タイムライン (dpsの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイムライン
dpsシングル
B面 さよなら愛しい日々よ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
アニメソング
レーベル GIZA studio
作詞・作曲 安井剛志(作詞)
川村篤史(作曲)
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
dps シングル 年表
タイムライン
(2018年)
カミカゼ
2019年
テンプレートを表示

タイムライン」は、日本ロックバンドdpsの1作目のシングル2018年11月7日に発売された。

概要[編集]

GIZA studioへの移籍後初の作品であり、メジャーデビューシングル。また初の全国流通盤でもある。

初回限定盤と名探偵コナン盤、通常盤の3形態で発売された。初回限定盤のCDジャケットフォトブック仕様パッケージで、名探偵コナン盤は描き下ろしアニメ絵柄ジャケットとなっている。また、収録曲が異なっている。

収録曲[編集]

  1. タイムライン
    作詞 - 安井剛志 / 作曲 - 川村篤史 / 編曲 - 森丘直樹
    メッセージ性の強い、疾走感溢れるハードロックナンバー。
    読売テレビ日本テレビアニメ名探偵コナン』のオープニングテーマに起用された[1][2]。制作した数曲のなかでタイアップ先の制作サイドが気に入ってオープニングに選ばれた。
    歌詞は当初、安井が被害を受けた実体験による歩きスマホをテーマに世界情勢をはらんだ内容だったが、アニメのストーリーや世界観に寄り添わせて一部は書き換えられている[3]
    楽曲としては川村が音楽プロデューサー長戸大幸から吉田拓郎の魅力を教授され頂いたという『たくろうLIVE'73』からインスピレーションを受けている。マイナー・コードフォークを意識してアコースティック・ギターで制作された[3]
  2. さよなら愛しい日々よ
    作詞 - 安井剛志 / 作曲 - 川村篤史 / 編曲 - 森丘直樹
    2018年現在、dps史上最速のテンポで繰り出されるヘヴィメタル色の強い楽曲。2018年9月17日堂島リバーフォーラムで開催された『DFT presents 音都 ON TO 〜NEO ROCK from KANSAI〜』の1曲目で初披露された[3][注 1]
    歌詞のイメージは失恋だが、周りの目を気にせず前向きにいこうというメッセージが込められている[3]
  3. タイムライン (Instrumental)
    作曲 - 川村篤史 / 編曲 - 森丘直樹
    表題曲のインストゥルメンタル。初回限定盤と通常盤のみ収録されている。
  4. タイムライン (TV Edit)
    作詞 - 安井剛志 / 作曲 - 川村篤史 / 編曲 - 森丘直樹
    表題曲のタイアップ先で使用されたバージョン。名探偵コナン盤のみ収録された。

参加ミュージシャン[編集]

タイアップ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出典では9月15日と記述されているが、同じ記事内でも冒頭では正確に17日と記述されているため、誤植と思われる。

出典[編集]

テレビアニメ名探偵コナンオープニングテーマ
2018年10月6日 - 12月29日
前作:
NormCore
カウントダウン
dps
タイムライン
次作:
倉木麻衣
薔薇色の人生