牧野誠三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まきの せいぞう
牧野 誠三
プロフィール
愛称 マッキー、まきちゃん
出身地 日本の旗 福岡県福岡市
生年月日 (1957-07-31) 1957年7月31日(63歳)
最終学歴 関西学院大学商学部
勤務局 読売テレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1983年 -
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

牧野 誠三(まきの せいぞう、1957年7月31日 - )は、読売テレビの編成局アナウンス部 アナウンサー。

略歴[編集]

福岡県福岡市の出身。関西学院大学商学部を卒業後、1983年アナウンサーとして読売テレビに入社した。同期にフリーアナウンサーの森たけし(森武史)とアニメプロデューサーの諏訪道彦がいる。

大学時代には、読売テレビの元アナウンサー・生田博巳が主宰する生田教室でアナウンス技術の研鑽に努めながら、学内放送機関の「関西学院大学総部放送局」で活動。同局の活動で知り合ったTTB所属のフリーアナウンサーと、読売テレビへの入社後に結婚した。当時毎日放送と専属出演契約を結んでいた妻は、この結婚を機に放送の第一線から退いている。

牧野自身は、読売テレビへの入社後に、主にスポーツアナウンサーとして活動。一時は、『週刊トラトラタイガース』(阪神タイガースの情報番組)や『まるごとバファローズタイム』(近鉄バファローズの情報番組)でサブキャスターを務めた。その後は、アナウンス部以外の部署への異動を経て、2010年からアナウンス部に復帰。復帰後は、管理職(主任)の立場で部内の総務に従事するかたわら、新人アナウンサーへの指導、『NNNドキュメント』(読売テレビ制作分)、『かんさい情報ネットten.』「カラクリ」(密着取材特集)のナレーター、ローカルニュースを担っている。

東京ニュース通信社が毎年10月下旬に刊行している『TVスター名鑑』では、2011年版から読売テレビのアナウンサーを紹介するページで牧野のプロフィールを掲載。しかし、同局の公式サイトでは長らく、牧野を「アナウンサー」として紹介していなかった。2014年4月にアナウンス部のページを「チーム ytvアナ」へ一新したことを機に、チーム(同部)の一員として牧野を紹介するページが設けられた(#外部リンクを参照)。

なお、2017年の誕生日で読売テレビの定年(60歳)に達してからも、嘱託契約の再雇用扱いでアナウンサーとしての活動を続けている。同局を定年で退職したアナウンサーが、退職後もアナウンサーとして再び雇用された事例は牧野が初めてとされる。

出演[編集]

現在[編集]

上記の番組以外にも、読売テレビ制作の情報・報道番組で吹き替えを担当することがある。

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『NNNドキュメント』2010年8月22日放送分「たけじいの祈り 佐用町水害 孫捜しの1年」

外部リンク[編集]