えくすかりばあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

えくすかりばあ』は、青山剛昌が1988年に発表した漫画作品。『青山剛昌短編集』に収録されている。

概要[編集]

週刊少年サンデー昭和63年8月増刊号に全28ページが掲載された。『4番サード』の原型と言われる。

野球少年団に所属する少女・美苗は試合中、なぜかグラウンドに埋まっているバットを見つける。これを抜けばすごい力がつくと思った美苗は、バットを引っ張り始める。それを見かねたメンバーも、バット抜きに協力し始める。

アーサー王伝説」のエクスカリバーおよび石に刺さった剣をモチーフとしている[1]

OVA『名探偵コナン えくすかりばあの奇跡』[編集]

2012年に、名探偵コナンの応募者全員サービスのOVA作品としてOVA化。

原作は『えくすかりばあ』だが、本作は、コナンの登場人物を加えたオリジナルストーリーになっている。

登場人物[編集]

名探偵コナン[編集]

えくすかりばあ[編集]

エンディングテーマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エクスカリバーと石に刺さった剣の関係性については、エクスカリバー#エクスカリバーと石に刺さった剣を参照。

関連項目[編集]