名探偵コナン 銀翼の奇術師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン 銀翼の奇術師
Detective Conan
Magician of the Silver Sky
監督 山本泰一郎
脚本 古内一成
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
神谷明
山口勝平
林原めぐみ
緒方賢一
岩居由希子
大谷育江
高木渉
茶風林
音楽 大野克夫
主題歌 愛内里菜Dream×Dream
撮影 野村隆
編集 岡田輝満
制作会社 トムス・エンタテインメント
製作会社 小学館
よみうりテレビ
日本テレビ
小学館プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年4月17日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 28.0億円[1][2][3][4][5][6][7]
前作 名探偵コナン 迷宮の十字路
次作 名探偵コナン 水平線上の陰謀
テンプレートを表示

名探偵コナン 銀翼の奇術師』(めいたんていコナン ぎんよくのマジシャン)は、2004年4月17日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第8作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は107分。興行収入は28億円[1][2][3][4][5][6][7]

キャッチコピーは「運命だったのさ、俺たちの出逢いはな…」「これが、運命なのか…」。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 本作からこだま兼嗣に代わって山本泰一郎が監督を引き継いでいる。そのため、作風の違いが見られる部分もある。[要出典]
  • メインテーマが流れる際に登場する怪盗キッドは、2001年の「集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド」で東都タワーにいるキッドの映像がそのまま使用されている。
  • オープニング映像でカメラのフラッシュがたかれている際の新一の顔が前作まで口が開いていたが、今作以降は閉じている。
  • 主人公・江戸川コナンのライバル・怪盗キッドが登場する映画は、第3作『世紀末の魔術師』以来2作目となる。『魔術師』と『奇術師』は意味も語呂も似た言葉であるが、本作では『奇術師』のフリガナを英語読みの『マジシャン』にする題名となっている。また、キッドがコナンの正体に気づいている設定は『世紀末の魔術師』で作られたが、本作でも再びその設定が採用されている。この設定はその後の映画シリーズでも継続されている。
  • 本作は、第4作『瞳の中の暗殺者』とは逆に蘭が新一に対して思いを打ち明けるという大胆な試みが行われている。蘭が告白していたときに聞かれていた相手は新一に変装したキッドだと勘違いして、蘭の中では無かったことになっている。
  • 本作では警視庁捜査二課に所属するキッド専門の刑事・中森警部が登場している(『世紀末の魔術師』では前半に登場)。そのため、いつもはコナンたちに協力してくれる目暮警部ら捜査一課の登場は終盤だけになっており(目暮・白鳥・高木の3人で北海道に出張していた)、佐藤刑事千葉刑事ら他のメンバーは登場しない。
  • 本作では小五郎を狙った麻酔針が誤って妃英理に当たってしまいコナンはやむなく英理を探偵役にしている。英理が探偵役になったのは、原作・アニメを通して本作が現在のところ唯一である。
  • エピローグにワンシーンだけだが、原作・アニメ「上野発北斗星3号」で捜査を担当していた北海道警の西村警部と田村刑事が登場している。
  • 本作のダジャレクイズは阿笠博士ではなく、怪盗キッド(工藤新一に変装)が出題している。キッドがコナン以外のレギュラーと本格的に交流したのは本作が初である。
  • 本作では汐留が舞台の一つであり、ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線が実名で登場している(本作が公開された2004年は日本テレビが汐留に移転した年である)。
  • 映画シリーズでは珍しく本編終了後に「この作品はフィクションです」というテロップが流された。第17作『絶海の探偵』でも同様のテロップが流されている。
  • 本作の挿入歌は、前年まで定番となっていた「君がいれば」ではなく、「僕がいる~コナンのテーマ~」が使用された。
  • 今までは、実写エンディングに入ってから歌が始まり歌詞テロップが流れる形式だったが、本作では実写エンディング前にイントロなしで歌が流れ歌詞テロップが表示される。
  • 近年のシリーズ同様、本作も小説版が小学館ジュニア文庫から2014年7月1日に発売されている[8]

テレビ放送[編集]

2005年3月28日にテレビ放送された[9]

ストーリー[編集]

舞台女優・牧樹里の元に、怪盗キッドから「Romeo Juliet Victor Bravo! 26の文字が飛び交う中 "運命の宝石"をいただきに参上する」という予告状が送り付けられた。彼女は狙われたスター・サファイア「運命の宝石」をキッドから守るよう小五郎に依頼。予告状の暗号から、小五郎は彼女が主演している舞台「ジョゼフィーヌ」の公演中にキッドは宝石を奪うと推理。一方のコナンは小五郎の推理に引っかかるところがあり、独自に捜査を開始する。そして公演当日、キッド専任の中森警部も捜査に参加する中、キッドは大胆にも新一に変装しコナンを動揺させる。そしてキッドを追跡するも、寸前のところで取り逃がしてしまう。

その翌日、宝石を守ったお礼として函館にある樹里の別荘に招待されたコナン一行。しかし、今度は機内で殺人事件が発生。さらに機長・副操縦士も意識不明の重体となる。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

容疑者[編集]

牧 樹里(まき じゅり)
声 - 戸田恵子
舞台女優。37歳。演劇「ジョゼフィーヌ」フランス皇后・ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ役。
怪盗キッドからスターサファイヤ「運命の宝石」を頂くという予告状が届き、毛利探偵事務所を訪れた。傲慢な性格で、俳優仲間やマネージャーには高圧的な態度で接し、俳優仲間に対して誘っても何のメリットもないと切り捨てるなど、冷酷な発言も多い。灰原や歩美が化粧道具に興味を示した横でも見下した表情をしていた。スキューバダイビングが趣味。元客室乗務員で、スカイジャパン航空「865便」に乗務している機長達とは親密な関係にある。
伴 亨(ばん とおる)
声 - 柴田秀勝
舞台俳優。演出家。45歳。演劇「ジョゼフィーヌ」総裁・バラス・ド・ポール役。
サングラスをした強面の俳優だが、性格は紳士的。樹里を女優として見出した恩人だが、現在は演出を仕切られ逆らうことができない。そのため、妻の天子から不満をぶつけられていた。事件発生時には、チョコレート毒入り説を強く主張する。足腰が弱く、最初の揺れでは樹里に助けられるも、二度目の揺れでは、倒れそうになりコックピットのボタンを押して騒動の引き金を作ってしまう。新庄が飛行機を操縦する事態になり、セスナの免許でも持っているのかと不思議がっていた。
成沢 文二郎(なるさわ ぶんじろう)
声 - 森功至
舞台俳優。34歳。演劇「ジョゼフィーヌ」フランス皇帝・ナポレオーニ・ボナパルト役。
樹里の元夫。数年前に協議離婚しているが、未練を残しており復縁を望んでいる。しかし、樹里には冷たくあしらわれて相手にされていなかった。小五郎の大ファンで、他の俳優仲間を一同に紹介した。その小五郎に怪盗キッドの変装だと疑われ、舞台の幕が引いた瞬間、中森警部の部下に取り押さえられて顔を引っ張られてしまう。北海道旅行の当日、小五郎に謝罪されるも気にしていないと語る心の広い人物。飛行機事故では、意識不明の機長らをファーストクラスに連れて行った。
田島 天子(たじま てんこ)
声 - 島津冴子
舞台女優。36歳。演劇「ジョゼフィーヌ」侯爵夫人・テレジア・タリアン役。
樹里の友人。樹里との仲は良好だが、夫の伴が樹里に逆らえないのには我慢できないらしく、若い新庄と恋人関係にあることをからかい不敵な笑みを浮かべるなど、微妙な温度差を醸し出している。だが、気分が悪いという樹里に酔い止めの薬を分け与えるなど、他の関係者ほど深刻な仲にはなってない様子。事件ではそのことで小五郎から犯人だと疑われてしまう。自分には動機がないと主張するも、酒井なつきに夫と樹里のトラブルを指摘され、苛立ちながら席に座った。
新庄 功(しんじょう いさお)
声 - 三木眞一郎
舞台俳優。28歳。演劇「ジョゼフィーヌ」軍人・イポリット・シャルル役。
樹里の現在の恋人だが、すでに樹里から飽きられており、他に可愛い子はいないかとなつきに漏らされていた。ハンサムを気取るも、怪盗キッドの変装をして皆を驚かせるよう樹里に命令され待機していたら、警察に追われ、半べそをかきながら逃走する羽目になってしまった。しかも、逃走した理由は別荘の時計を盗んだからで、噴水につかまり助けてくださいと哀願する醜態まで晒してしまう。一方、飛行機ではキッドが新庄に変装して、ルックスに相応しい活躍を繰り広げていた。
矢口 真佐代(やぐち まさよ)
声 - 久川綾
牧樹里のマネージャー。32歳。
要領の悪い気の利かない性格から、樹里に文句を言われたり人前で恥をかかされたりしていた。最初の依頼時にも、コーヒーを飲む横で中々話を切り出さず樹里を怒らせている。ヘアメイクのなつきとは同じ付き添う立場にありながら、サインペンやチョコレートなどで先を越されるなど、どちらがマネージャーだか分からない関係であった。チョコレートに毒を盛った可能性を指摘され疑われるも、銀座の店から開封したばかりで食べる順番もバラバラだったと容疑を否認している。
酒井 なつき(さかい - )
声 - 氷上恭子
牧樹里の専属ヘアメイク。26歳。
美人で明るい性格。化粧道具に興味を持った灰原と歩美にまだ早いと笑顔でウインクして見せた。まだ若いが、ハリウッドから誘いを受けるなど一流の技術を持っている。気の利く性格から樹里に付き人の様な扱いをされるなど、矢口とは反対に彼女から気に入られている。だが、他の仕事をすることも許されなかったので、自身は複雑な感情を抱いていた。事件発生後、動機がないと騒ぎ立てる天子に対して動機なら全員にあると関係者のトラブルを暴露して、皆から睨まれている。

スカイジャパン航空[編集]

大越(おおこし)
声 - 井原啓介
スカイジャパン航空「865便」の機長。樹里が客室乗務員をしていた頃からの知り合い。飛行中に突然苦しみだし意識不明となってしまった。
中屋(なかや)
声 - 中村大樹
スカイジャパン航空「865便」の副操縦士。同じく樹里の知り合いで、女優になってからも応援していた。大越機長と同様に意識不明となってしまった。
進藤 玲子(しんどう れいこ)
声 - 引田有美
スカイジャパン航空「865便」の客室乗務員。小五郎の指示から伝達役などの捜査協力をする。着陸時には、他の客室乗務員達と乗客に指示を与えていた。
三沢 千秋(みさわ ちあき)
声 - 伊倉一恵
スカイジャパン航空「865便」の客室乗務員。乗客に飲み物やお菓子のサービスを提供しており、小五郎からビールを注文されていた。
由紀(ゆき)
声 - 百々麻子
スカイジャパン航空「865便」の客室乗務員。飛行機が緊急着陸するため、他の客室乗務員達と共に、不安がっている乗客へ着陸時の指示を出していた。
石田(いしだ)
声 - 藤城裕士
偶然にも「865便」に乗り合わせていた医師。機長と副操縦士を治療するために、2人をコックピットからファーストクラスに移すように伝える。

函館空港[編集]

島岡(しまおか)
声 - 菅原正志
函館空港の管制コントロール室で、新庄功(キッド)と連絡を取り合っていた機長。コックピットにコナンが座っていることに驚愕するも操縦方法を伝える。
上杉(うえすぎ)
声 - 金尾哲夫
函館空港の管制部長。島岡機長と協力して事態の収拾に努める。強風で飛行機がターミナルビルに向かってきたため、愕然としていた。
村木(むらき)
声 - 細井治
函館空港の管制官。雷雨から不穏な気配を察していたのか、上杉管制部長に心配そうに呟いていた。事件発生後は飛行機を無事に着陸させるために尽力する。
無線会話
声 - 水内清光仮屋昌伸
函館空港で天候の情報を伝えていた空港の職員。コナンと新庄(キッド)が必死で操縦している中、現在の飛行状況や天候などの連絡をしていた。

警察関係者[編集]

紺野(こんの)
声 - 松本保典
中森警部の部下。怪盗キッドを捕まえるため、総動員して樹里の別荘に先回りしていた。テレビアニメにも同じ刑事が登場しているが、声優は異なっている。
西村(にしむら)
声 - なし
原作・テレビアニメ「上野発北斗星3号」で捜査を担当した北海道警の警部。本作では、飛行機の着陸後に自首した犯人を迎えに現れている。
田村(たむら)
声 - なし
西村警部と同じく原作・テレビアニメ「上野発北斗星3号」で捜査を担当した彼の部下。本作では、西村警部と共に自首した犯人を迎えに現れている。

警備関係者[編集]

警備員A
声 - 巻島直樹
汐留ビュータワーの警備員。曲がり角でコナンとぶつかった小太りの男性で、キッドが変装した警備員の上司。怪盗キッドの変装には気が付いていなかった。
警備員B
声 - 神奈延年
汐留ビュータワーの警備員。怪盗キッドの変装だが、キッド自身は本気で変装していた訳ではないらしく警棒の長さが規定から外れていた。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

サウンドトラック[編集]

名探偵コナン 銀翼の奇術師
大野克夫サウンドトラック
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 大野克夫バンド
大野克夫 年表
名探偵コナン 迷宮の十字路
2003年
名探偵コナン 銀翼の奇術師
2004年
名探偵コナン 水平線上の陰謀
2005年
EANコード
EAN 4988005357793
テンプレートを表示

収録曲[編集]

  1. ミッドナイト・ステップ
  2. 怪盗キッド出現 (銀翼ヴァージョン)
  3. 名探偵コナン メイン・テーマ (銀翼ヴァージョン)
  4. 回想・10時間前......
  5. 怪盗キッドの予告状 (銀翼ヴァージョン)
  6. 謎の26文字
  7. 汐留
  8. 少年探偵団のテーマ (銀翼ヴァージョン)
  9. 力んだ握手
  10. 新一登場!?
  11. キッドの誘惑
  12. 汐留トワイライト
  13. クイズ・ナポレオン (「フランス国歌」 アレンジ曲)
  14. コナンと警備員
  15. 追跡・非情階段
  16. コナンVS怪盗キッド (銀翼ヴァージョン)
  17. 別荘の人影
  18. 蘭の思惑
  19. フォネティックコード
  20. スカイ・ジャパン865
  21. 機上のサスペンス1
  22. 機上のサスペンス2
  23. 機上のサスペンス3
  24. 小五郎の検証
  25. コナンのモノローグ
  26. 犯人はあなた
  27. 告白
  28. スカイ・ジャパン865便の危機
  29. 揺れる機内
  30. やるぞ!
  31. コナンのテーマ (銀翼ヴァージョン) 1
  32. 空港大爆破
  33. 緊急事態発生!
  34. どこだどこだ!!
  35. 新たな事件
  36. コナンのテーマ (銀翼ヴァージョン) 2
  37. ぼくがいる (銀翼ヴァージョン) ~コナンのテーマ~
  38. 歓喜の時
  39. コナン 「ニャロ」
  40. ぼくがいる (コナン・ヴァージョン) ~コナンのテーマ~ 【ボーナス・トラック】

主題歌[編集]

愛内里菜Dream×Dream
作詞 - 愛内里菜 / 作曲 - 徳永暁人 / 編曲 - corin
2004年5月7日テレビ朝日ミュージックステーション』にて初披露された。『名探偵コナン』の映画主題歌が同番組で披露されるのは初めてであった。

挿入歌[編集]

ぼくがいる
作詞 - 阿久悠 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 高山みなみ

映像ソフト化[編集]

コナンとキッドとクリスタル・マザー[編集]

名探偵コナン コナンとキッドとクリスタル・マザー』は、2004年OVA作品。少年サンデー読者サービスビデオ第4弾。

解説[編集]

原作は『まじっく快斗』第4巻に掲載された「クリスタル・マザー」で、コナンと蘭が登場するオリジナルストーリーとなっている。また、エピローグシーンは『銀翼の奇術師』に繫がるように描かれている。のちにこの話は2度リメイクされた。

登場人物(OVA)[編集]

名探偵コナン
名探偵コナンのオリジナルキャラクター
まじっく快斗
まじっく快斗のオリジナルキャラクター
  • セリザベス・マクシミリアンド・イングラム女王 - 篠原恵美
  • フィリップ・マクシミリアンド・イングラム王子 - 鉄炮塚葉子
  • 新名次官 - 中田和宏

スタッフ[編集]

  • 企画 - 小学館少年サンデー編集部
  • 原作 - 青山剛昌
  • 原案協力 - 三上信一、浅井認、坪内崇、高島雅、杉中実
  • 脚本 - 古内一成
  • 絵コンテ - 青木雄三
  • 演出 - 荻原露光
  • 音楽 - 大野克夫
  • キャラクターデザイン、総作画監督 - とみながまり
  • 作画監督 - 西城隆詞、渡辺章
  • デザインワークス - 新沼大祐
  • 原画 - 渡辺章、西城隆詞、津吹明日香、森中正春、八木原幹枝、菅原浩喜、柳田幸平、兼高里圭、楠田悟、長谷川一美、川口弘明、阿部ルミ、田中修司、依田正彦、早川淳一、秋山由樹子、鍵山仁志、大久保修、西村貴世、片岡康治、細居美恵子
  • 動画検査 - 阿部ルミ 安井美喜
  • 動画 - 富田美穂子、山口幸俊、柴山智隆、近藤史門、塩田夕子、長谷川一美、安井美喜
  • 作画協力 - かぐら タマ・プロダクション ゴールデンベル
  • 美術監督 - 石垣努
  • 美術設定 - 生形奈緒美
  • 背景 - 代々木アートプランニング(有)石垣プロダクション)長谷川弘行<スタジオ風雅(大野広司、立田一郎、中山美名、大野久美子)、小倉工房(植田竜太郎、鈴木姿帆美、合六弘、田中孝典、金子雄司)
  • 色彩設計 - 中尾総子
  • 色指定 - 熊谷妙子
  • 仕上検査 - 熊谷妙子、木幡美雪、大塚奈津子
  • 仕上 - 井浦祥子、秋元由紀、利根川有紀、小日置知子、加藤英恵、熊谷妙子、木幡美雪、大塚奈津子
  • 仕上協力 - かぐら、タマ・プロダクション、ゴールデンベル
  • 撮影監督 - 桑良人
  • 撮影 - P・P・M(神木正士、西川知宏、萩原悠加)
  • 撮影協力 - トムス・フォト T.D.I.
  • 音響制作 - AUDIO PLANNING U
  • 音響監督 - 浦上靖夫、井澤基
  • ミキサー - 山本寿
  • アシスタントミキサー - 金子俊也
  • 音響効果 - 横山正和、横山亜紀
  • 音楽制作 - ZET、ポリドール
  • レコーディングスタジオ - APU MEGURO STUDIO
  • タイトル - 田上淑子
  • タイトルロゴデザイン - ベイブリッジスタジオ
  • 編集 - 岡田輝満
  • 制作担当 - 岡畑徹
  • 設定制作 - 沼田学
  • 制作進行 - 風間有紀子(タマ・プロダクション)
  • ビデオ編集スタジオ - 東京現像所
  • 制作協力 - タマ・プロダクション
  • アニメーション制作 - 東京ムービー
  • プロデューサー - 小島哲
  • エグゼクティブプロデューサー - 都築伸一郎
  • 監督 - 佐藤真人
  • 製作 - 小学館 トムス・エンタテインメント

エンディングテーマ[編集]

映像ソフト化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b 2004年(平成16年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2015年5月16日閲覧。
  2. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年7月6日閲覧。 
  4. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年7月6日閲覧。 
  5. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年7月6日閲覧。 
  6. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年7月6日閲覧。 
  7. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年7月6日閲覧。 
  8. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 銀翼の奇術師』 小学館小学館ジュニア文庫〉、2014年7月1日全国書誌番号:22429760ISBN 978-4092306509OCLC 884783486ASIN 4092306504
  9. ^ 春休み映画スペシャル「名探偵コナン 銀翼の奇術師

関連項目[編集]

外部リンク[編集]