名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン
探偵たちの鎮魂歌
Detective Conan
The Private Eyes' Requiem
監督 山本泰一郎
脚本 柏原寛司
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
神谷明
山口勝平
堀川りょう
石田彰
古谷徹
音楽 大野克夫
主題歌 B'zゆるぎないものひとつ
撮影 野村隆
編集 岡田輝満
制作会社 トムス・エンタテインメント
製作会社 名探偵コナン 製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年4月15日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 30.3億円[1][2][3][4][5][6][7]
前作 名探偵コナン 水平線上の陰謀
次作 名探偵コナン 紺碧の棺
テンプレートを表示

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』(めいたんていコナン たんていたちのレクイエム)は、2006年4月15日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第10作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は111分。興行収入は30億3000万円[1][2][3][4][5][6][7]

劇場版『名探偵コナン』の10周年記念作品であり、第30回日本アカデミー賞において優秀アニメーション作品賞を受賞した。キャッチコピーは「探偵たちよ、安らかに眠れ」「さよなら、コナン」。

概要[編集]

記念すべき10作目ということで、全レギュラー陣がほぼ勢揃いしたオールスターとして制作された。オールスター作品に仕立てられたのは原作者・青山剛昌の要望である。TVシリーズのキャラクターからは、ゴロ服部平蔵遠山銀司郎横溝重悟白馬探が初登場。本作での白馬探は怪盗キッドの変装姿としてのみで本人は未登場である。また、本編のアフレコ直前に円谷光彦役の大谷育江が休業したため代役として折笠愛[注 1]が光彦の声を演じている[注 2]。大谷はその後、テレビアニメシリーズで復帰を果たしている。また、『迷宮の十字路』以来3年ぶりに服部平次遠山和葉大滝警部が、『銀翼の奇術師』以来2年ぶりに妃英理中森銀三怪盗キッドが、『瞳の中の暗殺者』以来6年ぶりに栗山緑が登場。

また「オールキャラ登場!」となっているが、本編で登場していないキャラクターも多数いる。しかし、佐藤刑事と高木刑事がカレーを食べているシーンで、後ろの人ごみの中に祖母を連れて遊びにきている群馬県警の山村刑事がいる等[注 3]の他、佐藤・高木・千葉刑事らと共にレストランで待機している場面に、交通課婦警宮本由美も登場していると思われ、本作では制服ではなく私服に変装した姿で千葉刑事の横に立っている[注 4]など、一部のキャラクターは映画中にさりげなく登場している。一方、平次と白馬はこの作品で初めて関わったが、公開直前に原作において2人が初めて対面するエピソード[8]が描かれたため、本作は原作とは矛盾が生じている。

ポスターやパンフレットでは、コナンのメイン・サブレギュラー(主要な話に関わった人物など)キャラクターがほぼ全員集合したものが描かれ、既に亡くなっているキャラクターの頭上には天使の輪のようなものが描かれていた。なお、第6作『ベイカー街の亡霊』以降で、タイトルと同時に公開されるポスターが原作者による書き下ろしでなくアニメ原画なのは本作と次作の2作だけである。

本作では、OPムービーに入る前にメインテーマが少し流れ、コナンの左目のアップからOPムービーに入っている。また、作品解説はパソコンの画面を模しており、過去9作の解説の冒頭に出てきた新聞記者は登場していない。レギュラーメンバーの顔写真をクリックした後にムービープレイヤー風に再生されるという特異な形式となっている。

本作の脚本はアニメシリーズの第1話を担当した柏原寛司が担当している(柏原は次作『紺碧の棺』でも脚本を担当している)。使われたBGMの中に『世紀末の魔術師』バージョンの「キミがいれば」や『水平線上の陰謀』バージョンのメインテーマがあり、他の映画のメインテーマが使われたのは本作が初である。また、次作以降では一部の作品を除いて挿入歌が使われていない。

恒例の駄洒落クイズは本作では阿笠博士ではなく蘭が出題している。

近年のシリーズ同様、本作も小説版が小学館のジュニア文庫(小学館ジュニアシネマ文庫)から2013年10月30日に発売されている[9]

本編では常時コナンの服装が私服であり、ポスターや解説を除くと初めてジャケット姿のコナンが登場していない[注 5]

本作がレンタル用VHSビデオが出された最後の作品となり、以降の作品はDVDに完全移行した。

ストーリー[編集]

ある人物から調査依頼を受けた小五郎は、コナン・蘭・少年探偵団と共に、横浜に新しくできたテーマパーク「ミラクルランド」を訪れた。その敷地内にある「レッドキャッスルホテル」に着いた一行は、高田と名乗る依頼人の秘書からスイートルームに案内され、ミラクルランドの腕時計型フリーパスID[注 6]を配られる。全員がそれを腕に装着し、コナンは大喜びの蘭や少年探偵団たちとミラクルランドに向かおうとするが、高田に部屋に残るように言われる。

部屋にはコナンと小五郎だけが残った。高田がリモコンを操作すると、顔を隠した依頼人がモニターに映し出された。依頼人はコナンと小五郎に「私が出すヒントを元に、今から12時間以内にある事件を解決してもらいたい。もしできなかったら、全員のフリーパスIDを爆破する。」と迫る。先ほど配られたフリーパスIDには時限装置付きのプラスチック爆弾が仕掛けられていたのだ。これによりコナン達は時間にも追われることとなった。さらに、無理やり外した場合も爆発するという。また、探偵以外のフリーパスIDの場合は、一旦ミラクルランドのゲートから中に入ると、それ以後ミラクルランドの一定エリア内から出た時にも爆発する仕掛けになっているという。このエリアにはミラクルランドのほぼ全域が含まれるが、大型遊具の「スーパースネーク」も一部がエリア外を通るため、作中で灰原哀らは、手首に爆弾が付けられていると知らない毛利蘭たちがスーパースネークに乗らないよう腐心することになる。小五郎の顔なじみの竜阿茶の爆死シーンがモニターに映し出され、依頼人から第1のヒントを受け取ったコナンと小五郎は、レッドキャッスルホテルを飛び出した。

捜査の過程で、コナンは服部平次・白馬探・怪盗キッドらに遭遇する。平次と白馬もまた、爆弾付のIDを付けられてしまったのだ。さらに、怪盗キッドは最近何者かに命を狙われており、その関係で中森警部ら警視庁捜査二課の他に、横溝重悟ら神奈川県警捜査一課も動いていた。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

依頼人
毛利小五郎に依頼をしてきた謎の男性。モニター画面から指示を与えるのみで、顔も隠され声も変えられている。何故かコナンのことを「工藤新一君」と呼ぶ。

容疑者[編集]

伊東 末彦(いとう すえひこ)
声 - 古谷徹[注 7]
ファーイースト・オフィス社長。
現金輸送車襲撃事件の容疑者だったが、入院先の病院から逃亡して現在は行方不明となっている。学生時代は横浜海洋大学の横浜犯罪研究会に所属しており、3代目の部長だった。同じく研究会にいた清水麗子と西尾正治とは友人関係で、3人は強盗事件の容疑者として指名手配されていた。事件を引き起こしたことで研究会からは除名処分とされ、単独の自動車事故を起こして車椅子での生活を余儀なくされている。自分語りが好きで、麗子からも退屈な男だと見下されていた。
清水 麗子(しみず れいこ)
声 - 平野文
ファーイースト・オフィス秘書室長。
容姿端麗な美女で、男性を手玉に取り思い通りに操っている。また、両利きのため拳銃を同時に2丁使用できる。現金輸送車襲撃事件の重要参考人だったが、取り調べ期間中に崖から身を投げるも遺体は発見されなかった。伊東末彦らと同じ横浜海洋大学のCRY横浜犯罪研究会出身で、伊東・西尾と組んで現金輸送車襲撃事件を計画する。だが、怪盗キッドに犯行を目撃され、先輩の深山総一郎に彼を始末するよう頼んだ。計画が失敗すると深山を見捨て、現金を独り占めしようとした。

ミラクルランド[編集]

高田 正雄(たかだ まさお)
声 - 田原アルノ
依頼人の秘書。依頼人の顔と居場所は知らされていない。笑顔を絶やさない穏やかな風貌だが、依頼人からの要求を遂行する冷酷さも併せ持っている。
竜 阿茶(りゅう あちゃ)
声 - 小山力也[注 8]
依頼人から小五郎と同じ調査を依頼された探偵で、小五郎とも組んだことがある。名前の由来は『リュウ・アーチャーシリーズ』のリュウ・アーチャー。
大野(おおの)
声 - 小野坂昌也
女性にひったくりをした男性。歩美を人質にして逃亡を試みたが、園子に突き飛ばされて歩美を逃がしてしまう。最後は佐藤刑事に返り討ちにされて逮捕された。
パソコン音声
声 - 池本小百合
伊東末彦が操作していたパソコンの音声。コナンが爆弾のプログラムを解除するための操作をしている間、爆発までのカウントダウンを知らせていた。
アナウンス
声 - 引田有美
ミラクルランドで流れていたアナウンス。人気アトラクションのため、混雑しているスーパースネークで蘭と少年探偵団が雑談している後ろから流されていた。
茂木 遥史(もぎ はるふみ)
声 - なし
小五郎と同じ調査を依頼された探偵。原作・アニメ「集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド」に登場。本作では名前と写真だけ登場した。
槍田 郁美(そうだ いくみ)
声 - なし
茂木と同じく小五郎と同じ調査を依頼された探偵。原作・アニメ「集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド」に登場。茂木と同じく名前と写真だけ登場した。

横浜海洋大学[編集]

武(たけし)
声 - 遊佐浩二
横浜海洋大学のCRY横浜犯罪研究会に所属する男性部員。調査にやってきたコナン一行に、犯罪研究会を除名処分となった伊東末彦らの情報を提供した。
優(ゆう)
声 - 半場友恵
横浜海洋大学のCRY横浜犯罪研究会に所属する女性部員。横浜海洋大学を受験すると答えた白馬探に、大学に合格したらクラブに入会しないかと勧誘していた。

その他のキャラクター[編集]

深山 総一郎(みやま そういちろう)
声 - 野島昭生
深山商事社長。美術館の宝石を怪盗キッドに狙われているため、プロのスナイパーを雇ってキッドと対決するも、マシンガンを乱射され警察を呼び寄せられる。
カズ
声 - 岩田光央
潰れたホテルに住んでいたホームレスの男。コナンと小五郎が2人きりで来たことから、自分と同じホームレス仲間だと勘違いしていた。
占い師
声 - 杉山佳寿子
数日前に起こった現金輸送車襲撃事件の目撃者。事件の調査をしていたコナンと平次に不吉な忠告をするが、この占いはある意味で的中することになった。
刑事
声 - 梁田清之[注 9]
中森警部の部下。コナンらの事情を知らなかったため、逃げようとした小五郎を捕まえてしまった。取り調べの最中でも小五郎の隣で威圧的な態度で立っていた。
警官
声 - 大沢在昌[注 10]
コナンと小五郎に道を尋ねられていた自転車でパトロール中の警官。再開発のため高島町の町名が変更され「みなとみらい」になっていたことを伝えた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

B'zゆるぎないものひとつ
作詞 - 稲葉浩志 / 作曲 - 松本孝弘 / 編曲 - 松本孝弘・徳永暁人・稲葉浩志
CD版とはイントロが別バージョンになっている。また、エンディングは端折られてエピローグに流れている。
3月31日にはCD版の方が『ミュージックステーション』で披露され、コナンの映画主題歌が同番組で披露されるのは、2年ぶり2回目。

挿入歌[編集]

キミがいれば(世紀末バージョン)」
作詞 - 高柳恋 / 作曲 - 大野克夫 / 歌 - 伊織
想い出たち〜想い出〜
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 大野克夫 / 歌 - 高山みなみ

映像ソフト化[編集]

  • (日本語) 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 通常版 (DVD). 小学館.. (2006年12月13日). ASIN B000JGWC4C 
  • (日本語) 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 初回生産限定盤 (DVD). 小学館.. (2006年12月13日). ASIN B000JGWC42 
    ※DVD2枚組、disc2にはありがとう10周年!!コナン大賞+探偵たちの鎮魂歌TV放送での週替わり劇場告知を全編収録。第1作~本作のDVD10巻を収納できるBOXとコンパクトミラー付き。
  • (日本語) 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 (DVD). B-VISION.. (2011年2月25日). ASIN B004H2YO90 
  • (日本語) 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 (BD). B-VISION.. (2011年2月25日). ASIN B004H2YOAO 

映画の舞台になったモデル[編集]

ミラクルランドの実景は横浜・八景島シーパラダイス遠景

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ テレビアニメでは、目暮警部の妻・目暮みどりと、自殺を止められなかったためコナンのその後の探偵業に影響を与えることになる浅井成実を、『ベイカー街の亡霊』ではヒロキ・サワダと人工頭脳ノアズ・アークを演じている。
  2. ^ ポスターでは、大谷育江と折笠愛のダブルキャストでクレジットされているバージョンもある。
  3. ^ セリフは無い。セリフ付きでの登場は、第13作『漆黒の追跡者』の捜査会議でのシーンが初である。
  4. ^ 同じく、セリフ付きでの初登場は『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』。
  5. ^ ただし通常の青ジャケット・灰色の短パン姿が本編で全く登場しなかったのは前作『水平線上の陰謀』が初(同作では豪華客船に乗る正装として白いジャケット・黒い短パンを着用していた)。
  6. ^ パスワードは“57010”である。これは、劇場版名探偵コナン第10作である事の表現である(570=コナン・10=10周年)。
  7. ^ 古谷徹は後年、降谷零(安室透)役でレギュラー出演している。
  8. ^ 小山力也は後年、神谷明の後任として毛利小五郎を演じている。
  9. ^ 梁田清之は後年、アンドレ・キャメル役でレギュラー出演している。
  10. ^ 直木賞受賞作家。大沢はこの年の5月20日に行われたトークショーの席上で本作に参加した件について触れている。「最初(出演していたことは)2ちゃんねるで話題になった」「昔声優を目指していて、それだけに今回の仕事は全精力を傾けた」「絵が未完成だったのでアフレコには苦労した」等の内容を話している。

出典[編集]

  1. ^ a b 2006年(平成18年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2015年5月16日閲覧。
  2. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年5月25日閲覧。 
  3. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年5月25日閲覧。 
  4. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年5月30日閲覧。 
  5. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年5月25日閲覧。 
  6. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年5月25日閲覧。 
  7. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年5月30日閲覧。 
  8. ^ 単行本54巻File.6「人を飲む部屋」 - 55巻File.2「熱血探偵」(アニメ第479話「名探偵コナン海の日2時間スペシャル「服部平次との3日間」」. 日本テレビ系列. 読売テレビ. 2007年7月16日放送.
  9. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』 小学館ジュニア文庫〉、2013年10月30日全国書誌番号:22318819ISBN 978-4092306424OCLC 867735418ASIN 4092306423

関連項目[編集]

外部リンク[編集]