それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
えいが それいけ!アンパンマン
ミージャと魔法のランプ
監督 矢野博之
脚本 金春智子
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
大島優子
ナイツ塙宣之土屋伸之
長沢美樹
平野綾
製作会社 アンパンマン製作委員会2015
TMS
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2015年7月4日
上映時間 46分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5.4億円[1]
前作 それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い
次作 それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』(それいけアンパンマン ミージャとまほうのランプ)は2015年7月4日に公開された日本アニメ映画。『それいけ!アンパンマン』シリーズ通算第27作。同時上映作品は『それいけ!アンパンマン リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり』。

概要[編集]

キャッチコピーは「ランプの世界で大冒険がはじまるよ!」。前作はやなせたかしの遺作を原作としていたため、やなせ没後に本格的に制作された最初の劇場版作品。本作から亡くなったやなせに代わり、フレーベル館アンパンマン室長を務める天野誠が原作協力という肩書きのもと映画製作に関与している。

今作は女優の大島優子ランプの精霊「ミージャ」役[2]、お笑いコンビ・ナイツ塙宣之がミージャの持つ「ランプの精霊」役、土屋伸之が「お菓子の魔神」役としてゲスト出演した[3]

初動興行収入が8511万3700円と東京テアトル配給による劇場版の最高記録を更新し[4]8月30日付の興行収入は5.2億を超え、それまで東京テアトル配給作品で最も興行収入が高かった第24作『よみがえれ バナナ島』を上回った[5]。興行収入が5億円を超えたのは、現時点で歴代1位の第2作『ばいきんまんの逆襲』(松竹富士配給)と『よみがえれ バナナ島』に続いて3作目となる。

あらすじ[編集]

不思議なランプを拾ったクリームパンダとコキンちゃん。ランプの中から現れたのは、精霊の女の子・ミージャだった。

3人は彼女の魔法でランプの世界へ入り込むが、魔法の腕輪が壊れてしまい、元の世界に戻れなくなってしまう。

ミージャ達は腕輪を直すため、力を合わせて魔法の泉を目指すが、彼らの前にお菓子の魔神や『怖い怖いの森』の怪物などの巨大な敵が立ちはだかる[6][7]

登場キャラクター(キャスト)[編集]

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター[編集]

アンパンマン
- 戸田恵子
唯一ランプにされなかった。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
ランプの中の世界を乗っ取ろうと、魔法の泉に飛び込んで、「魔神バイキンマン」と化する。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
ホラーマン
声 - 肝付兼太
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
しょくぱんまん
声 - 島本須美
メロンパンナ
声 - かないみか
 魔人と化したばいきんまんにメロメロパンチを繰り出すも、傘で塞がれそのまま、しょくぱんまんとカレーパンマンをメロメロにしてしまった。
クリームパンダ
声 - 長沢美樹
「ルビーの願い」「シャボン玉のプルン」に続いて彼がメインとなっている。
コキンちゃん
声 - 平野綾
劇場版本編への登場は本作が初となる。本作ではアンパンマンの味方側となっている。
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
カバオくん
声 - 山寺宏一
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
ピョン吉(ピョンきち)
声 - 原えりこ
ウサ子(ウサこ)
声 - 中村ひろみ
アリンコキッド
声 - 山口清裕
初代声優の山口健の死去に伴い、息子の清裕が声を担当した。
かびるんるん

ゲストキャラクター[編集]

ミージャ
性別 - 女 / 声 - 大島優子
本作のヒロイン。ランプの精の少女。魔法が使えるが、左手につけている腕輪が壊れていると使えない。
ランプの精霊(ランプのせいれい)
性別 - 男 / Aの声 - 塙宣之ナイツ[3]、Bの声 - 森圭介(日本テレビアナウンサー)
性別 - 女 / Cの声 - 郡司恭子(日本テレビアナウンサー)、Dの声 - 宮川美保
お菓子の魔神(おかしのまじん)
性別 - 男 / 声 - 土屋伸之(ナイツ)[3]
魔神バイキンマン
魔法の泉で巨大なランプの魔神に変身したばいきんまん。魔法でブラックバードを出したり、手から放す光線で相手をランプに変えることができる。その後、自らに魔法をかけ、3首の巨大ドラゴンに変身してアンパンマンを襲うも、アンパンマンにランプを破壊され、元に戻り敗れ去った。

その他の登場キャラクター[編集]

やなせうさぎ
ドデカツリーの人々
フラワー姫
フラワーさん
チューリップさん
ゆりさん
アネモネさん
すいせんさん
ペンギンぼうや

用語[編集]

ランプの国(ランプのくに)
ランプ山(ランプやま)
魔法の泉(まほうのいずみ)
お菓子の谷(おかしのたに)
怖い怖いの森(こわいこわいのもり)

乗り物と道具[編集]

飛行船アンパンマン号(ひこうせんアンパンマンごう)
ドキンUFO(ドキンユーフォー)
ブルーティアーズ号(ブルーティアーズごう)

バイキンメカ[編集]

バイキンUFO(バイキンユーフォー)
バイキンペンキロボ

スタッフ[編集]

  • 原作:やなせたかし(フレーベル館刊)
  • 製作:中山良夫、田村学、竹崎忠、松本俊哉、越尾正子、田中智子、渡辺祐司
  • 原作協力:天野誠
  • プロデューサー:中谷敏夫、久保雄輔、星野恵、大島由香
  • 脚本:金春智子
  • 音楽:いずみたく、近藤浩章
  • キャラクターデザイン・作画監督:前田実
  • 美術監修:石垣努
  • 美術監督:小山田有希
  • 色彩設計:原田幸子
  • 撮影監督:佐々木明美
  • 編集:小宅貴史
  • 音響監督:山田知明
  • 音楽監督:鈴木清司
  • 音響効果:糸川幸良
  • 演出:橋本敏一、山内東生雄
  • 文芸担当:上田菜保子
  • 担当プロデューサー:岩崎和義
  • 監督:矢野博之

楽曲[編集]

オープニング『アンパンマンのマーチ』
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
テーマ曲『アンパンマンたいそう』
作詞:やなせたかし、魚住勉、作曲:馬飼野康二、編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング

それいけ!アンパンマン リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり[編集]

リズムでうたおう!
アンパンマン夏まつり
監督 日巻裕二
脚本 米村正二
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
公開 日本の旗 2015年7月4日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 たのしくてあそび ママになったコキンちゃん!?
テンプレートを表示

『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』と同時上映の短編アニメ。

概要[編集]

夏祭りを題材とした作品。前作に引き続き、劇場で観客達が歌ったり手拍子をしたりしながら楽しめる作品になっている[6]

本作をもって同時上映作品の制作は休止されているが、観客参加型の内容は翌年以降の劇場版本編に継承されている。

登場キャラクター[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

アンパンマン
声 - 戸田恵子
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
ホラーマン
声 - 肝付兼太
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
しょくぱんまん
声 - 島本須美
メロンパンナ
声 - かないみか
クリームパンダ
声 - 長沢美樹
どんぶりまんトリオ
てんどんまん
声 - 坂本千夏
カツドンマン
声 - 三ツ矢雄二
かまめしどん
声 - 山寺宏一
みみせんせい
カバオくん
声 - 山寺宏一
ピョン吉(ピョンきち)
ウサ子(ウサこ)
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
クマ太(クマた)
ネコ美(ネコみ)
ブタお
モン吉(モンきち)
コン太(コンた)
かびるんるん

その他の登場キャラクター[編集]

シドロ&モドロ
声 - ドリーミング
マイクマン
声 - 藤井恒久(日本テレビアナウンサー)
タイコマン
声 - 堀内賢雄
たいやきまん
声 - 内田直哉
たこやきまん
声 - 堀内賢雄
おこのみやきまん
声 - 山寺宏一
はなびまん
声 - 内田直哉
べろべろまん
やみるんるん
ストローこうもり
ヒヤリのゆうれい
いたずらオバケトリオ
でろろんオバケ
ずろろんオバケ
どろろんオバケ
なまけオバケ
笑いオバケ
大食いオバケ
くしゃみおばけ
かさおばけ
さかさまん
りんごちゃん
ドーナツマン
ベビードーナツ
マダム・ナン
エクレアさん
プリンちゃん
おダンゴちゃん
やなせうさぎ

乗り物と道具[編集]

バイキンメカ[編集]

お祭りだだんだん

楽曲[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]