スペースバグ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スペースバグ
ジャンル スペースオペラファンタジー
アニメ
原作 トムス・エンタテインメント
P.I.C.S.
監督 中尾浩之、YOON Yoo-Byung
脚本 中尾浩之、YOON Yoo-Byung[1]
キャラクターデザイン グリヒル
音楽 戸田信子、陣内一真
アニメーション制作 W.BABA、ピクス
製作 SPC
トムス・エンタテインメント
STUDIO W.BABA
放送局 TOKYO MX
放送期間 2018年7月8日 - 2019年1月6日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

スペースバグ』は、W.BABAとピクスによる日韓合作のテレビアニメ作品。2018年7月8日から2019年1月6日までTOKYO MXにて放送された[2]

未来の宇宙を舞台とするオリジナルフルCGアニメーションであり、宇宙ステーションに取り残された昆虫の故郷・地球への冒険の様子を描く作品となる[3]

登場キャラクター

ミッジ
声 - 小川夏実[4]
ハカセ
声 - 丸山智行[4]
マルボ
声 - 佐野康之[4]
ゲロッパ
声 - 藤原貴弘[4]
イトー
声 - 落合弘治[4]
カトー
声 - 田中英樹[4]
エレン
声 - ブリドカットセーラ恵美[4]
ワン
声 - 堀越富三郎[4]

主題歌

オープニングテーマ

「THE JOURNEY HOME」(第1話 - 第13話)[4]
作曲・編曲 - H ZETT M / 作詞 - 藤林聖子、ウォルピスカーター / 歌 - ウォルピスカーター(Subcul-rise Record
「Tiny Dreamer」(第14話 - 第26話)[4]
作曲・編曲 - 岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ) / 作詞・歌 - 東城陽奏(AQUA ARIS)

エンディングテーマ

「星の数だけ ありがとう」(第1話 - 第13話)[4]
作曲・作詞・編曲 - Washiyama Kazuki / 歌 - 上月せれな
「マイクロコスモス」(第14話 - 第26話)[4]
作詞・作曲・編曲 - SWEEP(アルテメイト) / 歌 - Wi-Fi-5

スタッフ

メインスタッフ

  • 原作 - トムス・エンタテインメントP.I.C.S.
  • エグゼクティブプロデューサー - 竹崎忠、LEE HONGJU、UM MARTIN
  • 脚本 - 中尾浩之[4]
  • 脚色/映像編集 - YOON YOOBYUNG[5]
  • 監督 - 中尾浩之、YOON YOOBYUNG[4]
  • 絵コンテ - 木下麦、野毛秀之
  • 演出 - 中尾浩之、YOON YOOBYUNG
  • キャラクターデザイン - グリヒル[4][6]
  • 音楽 - 戸田信子[4]、陣内一真[4]
  • ビデオ編集/音響制作 - スタジオ・エコー
  • 音響効果 - 佐藤秀国
  • サウンドミキサー - 日比野祥規
  • 録音制作 - 村井亨子、森川奈実
  • フォーマット編集 - 清水直美
  • タイトルデザイン - 本多伸二
  • オープニング&エンディングアニメーション - 島猛
  • 宣伝プロデューサー - 神戸麻紀
  • 宣伝協力 - Drop.→DROP.、.MP
  • 制作担当 - JACK KIM、SUH CHANGBUN、TOBY RYU
  • 制作管理 - 比嘉り子、青山裕理、磯上森、重宗卓、長瀬布弓、松本菜摘、黄仁福、LEE DAEHWA、KIM JONGHYUN、LEE JIYOUNG
  • スペースバグ プロジェクト - 西村政行、下川智宏、金芝秀、榎本香菜、川嶋洋樹
  • プロデューサー - 野田晴雄、野村哲史、平賀大介、ハンサングン
  • アニメーション制作 - W.BABA[4]、P.I.C.S.[4]
  • 企画 - トムス・エンタテインメント[4]
  • 企画協力 - トムス・ジーニーズ
  • 製作 - SPC[4]、トムス・エンタテインメント[4]、STUDIO W.BABA[4][7]
  • 著作権表示 - © W.BABA & TMS

各話スタッフ

  • アートディレクター - KIM JEONGHOON
  • デザイナー - JEONG SEUNGJUN、KIM SEMIN、KIM HYUNWU
  • リードモデラー - JANG YONGHWAN
  • モデラー - JANG YONGHOON、JANG SEOYUN、KIM JINA、AN JIHOON、NOH YOUNKYUNG、HONG SEONGEUN
  • リードアニメーター - LEE SEULKI、KIM DONGJUN、KIM CHIKOAN、KIM DAN、CHAE MIN SEOK、EOM SEONGJAE、KIM DONGMIN
  • アニメーター - KIM MINJI、LEE SANGMIN、PARK SOHEE、JUNG BOYUNG、CHAE SUJEONG、SONG HYEOK、CHOI JUNGEUN、CHUNG JONGHYUN、LEE SAETBYUL、NOH HYUNSEOK、LEE YURI、LEE RURI、BANG MIHUI、OH KYEONGPYO、HONG JUNHO、JEONG HYEWON、MOON HUIWON、LEE SEOK、LEE JIYEON、LEE SOOIN、JO ARA、SON HEEJUNG、LEE SOYEON、KIM NAMHO、JEONG JURI、LEE PYEONGHWA
  • リガー - KIM DONGJUN、LEE SANGHYUN
  • ビジュアルエフェクトスーパーバイザー - JLIM KYUNGHUN→LIM KYUNGHUN
  • エフェクト/合成/レンダリングリーダー - LEE JEONGKYUN、KIM DAEJIN、JEONG SEUNGWON
  • エフェクト/合成/レンダリング - KOO YOHAN、HYOUNGCHAL、LEE HYUNJAE、JAUNG JAEHWAN、KIM DAEHOON、LIM SUBIN、MOON JEONGA、KIM JIWON、NAM TAEHEE、CHAE SONGYOUN、LEE HYOJIN、JEUN HANNA、LEE HYUNJUNG、JUNG JUWON、KIM MINJI、PARK MINJIN、JO SOHEE

各話リスト

話数サブタイトル
第1話
(#1-2)
おはよう!ミッジ
失われた楽園
第2話
(#3-4)
ゲロゲロ大騒動
重力はつらいよ
第3話
(#5-6)
開け!希望のトビラ
さらば宇宙ステーション
第4話
(#7-8)
ミッション!船外活動
宇宙でオナラは厳禁なのだ
第5話
(#9-10)
サバイバル!砂の惑星
砂漠の迷子たち
第6話
(#11-12)
みつばちエレンの秘密
目覚めた巨影の正体
第7話
(#13-14)
動かぬストーク
補給船に迫る敵
第8話
(#15-16)
ブラックホールの住人
銀河の果てのゴミだめ場
第9話
(#17-18)
電クイ虫撃退作戦
機械仕掛けの清掃員
第10話
(#19-20)
恐怖のリサイクル工場
ハンプティの新たな目覚め
第11話
(#21-22)
潜入!漂流ステーション
ネズミたちのオモテナシ
第12話
(#23-24)
宇宙農場の正体
存在の耐えられないネズミ
第13話
(#25-26)
メチャクチャ実験室
脱出!パニックステーション
第14話
(#27-28)
未知なる物体との遭遇
着陸!氷の惑星
第15話
(#29-30)
種子貯蔵庫潜入作戦
遠すぎる出口
第16話
(#31-32)
クレバス遭難SOS!
雪山大パニック!
第17話
(#33-34)
プラネットロカへの帰還
マザーツリーの呪い
第18話
(#35-36)
謎の巨木に迫れ
衝撃!マザーツリーの正体
第19話
(#37-38)
戦慄!プランツドームの真実
ロボット昆虫を追え!
第20話
(#39-40)
封鎖された宇宙ハイウェイ
宇宙の果ての別荘
第21話
(#41-42)
庭園のバトル
ハイウェイゲートを突破しろ!
第22話
(#43-44)
謎の幽霊船現る!
絶望のストーク
第23話
(#45-46)
ワン老師の決意
ストーク奪還作戦!
第24話
(#47-48)
ビデオテープ再生計画
失望のエンケラドゥス
第25話
(#49-50)
ゲロッパ救出作戦!
悲しみの戦士
第26話
(#51-52)
火星大決戦!
最後の旅立ち

放送局

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2018年7月8日 - 2019年1月6日 日曜 10:30 - 11:00 TOKYO MX 東京都
日本国内 インターネット配信 / 放送期間および放送時間[8]
配信期間 配信時間 配信サイト
不明 不明

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 脚色
  2. ^ 日韓共同制作オリジナルアニメ『スペースバグ』7・8スタート”. ORICON NEWS (2018年7月5日). 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ アニメ「スペースバグ」OP主題歌はウォルピスカーター、EDは上月せれな”. コミックナタリー (2018年7月4日). 2019年11月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w キャスト&スタッフ”. オリジナルTVアニメーション「スペースバグ」. 2019年11月6日閲覧。
  5. ^ 国際版のみ
  6. ^ オープニングクレジットでは「Gurihiru」と表記
  7. ^ 韓国語版エンディングクレジットでは「製作 - STUDIO W.BABA、TMS ENTERTAINMENT, LTD.、P.I.C.S.」と表記
  8. ^ a b 放送情報”. オリジナルTVアニメーション「スペースバグ」. 2019年11月6日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク