押しボタン式電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
押しボタン式電話機

押しボタン式電話機(おしボタンしきでんわき)は、ダイヤル操作を押しボタンで行う電話機のこと。回転ダイヤル式電話機(黒電話など)の対語として用いられる。プッシュ式電話機などとも呼ばれる。

登場初期には後述するトーンダイヤル方式専用の電話機を指し、ダイヤルパルス方式専用である回転ダイヤル式電話機とあわせて、それら回線方式を区別する用語としても機能したが、日本においては1985年以後の電話機の自由化により押しボタン式電話機でトーンダイヤル方式/ダイヤルパルス方式に共用できるものが登場[1]しており、電話機の外観が押しボタン式電話機であっても回線種別がトーンダイヤル方式とは限らなくなった。

トーンダイヤル方式[編集]

ダイヤルトーン方式とも称される。また、トーンダイヤル方式に対応した加入者線はトーンダイヤル回線やダイヤルトーン回線、略してトーン回線と呼ばれる。

1964年AT&Tがサービスを開始した。市販品としてはウェスタン・エレクトリック社がWestern Electric Model 1500という電話機を1964年に発売している。最大の特徴は、それまで回線接続のためのシグナリング信号であったパルス信号に代えて、規定周波数トーン信号を用いたことにある。パルス信号は規定時間内にメーク(接)/ブレーク(断)のパルス信号を送信して番号を決定するため、電話番号を全て交換機に送信するにはある程度の時間が必要とされた。これに対し、トーン信号の場合は各番号に割り当てられた固有周波数の音で番号を決定するため、電話番号を送信する時間が大幅に短縮されることとなった。

最初の市販電話機Western Electric Model 1500は現在のものと異なり、「Sextile-symbol.svgスター、星印)」、と「#(通称井桁、シャープ)」のボタンがない1から0の10ボタン式であった。1967年発売のModel2500から、両ボタンが追加され、現在と同様の12ボタンとなっている。日本では1969年5月17日に発売され、翌年に公募から「プッシュホン」と命名された。トーン回線/パルス回線の共用交換機の整備が遅れ、トーン回線は専用の交換機を使用する必要があった。そのため電電公社は、プッシュホンの基本料金をダイヤル式よりも高額に設定せざるを得ず、パルスダイヤル式電話機が長い間併用されることとなった。初期には今で言う「電卓」の機能があり、電電公社の計算機を利用できた (DIALS)。

プッシュホンは『ピッポッパ』と呼ばれることがあるが、これは普及初期に「短縮ダイヤルサービス」(∗ボタン+数字2桁で、あらかじめ交換機に登録しておいた番号に電話がかけられる)をプッシュホンの売りにしていた名残である。

なお、前述した日本のプッシュホン(トーン回線)の基本料金は、パルス回線と同額になっている場合もある、同一の電話会社でも地域により異なる場合があるため料金の詳細については各電話会社の情報を参照。

ダイヤルパルス方式[編集]

回転ダイヤル式電話機と同じ、ダイヤルパルス(パルス回線)を通信に用いる方式。アウトパルス方式ともいう。

こちらは、内部的には回転ダイヤル式電話機と同じ処理を行っている。回転ダイヤル式電話機はダイヤルを回すたびにパルス信号(「ジジジ…」と聞こえる)を電話交換機に向けて発信しているが、パルス式押しボタン式電話機も押しボタンが押されるたびに、電話機内部で「ジジジ…」というパルス信号を生成し、電話交換機に向け発信しているのである[2]。このパルス音を生成する処理があるため、トーン回線に比べ発信にやや時間がかかるという欠点がある[3]

なお、近年のパルス式押しボタン電話機は、ほぼすべての機種でトーン信号を発信する機能を備えている。

しかし、この方式であっても、#ダイヤル番号は利用できない。

ボタンの配置[編集]

ボタンの配置は国際電気通信連合で勧告されている。

1 2 3
4 5 6
7 8 9
0 #

脚注[編集]

  1. ^ トーンダイヤル方式/ダイヤルパルス方式共用の電話交換機普及も相まって、パルス回線専用の回転ダイヤル式電話機は減少している
  2. ^ なお、この音は受話器からは聞こえないように処理されているため、利用者には聞こえない。ただし、電話機により「ブブブブ…」という音がかすかに聞こえることもある。
  3. ^ ボタンを押し終わってから、呼び出し音が鳴り始めるまでの無音時間がそれにあたる。