コンテンツにスキップ

長沢美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ながさわ みき
長沢 美樹
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本北海道帯広市[1]
出身地 日本の旗 日本福島県郡山市[2]
生年月日 (1970-07-11) 1970年7月11日(54歳)
血液型 A型[3]
職業 声優舞台女優[4]ラジオパーソナリティ
事務所 アトミックモンキー[3]
公式サイト 長沢 美樹|アトミックモンキー
公称サイズ(時期不明)[4]
身長 / 体重 158 cm / 40 kg
活動
活動期間 1991年 -
デビュー作 乙女(石像)(『ギリシャ・ローマ物語2 イカロスの翼』)[要出典]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

長沢 美樹(ながさわ みき、1970年7月11日[4] - )は、日本声優舞台女優[4]ラジオパーソナリティ北海道帯広市生まれ[1]福島県郡山市育ち[2]アトミックモンキー名誉会長、同社所属[3]劇団ヘロヘロQカムパニー所属[4]

経歴

[編集]

生い立ち

[編集]

小さい頃から本を声に出して読むことが好きであり、小学時代国語の時間に教師から指されて教科書を音読することが楽しみという子供だった[5]

小学生時代に『風と共に去りぬ』を見て映画のみならず漫画小説などにも手を出し、その影響を受ける。中学時代は「校内放送をしなくちゃならないから、放送部員は掃除の時間にさぼれる」という理由で放送部に所属[5]。昼休みに好きな音楽をかけ、紹介文を読むうちに声の仕事に興味を持つようになった[6]。6年上の姉がアニメ好きで、姉から職業としての声優があることも教わって、アニメに興味を持つようになった[6]。高校時代も放送部に所属して朗読、アナウンスコンクールなどに出場しており、練習するうちに「声の仕事ができたらいいな」と思うようになった[6]。校内放送を担当しているうちに「面白かったよ」、「良い声だね」のような感想をもらえることがうれしくなり、高校生3年生の秋、進路決定に際して当初はアナウンサー志望であったが、最終的には声優となる道を選ぶ[5]。声優になろうと思ったその日にアニメ雑誌『アニメージュ』を買いに行き、最初に見つけた勝田声優学院の案内書を請求した[6]。しかし大雨でグチョグチョの案内書が届き、「声優になるな」ということだと一度は諦めかけたが、勝田側の手違いで再び案内書が届き、「やっぱり声優になる運命なんだ」と思ったという[7]

大学受験に失敗し、両親に東京の予備校に通うという条件に週1回の養成所に通うことを認めてもらって一人暮らしをしながら予備校と養成所に通う[6]

両親は声優になることは反対していたが、「どうしてもなりたいから許してもらえないだろうか」と必死に説得していた[8]。父は長い間反対していたが、母は途中からは応援してくれるようになったという[8]

勝田声優学院[6]、俳協ボイスアクターズスタジオ第1期生[9]

勝田声優学院時代は、4年間通い、通常は3年間しか在籍できないが、講師に好きだった水鳥鐵夫がおり、水鳥が開いていたゼミをもう1年間受講したいと思い、勝田久に直談判をして「もう1年通わせてくれないか」と頼み込み、留年という形にしてくれた[5][6]。その時に勝田には「前例がない」と渋っていたが、「前例がないなら前例を作ってください!」と頼み込んで認めてくれた[5][6]

水鳥と野沢雅子のレッスンを選択して、週2回通っていた[6]。前述の通り、大学受験には案の定失敗し、2年目からは声優のレッスンに専念することになった[6]

勝田声優学院時代での最初のレッスンで勝田、「やる気がないのだったら、すぐにやめていいから帰りなさい」と言われた[8]。あの厳しさがなかったら、もう少し甘い考えでしてしまったと語る[8]

レッスン中に怒鳴られて、あまりの怖さに泣いていた[5]。それまでに演技経験なども全くなかったため、発声、滑舌といった基礎の基礎から全部、勝田声優学院で教わったことから、「あのとき教わっていて良かった」と思うことは2010年時点でもたくさんあった[5]。一番心に残っている教えは、プロとしての心構えであり、勝田からは口癖のように「そんなことならお嫁さんになったほうがいい」と言われた[5]。声優としてだけでなく、人間としての基礎の部分をたたき込まれたのが大きいと語る[5]

養成所2年目で仕事をくれたことがあったが、それが原因でクラスで仲間はずれになったこともあった[9]。そんな中で、兄貴分の人物、同期が応援してくれた[9]

1年目2年目は、「このクラスで一番にならなきゃいけない」という思いが常にあった[9]。その時に「発声で一番声を出せる人がいたら、その人より大きな声を出せるようになろう」、「演技で褒められた人がいたらその人のどこが良くて褒められたんだろう」、「その人よりいい演技ができるようになろう」、「とにかく一番にならなきゃ」とばかり考えており、「稽古虫」という渾名がつくほど人一倍、様々な稽古していたと語る[9][10]。週に2、3回仲間で集まり稽古するほかに、風呂に入った時には五十音を全部言うようにする、「外郎売り」をつっかえずに言えなければ湯船から出てはいけないなど、長沢なりに方法を考えて練習していた[9][10]

キャリア

[編集]

声優としてのデビュー作は養成所時代のドラマCD『イカロスの翼』の乙女(石像)役。アニメでのデビューは『それいけ!アンパンマン』のクレヨンマン役[7]

1年後には東京俳優生活協同組合[9][11]の所属になったが、色々なオーディションを受けて落ちまくり、「この先ずっと受からないのじゃないか」と真剣に悩んでいた[5][12]

オーディション不合格が続くので落ち込んでいた時、「今までオーディションを受けていても、合格することばかりを考えていて、お芝居を楽しんでいなかったな」「自分の100%を出し切れていないな、なんかもったいないな」とふと気がついた[5][12]

ディレクター、監督など素晴しいスタッフが一瞬でも注目してくれていたが、「緊張だけで終わらせるのはすごくもったいないな」とそれで「肩肘張るのやめよう、受からなきゃと思うのやめよう。それよりはこの瞬間自分の声を聞いてもらえたことに感謝しよう」と思った[12]

初めてオーディションで受かった作品はOVA『KEY THE METAL IDOL[5]

当時は原稿をもらい、「私はこうやって演じてみたいということを素直にやってみよう」と思ったという[12]

転機になった作品は『新世紀エヴァンゲリオン』の伊吹マヤ役[5]。個人的にうれしかった役は、『それいけ!アンパンマン』のクリームパンダ役である[5]。その時は出演が決まる前から1年くらい収録見学をさせてくれた憧れの作品なため、「レギュラー出演できる」と決まった時には、うれしさでいっぱいで、2010年時点で収録の時は、幸せを噛みしめながら演じているという[5]

初主役は『吸血姫美夕』の美夕役となる[13]

その後、勝田声優学院からの同期で同じく俳協ボイスアクターズスタジオ第1期生だった関智一[8]とともにアトミックモンキーに所属することになる。

人物・エピソード

[編集]

『吸血姫美夕』に出演するまではどちらかというと活発なキャラクター役が多かったが、美夕役で初めて感情をあまり表に出さないキャラクターを演じた[13]。そのため『吸血姫 美夕』を始めたばかりのころは、かなりとまどい、一所懸命抑えているつもりだったが、ふとしたときに感情を出し過ぎてしまうため、スタッフから「美樹ちゃんもっと抑えて抑えて」と注意されていた[13]。感情を抑えた演技をしているとストレスが溜まり、収録が済んだ後にカラオケに行ってストレス発散をしていたという[13]

『吸血姫 美夕』と同じころからラジオ番組を担当してくれるようになった[13]。ラジオではものすごくハイテンションになったりするため、ラジオ番組で長沢を知った人物は「あの長沢が美夕を演じるのか!」と驚いたようだった[13]。逆に『吸血姫 美夕』から長沢を知った人物は、出演しているラジオを聴いてがっかりされたかもしれないといい、そのくらい、演じている役とラジオでの長沢はギャップがあった[13]。ラジオは素のままに近い自分が出せ、毎週「こんなことがあったんだよ」とコンスタントに出し、アニメ番組とはまったく違った感じがしていた[13]。ただし、切り売りしていくような一面もあるため、ラジオ番組を週4本していた時は、どの番組でどんな話をしたのか解らなくなることもあった[13]

切り売りが激しくなったきっかけは、『智一・美樹のラジオビッグバン』で、「昔、関智一と付き合っていた」とカミングアウトした瞬間は2010年時点では忘れられないという[13]。そんな話になるとは思っていなかったスタッフも騒然としていたが、リスナーからの反響が大きすぎて、一気に汚れ人生に転落したような気がしていた[13]。しかし「そうなって損をしたか」というとそうでもなく、「あの汚れっぷりなら、こんな役も演じられるんじゃないか」のような話をくれることもあり、演技の幅が広がったんではないかと語る[13]

声優としての仕事、ラジオ番組以外に劇団も活動しているが、当初は舞台演技をするつもりは全くなかった[13]。無知だったころは、職業としての声優は国語の授業で教科書を音読するようなもので、「舞台演技の素養が必要だ」とは思っていなかった[13]

勝田声優学院の2年目の舞台演技で初めて「舞台ってこんなに面白かったんだ」と気づいたくらいだった[13]。レッスンを通して舞台演技の面白さに惹かれていくうちに、劇団に所属して定期的に舞台を活動している声優も多く、「私もいずれそうできたらいいな」と思うようになった[13]。その時に、関智一から、「一緒に劇団をやらないか」と誘われた[13]。講師から「同期のメンバーで劇団を作ると内輪受けになりがちで、自分の成長に繋がらない」とアドバイスをくれたこともあったため、関の誘いは断り、先輩が活動している劇団に入団するつもりだった[13]。ところが関が会うたびに「自分達でやりたいものをやるのが一番楽しいよ。道を拓こうよ」と誘いをかけてきて、数か月続いていたころ、根負けして「解りました。一緒にやらせていただきます」と折れた[13]。当時、劇団で日記をつけていたが、そこに「長沢、陥落」と書かれていたという[13]

子供の頃は『機動戦士ガンダム』が大好きで、宇宙に行きたくて宇宙飛行士になる夢も持っていた。自分の婿はアムロ・レイと心に決めていて、自分に子供が生まれたら「アムロとレイ」と名前をつけようと思っていたが、周囲から反対された。後に安室奈美恵がデビューした際は「先を越されたな」と思ったりしたとも[7]

ラジオ冒頭で「がっつんわ!!」と挨拶するのが恒例である[14][15]。長沢が作るカレーライスはそれに由来して「がっつんカレー」と呼ばれている[16]

養成所時代は東京都渋谷区原宿でウエイトレスをしていた[8]

19歳当時、ロンドンブーツ1号2号の田村淳とはイタリアンレストランのアルバイト仲間(田村は調理担当)だった[8]

趣味・特技は木刀で素振り[3]

出演

[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

[編集]
1994年
  • それいけ!アンパンマン(1994年 - 、ネコ美〈4代目〉[要出典]、クレヨンマン、あじさいさん〈初代〉、オーロラ姫〈初代〉、クルミちゃん〈初代〉、クリームパンダ、カレン〈6代目〉、ゆでたまごちゃん〈2代目〉、にじおばけ、ぎんなんぼうやC、母親、オニオン鬼〈2代目〉)
  • モンタナ・ジョーンズ(羊飼い)
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2016年
2017年
2018年
2019年
2022年

劇場アニメ

[編集]
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2021年
2022年
2023年

OVA

[編集]
1994年
1995年
1996年
  • 地獄堂霊界通信新島良次
  • すすめ!ゴジランド ゴジラとあそぼう たしざん(バラゴン)
  • すすめ!ゴジランド ゴジラとあそぼう ひきざん(バラゴン)
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2011年

Webアニメ

[編集]

ゲーム

[編集]
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2017年
2019年
2021年
2023年

ドラマCD

[編集]

カセットブック

[編集]
  • アニメイトカセットコレクション 機動戦艦ナデシコ 「ナデシコ対ゲキ・ガンガー対宇宙人」……って、オイ!?(マキ・イズミ)
  • アニメイトカセットコレクション 機動戦艦ナデシコ 2 ナデシコ・ばらえてい(仮題)(マキ・イズミ)

吹き替え

[編集]

映画

[編集]

ドラマ

[編集]

アニメ

[編集]

特撮

[編集]

映画

[編集]

ラジオ

[編集]

ラジオドラマ

[編集]

舞台

[編集]

テレビCM

[編集]
  • JT HALFTiME缶コーヒー 「完熟豆」(1993年)

アプリ

[編集]
  • CoCoICHIナビ(2017年、伊吹マヤ)

CD

[編集]
  • CDアルバム わたしは好き(発売日 1998年4月19日)

その他コンテンツ

[編集]

脚注

[編集]

シリーズ一覧

  1. ^ 『GGENERATION』(1998年)、『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『SPIRITS』(2007年)、『WORLD』『3D』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)、『CROSSRAYS』(2019年)
  2. ^ 『エクストリームバーサス』(2010年)、『フルブースト』(2012年)

出典

[編集]
  1. ^ a b miki_miki_donの2014年12月27日のツイート2019年11月18日閲覧。
  2. ^ a b miki_miki_donの2012年10月26日のツイート2019年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 長沢 美樹|アトミックモンキー”. 2019年11月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e 劇団メンバー紹介:長沢 美樹”. 劇団ヘロヘロQカムパニー 公式サイト. 2019年11月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ①オーディション不合格が続いてたときに気づいたこと”. 声優グランプリ. 長沢美樹の声優道. 主婦の友社 (2010年10月25日). 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 10年、20年と息の長い声優でいたい。声優・長沢美樹インタビュー”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2004年8月25日). 2023年4月28日閲覧。
  7. ^ a b c 三木浩也編「今さら友だちのWA!!(長沢美樹→?)」『アニメV 1997年10月号』学習研究社、1997年10月1日、雑誌01591-10、111頁。
  8. ^ a b c d e f g 10年、20年と息の長い声優でいたい。声優・長沢美樹インタビューVol.2”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2004年9月1日). 2023年4月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 10年、20年と息の長い声優でいたい。声優・長沢美樹インタビュー”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2004年9月8日). 2023年4月28日閲覧。
  10. ^ a b ③声優を目指す人達にこれだけは伝えていきたいこと”. 声優グランプリ. 長沢美樹の声優道. 主婦の友社 (2010年12月6日). 2018年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月13日閲覧。
  11. ^ 掛尾良夫 編「女性篇」『声優事典』(第二版)キネマ旬報社、1996年3月30日、476頁。ISBN 4-87376-160-3 
  12. ^ a b c d 10年、20年と息の長い声優でいたい。声優・長沢美樹インタビュー”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2004年9月15日). 2024年1月13日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ②声優としてキャラクターを演じる以外に、ラジオや劇団でも活躍”. 声優グランプリ. 長沢美樹の声優道. 主婦の友社 (2010年11月15日). 2018年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月13日閲覧。
  14. ^ サル@マガ 2008.07.31 長沢美樹”. アトミックモンキー (2008年10月6日). 2015年9月22日閲覧。
  15. ^ 2008年10月06日”. 文化放送「智一・美樹のラジオビッグバン」 (2008年7月31日). 2015年9月22日閲覧。
  16. ^ 2012年08月11日”. 文化放送「智一・美樹のラジオビッグバン」 (2012年8月11日). 2015年9月22日閲覧。
  17. ^ 作品概要”. 『機動新世紀ガンダムX』 公式サイト. サンライズ. 2020年9月3日閲覧。
  18. ^ 勇者指令ダグオン”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年3月11日閲覧。
  19. ^ a b 勇者指令ダグオン”. 勇者Web. サンライズ. 2022年3月7日閲覧。
  20. ^ CHARACTERS RYO - HAYAKAWA”. プリンセスナイン. ニフティ. 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月20日閲覧。
  21. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月19日閲覧。
  22. ^ スタッフ&キャスト”. テレビ東京・あにてれ キャプテン翼. 2023年5月3日閲覧。
  23. ^ スタッフ&キャスト”. 陸上防衛隊まおちゃん. 2016年6月27日閲覧。
  24. ^ ウィッカ”. ONE PIECE.com. 2023年2月21日閲覧。
  25. ^ “ブラック・ジャック21”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/124.html 2016年5月8日閲覧。 
  26. ^ "キャラクター". 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ. 2023年5月12日閲覧
  27. ^ 恋する天使 アンジェリーク ~かがやきの明日~”. メディア芸術データベース. 2023年4月2日閲覧。
  28. ^ キャラクター 幻影旅団編”. HUNTER×HUNTER. 2012年7月9日閲覧。
  29. ^ キャップ革命 ボトルマンDX:テレビアニメで岡崎体育がタイクーンオチャザキに 藤原夏海、柿原徹也、長沢美樹、梅原裕一郎も”. MANTANWEB. MANTAN (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  30. ^ それいけ!アンパンマン 第10弾 アンパンマンとおかしな仲間”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  31. ^ それいけ!アンパンマン 第12弾 人魚姫のなみだ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  32. ^ それいけ!アンパンマン 第13弾 ゴミラの星”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  33. ^ それいけ!アンパンマン 第15弾 ルビーの願い”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  34. ^ それいけ!アンパンマン 第16弾 夢猫の国のニャニイ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  35. ^ それいけ!アンパンマン 第16弾 つきことしらたま〜ときめきダンシング〜”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  36. ^ それいけ!アンパンマン 第17弾 ハピーの大冒険”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  37. ^ それいけ!アンパンマン 第18弾 いのちの星のドーリィ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年7月16日閲覧。
  38. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  39. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q”. メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。
  40. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』映画パンフレット 長沢美樹インタビューページより。
  41. ^ 青の6号”. GONZO公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  42. ^ エリーのアトリエ”. ザールブルグどっとこむ. 2022年3月15日閲覧。
  43. ^ 『電撃Girl's Style』2011年11月号より
  44. ^ CHARACTERS”. ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜. コーエーテクモゲームス. 2018年11月8日閲覧。
  45. ^ @houkaistarrail (2023年2月11日). "【事前登録記念声優コメントRTキャンペーンⅠ】". X(旧Twitter)より2023年3月25日閲覧
  46. ^ 製品情報”. フェニックス・エンタテインメント. 2017年10月1日閲覧。
  47. ^ 実写版「カウボーイビバップ」吹き替えにオリジナル声優!スパイク役は山寺宏一!”. シネマトゥデイ (2021年10月13日). 2021年10月13日閲覧。
  48. ^ “声優が公共施設案内 富士市、音声プロジェクト始動”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社). (2019年7月10日). https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/655593.html 2019年7月10日閲覧。 

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]