    作詞・作曲:John LENNONPaul McCARTNY 編曲:角松敏生
  11. Risa Riprise
    作曲:青木智仁 編曲:角松敏生

レコーディング・ミュージシャン[編集]

  • 青木智仁 - ベース(#1 - 9, 11)、ボーカル(#10)、ボイス(#3)
    • 浅野祥之 - ギター(#4, 5, 8)、コーラス(#10)
    • 梶原順 - ギター(#3, 5)、コーラス(#10)
    • 角松敏生 - ギター(#1, 9)、キーボード・シンセサイザー・プログラミング(#1, 8 - 11)、ゲストボーカル(#8, 10)
    • 今剛 - ギター(#1)
    • 鈴木茂 - ギター(#8)
    • 松原正樹 - ギター(#5)
    • 小林信吾 - キーボード(#1, 3, 5)1、シンセサイザー(#9)
    • 島健 - キーボード(#2, 7)
    • 難波正司 - キーボード(#5)
    • 石川雅春 - ドラム(#4)、コーラス(#10)
    • 渡嘉敷祐一 - ドラム(#3)
    • 村上秀一 - ドラム(#2, 5, 6)
    • 斎藤ノブ - パーカッション(#3, 5, 9)
    • 小池修 - サックス(#1, 2, 4, 9)、フルート(#1)、コーラス(#10)
    • 平原まこと - サックス(#2, 4)
    • 本田雅人 - サックス(#3)
    • 数原晋 - トランペット(#2, 4, 10)
    • 八木のぶお - ハーモニカ(#7)
    • 岡沢章 - ゲストボーカル(#4)

脚注[編集]

  1. ^ DOUBLE FACE CDジャーナル