名探偵コナン 戦慄の楽譜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン 戦慄の楽譜
Detective Conan
Full Score of Fear
監督 山本泰一郎
脚本 古内一成
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
神谷明
山口勝平
林原めぐみ
岩居由希子
大谷育江
高木渉
緒方賢一
茶風林
松井菜桜子
音楽 大野克夫
主題歌 ZARD翼を広げて
製作会社 トムス・エンタテインメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2008年4月19日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 24.2億円[1][2][3][4][5][6][7]
前作 名探偵コナン 紺碧の棺
次作 名探偵コナン 漆黒の追跡者
テンプレートを表示

名探偵コナン 戦慄の楽譜』(めいたんていコナン せんりつのフルスコア)は2008年4月19日に公開された日本アニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第12作目にあたる。上映時間は115分。興行収入は24億2000万円[1][2][3][4][5][6][7]

キャッチコピーは「この歌声を、消させはしない。」「この指が奏でるのは、真実を導く旋律(しらべ)…」。

第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞作品。

概要[編集]

「旋律」とかけて「戦慄」がタイトルに含まれる本作は「音楽」がメインになっており、「アメージング・グレイス」をはじめ、「チェロソナタ第3番」、「アヴェ・マリア」、「トッカータとフーガ ニ短調」、「アヴェ・マリア」、「主よ、人の望みの喜びよ」、「オラトリオ『メサイア』〜彼は羊の群れを養い」、「シャコンヌ ト短調ヴィターリ)」などが演奏されている。

主人公・江戸川コナンとゲストキャラクターの秋庭怜子がメインで活躍するため、コナン以外のレギュラーキャラクターの活躍は全体的に抑えられている。また、ポスターにゲストキャラクターが描かれたのは本作の秋庭怜子と、第4作『瞳の中の暗殺者』に登場して以降2回登場している、警視庁刑事部の部長・小田切敏郎だけである[8]。作中には前作『紺碧の棺』に続いて工藤新一と毛利蘭の過去のエピソードも織り込まれており、中学生時代に起きた2人の喧嘩が描かれている。

帝丹小学校の校歌が初披露され、コナンのクラス全員が揃って歌うシーンが描かれている。その後、校歌はドラマCD「名探偵コナン・キャラクター・ソング集 帝丹小学校に全員集合!!」に収録された。ドラマCDではコナンたちの他、毛利蘭役の山崎和佳奈・鈴木園子役の松井菜桜子も参加している。

ニュースキャスターなどが端役で出演することは第1作『時計じかけの摩天楼』からあったが、本作からは著名人がゲスト声優として出演するようになり、本作では山里亮太坂下千里子西尾由佳理が出演している。ただし、出番は少なく、容疑者役など重要キャラクターで登場するのは次作『漆黒の追跡者』からである。

2015年現在、劇場版『名探偵コナン』シリーズの中で上映時間が最も長い作品である。

DVDは、スペシャルエディション版を含めて2008年11月19日に発売された。また、レンタルDVDにはクイズ形式のプレゼント企画があった。

小説版は、2014年2月26日に小学館のジュニア文庫(小学館ジュニアシネマ文庫)から発売された[9]

テレビ放送[編集]

『漆黒の追跡者』の公開前日である2009年4月17日に『金曜ロードショー』で初放送された[10]。アニメ放送の時間帯変更に伴い、本作以降の劇場版は公開前日の当枠で放送されるのが恒例となっている。また、この枠尺は実質的な放送時間が90分前後であるため、放送に際しては大幅にカットされていることが多い。

2011年8月19日には『金曜ロードSHOW!』にて2回目の放送が行われた[11]2014年12月19日には同枠にて原作の連載20周年を記念し、翌週12月26日放送のアニメスペシャル『名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜』と合わせて「名探偵コナンまつり」と題し、3回目の放送が行われた[12]

プッシュホンの設定[編集]

作中には、怜子と共に貯水池のボート上へ拉致されたコナンが池畔の管理所に設置されているプッシュホンにサッカーボールを蹴って受話器を落とし、彼らが警察への110番を発声によって掛けるシーンが存在するが、朝日放送2009年6月5日に放送されたバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ[13]には、このシーンを疑問に思う依頼が来た。そこで、番組内では実際に元日本代表GKの本並健治がサッカーボールを蹴ってプッシュホンの受話器を落とし、大阪音楽大学の女子学生2名が時報の117番を発声によって掛けることに成功している。また、依頼を受けた探偵局員の竹山隆範は、コナンの「見た目は子供、頭脳は大人」というフレーズを真似た台詞を口にしている。

なお、プッシュトーンは怜子の歌唱を担当したオペラ歌手・赤池優が担当している。

ストーリー[編集]

高名な元ピアニストの堂本一揮によって創設された堂本音楽アカデミーである日、練習していた堂本の門下生3名が死傷する爆破事件が起こった。その事件がニュースとして流れる頃、パソコンでそれを読む犯人は不敵な笑みを浮かべ、「すべては、静かなる夜のために…」と呟く。

事件の翌週、園子のコネで堂本音楽ホールの完成記念公演の練習を見学していたコナン一行は、初公演も鑑賞する予定となっていた。そこで、一行は天才ソプラノ歌手・秋庭怜子と出会い、彼女が帝丹小学校OGだったことから、光彦の発案でクラスの合唱のコーチをしてもらうこととなる。別の日、怜子の指導の下で練習に励む最中、怜子の飲み物を勝手に飲んだ元太が苦しみ出すが、幸い命に別状はなく、診察の結果、数日間だけ声を出しづらくなるという症状で済む。また、一行はその帰り道、何者かにダンプカーで襲われるが、何とか難を逃れる。

その翌日、情報交換を行なっていた小五郎目暮警部たちは、堂本の門下生がさらに2人殺害されたことを知る。また、被害者容疑者の情報について分析するものの、両者を結び付ける共通点は見付けられずに居た。翌朝、コナンは玲子のもとを訪れ、彼女の趣味である森林浴に同行する。その最中2人はエアライフルで狙撃され、窮地に陥り2人は犯人に狙いを定められるが、何故か引き金は引かれなかった。そのため、2人は何とか魔の手を逃れる事が出来たものの、一連の襲撃が命を奪うまでに至らないことにコナンは違和感を覚える。

公演当日、小五郎たちと共にリハーサルを見学していたコナンは阿笠博士らと合流し、公演まで暇をつぶすこととなった。そこで、コナンと怜子はパイプオルガンの違和感に気付き、堂本にそのことを伝えるべくホールの外へ探しに向かうが、何者かに襲われてしまい2人は意識を失う。公演開始の時刻となって他の者は2人が居ないことに気付くが、2人を探している余裕はなく、2人は不在のまま幕が上がる。公演が始まり、皆、堂本たちの演奏に聞き入っていた最中、会場の外では次々と爆発が起こり、建物の周囲は火の海に包まれるが、ホール内は完全防音のため、たちも含めて爆発に気付く者は居らず、公演が続けられていた。その頃、コナンと怜子は意識を取り戻し、公衆電話を巧みに使って、佐藤刑事たちと連絡を取ることに成功する。2人は救出に来たヘリに乗って急いでホールへと向かい、何とか館内に入った佐藤と高木爆弾捜索を始める。一方コナンは、最後のピースを見付け、犯人と対峙する。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

容疑者[編集]

秋庭 怜子(あきば れいこ)
声 - 桑島法子 / 歌 - 赤池優
ソプラノ歌手。
コナンと同じく絶対音感の持ち主。完璧主義者で口調も厳しいが、他人を思いやる優しさも兼ね備えている。帝丹小学校OGの縁でコーチをした帰路から犯人に命を狙われるようになり、コナンがボディーガードとして同行することになった。森林浴でリフレッシュをする事が趣味と聞かされコナンが警戒する中、犯人の銃撃を受けるも無事に乗り切ることに成功する。救出後は信用を深めて一緒に行動するようになるが、コンサート直前になって、コナンと共に犯人に襲われてしまう。
堂本 一揮(どうもと かずき)
声 - 田中信夫 / 演奏 - 高橋博子
オルガニスト。作曲家。堂本音楽アカデミーの創始者。
本来はピアニストだったが、2年前にパイプオルガンへ転向した。譜和匠とは盟友で、堂本ホールの館長にも直々に推薦している。厳格な性格で、音楽に対しては妥協を許さない人物。一方で、息子の弦也が疑われた際には激怒する感情的な一面も見せる。一番弟子の山根紫音は特にお気に入りで、本来コンサートで演奏するはずだった川辺奏子が重傷を負ったために紫音が大役を射止め、さらには所有していたストラディバリウスも、紫音自身に弾かせることができるようになった。
堂本 弦也(どうもと げんや)
声 - 目黒光祐
ピアニスト。こけら落としコンサートの責任者。堂本一揮の息子。
コンサートの責任者を務める。また、ドイツ語が堪能なことから、ハンス・ミュラーの通訳も担当。リハーサルを見学しにやってきたコナン達にパイプオルガンの説明をしたが、この説明が爆弾を捜索するヒントになった。楽聖と謳われた音楽界の巨匠・ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを尊敬しており、髪型が似ているため小五郎に疑われてしまうが、その髪型は生まれつきで亡くなった母親に似ただけであった。コンサートの当日、怜子とミュラーが姿を消して頭を抱える。
譜和 匠(ふわ たくみ)
声 - 依田英助
堂本ホール館長。元ピアノ調律師。
堂本一揮の盟友にして専属のピアノ調律師だったが、堂本がパイプオルガンに転向したのを機に引退。しかし、彼が弾いていたピアノはアカデミーに寄贈された後も調律を任されている。堂本に誘われて、2年前に堂本ホールの館長に就任した。コナンと同じく絶対音感の持ち主で、調律の腕には絶対の自信を持っている。被害者4人の生活態度に苦言を呈しており、批判的な立場を取っていた。また、コナンに何かのパーツを持って佇んでいるところを目撃されている。
千草 らら(ちぐさ らら)
声 - 水谷優子 / 歌 - 木村聡子
ソプラノ歌手。
堂本音楽アカデミーの9期生。コンサート出演の第1候補だったが、怜子にその座を奪われていた。だが、怜子が犯人に命を狙われていたのを知って、万が一に備え密かに特訓をしていた。そして本番当日、怜子が行方不明となり、彼女より上手に歌えると堂本に訴えるが、上手に歌うのではなく祈るように歌うよう諭される。コンサートの本番、怜子が観客席から乱入し、コンサート会場は異様な雰囲気に包まれるが、怜子の美しい歌声を聞いて敗北を認め、静かに歌うのを止めた。
山根 紫音(やまね しおん)
声 - 金月真美 / 演奏 - 栗原尚子
バイオリニスト。
堂本音楽アカデミーの8期生。堂本一輝のお気に入りで、奏子の代理としてコンサートに出演することになった。皆が談笑している間も爪を噛むなど、神経質な性格だと園子から紹介されている。世界的な名器であるストラディバリウスを持て余しているようで、堂本や怜子からもまだ合わせる段階ではないと指摘されていた。だが、リハーサルでは見事な演奏を披露した。観客席から乱入してきた怜子に動揺するも、堂本が曲をアメージング・グレイスに変更に従った。
ハンス・ミュラー(Hans Muller)
声 - フランシス・ポル
パイプオルガン調律師。ドイツ人。現在は和解しているが、音楽性の違いから堂本と揉めていたことがある。コンサート当日に行方不明となるが、物音のする部屋に突入した佐藤刑事と高木刑事によって、縛られた状態で発見される。コナンは、彼が監禁された理由を犯人が音の違いを気付かせないためだと推理した。

被害者[編集]

河辺 奏子(かわべ そうこ)
声 - 百々麻子
バイオリニスト。コナンと同じく絶対音感の持ち主。爆発事件で重傷を負いコンサートに出演出来なくなった。ショックから前後の記憶が思い出せないでいる。
連城 岳彦(れんじょう たけひこ)
声 - なし
ピアニストで、堂本アカデミーの1期生。2年前までは、水口・志田・曽根とピアノカルテットを組んで活動していた。演奏中に突然発生した爆発で亡くなった。
水口 洋介(みずぐち ようすけ)
声 - なし
チェリストで、堂本アカデミーの1期生。同じくピアノカルテットを組んで活動していた。連城岳彦と同じく演奏中に突然発生した爆発で亡くなった。
志田 治(しだ おさむ)
声 - なし
バイオリストで、堂本アカデミーの1期生。同じくピアノカルテットを組んで活動していた。飲食店経営者。犯人が店内にガスを漏れさせていたため、喫煙した際に発生したガス爆発で亡くなった。
曽根 久男(そね ひさお)
声 - なし
ビオラ奏者で、堂本アカデミーの1期生。同じくピアノカルテットを組んで活動していた。パラグライダーで上空を飛行中、海に墜落して亡くなった。

堂本アカデミー関係者[編集]

相馬 光(そうま ひかる)
声 - なし
フルート奏者で、堂本音楽アカデミーの6期生。秋庭怜子の婚約者だった。3年前、連城らにに無理やり酒を飲まされ、それが原因となった事故で亡くなった。秋庭怜子の寝室に、フルート共に彼の写真が飾られている。

堂本ホール[編集]

女性スタッフ
声 - 坂下千里子
堂本ホールの女性スタッフ。ホールの受付で、男性スタッフと一緒にパンフレットを並べていた。特別出演の坂下千里子は、同僚のスタッフと話す数秒間の出演。
アナウンス
声 - 百々麻子
堂本ホールの劇場内から、秋庭怜子が行方不明のため出演できなくなり、急遽、第2候補だった千草ららに変更されたと伝えていた女性スタッフのアナウンス。

警察関係者[編集]

操縦士
声 - 古澤徹
コナンと怜子をヘリに搭乗させ、堂本ホールの屋上に降ろした男性操縦士。突如発生した熱気による影響で、コナンと佐藤刑事に降りるか決断するよう急かした。

メディア関係者[編集]

アナウンサー
声 - 西尾由佳理
堂本ホールで発生した爆発事件の現場中継をしていた女性アナウンサー。ホール前でリポートをしていたが、背後で爆発したことで慌てて退避していた。

米花町の住人[編集]

ゲームの少年
声 - 山里亮太南海キャンディーズ
コナン一行を襲撃したダンプカーに電線が破壊されたため、ゲーム画面が消え慌てていた。数秒間の出演だったが、山里は久々となる芸人ゲスト出演となった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ZARD翼を広げて
作詞 - 坂井泉水 / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - 明石昌夫

工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件[編集]

『名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件』は、2008年OVA作品。コナンの新一時代を舞台にした初のOVAシリーズで、『戦慄の楽譜』にて蘭が回想するシーンが描かれている。

登場人物(OVA)[編集]

エンディングテーマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b 2008年(平成20年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2015年5月16日閲覧。
  2. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年6月6日閲覧。 
  4. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年6月6日閲覧。 
  5. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年6月6日閲覧。 
  6. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年6月6日閲覧。 
  7. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年6月6日閲覧。 
  8. ^ 第20作『純黒の悪夢』のゲストキャラクター・キュラソーは眼のみポスターに描かれている。
  9. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 戦慄の楽譜』 小学館ジュニア文庫〉、2014年2月26日全国書誌番号:22369957ISBN 978-4092306462OCLC 871234863ASIN 4092306466
  10. ^ "名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)". 金曜ロードショー. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2009年4月17日放送. 2016年3月28日閲覧。
  11. ^ "名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)". 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2011年8月19日放送. 2016年3月28日閲覧。
  12. ^ "名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)". 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2014年12月19日放送. 2016年3月28日閲覧。
  13. ^ "指を使わず電話をかける!?". 探偵!ナイトスクープ. テレビ朝日系列. 朝日放送. 2009年6月5日放送.
  14. ^ タイトルコール及び、エピローグにおいて「語り」として声のみ一言だけ登場。従来は主役ゆえに、エンディングの「声の出演」としては、トップにクレジットされている。

外部リンク[編集]