名探偵コナン 14番目の標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン 14番目の標的
Detective Conan
The Fourteenth Target
監督 こだま兼嗣
脚本 古内一成
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山口勝平
山崎和佳奈
神谷明
高島雅羅
内海賢二
中尾隆聖
音楽 大野克夫
主題歌 ZARD
少女の頃に戻ったみたいに
製作会社 キョクイチ東京ムービー
配給 東宝
公開 日本の旗 1998年4月18日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 18億5000万円
配給収入 10億5000万円
前作 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼
次作 名探偵コナン 世紀末の魔術師
テンプレートを表示

名探偵コナン 14番目の標的』(めいたんていコナン 14ばんめのターゲット)は、1998年4月18日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第2作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は99分。興行収入は18億5000万円、配給収入は10億5000万円[1]

キャッチコピーは「次に狙われるのはだれだ!?」。

概要[編集]

劇場版シリーズ第2作目。毛利小五郎とその知り合いが、名前に入っている数字になぞらえて13から1まで次々と標的になる事件が展開されていく。犯行現場には被害者の数字を表すトランプが残されていく。数字の順番は、目暮十三(13)→英理(12)→阿笠博(11)→弘樹(10)→勝義(9)→沢木平(8)→小山内奈々(7)→戸永明(6)→毛利小郎(5)→ピーター・フォード(4)→白鳥任郎(3)→科稔(2)→工藤新(1)[注 1]。犯人は小五郎に恨みを抱いている村上(ジョーカー)とされ物語が進む。そして、映画のサブタイトルである『14番目の標的』とは誰なのか、という謎が本作のメインになっている。なお、名前に数字の付くメインキャラクターが13から番号順に狙われるというストーリーにするにあたり、目暮警部の名前が13=十三(じゅうぞう)、白鳥刑事の名前が3=任三郎(にんさぶろう)と明かされた。この設定は原作・アニメシリーズでも公式設定となった。その後、第7作『迷宮の十字路』で、コナンや小五郎が本作について触れている。

また、本作では、小五郎が刑事を辞めるきっかけとなった事件と毛利夫婦が別居した理由が物語の別軸とされている。原作者・青山剛昌と監督・こだま兼嗣の対談から[いつ?]、この2つのエピソードを考案したのは青山本人であることが言及されている。映画シリーズの設定が原作・アニメにも受け継がれるときは、原作者とスタッフで矛盾がないように合わせられている。目暮警部は刑事時代の小五郎を「数々の難事件を迷宮入りにした」と評していたが、本作で射撃の腕前は本物であることが判明され、小五郎の有能な部分が垣間見える作品にもなっている。小五郎は本作以降も、原作・アニメ、そして映画シリーズ第9作『水平線上の陰謀』などでコナンを凌ぐ活躍を見せていくことになる。TVシリーズのキャラクターからは、毛利蘭の母親・妃英理が初登場。また、英理の秘書である栗山緑が名探偵コナンシリーズに初登場した(後の劇場版やテレビアニメ、原作にも登場)。

タイトルに「日本語で書いて英語で読む語」が初めて用いられた作品であり、第6作『ベイカー街の亡霊』以降定着している(第16作『11人目のストライカー』、第19作『業火の向日葵』を除く)。本作から第5作『天国へのカウントダウン』まではエピローグシーンで決まった音楽が使用されている。テレビスペシャルとして、1999年3月22日2002年9月1日2014年2月7日に放送された。本編のDVDは2001年3月28日Blu-ray Disc2011年6月24日に発売された。1997年からTVシリーズの主題歌は現在に至るまでビーイング所属歌手が担当しているため、本作以降も、2011年の第15作『沈黙の15分』まで14年間ビーイング所属アーティストが担当していた。

あらすじ[編集]

湖のほとりで母の妃英理を見付けた毛利蘭は、思わず駆け寄ろうとするが、英理は大声で蘭を止める。どこからともなく銃声が聞こえたかと思うと、英理が地面に倒れこんでしまう。そんな夢の中から焦るように抜け出した蘭は不安になり、英理に電話をかける。それを笑う英理だが、蘭が「夢で見た母は今より少し若く見えた」ということを伝えると、なぜか英理は表情を曇らせる。

一方、江戸川コナンは少年探偵団と航空博物館に向かうことになり、阿笠博士を待つ間、歩美は占いのゲーム機でコナンとの恋を占う。表示された結果は「Aの予感」だった。歩美は古い隠語で"A"はキスを意味すると言う。

1週間後、公園をジョギングしていた目暮警部が何者かにボウガンで狙撃される事件が起こる。現場には西洋の短剣らしきものが残されていた。その後、今度は英理がチョコレートを食べた途端に苦しみだし倒れるが、すぐに胃の洗浄をしたため命に別状はなかった。そして今度は事務所の郵便受けに紙製の花が入っていた。阿笠博士の家で、今回の事件について考えるコナンだが、突然、玄関のガラスが割れ、外を見に行った阿笠博士はバイクに乗った何者かにボウガンで狙撃される。コナンは犯人を追うが寸前のところで逃げられてしまい、現場からは剣のようなものが発見された。

コナンは、数々の遺留品からトランプの絵札に関連していることと、その犯行がコナンや小五郎に関連した人物を狙っていることを突き止める。一方で目暮警部も、犯人は仮出所したばかりの村上丈であることを突き止めていた。帰りの車中、コナンと蘭は白鳥刑事から、村上丈を取り調べた際にトラブルが起きて、小五郎が英理を拳銃で打ったという事実を語られる。

目暮警部は、「十」のつく辻弘樹に事件のことを知らせ忠告するが、辻はヘリコプターのフライトを止めようとしない。仕方なく小五郎と目暮警部も同乗することを条件としてフライトに許可を出し、コナンも潜入に成功する。その後、米花町上空を飛行中に、辻が目の不調を訴えヘリは墜落の危機を迎えるが、コナンの助けを借りて不時着を決行し惨事を免れた。

次に狙われるのは「八」のつく人物ということで、沢木公平を尋ねたコナン一行に対し、沢木はこれから海洋娯楽施設「アクアクリスタル」に行くのだと語り、コナンたちはそこで「九」のつく旭勝義の名前を目にする。そして、コナンたちも「アクアクリスタル」に向かうことになり、そこで同じく招待されていた、小山内奈々、仁科稔、宍戸永明、ピーター・フォードと会することになる。しかし、彼らもまた名前に数字を持っていたのであった。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

江戸川 コナン(えどがわ コナン) / 工藤 新一(くどう しんいち)
声 - 高山みなみ(コナン) / 山口勝平(新一)
新一だった頃に、ハワイで父・優作に教わったヘリコプターの模擬操縦と射撃訓練の経験が、今回の事件で大いに役立つことになる。新一の声で電話をした際に、父を信じられなくなった蘭に対して「小五郎が英理を撃ったのは事実でも、それがイコール真実とは限らないんじゃないか?」と諭す。
名前に「1」が含まれている事から、蘭は最後の標的が新一だと推測している。
毛利 蘭(もうり らん)
声 - 山崎和佳奈
今回の事件で両親の別居の真相を知り、小五郎のことを信じられなくなる。だが、電話で新一(の声を出したコナン)に諭されたことで、10年前の事件と小五郎を見つめなおそうとする。彼女の身を案じて自宅で留守番するように命じる小五郎に対しても、自分も事件の当事者だと主張し、同行する。
毛利 小五郎(もうり こごろう)
声 - 神谷明
本作では、目暮によって「警視庁内でも一、二を争う腕前」と評されたほどの射撃の名手であることが明かされた。また、高所恐怖症であるため、辻のヘリコプターに同乗させられた時は完全に怯えていた。
所轄署の刑事だった10年前、目暮と共に村上を逮捕したが、英理を人質に取って逃亡しようとした村上に対して拳銃を発砲した際、村上を足止めする目的で英理の脚にも銃弾を当てる。その後、人質に構わず発砲した責任を問われて依願退職し、英理とも対応を巡って大喧嘩をした末に別居したとされている。
鈴木 園子(すずき そのこ)
声 - 松井菜桜子
本作では序盤のみに登場。仁科のようなタイプが好みだと語っている。蘭との食事で小五郎と英理の話題が出た時は、「(小五郎は)蘭がいなかったら身を持ち崩していたかもね」と話している。
阿笠 博士(あがさ ひろし)
声 - 緒方賢一
犯人の標的「11」として狙われ、玄関のドアのガラスを割られて不用意にドアを開けたところをボーガンで臀部でんぶを撃たれて負傷する。
吉田 歩美(よしだ あゆみ)、小嶋 元太(こじま げんた)、円谷 光彦(つぶらや みつひこ)
声 - 岩居由希子(歩美)、高木渉(元太)、大谷育江(光彦)
歩美は恋愛の隠語である「A」の意味を知っているような節があるが、元太は「エビフライ」のことだと思っていた。なお、劇場版恒例のダジャレクイズは、本作では光彦が出題した。
阿笠が犯人に襲われた直後、コナンと探偵団バッジで連絡を取り、逃走する犯人の位置を伝えた。辻のヘリコプターが不時着する際には帝丹小学校の校庭でサッカーをしており、他の生徒を避難させた。
目暮 十三(めぐれ じゅうぞう)
声 - 茶風林
犯人の標的「13」として狙われ、ジョギング中にボーガンで右の脇腹を撃たれて負傷するが、数日後に退院して現場復帰し、事件の犯人を追う。
10年前の階級は警部補で、小五郎と共に殺人犯の村上を逮捕している。本人によれば、射撃の腕はいまいちだという。
本作で初めて下の名前が明かされた。
白鳥 任三郎(しらとり にんざぶろう)
声 - 塩沢兼人
10年前の人質事件の真相を蘭に教える。ワインに精通しており、沢木の自宅のワインクーラーやアクアクリスタルのワインセラーに貯蔵されているワインを見て興奮していた。射撃の腕はからきしで、拳銃を構えた時には手が震えていた。
目暮と同じく、本作で初めて下の名前が明かされた。
妃 英理(きさき えり)
声 - 高島雅羅
10年前の事件で村上に人質に取られた際、村上を足止めする目的で小五郎から脚を撃たれる。その事件の直後に別居し、敏腕弁護士として法廷で活躍するようになったことが明かされた。10年前の人質事件で負った傷跡が、今でも左大腿部に残っている。
犯人の標的「12」として狙われ、法律事務所に送られてきたチョコを小五郎のプレゼントだと思い口にしたところ、それに仕込まれた毒によって倒れてしまう。幸い命に別条はなく、大事には至らなかった。

オリジナルキャラクター[編集]

容疑者[編集]

村上 丈(むらかみ じょう)
声 - 鈴木英一郎
「ジョーカー」の異名で知られる元トランプ賭博のディーラー。35歳。左利き。
10年前、殺人事件を起こして小五郎と目暮に逮捕された。所轄署での取り調べの最中に英理を人質にして逃走を試みるも、小五郎に左肩を撃たれて失敗した。その直後に依頼退職した小五郎にとっては、刑事時代に逮捕した最後の犯人である。逮捕後は模範囚となり、1週間前に刑務所から仮出所している。出所直後に毛利探偵事務所を訪ねたが留守のため面会できず、それ以降行方不明になっている。前述の小五郎との因縁から、一連の事件の犯人として疑われる。
仁科 稔(にしな みのる)
声 - 鈴置洋孝
料理エッセイスト。37歳。
キザな性格だが女性ファンも多い。最近では「パリのレストラン」などの料理関連の本を書いているが、実際は味覚音痴でワインの知識にも疎い[注 2]。奈々に味覚を疑われて口論となり、お土産に持参したワインでブラインド・テイスティングの勝負をしたが、ボジョレーのムーラン・ナ・ヴァンを飲んで、最高級ワインであるシャンベルタンの名を挙げてしまい、奈々から笑われる結果となった。また、金槌のため水が苦手であり、海面を走るモノレールの上からでも冷や汗をかいていた。エッセイストになる前は犯罪ルポライターとして活躍しており、村上の事件を取り上げたことがある。
ピーター・フォード(Peter Ford)
声 - アンディ・ホリィフィールド
ニュースキャスター。40歳。
紳士風な外国人で、片言の日本語を喋っている。報道関係の仕事に携わっているためか、目暮と白鳥を一目で警察関係者だと見抜いている。陽気で冗談好きだが、率先して脱出口の捜索を手伝ったり、「アクアクリスタル」からの脱出時に子供のコナンを引っ張っていこうとするなど正義感は強い。村上に襲われる可能性がある立場にあっても毅然とした態度を崩さず、慌てた素振りは見せていない。女遊びが好きらしく、コナン達と英理との食事中に、十和子のクラブで若い女性に囲まれて豪遊する姿を目撃されている。予告では、フォードがワインを飲んだ直後に苦しむシーンが挿入されていたが、実際には毒を盛られたふりをしただけの冗談であった。
宍戸 永明(ししど えいめい)
声 - 内海賢二
カメラマン。45歳。
豪快な性格で、初対面[注 3]のコナンを小僧と呼び嫌がられている。また、態度の大きさと挑発めいた発言を何度も目暮に咎められていた。しかし、泳げない仁科を見て「俺が連れていってやる」と発言したり、少年探偵団の写真を撮って喜ばせるなど、優しい面も持ち合わせている。村上に襲われる可能性がある立場にありながら、フォードと同じく動揺した素振りは見せていない。村上とは過去に面識があり、写真集「殺人犯の肖像」で彼を撮影した事がある。
小山内 奈々(おさない なな)
声 - 岡本麻弥
人気モデル。21歳。
一行と同じく旭勝義からの招待を受けるが、唯一、フランス製の高級なマニキュアも一緒にプレゼントされている。高飛車な性格で、仁科が紹介した店を批判して口論となり、この口論から発展したブラインド・テイスティングに彼が失敗したことを受け、さらに挑発を繰り返している。車の運転も荒っぽく、駐車場に停車させる際にも勢いよく走行してコナン達を驚かせた。3ヶ月前に前方不注意が原因でバイクを転倒させる事故を起こしており[注 4]、それが村上から狙われる原因かもしれないと考えている。
沢木 公平(さわき こうへい)
声 - 中尾隆聖
仏料理店「ラ・フルール」のソムリエ。36歳。
小五郎や英理の古くからの友人。温和で紳士的な性格をしており、ワインに関する知識と情熱は凄まじい。奈々が持参したワインの銘柄をすぐに当てるなどソムリエとしての実力は一流で、いつか自分の店を開くことを目標にしている。趣味はワイン収集で、自宅のワインセラーには宝物のシャトー・ペトリュスなど高級ワインを数多く所持している。実家は山梨県で果樹園を経営しており、ワインセラーに数百本のワインが貯蔵されている。旭からレストランの経営を打診され、コナン一行と「アクアクリスタル」を訪れる。ワインセラーで犯人の仕掛けたブービートラップに引っ掛かりボーガンで狙われるが、トラップに気付いたコナンの声で間一髪矢を避けた。
旭 勝義(あさひ かつよし)
声 - なし
実業家。海洋娯楽施設「アクアクリスタル」のオーナー。62歳。
都内にある十数件のレストランの経営に携わっている。小五郎にはペットのネコ探しを依頼したことがあるが、知り合いというほどの付き合いはない。高級ワインのコレクションが趣味で、ワイン好きの白鳥が舌を巻くほどの希少ワインを取り揃えているが、その管理方法は杜撰ずさんであり、沢木に室内の温度の高さを指摘されていた[注 5]。その沢木にレストランの経営を任せたいという話を持ち掛けており、コナン達は次の標的「9」は旭ではないかと推理。沢木のガードも兼ねて「アクアクリスタル」へ向かうことになった。だが、一行が到着しても現れないので待機していると、ワインセラーから好きなワインを選ぶようにとの手紙が発見された。
辻 弘樹(つじ ひろき)
声 - 谷口節
プロゴルファー。36歳。
小五郎とはプロ・アマゴルフの時に知り合い、その時に彼にサイン付きの写真を贈っている。ヘリコプターの操縦免許を取得しており、所有する自家用機で休日によく飛行している。車を運転したり、ヘリを操縦したりする時には目薬をさす習慣がある。
犯人の標的「10」の可能性があることから、警察に飛行を中止するよう要請されるが断り、小五郎と目暮を搭乗させて飛行を開始してしまう。だが、米花町上空を飛行中に目の異常を訴え、ヘリは墜落の危機を迎えるが、こっそり搭乗していたコナンの活躍により無事に不時着させることができた。その後の検査で、目薬をビタミン剤から虹彩炎用の散瞳剤にすり替えられていたことが判明し、全米オープンをキャンセルすることになってしまった。

その他のキャラクター[編集]

栗山 緑(くりやま みどり)
声 - 百々麻子
妃英理の秘書で、妃法律事務所に所属する女性弁護士。英理に挨拶をした際に、胸に付けていたブローチを褒められて、とても喜んでいた。その後、英理にチョコレートを届けるも送り主の名前がないことを不思議がっていたが、小五郎からのお詫びのプレゼントだと勘違いした英理が、食べた直後に倒れたので驚いていた。
本作では秘書という役名になっており、その後、レギュラーキャラクターとなっている。名前が判明したのは、第4作『瞳の中の暗殺者』からである。
岡野 十和子(おかの とわこ)
声 - 一城みゆ希[注 6]
小五郎が常連で通っている銀座の高級クラブ「十和子」のママ。32歳。小五郎の知人であり、名前に「10」(岡野和子)が入っているということで警察にマークされていたが、事件とは無関係であった。
レポーター
声 - 永島由子
海洋娯楽施設「アクアクリスタル」のオープンに伴い、旭勝義に取材をしていた女性レポーター。コナンもこのニュースをテレビで見ていたが、蘭にテレビを消されてしまった。
辻の彼女
声 - 海原やすよ・ともこ
辻弘樹が仏料理店「ラ・フルール」に連れてきた女性二人組。
海原やすよ・ともこは、前作『時計じかけの摩天楼』の2丁拳銃に続く芸人のゲスト出演である。
医者
声 - 千葉一伸[注 7]
東都大学院の医師で、毒入りチョコレートを食べてしまい病院に搬送された英理の治療をした。その後、混入されていた毒が農薬系であることを白鳥に報告している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

少女の頃に戻ったみたいに
作詞 - 坂井泉水 / 作曲 - 大野愛果 / 編曲 - 池田大介 / 歌 - ZARD

挿入歌[編集]

「KIZUNA」
作詞 - 有森聡美 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 伊織
キミがいれば
作詞 - 高柳恋 / 作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 伊織

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 海外吹き替え版では、漢字の概念が分かりにくいことを考慮してか、数字と本人との関係が名前ではなく別の事に差し替えられている(~人の子供がいる、~個のビルを持っている等)。
  2. ^ 仁科の著書を読んだ蘭も、英理との会食で誤ったワインの知識を披露し、沢木に訂正されている。
  3. ^ 東都航空記念博物館で、ヘリコプターの撮影を行っていた時にコナンや少年探偵団と出会っているが、直接会話をするのはアクアクリスタルで会った時が初めてである。
  4. ^ バイクとの接触はなかったものの、奈々は相手を救護せず逃走してしまっている。
  5. ^ ワインを保存する際の温度は10 - 14℃が理想だが、「アクアクリスタル」のワインセラーは17℃であった。
  6. ^ 一城みゆ希は後年、テレビアニメにおいてジョディ・スターリング役でレギュラー出演している。
  7. ^ 千葉一伸は後年、テレビアニメにおいて千葉和伸役でレギュラー出演している。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名探偵コナン映画作品
通番 題名 公開日 監督 脚本 主題歌 歌手 興行収入
第1作 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 1997年4月19日 こだま兼嗣 古内一成 Happy Birthday 杏子 11億円
第2作 名探偵コナン 14番目の標的 1998年4月18日 少女の頃に戻ったみたいに ZARD 18.5億円
第3作 名探偵コナン 世紀末の魔術師 1999年4月17日 ONE B'z 26億円
第4作 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 2000年4月22日 あなたがいるから 小松未歩 25億円
第5作 名探偵コナン 天国へのカウントダウン 2001年4月21日 always 倉木麻衣 29億円
第6作 名探偵コナン ベイカー街の亡霊 2002年4月20日 野沢尚 Everlasting B'z 34億円
第7作 名探偵コナン 迷宮の十字路 2003年4月19日 古内一成 Time after time〜花舞う街で〜 倉木麻衣 32億円
第8作 名探偵コナン 銀翼の奇術師 2004年4月17日 山本泰一郎 Dream×Dream 愛内里菜 28億円
第9作 名探偵コナン 水平線上の陰謀 2005年4月9日 夏を待つセイル(帆)のように ZARD 21.5億円
第10作 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 2006年4月15日 柏原寛司 ゆるぎないものひとつ B'z 30.3億円
第11作 名探偵コナン 紺碧の棺 2007年4月21日 七つの海を渡る風のように 愛内里菜&三枝夕夏 25.3億円
第12作 名探偵コナン 戦慄の楽譜 2008年4月19日 古内一成 翼を広げて ZARD 24.2億円
第13作 名探偵コナン 漆黒の追跡者 2009年4月18日 PUZZLE 倉木麻衣 35億円
第14作 名探偵コナン 天空の難破船 2010年4月17日 Over Drive GARNET CROW 32億円
第15作 名探偵コナン 沈黙の15分 2011年4月16日 静野孔文 Don't Wanna Lie B'z 31.5億円
第16作 名探偵コナン 11人目のストライカー 2012年4月14日 ハルウタ いきものがかり 32.9億円
第17作 名探偵コナン 絶海の探偵 2013年4月20日 櫻井武晴 ワンモアタイム 斉藤和義 36.3億円
コラボ ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 2013年12月7日 亀垣一 前川淳 (主題歌なし) 42.6億円
第18作 名探偵コナン 異次元の狙撃手 2014年4月19日 静野孔文 古内一成 ラブサーチライト 柴咲コウ 41.1億円
第19作 名探偵コナン 業火の向日葵 2015年4月18日 櫻井武晴 オー!リバル ポルノグラフィティ 44.8億円
第20作 名探偵コナン 純黒の悪夢 2016年4月16日 世界はあなたの色になる B'z 63.1億円
(2016年7月25日現在)