諏訪道彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すわ みちひこ
諏訪 道彦
2008年フランスパリで開催されたChibi Japan Expoにて撮影
生誕 (1959-04-14) 1959年4月14日(64歳)
愛知県豊田市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪大学工学部
職業 テレビプロデューサー
活動期間 1983年 -
テレビ番組名探偵コナン」他
肩書き 株式会社アスハPP 代表取締役
任期 1986年 - 2019年
讀賣テレビ放送執行役員待遇 編成局 アニメーション部 エグゼクティブ・プロデューサー
2019年-2023年
ytv Nextry専務取締役
2023年
讀賣テレビ放送 編成局 アニメーション部 → コンテンツ戦略局 アニメーションセンター 特別嘱託
公式サイト すわっちわ〜
テンプレートを表示

諏訪 道彦(すわ みちひこ、1959年4月14日 - )は、日本テレビプロデューサーデジタルハリウッド大学客員教授[1]

愛称は「スワッチ」。

来歴・人物[編集]

愛知県豊田市出身。豊田市立挙母小学校豊田市立崇化館中学校愛知県立岡崎高等学校大阪大学工学部卒業[2]1983年讀賣テレビ放送(ytv)に入社(同期は現フリーアナウンサーの牧野誠三森武史[3])、本社制作部に配属され、バラエティ番組11PM』にADとして参加する[4]。同番組の1985年3月5日放送分でディレクターに昇格した[4]後、1986年には東京制作局[注 1]へ異動となり、『ロボタン』からアニメのプロデュースを始める。

代表作の『名探偵コナン』を筆頭に『シティーハンター』『YAWARA!』『金田一少年の事件簿』『犬夜叉』『ブラック・ジャック』『ブラック・ジャック21』『魔法騎士レイアース』『エンジェル・ハート』『結界師』『輪廻のラグランジェ』などのテレビアニメプロデューサーを務めている。

劇場化の際の企画やプロデュースも行っており、『名探偵コナン』シリーズの製作で2013年藤本賞特別賞を受けた。

同局でOVA作品やアニメ映画を学生の休み期間中に短期集中で放送する枠『アニメだいすき!』が1980年代に設けられたのは、「アニメの可能性を探りたい」とする自身の企画による。1987年、春休みのある1日のうち、7時間をアニメで編成して開始。1988年には本人のインタビュー映像を含む押井守作品特集が組まれた。

担当作品のキャラクターが描かれたトランクを常に持ち歩いてトレードマークとしており、その中に詰め込んだ漫画雑誌を週に10冊は読んでは、アニメ化企画を探す日々という。

『結界師』と『ヤッターマン』では、少しでも本編の時間を増やすため、本編中に提供クレジットスーパーで表示するといった放映フォーマットの改革を行った。

過去に雑誌『月刊ニュータイプ』の企画で、同じく在阪局勤務で数々のアニメプロデュースで知られている毎日放送MBSテレビ)の竹田青滋と対談したことがある。日本放送協会MAG・ネット』ではMBSの丸山博雄テレビ東京東不可止、NHKの斉藤健治などアニメプロデューサーと共に討論に参加している。

2012年4月より文化放送のインターネットラジオ放送・超!A&G+にてラジオ番組『諏訪道彦のスワラジ』を放送開始。子供の頃の夢と語っていたラジオ番組のパーソナリティを実現させた。

2013年7月1日より局長待遇、2017年6月23日より執行役員待遇編成局・アニメーション部所属のエグゼクティブ・プロデューサーに昇任。

定年に伴い、2019年6月1日より関連会社のytv Nextryに出向し、専務取締役に就任。テレビアニメに関わる業務は出向後も継続するとしていた。[5]2023年6月1日付で讀賣テレビ放送編成局・アニメーション部に特別嘱託として復帰[6]。同年7月からはコンテンツ戦略局アニメーションセンターに所属[7]し、同年9月でytvを退職[8]。同年10月からは個人会社として、株式会社アスハPPを設立[9]している。

担当番組[編集]

放映中[編集]

過去[編集]

バラエティー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ゲスト出演[編集]

諏訪道彦をモデルにしたキャラクター[編集]

諏訪をモデルにしたキャラクターが、作品にたびたび登場している。

名探偵コナン
原作単行本第11巻[16]・アニメ第31話[17][18]「テレビ局殺人事件」で、「日売テレビ(NUT)プロデューサー・諏訪道彦」として、松尾貴史に殺害されている[注 3]声優若本規夫
アニメ第594-595話「広島宮島七不思議ツアー」[20][21]とアニメ第636-637話「世界一受けたい授業事件」[22][23]では、「上諏訪幹彦(かみすわ みきひこ)」の名前で登場。声優は加門良
『ブラック・ジャック』
アニメ第52話「一瞬の目撃者」[24]では、「敏腕プロデューサーでありながら爆弾マニアの爆破犯・諏訪道彦」として逮捕されている。声優は安原義人
こちら葛飾区亀有公園前派出所
他局で放送された作品であり担当作品でもないが、「プロデューサー・素輪道彦」として原作とアニメに登場している。声優は杉野博臣

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年7月から2009年6月までは、編成局・東京制作センター(同年7月以降はアニメ事業部)へ役職変更。
  2. ^ 開始当初から2019年5月25日まではプロデューサー→チーフプロデューサー兼務、2023年9月30日を以て降板。
  3. ^ 後年、諏訪は思い出深いエピソードとしてこの話を挙げており、制作に際して青山剛昌と共に日売テレビの外観モデルとなった日本テレビの麹町旧社屋をロケハンしたことも良い思い出だと述べている[19]

出典[編集]

  1. ^ 諏訪 道彦 客員教授”. デジタルハリウッド大学. 2020年10月6日閲覧。
  2. ^ 橋詰美幸「こころは三河 私の古里 アニメプロデューサー 諏訪道彦さん」 『中日新聞』2013年10月14日付朝刊、三河版、24面。
  3. ^ 森たけしアナウンサー”. すわっちわ〜. note (2020年4月2日). 2020年10月6日閲覧。
  4. ^ a b 諏訪道彦 (2012年11月8日). “藤本義一さんと大阪イレブン”. スワッチのアニメ日記. 讀賣テレビ放送. 2020年10月6日閲覧。
  5. ^ 諏訪道彦 (2019年5月30日). “人事異動”. 2023年6月30日閲覧。
  6. ^ 諏訪道彦 (2023年6月2日). “異動報告です|すわっち日記”. 2023年6月30日閲覧。
  7. ^ 諏訪道彦 (2023年6月30日). “2023年も折り返しです。|すわっち日記”. 2023年10月28日閲覧。
  8. ^ 諏訪道彦 (2023年9月29日). “最後の会社出勤日|すわっち日記”. 2023年10月28日閲覧。
  9. ^ 諏訪道彦 (2023年10月2日). “アスハPP始動です!|すわっち日記”. 2023年10月28日閲覧。
  10. ^ ロボタン | 1980年代 | TMS作品一覧”. アニメーションの総合プロデュース会社 トムス・エンタテインメント. 2024年2月9日閲覧。
  11. ^ 魔法騎士レイアース | 1990年代 | TMS作品一覧”. アニメーションの総合プロデュース会社 トムス・エンタテインメント. 2024年2月9日閲覧。
  12. ^ 名探偵コナン | 名探偵コナン | TMS作品一覧”. アニメーションの総合プロデュース会社 トムス・エンタテインメント. 2024年2月8日閲覧。
  13. ^ エンジェル・ハート | 2000年代 | TMS作品一覧”. アニメーションの総合プロデュース会社 トムス・エンタテインメント. 2024年2月9日閲覧。
  14. ^ 芸人報道 GNN 2012年 本当にやりたい仕事逆オファースペシャル”. 日本テレビ放送網. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
  15. ^ 諏訪道彦 (2007年9月17日). “09月17日”. スワッチのアニメ日記. 讀賣テレビ放送. 2020年10月6日閲覧。
  16. ^ テレビ局殺人事件、小学館 - 2020年11月19日閲覧。
  17. ^ 第31話 「テレビ局殺人事件」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  18. ^ 「テレビ局殺人事件[デジタルリマスター版]」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  19. ^ “【インタビュー】「真実はいつもひとつ!」の生みの親、諏訪道彦が語るアニメ『名探偵コナン』誕生秘話”. ライブドアニュース (LINE). (2019年9月6日). https://news.livedoor.com/article/detail/17041456/ 2020年10月6日閲覧。 
  20. ^ 第594話 「広島宮島七不思議ツアー(宮島編)」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  21. ^ 第595話 「広島宮島七不思議ツアー(広島編)」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  22. ^ 第636話 「世界一受けたい授業事件(前編)」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  23. ^ 第637話 「世界一受けたい授業事件(後編)」、読売テレビ - 2020年11月19日閲覧。
  24. ^ 「Karte:52 一瞬の目撃者」

外部リンク[編集]