ビッグオーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビッグオーダー
ジャンル ロー・ファンタジーサスペンス
漫画
作者 えすのサカエ
出版社 角川書店
掲載誌 月刊少年エース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2011年11月号 - 2016年9月号
巻数 全10巻
その他 2016年10月号にエピローグ掲載
アニメ
原作 えすのサカエ
監督 鎌仲史陽
シリーズ構成 高山カツヒコ
脚本 高山カツヒコ
キャラクターデザイン 小島智加
音楽 Evan Call
アニメーション制作 アスリード
製作 ビッグオーダー製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2016年4月 - 6月
話数 全10話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ビッグオーダー』は、えすのサカエによる日本漫画。『月刊少年エース』(角川書店)にて2011年11月号から連載開始。作風としては前作『未来日記』の系統を継承した少年漫画。異次元から現れた謎の存在によって力を得た超能力者の戦いを描いている。第1巻から第6巻までが第一部にあたり、第二部は2014年10月号から2016年9月号まで連載。2016年10月号に、エピローグが掲載された。

2015年10月にOVA化された後、同じスタッフ・担当声優でテレビアニメが2016年4月より6月まで放送された。

あらすじ[編集]

これは世界の滅亡からはじまる物語。

天草市の男子高校生・星宮エイジには、ある秘密があった。それは10年前、謎の少女・DAISYに世界支配を願ったことで最強の能力者(オーダー)となり、その力を暴走させて世界を滅亡寸前にまで追い込んでしまったのである。大破壊で両親を失ったエイジは能力と正体を隠して普通の生活を送りながら、不治の病にかかっている妹・瀬奈への見舞いを日課としていた。大破壊後、世界に能力者は2000人以上にまで増え、各地で災いをもたらしていた。特に被害の酷かった日本は独自の統治能力を喪失したため、国連暫定統治機構によって支配されており、九州は暫定統治機構の支部である太宰府政庁とその軍隊によって、治安を維持されていた。

そんなある日、高校に転校してきた美少女・紅鈴に、エイジは一目惚れをしてしまう。住むアパートが一緒であるとわかり幸運に思ったのも束の間、不意を突かれてエイジは鈴に刺殺されそうになる。鈴は太宰府政庁所属の軍人にして不死の力を持つ能力者であり、大破壊で死んだ両親の仇を討つため、エイジを狙っていたのである。

戦いの中、かつて自分が「世界支配」を望んだのは世界を破壊するためではなく、平和にするためであったことを思い出したエイジは、決意を新たに再び「世界支配」を成功させて世界を革新させることを宣言する。

エイジは手始めにその能力で鈴を支配し、「エイジの領土から一生出ないこと」「エイジとその妹を傷つけないこと」を約束させるが、もののはずみで「鈴を伴侶にする」という命令も下してしまう。うろたえるエイジとは裏腹に、鈴は「エイジの側にいればいつかは彼を始末できる」と喜ぶ。はたして世界は、そして2人の運命はどうなるのか。

登場人物[編集]

声優はアニメのもの。

主要人物[編集]

星宮 エイジ(ほしみや エイジ)
声 - 森田成一、三上枝織(幼少期)
本作の主人公九州地区天草市の高校に通う男子高校生。10年前に「世界支配」を望み、世界を崩壊の一歩手前にまで追い込んだ。
10年前までは、テレビ番組の主人公であるダイアクジャーに憧れていた。ダイアクジャーは世界支配を目的とし、そのために巨悪として追われるが、彼の本当の目的は世界の統一による平和だったため、自身がダイアクジャーのようになることを願ったが、力を暴走させて世界を破壊し、両親も死なせてしまった。その後、ショックによって自分が願ったのが「世界の滅亡」であったと勘違いし、やる気のない高校生活を送っており、余命半年と宣告された妹の瀬奈が逝去するまで、凡庸な兄を演じられればよいと考えていた。だが、自分を仇と狙う鈴との戦いの最中、願いが平和のための「世界支配」であったことを思い出し、再度世界の支配を宣言する。その後は、妹の救命と世界の支配を遂げるため、果敢な性格となる。
能力者による新世界確立を目論む太宰府政庁の十人衆によって、九州独立戦争のリーダーに無理矢理指名されてしまう。「世界支配」という目的を共有すること、妹が政庁のフラン中尉によって延命されていることから、渋々この指名を受け入れ、十人衆を支配下に置いて、まずは山口県侵攻による本土上陸を目指すことになった。
アニメ版では、ゲートから神が出現。デイジーの協力により、本領発揮のオーダーでゲートを閉じると同時に崩壊した世界を元に戻し、すべてのオーダーを消滅させた。その後、世界を破壊したのは星宮機関にして、星宮源内が首謀者ということで世界に情報が広まり、その世界を救ったヒーローということになっている。
能力:拘束する支配者(バインドドミネーター)
自身が歩いた場所を「領土」とし、領土上に入ったものを、無機物・有機物に関わらず完全に物理的に支配する(重力・空気抵抗といったものも支配可能)。支配した対象は物理法則を無視して命令、操作できる。弱点は、生物の心までは支配できない、オーダーを意識的に命じる前に攻撃された場合には対処できない、能力発動中ならば命令形になる言葉全てが命令として認識され、エイジの本意ではない命令も実行される場合がある。そのため力が暴走しないよう、DAISYによって、領土範囲が1万分の1に抑えられている。
願いは「世界支配」。化身は上半身のみで拘束具で被われて領土に縛り付けられている怪物。
能力:支配者+霊視エンジン(ドミネイターアドオンれいしエンジン)
壱与の能力と合体させた姿。一手先の未来をラグなしで予知する。支配者の化身に三日月型の兜飾りとヒゲのようなものがつき、ややマッシブになる。
能力:支配者+魔手(ドミネイターアドオンマジックハンド)
殺人の能力と合体させた姿。領土外であっても200mまでなら飛ばした手で掴んで支配することができる(最大6体)。支配者の化身にマスクがつき、背中から6本の腕が生える。
能力:記憶の盗掘者(イリーガルディガー)
エイジ本来の能力。エイジ自身と瀬奈のみを対象とし、記憶と能力を奪うことができる。
紅 鈴(くれない りん)
声 - 三上枝織
本作のヒロインの1人。紅がかったピンク色のツインテール[注 1]に、花のコサージュを付けた転校生の美少女。その正体は軍人で、太宰府政庁の少尉。武器は日本刀。後述の事情からエイジを両親の仇と認識し、強烈な殺意を持つが、日が経つに連れてその感情は好意的感情に変化していく。
10年前の大破壊で起きた火災によって両親を失い、自身も瀕死の大火傷を負う。一家心中かと思っていたときにDAISYに「再生」を願い、不死能力を手に入れた。本来の偵察任務を放棄してエイジを殺害しようとするが、逆にエイジの能力によって支配され、「伴侶」にされてしまう。その後も能力の裏をかいて何度もエイジを殺そうとするが、やや頭が悪いせいもあり、毎回失敗して自滅してしまう。
エイジを殺すのはあくまで自分であると主張し、フラン中尉と再戦しようとするエイジにアドバイスをしたり、エイジ殺害のため共闘を申し出る平景清の誘いを断ったりしている。
広島で羽鳥とすれ違い、彼に「拘束する支配者」を解かれ、エイジと戦うようにけしかけられ、「男に尻尾を振るチョロい女か!」とエイジの左腕[注 2]を刎ね、合流してきた壱与と弁慶まで切りつけるが義経に腕の欠損と負傷を復元され、エイジに引き止められるがアッカンベーして逃走。
アニメ版の終盤では、瀬奈に鈴の刀で刎ねられたエイジの左腕の欠損を「再生の炎」で復元し、星宮兄妹への今までの暴挙を泣いて謝り、エイジとキスを交わして合体して、源内とリターンマッチした。
能力:再生の炎(リバースファイア)
不死・再生の能力。能力者が致命傷となる傷を負った際、自動的に治癒する。意識的にオーダーを命じることで、自身の再生速度を早めたり、他者や無機物を再生させたりすることが可能。ただし、古い傷や病気などを治すことはできない。
願いは「再生」。化身は炎に包まれ、眼帯をした
能力:再生の炎+霊視エンジン(リバースファイアアドオンれいしエンジン)
壱与の能力と合体させた姿。予知と癒しの力を併せ持つ炎を生む。化身は再生の炎に陰陽型のギャグボールと目隠しがついた姿。
星宮 瀬奈(ほしみや せな)
声 - 久野美咲
本作のヒロインの1人。エイジの妹で、兄とは仲睦まじい。エイジの父・星宮源内の再婚相手の連れ子であるため、血の繋がりはない。太宰府政庁の行ったオーダー適性検査はE-(不適格)。
世界にも数例で治療成功例が皆無の珍しい白血病にかかっており、エイジの伯父が経営する星宮総合病院に入院していた。余命半年と宣告されており、エイジはこのことを伏せていたが、それとなく知っていたようだ。エイジに対してはかなりの独占欲を持つ。
フラン中尉によって太宰府政庁に人質として拘禁され、彼の時間停止能力によって意識と病状の進行を止められている。
実は10年前に世界の滅亡を願った張本人であり、エイジのバインドドミネーターはそもそも彼女の能力であった。世界を滅ぼしてしまった彼女を救うことを願ったエイジの本来の能力であるイリーガルディガーによって記憶と能力を奪われて10年を過ごしていたが、一連の事件によって頭部に取り憑いていたディガーが排除されたことで記憶を取り戻した。その後、何を思ったか葉鳥ら何人かの能力者を連れ、世界を破滅させるために行動している。また、その途中にエイジと再会した際、自分が世界を滅ぼした張本人であることを世界中に暴露した。
アニメ版ではゲートから神が出現と同時に、エイジに救出され彼のオーダーによって神は消滅。原作のような世界を破滅させるという行動はなく、オーダー消滅後はエイジや鈴と壱与と共に普通の女の子として過ごしている。
能力:真拘束する支配者(バインドドミネーター・ゼロ)
エイジから奪い返した瀬奈本来の能力。エイジが使っていたものと同じであるが、命令の強制力はこちらの方が上である。化身も目元がマスクで見えなくなっている以外はエイジと同じ。

願いを叶える者[編集]

DAISY(デイジー)
声 - 三咲麻里
10年前より、世界各地に突如出没し、特定の人々の願いを聞き入れて、それに応じた能力を与える謎の存在。銀色の長髪に、星型の瞳をした少女の姿をしている。飄々とした性格。一人称は「余」で、「- のサ」という語尾が口癖。
その出自・目的は全くの謎。自身では「願いを叶える『妖精』みたいなもの」と表現している。エイジの願いに強い興味を持っているらしく、たびたび接触を行う。
星宮 源内(ほしみや げんない)
声 - 鶴岡聡
異空間においてDAISYと会話を行う謎の人物。DAISYと同様に星形の瞳を持つ。DAISYに対しては敬語を用い、エイジがフラン中尉に勝つ方法を聞こうとする。
その正体はエイジの父。エイジと同じ支配系の能力を持ち、対象に触れて命じることによって発動する(支配された人物は右目が星形の瞳になる)。DAISY曰くラスボスであり、能力者がはびこる先に何があるかを知る人物。
神魂命の抹殺のために葉鳥を能力のバイパス役として支配下に置き、偶然出会ったエイジを無数の顔のようなもので形作られた触手で拘束、自身のいる空間に引きずり込もうとするが、現れた義経により阻止される。
能力:MINDSET(マインドセット)
支配系の能力。半径2m以内の、源内が触れたものの心を操作する。操作後は離れても効果が持続する。
願いは「人を支配し実験を失敗させる」。化身は無数の顔のようなもので形作られた触手。

太宰府政庁[編集]

国連暫定統治機構の九州支部。12世紀まで太宰府に存在した政庁の建造物を、大破壊後に復元し、九州支配の拠点として使用している。「十人衆」と呼ばれる能力者が最高幹部であるが、彼らは能力者こそが世界を導く存在であると信じ、能力者を頂点とする新世界の確立を企んでいる。そのために、エイジを半ば脅迫する形でリーダーに仕立て上げ、九州の国家としての独立を宣言して全世界に宣戦布告した。元々は星宮源内と戦うために結成された組織であり、源内同様に能力者がはびこる先に何があるか知っている。

十人衆[編集]

太宰府政庁の最高幹部であり、その全員が強力な能力者である。新世界を作るために、自らの意志でエイジの支配下に置かれるが、必ずしも全員が完全なる忠誠を誓っているわけではないが、源内打倒には利害の一致ということで共に戦ってくれている。

不破 雷同(ふわ らいどう)
声 - 宮本充
「一の手」。階級は中佐。
黒子のような装束を着る男。
能力:休戦協定(スリーピングシープ)
戦闘行為を強制的に終了させる能力。
願いは「平和」。化身は大きな頭の仏像
鳴神 弁慶(なるかみ べんけい)
声 - 立木文彦
「二の手」。階級は中佐。
武蔵坊弁慶のような姿をした豪快な大男。エイジを九州独立旗揚げのリーダーとして期待しているらしく、妹を救うためにフラン中尉と善戦したエイジに合格点を与え、以降も彼に対して協力的。義経と共に、十人衆の中では高い発言権を持つ。
能力:荒御魂(バトルーオン)
対象を必ず原子レベルに粉砕する能力。
願いは「最強であること」。化身は仁王像
柊 義経(ひいらぎ よしつね)
声 - 立花慎之介
「三の手」。階級は十人衆の中では最上位の大佐。十人衆の参謀を務める。
長髪の美男子。当初はエイジに対して慇懃無礼な態度を取り、九州独立のリーダー就任を懇願したが、エイジにそれが懇願ではなく事実上の脅迫であることを見抜かれると、エイジに支配者としての才能がなければ傀儡の王として扱うと一笑に付した。
以降、その言葉通りにエイジを世界侵略のための駒として使い、「人を傷付けることを恐れて逃げているお前には傀儡がお似合い」と彼に言い放ったことも。
DAISYと共に異空間に住まう男と面識がある様子。
能力:鷽替え神事(ファクトトゥフィクション)
霊鳥『』を操り、現実を嘘に替える能力。ただし、効果範囲は10メートルに限られる。例としてエイジの「全ての行動を禁ずる」というオーダーを嘘として「全ての行動を許可する」に変え無効化する、負わされた傷を嘘として無かったことにする、など応用範囲は広い。
願いは「この世界の否定」。いつも右肩に乗せている霊鳥『鷽』が化身。
壱与(いよ)
声 - 田所あずさ
本作のヒロインの1人。「四の手」。階級は中尉。
真っ赤な和服を着た巫女で、神宝『蜂比礼』というウサギの耳のようなリボンを着けている(入浴中でも外さない)。
神職の家系であり、「頭に付けているリボンに触れられると子供ができる」と父親から男除けに嘘を教えられてきた。
後述の能力にてエイジを見つけ出し、さらにエイジを旦那とする未来を知って以降、彼に惚れている。そして出雲でエイジに自分の気持ちを告白し、十人衆の中でもっとも協力的に行動してくれだけでなく、鈴に対して激しい恋のライバル関係になっている。
能力:満点の星読み人(スターシーカー)
100%当たる占いの紙が作られる能力。この100%は「占いをしなかった場合」という意味で、予知という形で一度観測してしまった以上、必ず当たるわけではない。直近の占いほど100%と言っていいほど正確で、遠い未来ほど不確定要素が混ざる(但し、それでも92%以上の高確率)。
願いは「霊験を得ること」。化身は陰陽太極図をあしらった巨大なおみくじ。いくら修行をしても霊験が得られず、修得できるよう願った結果、能力者となった。「エイジとの未来を顕現して想像妊娠する」など、壱与が感極まった場合には予知内容が現実のものとなる副次能力もある。また、頭のリボンにダウンジングやセンシングの力を与えている。
根原 大系(ねはら たいけい)
声 - 平松広和
「五の手」。階級は少佐。医療部所属。
スキンヘッドにゴーグルをした中年男性。オネエ言葉で話す。
能力:自己犠牲爆弾(アポトーシスボム)
ただ一度だけ、自身の命と引き換えに対象を確実に破壊する能力。
願いは「全てを救うこと」。化身は触手を生やし釘で貫かれた巨大な目玉。
ローリン・ライト
声 - 石井真
「六の手」。階級は大尉。
飛行用ゴーグルとヘッドフォンを身に着けている青年。飛行機の模型を手に遊んでいることが多い。
一人称が「me」、二人称が「You」など、台詞の一部を英語にした独特の喋り方をする。
弁慶・壱与と同様、十人衆の中ではエイジに対して協力的。
能力:Skyfish Free(スカイフィッシュフリー)
飛行能力。
願いは「空を飛ぶこと」。化身は飛行機。
草木 国土(そうもく こくど)
声 - 若本規夫
「七の手」。階級は大尉。
木の枝のような顔をした人物。
能力:原始の大樹海(プライマルガジュマルゾーン)
植物操作能力。
願いは「自然を再生したい」
源 寧々(みなもと ねね)
声 - 内田彩
「八の手」。階級は少佐。
能力:並行世界の眠り姫(パラレルワールドドアノック)
夢の世界を支配する能力。支配中の人間には目印のウサギの人形が取りつく。
願いは「ずっと眠っていたい」。化身はモノクルをしたタキシードスーツのウサギ一匹と、その周りで踊る複数の小さなウサギ。
久能 マリ(くのう マリ)
声 - 早見沙織
「九の手」。階級は中佐。戦術部所属。
義経直属の側近である眼鏡の女性。強気の性格で弁が立つ。
義経同様にエイジを駒として扱っているが、従兄弟・健吾(声 - 木村希美)の命を救ってくれた彼を(口には出さないが)感謝したことも。
能力:歪曲する怪光線(カーブレイ)
光を操る能力。レーザーを操るなど、非常に汎用性が高い。
願いは「光を見たい」。化身は四足獣の獣の姿をしたロボット。
寸断 殺人(すんだん あやひと)
声 - 林勇
「十の手」。階級は少佐。
口癖は「クソヤロー」。後述の理由から、常に鎮痛薬を服用している。
山口侵攻作戦にて国連のスパイであることが明かされたが、実は義経の命で活動する二重スパイだった。
能力:密室の殺人教唆(マーダーズルーム)
空間移動能力。発動が高負荷であるため、鎮痛薬を服用して痛みを抑えている。そのため、能力の乱発が出来ない。
願いは「密室でとある人間を殺したい」。化身はジッパーを開ける巨大な2本の手。元々はその不穏な願いを叶えるための能力だったが、その事実を知るのは一部の人間のみ。

その他の構成員[編集]

アブラアン・ルイ・フラン
声 - 新垣樽助
太宰府政庁の中尉。サングラスバイザーをかけた男性。
能力:絶対時計(クロノグラフキャリバー)
任意の物体の時間を停止させる能力。ただし同時に停止できる対象は3つまで。
願いは「時を止めてでも守りたい人がいる」。化身は3本の手が生えた針時計。

国連暫定統治機構[編集]

葉鳥 半蔵(はとり はんぞう)
声 - 置鮎龍太郎
公安部の、能力者関係の案件を扱う第六課に所属。右目に眼帯を付けている。
最初は失踪中の神魂命を保護する任務を負って、神魂命の情報を持つヒカリを白獅子組から奪還するために咬竜組の殴り込みに参加。しかし、真の目的は神魂命およびそれと繋がる人物全ての抹殺であり、能力で両極道を相打ちさせ、標的の情報を引き出すためにヒカリを連れ去り、支配した鈴と共に退却した。
エイジと同じ支配系の能力者と思われていたが、真相は星宮源内の能力をバイパスするための駒であり、ただの一般人。
松平 不昧(まつだいら ふまい)
声 - 大川透
出雲を統治する、公安第六課の能力者。
能力:超浸水(アイソトニックウォーター)
水流を操る能力。水はそれ自体が化身であり、支配系の能力を受け付けない。
願いは「治水」。化身は半魚人。
柳生 十兵衛(やぎゅう じゅうべえ)
声 - 稲田徹
公安の能力者で、盲目の侍。
能力:次元両断(ディメンションソード)
次元を超えて両断する能力。認識した対象に次元を超えて斬撃を飛ばす他、空間そのものを裂いてワープゲートを作ることも可能。エイジとの再戦時は二刀流を操る。
願いは「世界を切る」。刀身自体が能力の化身である。
百鬼 百太郎(ひゃっき ももたろう)
声 - 岩田光央
公安第六課の能力者。星宮瀬奈奪還作戦より登場。
能力:百鬼夜行(オーガドライブ)
百体の鬼を身体に宿し、使役する能力。鬼のような強靭な体力・腕力を持つ。鬼は百太郎の身体で構成されており、自身を分解することもできる。
願いは「悪を倒す」。鬼自体が化身。
本間 Q(ほんま キュー)
声 - 檜山修之
公安第六課の能力者。奈良に攻め入った久能マリと交戦する。顔も分からないヤバそうな人物であったが、空から突入してきたエイジによって玉砕。自分の姿も力で再現したもので、能力が消えたことで本来の姿が露わとなり、実際の姿は何とも言えない雑魚キャラであった。
能力:幻惑世界(ワンダラーセンス)
感覚操作の能力。半径200m程度の中にいるものの感覚を狂わせる。
願いは「他人を自分色に染めたい」
亥川 清志郎(いがわ きよしろう)
国連日本大使。潜入捜査中のエイジらと接触し、反能力者領域発生装置を持つ。通称『ガトリング亥川』。

その他[編集]

磯部首相
声 - 平松広和
日本の総理大臣。髪の薄い小柄な中年男性。
平 景清(たいらの かげきよ)
声 - 原田ひとみ
山口を統括する能力者。元・墓守り。武器は槌。褐色肌でミニスカート姿のポニーテールの女性。紐パンを履いている。
女性だが一人称は「僕」。同性愛者であり、任務の際に接触した鈴に好意を抱き、彼女を「姉御」と呼んで慕う。
エイジの支配を受けているため、九州勢力に滞在している。
能力:猛々しき石神(ヘヴィロックスター)
墓石を操り、巨像を形作って操作する能力。また、人を石化させることもできる。
願いは「恨みを残して死んだ者たちの無念を晴らす」。化身は巨大な石の塊で出来た人型の化け物。
咬竜組(こうりゅうぐみ)
広島を取り仕切る極道の1つ。構成員は、若衆頭の坂井、大男の矢野、など。
足玉 義雄(たるたま よしお)
咬竜組の組長。ヒカリの祖父。神魂命とは古い馴染み。
足玉 ヒカリ(たるたま ヒカリ)
咬竜組組長の孫娘。玉付きのリボンでツインテールにしている。広島弁。
核無効化能力を持ち、それを目当てに、寧々の能力を使って太宰府政庁が誘拐。後、鈴に連れられ広島に戻るも道中で白獅子組に拉致され、さらに失踪中の神魂命と最後に連絡を取った人物であったため、神魂命の命を狙う国連公安部六課に情報を引き出すため連れ去られるが、最終的に助け出される。
白獅子組(しろじしぐみ)
広島を取り仕切る極道の1つ。咬竜組とは抗争中。
白拍子 黒子(しらびょうし くろこ)
声 - 浅野まゆみ
島根に住む、難病を治癒する高齢の能力者とされていたが、年若い女性の姿をしている。ヒカリの電話友達で、咬竜組組長の古い馴染み。
能力:神魂命(カミムスビ)
化身に生命力を与えて使役する能力。化身は人格を持ち、七福神の名前と姿を取る。
優也
瀬奈に能力を与えられた高校1年の男子。腕盗り様事件の犯人。
能力:交換する大鋏(ピッグスニッパー)
身体のパーツを交換する能力。化身は大きな蟹。
氷使い
氷を操る能力でエイジたちを攻撃する。
安倍 晴明(あべの はるあき)
元公安。瀬奈に付き従う。
アルフレッド・ベル
フランの戦友。瀬奈に付き従う。
能力:流動する爆弾魔(リキッドボマー)
液体状の爆弾を操る能力。
モロスケ
瀬奈に作られた能力者。瀬奈に付き従う。
能力:最終審判(ファイナルジャッジ)
賭けの結果を両者に強制する能力。化身はテナガザルのような怪人。

書誌情報[編集]

アニメ[編集]

スタッフ
監督 鎌仲史陽
シリーズ構成・脚本 高山カツヒコ
キャラクターデザイン 小島智加
3Dモデリング
プロップデザイン
江田恵一
イメージボードデザイン 上津康義
美術監督 青山直樹
美術設定 長澤順子
色彩設定 福谷直樹
撮影監督 武原健二
CGディレクター 河村遼
編集 伊藤潤一
音響監督 鶴岡陽太
音楽 Evan Call
音楽制作 ランティス
音楽プロデューサー 斎藤滋、吉江輝成
臼倉竜太郎
プロデューサー 伊藤敦
平松巨規(アニメーション)
アニメーション制作 アスリード
製作 ビッグオーダー製作委員会

まず、2015年10月3日発売の単行本第8巻限定版にOVAを収録したBDが添付された[1]。制作は『未来日記』と同じくアスリードが担当。収録時間は25分、トールケース仕様、別バージョンのカバー仕様の単行本第8巻が封入されること、一部スタッフも発表されたほか、原作のストーリーをベースに少し変わった構成・演出をしているオリジナル展開になるという[2]。作品は24のパートで構成されたマルチシナリオ方式で製作され、次シナリオは自動的に選択される。そのため、1回視聴しただけでは全容を把握できないようになっている。

2015年10月26日発売の単行本第8巻通常版の帯や同日のニュースサイトにてテレビアニメ化が発表され[3]、2016年4月から同年6月までTOKYO MXほかにて放送された。スタッフや担当声優はOVAと同じであり、OVAで先行して描かれた内容も改めて描かれるが、一部のエログロ描写についてはテレビ放送版では修正によって見えなくされている。原作の第1部を全10話でアニメ化するという尺の都合からおおむね1話につき原作の1巻分を消費する構成となっているため、アニメ化されなかった要素や変更された部分が散見されており、結末もほぼアニメオリジナルとなっている。

なお、「作品協力」として天草宝島観光協会、太宰府市役所北九州フィルムコミッションがクレジットされている。

製作[編集]

監督の鎌仲史陽によれば、アニメ化の企画が立ったのは2014年辺りだった。原作の開始当初から「いずれアニメ化するだろうな」と思っていた鎌仲は、エイジがストレートな熱血漢ではない点に着目し、「『未来日記』とは毛色を変えたつもりだった」という原作者のえすのサカエに対し、「ストーリーのどんでん返し感」を本作との共通点に挙げている[4]

アニメ化は原作の物語の進み具合すら不明な段階で決まったが、えすのはアニメ化に合わせて物語を終わらせるつもりはなかった。そのため、戸惑った鎌仲はシリーズ構成・脚本の高山カツヒコと話し合ったが、実作業に入る頃にはアニメとしてラストを考えられるところまで原作が進んだため、助かったという[4]

鎌仲との打ち合わせについては、えすの曰く「勘所がわかってくれている」という高山が『未来日記』から続投していることもあり、「作品のキモである『少年マンガらしさ』とか『プロレス感』みたいな部分をちゃんと共有できているな」と感じたえすのは、本作をゲーム『スーパーロボット大戦』に例え、「いろんな技を持ったキャラクターが出てきてぶつかり合う、ガチャガチャした面白さを出せればいいな」と考えたそうである[5]

能力の説明については、原作での発動時に入る説明文をアニメでそのまま表示すると白けると思った鎌仲が悩んだ末、アクション的な気持ち良さを優先して表示しないことになったが、その代用としてえすのの発案による前口上が追加された。また、鎌仲はキャラクターの中にある衝動を殺さないよう、感情が出るところは表現を強くするなど調整する一方、声優の演技にも気を配っており、直接的な表現以外の部分で艶っぽさが出るようにしているという[5]

ラストは少しだけ原作とは変えてあるうえ、前述のOVAはテレビアニメの伏線になっているそうである[5]

主題歌[編集]

OVA
作詞 - YUI / 作曲 - 紫煉、Gight / 編曲 - 紫煉、Gight、橘尭葉、妖精帝國 / 歌 - 妖精帝國
テレビアニメ
オープニングテーマ「DISORDER」[6]
作詞 - YUI / 作曲 - 橘尭葉 / 編曲 - 橘尭葉、妖精帝國 / 歌 - 妖精帝國
第1話ではエンディングで使用。
エンディングテーマ「毀レ世カイ終ワレ」(第2話 - )
作詞・作曲・歌 - 畑亜貴 / 編曲 - 加藤達也

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル コンテ 演出 作画監督 総作画監督
OVA - 鎌仲史陽 小島智加、渡辺佳奈子 -
第1話 オーダー! 目覚めろ、悪の力!
BIG destruction
岡田万衣子、小島智加
渡辺佳奈子
第2話 オーダー! 走れ、迷うな!
BIG examination
広嶋秀樹
鎌仲史陽
広嶋秀樹 渡辺佳奈子
第3話 オーダー! 計略遂行!
BIG strategy
上坪亮樹 吉岡毅、高木弘樹
岸本誠司、加藤優
山岡信一
第4話 オーダー! 怨嗟の中へ!
BIG grudge
葛谷直行 山本善哉 平山英嗣
第5話 オーダー! 忘れるな、願い!
BIG betrayal
伊藤達文 山本天志 稲津辰宣、高橋敦子 小島智加
第6話 オーダー! つなげ、魂!
BIG connect
岡村正弘 備前克彦 渡邊慶子、濱口頌平
竹村南、小嶌エリナ
長尾未来、阿曽仁美
第7話 オーダー! 守れ、信念!
BIG belief
国崎友也 岡田万衣子、塚田ひろし
岡田豊広、平馬浩司
吉田肇
-
第8話 オーダー! 急げ、戦地へ!
BIG battle
久保山英一 山本彩、高木弘樹
岸本誠司、加藤優
平山英嗣
第9話 オーダー! 暴け、真実!
BIG revelation
岡村正弘 扇多恵子、日下岳史 渡辺佳奈子
第10話 オーダー! 戦え、己を信じて!
BIG distortion
鎌仲史陽 小島智加、平山英嗣 -

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[7]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2016年4月16日 - 6月18日 土曜 1:40 - 2:10(金曜深夜) TOKYO MX 東京都
KBS京都 京都府
2016年4月17日 - 6月19日 日曜 3:00 - 3:30(土曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2016年4月18日 - 6月20日 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) チバテレ 千葉県
tvk 神奈川県
テレ玉 埼玉県
月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) サンテレビ 兵庫県
月曜 1:50 - 2:20(日曜深夜) 熊本放送 熊本県 作品の舞台地
月曜 2:35 - 3:05(日曜深夜)[注 3] TVQ九州放送 福岡県 作品の舞台地
2016年4月20日 - 6月22日 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) 岐阜放送 岐阜県
2016年4月21日 - 6月23日 木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜) 三重テレビ 三重県
2017年2月23日 - 木曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[9]

BD / DVD[編集]

発売元・販売元はKADOKAWA。Blu-rayはBlu-ray BOX仕様で各BOX5話収録で全2巻。DVDは各巻2話収録で全5巻となっている。

発売日 収録話 規格品番
BD
1 2016年7月29日 第1話 - 第5話 KAXA-7391
2 2016年9月30日 第6話 - 第10話 KAXA-7392
DVD
1 2016年7月29日 第1話 - 第2話 KABA-10478
2 2016年8月26日 第3話 - 第4話 KABA-10479
3 2016年9月30日 第5話 - 第6話 KABA-10480
4 2016年10月28日 第7話 - 第8話 KABA-10481
5 2016年11月25日 第9話 - 第10話 KABA-10482

ラジオドラマ[編集]

TVアニメ「ビッグオーダー」後日談的オリジナルオーディオドラマ』は、2016年4月16日(4月15日深夜)から6月18日(6月17日深夜)まで配信されていたオーディオドラマ。TOKYO MXで本アニメが放送された後の毎週土曜2時10分(金曜深夜)にランティスウェブラジオにて更新[10]。アニメ各話のオリジナルサイドストーリーを配信。キャストはアニメの主要声優陣が務める。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ こめかみで束ねている。
  2. ^ アニメ版では右手
  3. ^ 全仏オープンテニス中継のため、第8話と第9話は2016年6月13日(6月12日深夜)の同時間帯に2話連続放送。

出典[編集]

  1. ^ えすのサカエ「ビッグオーダー」アニメ化、8巻限定版付属のBDに収録 - コミックナタリー、2015年2月26日配信
  2. ^ 月刊少年エース2015年4月号特別付録2,64頁、KADOKAWA刊 角川書店編集
  3. ^ えすのサカエの異能力アクション「ビッグオーダー」が2016年春TVアニメ化 - マイナビニュース(マイナビ)、2015年10月26日配信
  4. ^ a b アニメ「ビッグオーダー」原作者・えすのサカエ×鎌仲史陽監督対談 (1/2) - コミックナタリー Power Push
  5. ^ a b c アニメ「ビッグオーダー」原作者・えすのサカエ×鎌仲史陽監督対談 (2/2) - コミックナタリー Power Push
  6. ^ TVアニメ『ビッグオーダー』OPテーマ 決定!”. 妖精帝國 Official Web Site (2016年2月15日). 2016年2月18日閲覧。
  7. ^ TVアニメ「ビッグオーダー」公式サイト”. 2016年3月12日閲覧。
  8. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  9. ^ ビッグオーダー”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2017年1月10日閲覧。
  10. ^ TVアニメ「ビッグオーダー」後日談的オリジナルオーディオドラマ”. ランティスウェブラジオ. 2016年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]