少年探偵団 (名探偵コナン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン > 名探偵コナンの登場人物 > 少年探偵団 (名探偵コナン)
青山剛昌ふるさと館前に設置されている少年探偵団のブロンズ像。左から、元太、歩美、コナン、光彦、灰原。

少年探偵団(しょうねんたんていだん)は、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス名探偵コナン』の作品に登場する、子供だけで構成された架空の探偵団である。

概要[編集]

少年探偵団のメンバーは、江戸川コナン灰原哀、ムードメーカーの吉田歩美、コナンの不在時に探偵団の頭脳として活躍する円谷光彦、切り込み隊長的な力自慢の小嶋元太の5人で構成されており、いずれも帝丹小学校1年B組に所属している。

少年探偵団の中でも歩美・光彦・元太の3人は、灰原を潜り込ませるために考えられたキャラクターである[1]。この3人は、好奇心旺盛で自己顕示欲と英雄願望も強いため興味本位で事件に首を突っ込むが、その目的のほとんどは手柄を上げることにあり[注 1]、コナンとは異なる。また暗号や不審者を見るとすぐに「宝」や「事件(主に殺人・誘拐)」を連想し、捜査に乗り出した結果、犯人に捕まって命の危機に遭ったり[2][3][4]、周囲に迷惑をかけたりすることすらある[5][6]。さらに作品の都合上、被害者に落ち度があったり、やむを得ない事情があったりしても、自分の犯行を軽視あるいは正当化したり、他人を巻き込んだりする犯人を絶対悪と決めつける傾向が強い[7][8]。初期はコナンの指示に反して勝手な行動をとることも多かったが、現在は多くの事件を経て場慣れしてきており、顧問を自称している1年B組担任の小林先生[注 2]よりも的確な対応ができている。最近[いつ?]では、服部平次[注 3]怪盗キッドとも関わるようになる。

由来は、シャーロック・ホームズが組織したベイカー・ストリート・イレギュラーズ[注 4]と、江戸川乱歩『少年探偵団シリーズ』の少年探偵団から[注 5]

キャンプなどで遠出する際には阿笠博士が主に引率役を務めるほか、毛利蘭もコナンの保護者的立場として自ら引率したり博士の引率時に同行したりすることがある。

メンバー[編集]

江戸川 コナン(えどがわ コナン)
- 高山みなみ
明確な入団の意思は示していないが、半ば強制的に団員として扱われ、入団させられた。
灰原 哀(はいばら あい)
声 - 林原めぐみ
コナンと同じく明確な入団の意思を示してはいないが、転校後すぐに歩美たちから団員として扱われ、入団させられた。
吉田 歩美(よしだ あゆみ)
声 - 岩居由希子
コナンを少年探偵団に誘った張本人であり、灰原が入団するまでは探偵団の紅一点であった。おかっぱ頭にカチューシャを着けた好奇心旺盛な少女で、推理よりも謎解きの方が好み。素直で純情な性格だが、少し天然気味である。年齢以上にお洒落に興味を持っている[注 6]。誘拐されることが多い[5][9]。元太や光彦から好意を寄せられている(#メンバーの関係も参照)。動物好き。好きな食べ物はハムサンドとタマゴサンド[注 7]。体重は15キログラム。一人称は「歩美」と言うのがほとんどだが、「わたし」と言うこともある。動物や物に対して「さん」付けをすることが多い。
コナンに片想いしており、まれに小学生とは思えぬ積極的な行動や言動でコナンに恋心をアピールする。その一方、コナンには好きな人物が他にいるのではと悩んだりもする[注 8]。他人の感情や想いに対しては年齢以上に敏感で、特に他人の恋愛などに対しては強い傾向にある。
小学1年生にしてかなりの耳年増であり、「安産型」や「A(キスを表す隠語)」の意味についても探偵団内で一番正確に理解している。
ときには犯人や被害者の感情に対し、一言つぶやいたり物申したりすることもある。
灰原のことは当初こそ一歩引いて「灰原さん」と呼んでいたが、ある事件[11]をきっかけに親しみを込めて「哀ちゃん」と呼ぶようになり、ますます打ち解けるようになった[注 9][注 10]
高層マンションに住んでおり[注 11]、母親(声 - 佐藤しのぶ)と手をつないで歩くなど、家族との描写は見られるが、作中で顔が描かれたのは父親のみ(それも連載初期の小さな1コマのみ)である[注 12]。仕事は両親ともに不明。
10年後には、かわいらしい容姿の美人へと成長することが予測されている[12]
名前の由来は、推理作家の北川歩実から。米国版での名前はAmy Yeager(エイミー・イェーガー)。
円谷 光彦(つぶらや みつひこ)
声 - 大谷育江[注 13]折笠愛[注 14]
両親とも教師。中学生の姉・朝美がいる[注 15]。「良家のお坊ちゃんタイプ」で、同級生に対しても常に丁寧語を使う[注 16][注 17]など、礼儀作法を重んじている。そのため、マナーをあまり守らない元太に対して注意をすることがよくある。顔にそばかすがあり、髪型は真ん中で分けているのが特徴。ヨーグルトが好きでニンジンが嫌い。体重は20キログラム。
実年齢の高いコナンや灰原には劣るものの、小学1年生とは思えないほど豊富かつ横断的に知識を持っている[注 18]。アニメオリジナルストーリーでは特にそれが強調されており、源義経吉田松陰、幕末の日本など日本史や、アーサー・コナン・ドイルの『赤毛連盟』を解説[14]した。さらに『探偵たちの鎮魂歌』では中学受験レベルの算数を駆使し、アトラクションの待ち時間を計算する(一種のフェルミ推定)など、論理的思考力も兼ね備えている。様々な事件での経験を通してとっさの状況下での判断力も鍛えられており、発作を起こした人の謎のうわ言をすぐさまメモに取ってコナンの状況解析に一役買ったこともある[15]。また、知らない道を覚えるため、ガソリンスタンドの場所と名前を覚えていったように冷静さと記憶力も持ち合わせている。ランドセルから取り出した昆虫図鑑の目的のページを素早く開けることから、昆虫図鑑にも精通していることがうかがえる[14]。経済情報にも通じており、東都水族館に鈴木財閥の資本が入っていることを知っていた[15]
マラソンでバテていたコナン・歩美・元太をよそに息も切らさず涼しい顔をしている体力や、『探偵たちの鎮魂歌』では5メートルは離れているであろう犯人にほうきを槍投やりなげの要領で当てる運動神経も持ち合わせている。
普段はコナンや灰原がいるために強調されることは少ないが、彼らの不在時には歩美や元太と協力して推理を組み立て、事件を解決に導くこともある[注 19]。アニメ225話「商売繁盛のヒミツ」(アニメオリジナル)では、『赤毛連盟』を元に全く推理できないコナンに代わり事件を解いた[注 20]
行動力もあり、単行本21巻File.3「象牙の塔」(アニメ137話「青の古城探索事件」)では発信機を頼りにコナンを助けた。
責任感と男気あふれる一面もあり、アニメ209話「龍神山転落事件」(アニメオリジナル)では、自ら首を突っ込んだ事件のため、銃で脅されてもコナンや阿笠博士について口を割らなかった。
ヒーロー好きで、暗号を見るとすぐ「お宝」を連想してしまうなど、子供らしい面もある。
以前は一途に歩美のことが好きだったが、途中から転校生として現れた灰原にも心惹かれている[注 21][注 22][注 23]
名前の由来は、姉弟そろって探偵の浅見光彦から。米国版での名前はMitch Tennison(ミッチ・テニスン)。
小嶋 元太(こじま げんた)
声 - 高木渉[注 24]
探偵団の切り込み隊長的存在で団長を自称しているが、現在は実質的なリーダーはコナンに取って代わられている[注 25]。体重は40キログラム[注 26]。歩美に「それ以上太るとブタさんに笑われちゃうよー」と言われるくらいの大きさ。頭はおにぎりのような形をしており、左側頭部に10円ハゲがある。
運動はあまり得意ではなく、少し走っただけで息を切らせたりしている様子が多々見られる。水泳も苦手で、7メートルほどしか泳げない[17]。しかし、灰原を片手で持ち上げ、そのまま抱きかかえて全力疾走できる体力・腕力がある[12]
探偵団の中では人一倍、食欲が旺盛で、キャンプ等に出かける際には、目的地へ着く前に光彦たちの分のお菓子まで平らげて注意されることが多々ある。また、たまたま訪れた回転寿司のお店で殺人事件に遭遇した時にも、現場保存のために停止したレーンの上に乗ったままになっていたお寿司にまで手をつけようとしたことがある[18]
「玉子焼き」を「おうじやき」と読んでしまうなど[19]、勉強はあまりできないが、核心をつく大人顔負けの鋭いツッコミを入れることもある。
直情的かつ短気な性格で、思っていることがすぐに顔に出てしまうタイプ。口調が荒く、相手が大人であってもめったに敬語を使わず、呼び捨てしたり「お前」呼ばわりしたりすることもある[注 27]。また、光彦に論破されては怒鳴って胸倉をつかんでしまうこともあるが、典型的なガキ大将とは違ってそれほど暴力的ではない[注 28]。また、殺人や監禁などの重大事件に出くわしたときでも、金や食べ物が絡むと短絡的な行動をとってしまい、結果的に探偵団を窮地に陥れることが多く、その点を反省することがないため、探偵団のエピソードでは同様の行動を繰り返すことが多い[注 29]。さらに、他者に対して迷惑を掛けてもほぼ謝罪することがない。その反面、母や祖母の言いつけを守って行動することも多い。好意を寄せる歩美には優しく、釣り道具を持ってあげたりするなど、かっこいいところを見せようとする。鰻重が大好物[注 30]
家は父・元次(声 - 野島昭生)が経営する酒屋[注 31]。本人いわく岐阜県に伯父がいるらしい。
名前の由来は、小説家の小峰元から。米国版での名前はGeorge Kaminski(ジョージ・カミンスキー)。

メンバーの関係[編集]

  • 連載初期は、元太・光彦ともに歩美のことを恋愛面で好意的に受け止めている描写が点在していた[5]。一方の歩美はコナンに「私たちは結ばれる運命」などと言うなどコナンに好意を寄せており[5]、現在でもその描写が確認できる。
  • 灰原の登場後は、光彦が灰原にも好意を寄せるようになった。一方、元太は灰原のことを初対面時には「か、かわいー」と発言するものの、その後「ツンツン女」などと言う[20]など、灰原に対して恋愛面での関心は薄い様子である。室内でサッカーボールを蹴っていた際にカレーを調理中の歩美と灰原の邪魔をする結果となり、灰原から手痛いビンタを喰らうなど苦手意識を持つ一方で、灰原の顔を至近距離から見た時には照れたこともある。
  • 連載が進むにつれ、恋愛関係の描写は少なくなってきた。特に元太は、初期ほど歩美への恋愛感情を口にしなくなっている[注 32]。一方で、光彦は歩美と灰原に好意を寄せている描写が、今もなお確認できるが、その比重は徐々に灰原の方へ傾きつつもある。
  • メンバーはコナン・灰原も含め、互いに強い信頼関係を築き合っており、全員で協力し合い事件を解決に導くことも珍しくはない。また、当初は不本意であったコナンと灰原も、徐々に他のメンバーを信頼するようになり、小学1年生である元太・光彦・歩美に聞き込みなどの捜査を依頼することもある。
  • 前述のとおり団長は元太が自称しているが、他のメンバーは全く承認していない様子で、実質コナンが先頭に立って指揮・監督を執っている。また、灰原が登場して以降、コナンの不在時などには灰原も同様の役割を担っている。元太自身、頭脳面でコナンと灰原に全く敵わないため、行動時はこの二人に従っている。
  • 互いに仲が良く、事件など関係なしによく集まって遊んでいる。阿笠博士がキャンプなどに連れていくときも大抵、このメンバーである。

補足[編集]

  • 歩美・光彦・元太と似ている人物として、特別編第32巻「杉の精にさらわれた少年」に種ヶ島 夏美たねがしま なつみ)・牡鹿 国彦おが くにひこ)・大神 甘太おおかみ かんた)が、OVA『コナンと平次と消えた少年』に声や容姿がよく似た江坂 繭美えさか まゆみ、声 - 岩居由希子)・八木 幹彦やぎ みきひこ、声 - 大谷育江)・大沢 健太おおさわ けんた、声 - 高木渉)がそれぞれ登場している。
  • 歩美・光彦・元太の3人はアニメ版では第1話から登場[注 33]、劇場版でも全作品に登場する。3人は揃って登場するのがほとんどだが、歩美のみ単独で登場したことが1回だけある[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クロスオーバー作品である劇場版『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』では、ルパン一味が日本にいることを知った際、銭形警部を出し抜こうとして独自の調査でルパン一味のアジトを突き止め乗り込んだ。また、阿笠博士の家に帰されコナンに怒られた後も、ルパン一味を捕まえるための別の作戦を博士と相談していた。
  2. ^ 彼女は江戸川乱歩の『少年探偵団シリーズ』のファンであり、「小林を入れないわけにはいかないでしょ?」と言っているが、正式な顧問ではない。
  3. ^ 毛利探偵事務所で偶然出会い、光彦がメールを交わしてコナンと推理対決をしたことがある。
  4. ^ 劇場版『ベイカー街の亡霊』では光彦が「ボクたち少年探偵団の先輩」と解釈している。
  5. ^ 『少年探偵団シリーズ』に登場する鉛製のコイン「BD(Boys Detective)バッジ」を踏襲したものと思われる[要出典]、「探偵団(Detective Boys)バッジ」を阿笠博士が作っている。
  6. ^ 『名探偵コナン特別編』1巻File.2「誘拐」(アニメ86話「誘拐現場特定事件」)では「高校生になったらセーラー服かブレザーにルーズソックス、どちらが良いか悩んでいる」から地元の高校の制服を把握している。また、OVAでは一度化粧をしてみたかったと述べている。
  7. ^ OVA『ロンドンからのマル秘指令!』の中で、歩美は灰原に「歩美がハムサンドとタマゴサンド好きだから、ママはいつもこれ作ってくれるの」と語っている[10]
  8. ^ 劇場版『天国へのカウントダウン』では、コナンがのことを好きだと疑い(理由は「女の勘」)、悩んでいた。
  9. ^ 本人は以前から名前で呼びたかったが、ためらってなかなかできなかった。一方、灰原はこの一件以降も「吉田さん」と呼んでいるが、アニメオリジナルエピソードやOVAで「歩美ちゃん」と呼んだこともある[10]
  10. ^ その直後に元太と光彦も「哀ちゃん」と呼ぼうとしたが、灰原に拒絶された。
  11. ^ この設定は劇場版『世紀末の魔術師』で明らかになった。後に原作にも登場する。このマンションは作者の青山がかつて住んでいたマンションがモデルである[1]
  12. ^ 『名探偵コナン特別編』では、歩美の家に空き巣が入る事件が発生した際、母親と思われる女性が描かれている。
  13. ^ 原作者の青山剛昌は、「本来はもう少し嫌な性格にするつもりだったが大谷さんの声がかわいかったから変えた」と語っている。また、灰原に想いを寄せ始めたのも大谷の提案によるもの[要出典]
  14. ^ 2006年に大谷が体調不良で降板していたため、アニメ425話・427話・428話・435話・436話、劇場版『探偵たちの鎮魂歌』のみ代役。
  15. ^ アニメでは大谷育江が光彦と朝美の2役を演じているため、声が似ている。
  16. ^ 初期の頃は比較的くだけた話し方をしており、どちらかというとガキ大将についているやや賢い子供という感じだったが、その描写は消えていった。
  17. ^ 犯人などには丁寧語を使わないことも場合によってはある。
  18. ^ ただし、魚の「サバコイタイヒラメ」に漢字の書き方があることは知らなかった[13]
  19. ^ 単行本25巻File.11「一つの確信」(アニメ189話「命がけの復活 負傷した名探偵」)では、出口の場所を話す前に犯人の銃撃で負傷して意識を失ったコナンが残したヒントをもとに、出口を見つけ出している。また、アニメ209話「龍神山転落事件」(アニメオリジナル)では、読んでいた小説をヒントに暗号を自ら解き、自動車窃盗団を逮捕に導いた。
  20. ^ この回の犯人は、他の事件の犯人と比べてあまりにも単純かつ無知な上にドジであったため、コナンの推理が犯人の行動と全くかみ合わなかった。それに加え、光彦と犯人が民事時効を知らなかったことが幸いしている。
  21. ^ 劇場版『天国へのカウントダウン』では、「自分は同時に2人を愛してしまった悪い男なのか」と蘭に相談している。
  22. ^ 劇場版『戦慄の楽譜』では、クラスでの合唱の練習中に、秋庭怜子に「自分の前の列にいる女の子(灰原)に意識が向いていて、合唱に集中できていない」と指摘されていた。
  23. ^ 夏祭りの日に、歩美と灰原が「蛍を見てみたい」と話しているのを聞き、彼女たちに生きている蛍を見せてあげようと、群馬県の森林に蛍を探しに一人で向かった際、逃亡中の指名手配犯である沼淵己一郎に遭遇したことがある[16]
  24. ^ 高木刑事との2役で、アニメの次回予告で「変身します」と言って高木刑事から元太に声を変えるアドリブを披露したことがあるなど、「1人2声」を使い分けている。ただし、高木本人が言うには「高木刑事から元太に切り替えるのは難しくないが、逆に元太から高木刑事に切り替える場合は混乱しやすい」とのこと。
  25. ^ 初期の頃は探偵団バッジなどを介してやり取りする際、「こちら隊長」もしくは「団長〜」などと言っていたが、コナンが実質リーダーと言われるようになってからは、このようなセリフは言わなくなった。
  26. ^ ただし、劇場版『紺碧の棺』では45キログラムと言っている。
  27. ^ 特に高木刑事に対しては、その態度が目立ってきている。
  28. ^ 初期の頃は典型的な暴力的ガキ大将だったが、その描写は早いうちに影を潜めた。
  29. ^ 劇場版『戦慄の楽譜』では、秋庭怜子の飲み物を「喉の調子が良くなる効果がある」と思い込み、勝手に飲んだ結果、何者かに混入させられていた薬物の作用で、数日間、声が出にくくなってしまった。
  30. ^ 劇場版『14番目の標的』などでは、高額な値段の話が出るたびに「鰻重で何杯分(の値段)だ?」と光彦に尋ねることがあり、光彦からはあきれられている。
  31. ^ コナンを除き、探偵団の中で唯一両親が登場している(母親は元太のセリフ中にたびたび登場したり容姿も描かれているが、2015年現在でも直接の出番はなく本名も不明である)。
  32. ^ 名探偵コナンラジオ』にて、元太役の高木渉は「現在は初期の頃ほど『歩美、歩美』と言わなくなった」という旨の発言をしている。
  33. ^ なお、原作での初登場は単行本2巻File.8「恐怖の館」。

出典[編集]

  1. ^ a b 「青山剛昌先生が語る! 真実へと迫る SECRET REPORT」、『週刊少年サンデー』2013年33号、小学館2013年7月31日、 5頁、 ASIN B00G2GOHDM
  2. ^ 単行本4巻File.7「暗号表入手!!」 - File.10「光る魚の正体」(アニメ4話「大都会暗号マップ事件」)。
  3. ^ 単行本15巻File.4「声が似てる!?」 - File.7「デュエット!?」(アニメ81話 - 82話「人気アーティスト誘拐事件」)。
  4. ^ 単行本27巻File.4「18年前の男」 - File.6「時効成立」(アニメ205話 - 206話「本庁の刑事恋物語3」)。
  5. ^ a b c d 単行本9巻File.1「危ないかくれんぼ」 - File.3「えっ! 本当!?」(アニメ12話「歩美ちゃん誘拐事件」)。
  6. ^ アニメ795話「若奥様が消えた秘密」(アニメオリジナル)。
  7. ^ アニメ119話「仮面ヤイバー殺人事件」(アニメオリジナル)。
  8. ^ アニメ816話「残念でやさしい宇宙人」(アニメオリジナル)。
  9. ^ 単行本74巻File.2「動画サイト」 - File.4「歩美の痕跡」(アニメ656話 - 657話「博士の動画サイト」)。
  10. ^ a b OVA『ロンドンからのマル秘指令!』
  11. ^ 単行本39巻File.6 - File.8「引きさかれた友情」(アニメ329話 - 330話「お金で買えない友情」)。
  12. ^ a b 劇場版『天国へのカウントダウン』。
  13. ^ 単行本64巻File.1「一角岩」 - File.3「殺気」(アニメ542話 - 543話「魚が消える一角岩」)。
  14. ^ a b アニメ225話「商売繁盛のヒミツ」(アニメオリジナル)。
  15. ^ a b 劇場版『純黒の悪夢』。
  16. ^ 単行本35巻File.8 - File.10「消えた光彦」(アニメ289話 - 290話「迷いの森の光彦」)。
  17. ^ 劇場版『水平線上の陰謀』。
  18. ^ 単行本63巻File.3「回る凶器」 - File.5「毒物のありか」(アニメ549話 - 550話「回転寿司ミステリー」)。
  19. ^ 単行本25巻File.11「一つの確信」(アニメ189話「命がけの復活 負傷した名探偵」)。
  20. ^ 単行本18巻File.6「転校生は…」(アニメ129話「黒の組織から来た女 大学教授殺人事件」)。
  21. ^ 単行本11巻File.2「生放送中の死」 - File.4「緊急推理ショー」(アニメ31話「テレビ局殺人事件」)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]