名探偵コナン 世紀末の魔術師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン 世紀末の魔術師
Detective Conan
The Last Wizard of the Century
監督 こだま兼嗣
脚本 古内一成
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
神谷明
山口勝平
茶風林
緒方賢一
堀川りょう
林原めぐみ
音楽 大野克夫
主題歌 B'zONE
製作会社 キョクイチ東京ムービー
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年4月17日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 26億円[1][2][3][4][5][6]
配給収入 14億5000万円[7]
前作 名探偵コナン 14番目の標的
次作 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者
テンプレートを表示

名探偵コナン 世紀末の魔術師』(めいたんていコナン せいきまつのまじゅつし)は、1999年4月17日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第3作目にあたる劇場版アニメ。上映時間は100分。興行収入は26億円[1][2][3][4][5][6]配給収入は14億5000万円[7]、観客動員数は216万人。

キャッチコピーは「世紀末最大の謎を解くのは誰だ!?」。

概要[編集]

本作の舞台は大きく3つに分けられており、前半が大阪、中盤が豪華客船、後半が古城に構成されている。

劇場版初登場のキャラクターが多く、灰原哀高木渉服部平次遠山和葉鈴木史郎茶木神太郎中森銀三怪盗キッドが劇場版シリーズに初登場した[注 1]。ただし、平次はキッドを追跡中に交通事故で負傷してしまったため、和葉と共に前半だけに登場しており、出番は少なかった[注 2]

冒頭の作品解説で恒例の「コナンの正体を知っている人物」のメンバー紹介に、本作から灰原が新しく加わっている。

本作の公開当時、原作では「命がけの復活」シリーズが連載されていた。その影響もあって、コナンの正体を蘭が疑っていくという原作と似た展開になっている。また、怪盗キッドがコナンの正体を新一と認識したのも本作からである[注 3]

山口勝平はキッドとの兼任だが、ラストに登場する新一はキッドが変装した姿であり、本物の工藤新一の出番は極めて少なく、冒頭の解説を除けば台詞は1つだけであった。

本作以降、キャラクターデザインが原作の絵柄に近くなっている。また、グッズやプログラムに作品名の英語表記が入るようになった。

恒例のダジャレクイズで、阿笠博士が出題した初の作品である[注 4]

ストーリー前半の舞台が大阪であることから、その名所が数多く登場している。新幹線でコナンたちが降り立った新大阪駅から、大坂城通天閣大阪ドームなど、実在する建造物を多数見ることができる。大阪は本作以降の劇場版シリーズでも、平次たちが住んでいることから連絡中に背景として描かれることが多い。

公開当時は未解明だった歴史上の出来事に独自の解釈を加え、ストーリーの軸にしている。歴史上の出来事をストーリーに絡めたのは劇場版シリーズ史上初で、ニコライ二世グリゴリー・ラスプーチンなど実在の人物が深く関わっている。マリアの設定は、その後にロシアでマリアの遺骨が発見されたため、作中での設定とは矛盾が生じてしまった[注 5]

興行収入が初めて20億円を突破し、最終的に『14番目の標的』の18.5億円を大きく上回る26億円となった。劇場版シリーズは2017年現在、18作連続で興行収入20億円以上を突破し続けている。

2012年6月18日には漫画版が単行本として発売されている。劇場版シリーズが漫画化されるのは本作が初となり、公開から10年以上経っての漫画化となった。

テレビスペシャルとして2000年3月20日2002年10月7日2008年9月29日の計3回放送されている。

本編のDVD2001年3月28日に、BD2011年7月29日に発売された。

藤田淑子が演じる浦思青蘭のセリフ「馬鹿な坊や」は収録中のスタジオ内で流行り、誰かがミスをしたら言い合っていたという。

2013年11月からテレビシリーズの主題歌を歌ったVALSHEは、本作に聞き間違えたロシア語として出てくるセリフ「バルシェ・ニクカッタベカ」を芸名の由来としている[8]

2016年に開催された歴代映画19作品の人気投票で、今作は7位を獲得した[9]

ストーリー[編集]

ある日の夜、吉田歩美が眠りにつく頃部屋のベランダに人影が現れ、窓を開けて確認してみると白いマントに身を包んだ男が月を背にして佇んでいた。彼は歩美に挨拶を告げたあと、自分を追ってきた中森警部に捕まる前にハンググライダーで飛び立っていった。彼の名は怪盗キッド探偵である江戸川コナンのライバルだった。

鈴木財閥で新たに発見されたロマノフ王朝の遺産「インペリアル・イースター・エッグ」を狙うという怪盗キッドから「黄昏の獅子から暁の乙女へ 秒針のない時計が12番目の文字を刻む時 光る天の楼閣からメモリーズ・エッグをいただきに参上する」という予告状が届き、江戸川コナン一行はエッグが展示されている大阪へと向かことになった。

依頼主・鈴木会長と面会しその概要を聞くコナンたちだが、問題のエッグは数億円かけても手に入れようとする者は大勢いるという。そのエッグはニコライ2世が子供たちにアルバムをめくるからくりがサプライズとなっていた。キッドがエッグを狙う目的は金目当てなのかとコナンは考えるが、今までの盗品は全て返すといった犯行からはとてもそうは思えなかった。予告状はこれまで通り文章による暗号で示され、キッド専任の刑事・中森警部の推理で何日に盗まれるかまでは分かったものの、その時刻や場所についてはあやふやなままだった。中森警部はエッグを手中に収め、ひとまず自分たち警察の手でそれを保護しようとする。

一方で、コナンたちは服部平次遠山和葉と合流し、平次と共に大阪の街を歩きながら予告状の暗号を解くが、それが完全に分かったのは犯行時刻ギリギリになってからだった。結局エッグは眠らされた中森警部らから怪盗キッドに奪取されてしまい、キッドはハンググライダーで空に飛び立って逃げようとする。それをバイクで追うコナンと平次だが、肝心の運転手である平次は交通事故を起こし動くことすらできなくなる。コナンは阿笠博士の発明品のスケートボードでキッドを追うが、速度の違いもあり逃がしてしまうことは避けられない状況だった。しかし、逃亡中のキッドは追跡していたコナンの目の前で何者かにモノクル越しに右拳銃で狙撃され海に墜落する。エッグを取り返すことには成功したもののキッドの安否、そしてその犯人は警察による大規模捜査でも確認できない状態だった。

ひとまずエッグを安全な場所へ運ぶことになり、コナン一行、そしてエッグは神奈川へ向かうため豪華客船で移動する。だがその船内では、自室を荒らされ右目から頭を貫かれた寒川竜の銃殺体が西野真人により発見された。すぐさま東京からヘリで警察が到着し、寒川の遺留品から貴重な芸術品が紛失していること、そしてそれが西野の部屋から発見されたことが判明する。それに西野自身が第一発見者であることを踏まえると彼が犯人であると疑わせる状況は十分だった。だが荒らされた部屋には布団から出た羽毛が散乱し、西野が重度の羽毛アレルギーであることから、彼は犯人として考えにくい状況となる。

そんな中、キッドと寒川の共通点である"右目の狙撃"をキーポイントにコナンは阿笠に電話を掛け、過去にそれを連続して行なっているような人物がいないかどうか調べてもらう。阿笠が調査した結果、ICPOのWEBサイトで指名手配中の重罪犯を調べてみたところ、ある1人の人物がそのまま該当したらしい。その人物とは、右目を拳銃で狙撃し殺害するロマノフ王朝の財宝を狙い続ける国際指名手配犯、スコーピオンだという。

一方、船内で殺人が起こる前に、件のエッグの元の所有者だった香坂家の令嬢・香坂夏美は、そのエッグの製作者である彼女の曾祖父・香坂喜市が残したエッグの設計図を面々に見せる。それは大きさが異なる2つのエッグの設計図が破損した後に張り合わされて1つのエッグの設計図に見えるようにしたものであり、件の51個目と対になる52個目のエッグの存在を示唆するものであった。52個目は香坂家の邸宅にあると考えたコナンら一行は翌日、横須賀市にある香坂邸へ向かう。

香坂邸の隠し区画にあった52個目は上部に複数のレンズがあり中身が空っぽだった。コナンの言う事を聞かずに付いて来た吉田歩美は、それが51個目を入れるマトリョーシカだと気付き、一行が52個目が置かれた台座の下にペンライトを設置し51個目を入れると、天井にニコライ2世一家の写真が投影された。この2つのエッグは香坂喜市が妻のために個人的に作ったエッグだったのだ。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

スコーピオン(Scorpion)
ロマノフ王朝の遺産を狙っている謎の連続強盗殺人犯。ICPOにより国際指名手配されているが、正体は判明していない。使用する拳銃は「ワルサーPPK/S」で、必要時にはサプレッサー・レーザーサイト・スコープなどを装備している。また、狙撃時には必ず標的の右目を撃ち抜くという特徴がある。

容疑者[編集]

香坂 夏美(こうさか なつみ)
声 - 篠原恵美
パティシエール。27歳。
怪盗キッドに盗まれた「インペリアル・イースター・エッグ」の最初の所有者であった香坂家の相続人。現在は、フランスに住んでおりパティシエールとして働いている。容姿端麗な美女で浦思青蘭と同じく灰色の瞳をしているが、夏美自身は瞳の色について曾祖母の色を受け継いだのだろうと語っている。子供の頃に聞かされていた「バルシェ・ニクカッタベカ」という言葉は暗号解読のヒントになっており、コナン達と協力しながら城に隠された謎を解き明かしていく。
沢部 蔵之助(さわべ くらのすけ)
声 - 依田英助
香坂家の執事。65歳。
夏美の祖母の代から香坂家に仕えており、現在も夏美に付き添いながらお世話をしている。香坂家の内情にも詳しいが、城にある隠し通路の存在には気付いていなかった。コナン一行が城の中を探索するため「皇帝の間」「貴婦人の間」「騎士の間」「執務室」を案内している。「貴婦人の間」には防犯装置が設置されており、宝石を奪おうとした乾将一が罠に嵌ってしまい、カラクリ好きな喜市様の意向で仕掛けられていたのだと冷静な口調で伝えた。
セルゲイ・オフチンニコフ(Sergei Ovchinnikov)
声 - 壤晴彦
ロシア大使館一等書記官。41歳。
ロシア人。「インペリアル・イースター・エッグ」のロシア返還を求めている。大使館に勤めているため日本語には堪能で流暢に喋る。屈強な体格の持ち主だが、態度は紳士的。二つ目のエッグが横須賀の城に隠されていることを知り、誰よりも先に同行を頼み込んだ。暗号の謎解きでは香坂喜市がロシア語を暗号にしていたため、入力を任された。その後、2つ目のエッグと対面。ニコライ皇帝一家の写真を見て言葉を失い、夏美にこそ相応しいとロシアを代表して所有権を放棄した。
乾 将一(いぬい しょういち)
声 - 大塚周夫
美術ブローカー。45歳。
鈴木会長に「インペリアル・イースター・エッグ」の商談を持ちかけてきた。来客者の中で最も高額での取引を望んでおり、エッグを譲り受けられるなら億単位での取引にも応じるつもりでいる。出会った当初は紳士的な態度を見せていたが、その下には卑劣な本性を隠している。香坂家の城にある財宝を盗むため、トイレに行く振りをして一同を出し抜き「貴婦人の間」に侵入。絵画に隠された金庫を発見して開ける事には成功したが、防犯装置に捕えられるという醜態を晒した。
寒川 竜(さがわ りゅう)
声 - 大塚芳忠
フリーの映像作家。32歳。
鈴木会長に「インペリアル・イースター・エッグ」の取材を申し込んできた。また、自らの資金で購入も考えているが乾将一の所持金の多さから諦めている。女性客の部屋を訪れては美人を撮影しており、蘭もドアを開けて顔を撮られてしまった。映像作家でロマノフ王朝にはそれほど精通していないが、ニコライ二世の三女・マリアの指輪を所持しており青蘭を驚かせていた。西野真人とは3年前にアジアの内戦で面識があり、その撮影中に殴られたトラブルから恨みを抱いている。
浦思 青蘭(ほし せいらん)
声 - 藤田淑子
ロマノフ王朝研究家。27歳。
中国人。名前の中国語読みは「プース・チンラン」。香坂夏美と同じく灰色の瞳をしており、年齢も同じなので意気投合していた。脚線美で当初は赤や青のチャイナドレスを着用しており、小五郎はその色っぽい脚に見惚れていた。ロマノフ王朝の研究者であるため、エッグは誰よりも欲しているが寒川と同じく資金面の理由から諦めている。横須賀の城では、暗号解読に積極的な参加をしていなかったが、コナンの推理から「世紀末の魔術師」という重要な答えを導き出した。
西野 真人(にしの まさと)
声 - 宮本充
鈴木財閥会長秘書。29歳。
鈴木会長の秘書で、忠実に職務を遂行することから特に信頼されている。かつては、世界中を回っていた経験から英語・フランス語・ドイツ語などに堪能である。羽毛アレルギー体質で、怪盗キッドの鳩が羽をまき散らしたので慌てて退室している。寒川竜とは3年前のアジア旅行で出会っており、内戦で家を焼失した女の子の撮影を止めないので殴ってしまい逆恨みされている。その寒川が殺害されてしまい、所持していたボールペンが残されていたことから怪しまれてしまった。

香坂家[編集]

香坂 喜市(こうさか きいち)
声 - なし
ロマノフ王朝の細工職人で、夏美の曾祖父。ピーター・カール・ファベルジェの工房で細工師として働いていた。現地でロシア人の女性と結婚。ロシア革命後、1918年に2人で日本へ渡るも、1921年に妻を亡くしたため、横須賀市に城を建設する。その後、1930年に自身も45歳でこの世を去った。本作のタイトルである『世紀末の魔術師』とは、1900年に開催されたパリ万国博覧会で賞賛された彼に対する異名で、執務室にある城の隠し通路を開く際の重要なヒントとなった。

吉田家[編集]

歩美の母
声 - 佐藤しのぶ
吉田歩美の母親で、テレビアニメ版と同じく顔は判明しなかった。ソファーに座ってドラキュラ映画を見ていた歩美に早く寝るよう促していた。

警察関係者[編集]

鑑識課員
声 - 中嶋聡彦
寒川竜殺害事件の現場検証をしていた鑑識官。犯行現場である寒川の部屋で、西野真人のボールペンを発見してたことから目暮警部に渡した。
刑事
声 - 小上裕通井上隆之千葉一伸布目貞雄
怪盗キッドの捜査会議に参加していた刑事。キッドがこれまでに関わった事件や「インペリアル・イースター・エッグ」の歴史についての調査報告をしていた。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌[編集]

B'zONE
作詞 - 稲葉浩志 / 作曲 - 松本孝弘
名探偵コナン映画作品初の男性ボーカルによる作品であった。

挿入歌[編集]

「I'll be there」
作詞 - 三枝翔 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 -菅井えり
キミがいれば(世紀末バージョン)」
作詞 - 高柳恋 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 伊織
「愛はいつも」
作詞 - 三枝翔 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 伊織

備考[編集]

世紀末の魔術師のロシア語
: "волшебник конца века"音訳:「ヴァルシェーブニク・カンツァー・ヴェカ」
本作はタイトルが重要な鍵となっており、上記のロシア語での読み方が城の謎を解き明かす際のポイントとなっている。
コナンによる装弾数の解説
ワルサーPPK/Sは全弾撃ち尽くすとスライド英語版がストップする構造であり、スライドが戻っているということはすなわち、装弾されていることを意味するが、これは外観で判別可能であり、当然コナンも気が付く。スコーピオンに対してコナンが解説を聞かせた真意は、
  1. 全弾撃ち尽くした後にマガジンを交換した。
    この場合は残弾数が判別できない。また、撃ち尽くした後に交換する時間も十分にある。
  2. チャンバーに装填されている時にマガジンを交換した。
という2点を確認するための誘導である。スコーピオンはこの誘導に引っかかり、「1発だけ残っている」と答えてしまった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年現在、史郎と茶木は本作が唯一である。
  2. ^ その後、『迷宮の十字路』でコナンと共にメインキャラクターとして活躍する。
  3. ^ 後に、原作で2人が江戸川コナン(工藤新一)の母親である工藤有希子について、コナンの正体がバレている前提で話しているシーンが登場する。
  4. ^ 第1作『時計じかけの摩天楼』では森谷帝二が、第2作『14番目の標的』では円谷光彦が出題している。
  5. ^ ただ、作中におけるマリアの設定は、あくまでコナンの推測であるため、作中で述べられている人物とマリアとの関係性は不明である。

出典[編集]

  1. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年7月6日閲覧。 
  2. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年7月6日閲覧。 
  4. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年7月6日閲覧。 
  5. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年7月6日閲覧。 
  6. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年7月6日閲覧。 
  7. ^ a b 過去配給収入上位作品(1999年)”. 日本映画製作者連盟. 2015年5月16日閲覧。
  8. ^ “【インタビュー】VALSHE、存在意義に貫かれたアルバム『V.D.』完成「テーマは自分が自分であることの証明です」”. BARKS. (2014年2月17日). http://www.barks.jp/news/?id=1000100273 2014年7月19日閲覧。 
  9. ^ 名探偵コナン歴代映画人気投票”. 名探偵コナン公式アプリ. 名探偵コナン公式サイト. 2016年3月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]