志庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲葉浩志 > 志庵
志庵
稲葉浩志スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ロック
フォークロック
ハードロック
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 稲葉浩志
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2002年度年間39位(オリコン)
稲葉浩志 アルバム 年表
マグマ
1997年
志庵
(2002年)
Peace Of Mind
2004年
ミュージックビデオ
「O.NO.RE」 - YouTube
「Touch」 - YouTube
「ファミレス午前3時」 - YouTube
テンプレートを表示

志庵』(しあん)は、稲葉浩志の2枚目のオリジナル・アルバム2002年10月9日VERMILLION RECORDSから発売された。アルバム未収録のシングル曲は「遠くまで」。

内容[編集]

アルバムタイトル『志庵』とは、稲葉のプライベートスタジオの名前で、レコーディングも同スタジオで行なわれた。本作に収録されている楽曲のうち10曲で、稲葉自身がギターを演奏している[1]。また前作と同じく、シングル曲は収録されていない。

本作について稲葉は「『マグマ』は数直線上でいうところのマイナスから吐き出す感じだった。『遠くまで』をおいてようやくニュートラルな位置にこれた。」と語っている[2]。なお、「別冊カドカワ」にて、森雪之丞がこのアルバムを絶賛し、「自分の言葉の伝え方が本当にうまい」と評した。

ブックレットは、各曲ごとに歌詞が記されたタトゥーが稲葉の身体に貼り付けられた写真の横に参加ミュージシャンが表記されている構成で、これとは別に歌詞カードが付属されている。

収録曲[編集]

  1. O.NO.RE(3:50)
    ブルースハープから始まる楽曲で、歌詞に稲葉の出身地である岡山弁が使われている。
    スタジオでギターを弾きながら作った。アレンジというアレンジはしていない曲で、ダイナミックな感じを出したかったという。
    ミュージック・ビデオは上半身になって歌っているもので、ブックレット同様に背中に歌詞のタトゥーが貼られている。
  2. LOVE LETTER(4:06)
    歌詞は稲葉の兄に向けて書くようなつもりで書かれた[3]。1stシングル「遠くまで」の制作時と同時期に作られた楽曲で、本作への収録にあたり歌詞やアレンジが変更された[4]。アレンジのポイントについて問われた際に稲葉は「優しい部分(メロ)から激しい部分(サビ)への変わり目」と語っている。
  3. Touch(4:34)
    ピアノのリフから作られた3連ワルツの楽曲[5]
    発売後、文化放送の『LIPS PARTY 21.jp』のエンディングに採用された。
    制作当初はギターが入っていたが、アコースティック・ベースの音色が良かったためにカットしたという[3]
  4. TRASH(3:30)
    間奏はスカイセンサーによるもので、稲葉は「これに合わせてメロディを作ったら難しかった」と語っている[5]
  5. Overture(4:20)
    元々はピアノの伴奏と歌のみのデモ音源がかなり前から存在したとのこと[6]
    発売から約1か月後、日本テレビ系『名探偵コナン』エンディング(期間:2002年11月18日 - 2003年1月20日)のタイアップがつき、『THE BEST OF DETECTIVE CONAN 2 〜名探偵コナン テーマ曲集2〜』にも収録されている。
  6. GO(4:46)
    ギターにワウがかかっているが、オートワウではなく、ワウペダルを踏んでいる。また、稲葉によるギターソロが聞ける。
    タイトルと曲調に関して、稲葉曰く「切ない"GO"かな?」[3]
    Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜』にて初演奏となった。
  7. ファミレス午前3時(3:28)
    アコースティック・ギター弾き語り主体の楽曲。
    稲葉浩志曰く午前3時とは「夜と朝が交わりあう時間」[5]。当初は「午前3時」ではなく「午前4時」だった。
  8. あなたを呼ぶ声は風にさらわれて(3:54)
    稲葉が最初にギターを演奏した曲[3][5]
  9. Here I am!!(4:14)
    ギターリフで制作された楽曲[5]
  10. (4:11)
    アルバム制作において最初にできた曲[7]。この曲のみ寺島がギターを弾いている。
  11. Sẽno de Revolution(3:36)
    最後に制作された[3]
  12. とどきますように(4:04)
    稲葉は「注意深くいられるように」という歌詞が気に入っている[3]
    前2曲と同じくフェードアウトで終了し、エンディングが次に続いていくような感じを出すためにラストに持ってきたという[6]

タイアップ[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、218頁。
  2. ^ WHAT's IN? 2003年6月号
  3. ^ a b c d e f 「be with!」Vol.55より。
  4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、250頁。
  5. ^ a b c d e 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、167頁。
  6. ^ a b 佐伯明著「ウルトラクロニクル」より。
  7. ^ Music Freak Magazine2002年10月号』エムアールエム発行
テレビアニメ名探偵コナンエンディングテーマ
2002年11月18日 - 2003年1月20日
前作:
上原あずみ
無色
稲葉浩志
Overture
次作:
ZARD
明日を夢見て