ソニックX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソニックX
ジャンル アクションアニメアドベンチャーファンタジー
アニメ
原作 SEGAソニックチーム
監督 亀垣一
シリーズ構成 まさきひろ(第1期)、吉村清子(第2期)[1]
キャラクターデザイン 上川祐司(原案)、平山智
メカニックデザイン 森木靖泰
音楽 池頼広
アニメーション制作 東京ムービー
製作 テレビ東京トムス・エンタテインメント
SEGA、ソニックチーム
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2003年4月6日 - 2004年3月28日
話数 全78話
(第1期:全52話、第2期:全26話)
その他 第2期(第53話 - 第78話)はテレビ東京系列では未放送
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ソニックX』(ソニック・エックス)は、2003年4月6日から2004年3月28日までテレビ東京系列で放送されたゲーム『ソニックシリーズ』を題材にしたテレビアニメソニックチーム監修の下、日本で製作された同シリーズの初のテレビアニメ作品となる。

概要[編集]

全52話。放送終了後に第2期(第53話以降)が制作され、合わせて全78話となったが、第2期は当時日本国内では放送されなかった(後述)。

アニメーション制作は『バーチャファイター』の制作に携わったトムス・エンタテインメント(旧:東京ムービー)が担当[注 1][注 6]

ゲームシリーズのキャラクターは『ソニックアドベンチャー』以降の設定で登場し、日本版の声優陣も基本的にソニックアドベンチャーシリーズからの引継ぎだが、テイルスやビッグは声優が変更された[6]。また、クリームとチーズに声優がついた最初の作品となる。以降のゲームは全員、本作のキャストが起用されている。一方、4キッズ版の英語吹き替えでは本作を機に声優陣が一新され、ゲーム版の声優も変更されることになる。

この他、本作のオリジナルキャラクターも多数登場する。一部のキャラクターはトムスが過去に制作したテレビシリーズ『緊急発進セイバーキッズ』からの出演となっている[7]

ソニックの世界はパラレルワールドと言う設定になっているが、クリスの世界は現実世界[8]に近い設定になっている。第1期はクリスの世界が舞台で、シャドウやカオティクス事務所の面々の出番は限定的だが、第2期ではソニック達の世界が舞台となり、原作キャラクターの出番が増えた反面、現実世界からのレギュラーはクリスのみとなる。

ストーリーはアニメオリジナルのものが中心だが、第27話から第32話では『ソニックアドベンチャー』、第33話から第38話では『ソニックアドベンチャー2』のゲーム内容を踏襲し、第42話から第46話では『ソニックバトル』をベースにしている。その他チーム・カオティクス登場回は『ソニックヒーローズ』の宣伝も兼ねている。ほぼ同時期制作だが探偵事務所所属の3人として登場するのは本作の方が早かった。

ビデオ・DVD版も販売され、第1巻は一部のシーンで本放送時とは違う映像表現を用いた第1話が収録された。

あらすじ[編集]

第1期
伝説の7つの宝石カオスエメラルドを巡り、悪の天才科学者Dr.エッグマンと激闘を繰り広げていたソニック達。その戦いの最中、カオスエメラルドが揃ったことによって発生した大規模な時空の歪み(カオスコントロール)に巻き込まれ、ソニック達は彼らの住む世界によく似た別の世界(人間の世界:地球がモチーフ)に飛ばされてしまった。
ソニックは一緒に飛ばされてきた仲間達やその世界で出会ったクリス達の力を借りて「世界征服できるなら何処でも良い」と世界征服を始めたDr.エッグマンに立ち向かっていく。
第2期
宇宙から現れた謎の機械生命体メタレックス。その襲撃により、7つのカオスエメラルドは宇宙に飛散し、ソニック達の星は生命の源であるプラネットエッグを奪われてしまった。時を同じくして宇宙から飛来した少女・コスモからメタレックスの野望を知らされたソニックは、いつもの仲間達、コスモ、そして自ら開発した転送装置を使ってソニック達の世界へやってきた18歳のクリスと共に、宇宙船「ブルータイフーン号」に乗って、メタレックスの野望を阻止すべく宇宙へと旅立つ。

登場人物[編集]

各キャラクターに記述されている年齢などのプロフィールはいずれもアイキャッチのキャラ紹介より。

ソニックと仲間たち[編集]

原作ゲーム登場キャラクターの設定についてはそれぞれの項目も参照のこと。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)
声優 - 金丸淳一
種別:ハリネズミ / 性別:男 / 身長:100cm / 体重:35Kg / 年齢:15歳 / 走る速さ:超音速
原作シリーズ同様に主人公。音速で走ることができるが、水が苦手で筋金入りのカナヅチ。普段はクリスの家のガレージ2階の小部屋にテイルスたちと居候している。
本作ではリングを手にすることでスピンアタックを繰り出せるようになるという設定[9]。また、原作と同様に7つのカオスエメラルドの力でスーパーソニックに変身することが可能である。
エッグマンとは敵対関係だが、エッグマンや仲間達が思っているほど敵視している様子もなく、むしろそれゆえの信頼関係を持っている。
クリストファー・ソーンダイク(Christopher Thorndyke)
声優 - 小林沙苗(12歳時)、森田成一(18歳時)
種別:人間 / 性別:男 / 身長140cm(12歳時)→170cm(18歳時) / 体重:35Kg(12歳時)→57Kg(18歳時) / 年齢:12歳→18歳 / 好きな物:動物
本作のもう一人の主人公。アニメオリジナルキャラクター。愛称「クリス」。一人称は「僕」。人間の少年で、自宅のプールに落ちてきたソニックを助けたことがきっかけでソニックと仲良くなり、ソニック達と触れ合うことで成長していく。
第2期で18歳になった彼は、自身が開発した転送マシンを用いてソニックの世界へとやってくる。転送時のエラーにより12歳の姿に戻ってしまうが、ソニック達と共にメタレックスに立ち向かう。
また、次回予告のナレーションも担当している。
マイルス "テイルス" パウアー(Miles "Tails" Prower)
声優 - 広橋涼
種別:キツネ / 性別:男 / 身長:80cm / 体重:20Kg / 年齢:8歳 / 特技:二本のシッポを回転させて空を飛ぶ / 趣味:機械いじり・メカの操縦
2又のシッポを持つ子狐でソニックの一番の相棒。トルネード2を改造したXトルネードを操縦する。その才能や頭脳はDr.エッグマンにひけをとらない。
第2期では宇宙船ブルータイフーンを製造し艦長となる。
エピソード
77話 ダークオークの暴走を止めようとコスモが滅びの力を使って同化してしまい、ダークオークを倒そうとしたがコスモの死によってトラウマが出てしまい、何もできずに悲鳴を上げながら顔面を叩きつけ泣いてしまうが、心配になったコスモが[私こそ...迷惑ばかりかけてごめんね......]と謝罪し、コスモとの思い出を振り替えしながらソニックドライバーを発射し、ダークオークを倒すことに成功した。
78話 無事にダークオークを倒すことが出来たものの、コスモは死亡してしまい、彼女の死によって心に大きなトラウマを背負った。戻って来たソニックから[テイルス...それが...せいいっぱいだった......]と言った後、コスモの死後、白い種が残ったのを見てショックを受けてしまうものも自分の自宅の植木鉢に植えて育てた。
エミー・ローズ(Amy Rose)
声優 - 川田妙子
種別:ハリネズミ / 性別:女 / 身長:90cm(エピソード50では90.0cm) / 体重:ヒミツ!(エピソード50では括弧がつけられている) / 年齢:12歳 / 好きな物:ソフトクリーム / 嫌いな物:退屈(エピソード50ではひらがなで表記) / 特技:カード占い・ダウジング・ピコピコハンマー(エピソード50ではピコピコハンマーのみ)
シリーズ通りの本作のヒロイン。ソニックのことが大好きで、いつも追い掛け回しているハリネズミの女の子。本人曰く「ソニックのガールフレンド」だが、当のソニックからは苦手意識を持たれている。巨大なピコピコハンマーを隠し持っている。本作ではコギャルらしさはあまりなく、女の子らしい面や怒らせると怖い勝気な面がより強調された。
ナックルズ・ザ・エキドゥナ(Knuckles the Echidna)
声優 - 神奈延年
種別:ハリモグラ / 性別:男 / 身長:110cm / 体重:40Kg→25Kg(エピソード46) / 年齢:16歳 / 好きな物:フルーツ / 嫌いな物:強い日差し / 特技:穴掘り・壁登り・滑空・パンチ(エピソード46ではパンチ攻撃)[10]
シリーズ通りのソニックのライバルというより悪友。古代戦闘民族「ナックルズ族」の末裔。トレジャーハンターでマーシャルアーツの達人でもあり戦闘能力は高い。純粋な心の持ち主で騙されやすく、本人はそのことを気にしている。またエッグマンだけではなく、周りの仲間からも弄られることがしばしばある。
クリーム・ザ・ラビット(Cream the Rabbit)
声優 - あおきさやか
種別:ウサギ / 性別:女 / 身長:70cm / 体重:12Kg / 年齢:6歳 / 好きな物:TV とくに「ネクストショー」
礼儀正しく、何事にも一生懸命で好奇心旺盛なウサギの女の子。好きなテレビの「ネクストショー」をよく見ている。ソニック達が冒険に出ている時もクリスの家で留守番をすることが多い。また本作ではアドベンチャーシリーズに当たるストーリーにも登場している。
チーズ(Cheese)
声優 - 広橋涼
種別:チャオ / 性別:不明 / 身長:40cm / 体重:不明 / 年齢:不明 / 好きな食べ物:椰子の実
クリームの「友達」のチャオ(「ペット」扱いされるとクリームと共に憤慨する)。赤い蝶ネクタイがトレードマーク。「チャオ」としか喋れないが、クリームは彼が何を言っているのか分かるようである。
コスモ(Cosmo)
声優 - 小桜エツ子
性別:女 / 身長:90cm / 体重:15Kg / 特徴:体がとても軽い / 嫌いな物:メタレックス / 好きなこと:ひなたぼっこ
第2期に登場するアニメオリジナルキャラクター。メタレックスに滅ぼされたコスモ族最後の生き残り。献身的だが少々ドジな女の子。
実は彼女にはダークオークとは信頼関係があり、ダークオークに知られたときはショックを受けていた。
最終回で暴走するダークオークに亡き母から自分に出来ることを感じ、ダークオークに勇敢に立ち向かうようになり、ダークオークの暴走を止める為に自ら自分の命を犠牲にしてダークオークと同化し、ソニックドライバーでダークオークと共に滅びて死亡するという絶大な最期を迎えた。それによってコスモ族最後の生き残りは最後の犠牲者となり、テイルスの心に大きなトラウマを与えてしまうが、その後白い種が残り、植木鉢に植えられた。
エピソード
73話 テイルスに守られたがシャドウによってテイルスが倒されてしまい、殺害されそうになったがダークオークに自分の命を狙われそうになったことでショックを受けていた。
77話 ダークオークが暴走を引き起こしたことで宇宙が崩壊するかもしれないと恐れていたが、亡き母から自分に出来ることを感じ、ダークオークの暴走を止めるために美人に成長したような姿になって滅びの力を使ってダークオークと同化する。それが原因でテイルスは彼女に死に泣き崩れてしまうが、責任を感じたことでテイルスに謝罪し、テイルスが[僕は...君を!!]を叫んだ後、勇気を振り絞ってソニックドライバーを発射し、ダークオークと運命を共にして死亡した。
78話 命を落とした後、白い種が残り、その後ソニック達の世界に墓を作り、そして種はテイルスの自宅の植木鉢に植えられた。

Dr.エッグマン一味[編集]

エッグマンの手下は全員アニメオリジナルキャラクター。

Dr.エッグマン(Dr. Eggman)
声優 - 大塚周夫
種別:人間 / 性別:男 / 身長:185cm / 体重:128Kg / 年齢:不明 / 血液型:B型 / IQ:300 / 好きな物:メカ(エピソード49では好きな物の項目が消え、本名が「ロボトニック」と表記されている)
ソニックの最大にして永遠のライバルを自称する悪の科学者。天才を自称しているだけにIQは高いが、何度ソニックに負けても決して世界征服をあきらめない。典型的な「悪役」(「悪人」ではない[11])で、卑怯なことはするが手下のロボットと漫才のような会話[12]を繰り広げたり、たとえソニックに勝てそうになってもトドメを刺さずに返り討ちにあったりする[13]。本作では野球好きという意外な一面を見せている。コミカルな場面が多い一方で、ソニックとずっと一緒にいたいクリスを説教するなど悪役らしからぬ行動も散見され、第2期では哲学的で意味深な発言が多くなっている。
デコー(Decoe)
声優 - 山口健
種別: エッグマンロボ / 性別:? / 年齢:? / 身長:198cm / 体重:200Kg / 好きな物:きしめんういろう
Dr.エッグマンの手下ロボットで名古屋弁を話す。金色の長身で胸に凸(でこ)のマークがある。マヌケな面を見せることが多いが、エッグマンのボディーガードを兼ねてることもあり戦闘能力は意外に高い。エッグマンと一緒にいるときは悪事に加担するが、そうでもない場合はボコーと同じく優しい性格のようで、善い行いをする事を気持ちがいいと喜んでいた。 エピソード48でボコー共々一度エッグマンに置いてけぼりにされて主従関係をやめたが、エピソード49でクリスをエッグマンのところへ案内する形で結果的にエッグマンの元へ戻った。
過去にトムスが1991年に制作した『緊急発進セイバーキッズ』に登場した、Dr.バグの手下ロボット「イプシロン」と同じキャラクターデザインとなっており、イプシロンとは同一の声優が演じている。
ボコー(Bocoe)
声優 - 島田敏
種別: エッグマンロボ / 性別:? / 年齢:? / 身長:145cm / 体重:220Kg / 好きな物:からしめんたいこ
Dr.エッグマンの手下ロボットで博多弁を話す。銀色の小柄で胸に凹(ぼこ)のマークがある。デコーの弟的存在。デコー同様主人のエッグマンにこき使われて苦労が絶えないが、なんだかんだで仲良くやっている。
デコー同様『緊急発進セイバーキッズ』に登場したDr.バグの手下ロボット「オメガ」と同じキャラクターデザインとなっている[14]
ボックン(Bokkun)
声優 - 小林由美子
種別: エッグマンロボ / 性別:? / 年齢:? / 身長:50cm / 体重:20Kg / 特技:Dr.エッグマンからのメッセージを伝えること。爆弾を爆発させること。その他。
エッグマンからのメッセージをソニック達の元に運ぶロボット。小悪魔のような外見をしており、外見に違わず悪戯少年のような性格をしているが、寂しがり屋な一面もあり、時には泣いたりソニックのことを応援したりなど意外な一面も見せる 。語尾に「〜じょ」、悪戯成功時などには「ばーか!」が口癖。普段は「メッセンジャーロボ」と呼ばれることが多く、エミーからは名前があったことに驚かれていた。

クリスの家族[編集]

いずれもアニメオリジナルキャラクター。

チャック・ソーンダイク(Chuck Thorndyke)
声優 - 島田敏
種別:人間 / 性別:男 / 身長:165cm / 体重:60Kg / 年齢:72歳 / 好きな物:メカ、ベースボール
クリスの祖父で発明家。歳不相応な好奇心と行動力を持つ、クリスやテイルスの良き理解者。テイルスと一緒にメカを開発してソニックたちをサポートし、1期最終話では年の離れた友人として、テイルスにあるサプライズプレゼントを贈る。 エッグマン同様野球好き。
ネルソン・ソーンダイク(Nelson Thorndyke)
声優 - 山口健
種別:人間 / 性別:男 / 身長:180.0cm / 体重:82.5Kg / 年齢:42歳
クリスの父で、チャックの息子。アメリカで70%ものシェアを持つ電化製品兼機械製造会社の社長を務め、忙しい毎日を送っているので、一人っ子のクリスに寂しい思いをさせているのではないかと心配しているかなりの親バカ。クリスが行方不明になったときはGUNを出動させると発言し、チャックに叱られたこともあった。日本語版ではチャックに対しては敬語で接している。
リンゼー・ソーンダイク(Lindsey Thorndyke)
声優 - 進藤尚美
種別:人間 / 性別:女 / 身長:170.0cm / 体重:シークレット / 年齢:36歳
クリスの母で、世界的に有名な大女優。ネルソン同様に忙しい毎日を送っており、夫と同じく息子思いの親バカ。ソニック達のことをいつまでも「着ぐるみ」と信じて疑わない。筋金入りの料理音痴。
サム・スピード(Sam Speed)
声優 - 田中総一郎
通称:その時の気分によって変わる / 性別:男 / 身長:183cm / 体重:80Kg / 年齢:30歳 / 好きな物:スピード
クリスの叔父で、リンゼーの弟。F1マシン張りのマシンを操る超高速機動警邏隊「Sチーム」のリーダーを務める。私生活でも「自分は何もかも速い(早い)」と自称するほど(結婚するのも早かったが離婚するのも早かったなど)、かなりせっかちな性格。自分より速いソニックを勝手にライバル視し、最初はソニックもしぶしぶ付き合っていたが、後半になると良きライバル関係を築いていた。 。
エラ(Ella)
声優 - くじら
種別:人間 / 性別:女性 / 年齢:37歳 / 身長:163cm / 体重:102Kg / 好きなこと:歌を歌うこと
ソーンダイク家の家政婦。ネルソンとリンゼーは不在なことが多く、実質的に彼女がソーンダイク家を切り盛りしている。料理の腕はかなりのもので、エミーに料理を教えたりしている。大柄な体格な事もあってチャーミーから「怖そうなのがいるよ」と言われたこともあるが、普段は温厚な性格。しかし、怒らせると本当に怖い。
エドワード・タナカ(Edward Tanaka)
声優 - 今村直樹
種別:人間 / 性別:男性 / 年齢:35歳 / 身長:175cm / 体重:72Kg / 特技:武道(特に空手
通称ミスター・タナカ。ソーンダイク家の執事。好きなテレビ番組はサムライ・ムービー(時代劇)。苗字や故郷の描写から生まれは日本(もしくは日本をモデルにした国)だと思われ、電話の際にお辞儀する様をクリームから壁に向かって挨拶していると勘違いされ、不思議がられていた。空手が特技なだけあって政府のエージェントを簡単にあしらう実力はあるが、エッグマンのメカに戦いを挑んだときはあっさりと負けてしまった。 普段は無愛想だが、爆弾解除をしてステーションスクエアを救った英雄となったテイルスを逃がすために赤ん坊に変装するなど、お茶目な一面も見せる。

クリスのクラスメート[編集]

いずれもアニメオリジナルキャラクター。

ヘレン(Helen)
声優 - 日髙のり子
11歳、126cm、36Kg。クリスのクラスメートで、常に車椅子に乗っている金髪の少女。当初は内気な性格だったが、ソニックと出会った事で明るくなり、大人になってからはクリスに想いを寄せている様子を見せており、クリスも彼女を特別な人として見ている節が見られた。
ダニエル(Daniel)
声優 - 進藤尚美
11歳、125cm、40Kg、好きなことはXトルネードに乗ること。愛称「ダニー」。クリスの親友でバスケットボールが得意なアフリカ系の少年。大人になっても変わらずクリスとは親友として交流を深めている。
フランシス(Francis)
声優 - 塩山由佳
11歳、125cm、40Kg。クリスの友達で、そばかすが特徴の元気で活発な女の子。せっかちな性格をしている。大人になってもクリス達との友人関係を築いている。

カオティクス探偵事務所[編集]

カオティクス探偵事務所のメンバーも元々ソニックと同じ世界に住んでいたが、カオスコントロールによってソニックと同じく、人間が住む世界に飛ばされてきた。

キャラクター設定は2003年12月30日発売の『ソニックヒーローズ』以降のものなっているが、発売2日前に先行登場する形となった。1期では39話にしか登場していないが、第2期にも登場する。

ベクター・ザ・クロコダイル(Vector the Crocodile)
声優 - 三宅健太
20歳、180cm、200Kg、特技は推理、好きな物はお金、バンド演奏、嫌いな物は事務所の大家。カオティクス探偵事務所の所長を務めているワニ。推理力が強いが、紹介文によると事務所の大家が苦手。 思い込みの激しい行動が目立ち、ソニック達をクリームの誘拐犯と勘違いした。
チャーミーがどこからともなく持ってきたソニックXのDVDを見て、自分達と同じくカオスコントロールでこの世界にやってきたソニック達の存在を知ることになる。クリームの母のヴァニラに好意を抱いている。
エスピオ・ザ・カメレオン(Espio the Chameleon)
声優 - 増田裕生
16歳、110cm、36Kg、特技は忍術、好きな物は修行、嫌いな物は曲がったこと。事務所のご意見番のカメレオン
ベクターを止める突っ込み役だが、逆に暴走に巻き込まれることが多く酷い目によく遭う。
カメレオンだけあって、周りの風景に溶け込んで瞬間移動することが可能。その他にも忍術のような技をいくつか持つ。
なお、他のキャラとは異なり、彼とベクターのプロフィールはアイキャッチではなく、本編中に明かされている。
チャーミー・ビー(Charmy Bee)
声優 - 鉄砲塚葉子
カオティクス探偵事務所に籍を置くミツバチ
6歳、70cm、10Kg、好きな物ははちみつたっぷりの花、嫌いなものは退屈、特技は遊ぶこと。情報収集が担当。基本的に中立的な立場を取る。

その他の人物[編集]

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(Shadow the Hedgehog)
声優 - 遊佐浩二
Dr.エッグマンの祖父であるプロフェッサー・ジェラルドによって造られ、軍によって最高機密として封じられていた究極生命体で後のソニックの永遠のライバル。100cm、35Kg、好きな物はなし、嫌いな物は人類全て、特技はカオスコントロールとカオススピア。
外見のみならず、能力もソニックとほぼ同じで、スピンアタック[15]やスーパー化することが可能。また、「カオススピア」という黄色い矢のような閃光を放つ独自の技を持つ。カオスコントロールでワープすることが可能。手足に付いている金色のリングは彼の力を抑えるリミッターである[16]
第2期では原作とは異なる形で蘇り(ただし原作同様に記憶喪失状態)、メタレックスとの戦いに関わっていく。
ルージュ・ザ・バット(Rouge the Bat)
声優 - 落合るみ
セクシーな女コウモリ。18歳、105cm、体重はシークレット、特技はスクリューキック、好きな物は宝石。ソニックやナックルズに劣らない戦闘能力を持つ。パンチが得意なナックルズと反対にキックが中心で、「スクリューキック」が得意技。宝石専門のトレジャーハンター。大統領から国立博物館に展示されていた宝石を盗んだ罪をなくす代わりに政府直属のエージェントに任命される。
ヴァニラ・ザ・ラビット(Vanilla the Rabbit)
声優 - あおきさやか
クリームの母親。130cm。クリームと同様に礼儀正しくおっとりした性格だが躾には厳しい。クリームの口調も彼女譲り。
ビッグ・ザ・キャット(Big the Cat)
声優 - 長嶝高士
のんびりとした性格の巨大猫。18歳、200cm、280Kg、好きな物はカエル、好きな食べ物は魚。いつものんびりでおっとりしており、親友のカエルくん(声優:麻生智久)と共に暮らしている。よく湖畔で釣りをしている。2期では登場しない。
ガンマ(E-102 "γ"/Gamma)
声優 - 今村直樹
エッグマンが開発したE-100シリーズロボット2番機。215cm、825.256Kg。
エメル(Emerl)
身長110cm、14Kg。他者の技をコピーして強くなる能力を持つロボット。正体は古代の戦闘マシーン。ゲーム『ソニックバトル』に登場するキャラクター。
スチュワート(Stewart)
声優 - 中尾みち雄
アニメオリジナルキャラクター。突如赴任してきたクリスの担任教師だが、実の正体は政府直属のスパイ式エージェントで、クリスやソニック達の動向を監視、観察し、ソニック達の秘密を探る為に派遣された。エッグマンが作ったロボットのE-51が代理教師になって人気を博した際には「校長先生に言いつけてやる」と悔しがったが、これが彼の素の性格か演技かは不明。エッグマンのスパイ活動を成り行きで一緒にする事になった際は、責任感を持って振る舞い、政府の指示を無視して教師としての使命を果たそうとする場面も見られた。 1期中盤では、政府の指示で教師を解任され、ジャーナリストへと鞍替えした。
マイケル・K(Michael K.)
声優 - 麻生智久
アニメオリジナルキャラクター。クリスたちの国における大統領。エッグマンの脅しに屈するなど少々頼りない性格だが、ソニックがいる世界の地球との干渉による時間停滞化現象を解決するために厳しい決断を取るなど、素質に見合った行動と選択を行なった。 一方で英雄のソニックと子供時代に思い描いた大統領の理想像を重ねたり、ナックルズを煽っておだて、自身も格闘技大会に出場するなど、お茶目でユーモアのある一面も見せる。
トパーズ(Topaz)
声優 - 疋田由香里
アニメオリジナルキャラクター。大統領直属の女エージェント。最初は仕事としてルージュの相棒となっていたが、次第に打ち解けて休日に一緒に行動し、ルージュが元の世界に帰る際に宝石をプレゼントされるなど、友情を深めていた。 とあるきっかけで、タナカに好意を抱くようになる。
スカーレット・ガルシア(Scarlett Garcia)
声優 - 塩山由佳
アニメオリジナルキャラクター。32歳、167cm、58Kg。テレビ局SSTVの人気敏腕レポーターでジャーナリスト
Dr.アツミ(Dr. Atsumi)
声優 - 佐原健二
アニメオリジナルキャラクター。65歳、180cm、72Kg、本名:アツミ・ジュン。世界のへそと言われている島の謎を調べる考古地球物理学者。
ホーク(Hawk)
声優 - 大西健晴
アニメオリジナルキャラクター。173cm、92Kg。
ティカル(Tikal)
声優 - 麻生かほ里
14歳、95cm。古のナックルズ族長の娘。
パチャカマ(Pachacamac)
声優 - 中嶋聡彦
ナックルズ族の権威拡大を目論む古のナックルズ族長。
プロフェッサー・ジェラルド・ロボトニック(Prof. Gerald Robotnik)
声優 - 大塚周夫
史上最高とうたわれた天才科学者で、Dr.エッグマンの祖父。170cm、88Kg。
マリア・ロボトニック(Maria Robotnik)
声優 - 白鳥由里
プロフェッサー・ジェラルドの孫娘で、Dr.エッグマンのいとこにあたる。12歳、140cm、32Kg。
ジェローム・ワイズ(Jerome Wise)
声優 - 服巻浩司
アニメオリジナルキャラクター。42歳、175cm、68Kg。元大統領補佐官。汚職がばれてクビになった。
クリスティーナ・クーパー(Christina Cooper)
声優 - 泉久実子
アニメオリジナルキャラクター。38歳、170cm、50Kg。現大統領補佐官。頭がよくて冷静。
ミランダ·カーティス(Miranda Curtis)
声優 - 陰山真寿美
アニメオリジナルキャラクター。32歳、173cm、59Kg。ネルソンの有能な秘書。
エマー・ジョンソン(Elmer Johnson)
声優 - 杉野博臣
アニメオリジナルキャラクター。62歳、185cm、92Kg。プロ野球チーム「ダイアモンズ」の名監督。

メタレックス[編集]

ダークオーク(Dark Oak)
声優 - 中田譲治
身長:2.0m / 体重:270Kg
アニメオリジナルキャラクター。2期の黒幕で機械生命体「メタレックス」のリーダー。ソニックに対抗意識を抱かせるほど高い戦闘能力を持ち、スーパー化したソニックにすら痛手を負わすほど。刀を武器に戦う。ソニックを「光操つりし者」、「獣の勇者」と呼ぶ。彼の正体はコスモの同族であるコスモ族。
最終回で黒い球体へと進化を遂げて暴走し、スーパーソニックもなすすべもなかったが、彼を止めようと立ち向かった力を解放したコスモと同化したことで暴走を止められ、最後はソニックドライバーで完全に消滅して倒された。そのおかげでソニック達はダークオークを倒したものの、コスモは命を落とした。
モリー(Molly)
声優 - 小島幸子
シャドウが出会ったマリアと顔が似たレジスタンス軍の女性。ダークオークに一矢報いれる存在としてシャドウへ友好的に接しており、シャドウも彼なりのやり方で彼女を気をかけていたが、ダークオークの艦隊に戦闘機で捨て身の特攻攻撃を行い爆死する。
レッド・パイン(Red Pine)
声優 - 大塚芳忠[17]
アニメオリジナルキャラクター。機械生命体「メタレックス」の四天王の一人。大量のメタレックスを束ねてソニックたちをピンチに追い込む。
ペール・ベイリーフ(Pale Bay Leaf)
声優 - 小杉十郎太[17]
アニメオリジナルキャラクター。機械生命体「メタレックス」の四天王の一人。ブラック同様に残忍な性格だが、自信過剰家なところがあり、その結果エッグマンの策略にまんまと引っかかってしまう。
ブラック・ナルキッソス(Black Narcissus)
声優 - 成田剣[17]
アニメオリジナルキャラクター。機械生命体「メタレックス」の四天王の一人。残忍で冷酷な性格で、クリス達を危険な目に遭わせたことから、ソニックを本気で怒らせ、ダークソニックに覚醒させる。
イエロー・ゼルコヴァ(Yellow Zelkova)
声優 - 斎藤志郎[18]
アニメオリジナルキャラクター。機械生命体「メタレックス」の四天王の一人。かなりの怪力を持つが頭の回転は悪く、ナックルズをハリネズミと何度も間違える。

作中用語[編集]

ステーションスクエア(Station Square)
クリス達が住む世界にある都市。アメリカ合衆国にある。ただ、基本的には第1期の舞台はアメリカ合衆国やステーションスクエアだが、エピソード17にて中国の旧市街地(中国語が表記されている為、そう推測できる)らしき場所が登場しており、またエピソード22では雷門京都の城下町が登場している。
カオスエメラルド(Chaos Emerald)
ソニック達の世界に存在する宝石。大きさは大人の握り拳ほどある。「奇跡の宝石」と呼ばれ金、白、紫、赤、緑、青、水色の計7つ存在し揃えると強大な力が発生する。そのため常に争奪戦の対象になっている。
エピソード45では赤のカオスエメラルドを景品とした、トーナメント方式のソニックバトルまで開催された。
マスターエメラルド(Master Emerald)
ソニックたちの世界に存在する巨大な宝石。カオスエメラルドを凌駕する大きさでカオスエメラルドをコントロールできる。マスターエメラルドは常にナックルズに守られておりナックルズ族である彼にしか制御できない。
第2期ではカオスエメラルドの代わりに、ブルータイフーンの動力源にされた。
カオスコントロール(Chaos Control)
カオスエメラルドのエネルギーによって発生する現象。本作ではカオスエメラルドが7つ揃った際に、爆発するような形で発動した。ソニックやシャドウは意図的に発動することができ、瞬間移動や一時的な時間停止が可能。
GUN
本作ではアメリカ合衆国軍の通称。
ソニック現象(フリーダムムーブメント(Freedom Movement))
ソニックの人気により発生した社会現象。ソニックの自由な暮らしぶりを素敵なライフスタイルと感じた人々が行った。学校や会社を気が向いた時に行く、旅をして帰ってこない等が起こり社会を困らせた原因になった。
時間停滞化現象(Time Suspension Phenomenon)
人間世界とソニック達の世界が融合することで起こると懸念された現象。理論的に起こると時が止まり未来が消滅し肉体的死は訪れず同じ時間を延々と暮らすとされている。すなわち進化が止まってしまう。

第二部[編集]

メタレックス(Metarex)
アニメオリジナルの機械生命体。人間型から動物型に氷などの自然物で出来たものなど能力や姿形は千差万別。正体は侵略者との戦いで二つに分かれたコスモ族のなれの果てである。
コスモ族(Cosmos)
アニメオリジナルの種族。植物型の宇宙人で、男性と女性で姿が違うのが特徴(男性は木を連想する大柄な体格で、女性は花と人間を合わせたような外見)。一般の植物と会話することが可能。メタレックスによってほぼ絶滅した。
プラネットエッグ(Planet Egg)
アニメオリジナルの物質。「惑星の卵」を意味し惑星のコアでもある。これには膨大な力が存在しており抜き取られた惑星は不毛の惑星と化してしまいいずれ消滅してしまう。元に戻せば速やかに回復する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「SONIC DRIVE」(第1話 - 第78話)
作詞 - 相田毅 / 作曲・編曲 - 渡部チェル / 歌 - 影山ヒロノブ & 高取ヒデアキ
ソニックのイメージソング。第1話、第39話などで挿入歌として使用した(第52話ではカラオケバージョンで使用した)。
第27話以降では、オープニングの映像が変更されている。

エンディングテーマ[編集]

「ミ☆ラ☆イ」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲・編曲 - 馬場一嘉 / 歌 - RUN&GUN
  • 未来のイメージソング。
「光る道」(第14話 - 第39話、第53話 - 第78話)
作詞 - 田口俊 / 作曲・編曲 - 松任谷正隆 / 歌 - 廣重綾
  • メインエンディングテーマ。ビデオ・DVD版では第39、52話で挿入歌として使用した(第52話はビデオ・DVD版の第26話ではインストバージョンで使用した)。第26話・第77話・第78話は本編に組み込まれた。なお、第39話のみエミーがチーズに入れ替わっていた[19]
「T.O.P」(第40話 - 第52話)
作詞・歌 - KP / 作曲・編曲 - URU
  • ソニックとクールをイメージしたソング。映像がほとんどモノクロで、クレジットの一部が青文字になっている。

挿入歌[編集]

第1話、第39話などでは「SONIC DRIVE」が使用した(第52話ではカラオケバージョンで使用した)。また、第26話でオフコースの「言葉にできない[20]が、第52話では「夏の日」と「緑の日々」が挿入歌として使われていた[21]。第38話、第39話では「ソニックアドベンチャー2」の主題歌「LIVE AND LEARN」を使用していた。

各話リスト[編集]

2期シリーズに分かれてはいるものの、話数はそのままカウントされている。欧米などでは第1話から第26話までが第1期、第27話から第52話までが第2期、そして第53話から第78話までを第3期という場合もあるが、日本では第53話以降が第2期となっている。また、第2期はテレビ東京系列では未放送だった為、国内初放送となった2020年1月6日からのキッズステーションでの放送日を記載している。

アイキャッチはキャラやメカの特徴が紹介される。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 アイキャッチ
第1期
エピソード 1 超音速ヒーロー登場! まさきひろ 亀垣一 平山智 2003年
4月6日
ソニック・ザ・ヘッジホッグ、サム・スピード
エピソード 2 潜入! エリア99 友永和秀 古谷渓一郎 野口寛明 4月13日 クリーム・ザ・ラビット、チーズ
エピソード 3 Dr.エッグマンの野望 増田敏彦 小山田桂子 宮本佐和子 4月20日 ナックルズ・ザ・エキドゥナ、エミー・ローズ
エピソード 4 カオスエメラルドを手に入れろ! 横田和善 佐藤昌文 平山智
古池敏也
4月27日 dr.エッグマン、チャック・ソーンダイク
エピソード 5 激突!! ソニックVSナックルズ 吉村清子 友永和秀 古谷渓一郎 野口寛明 5月4日 クリストファー・ソーンダイク、マイルス "テイルス" パウアー
エピソード 6 熱戦! スクール・ウォーズ 浦沢義雄 祝浩司 葛谷直行 武内啓 5月11日 デコー、ボコー
エピソード 7 大混戦! クリスのホームパーティ 北条千夏 増田敏彦 小山田桂子 宮本佐和子 5月18日 エラ、Mr タナカ
エピソード 8 緊急発進! Xトルネード 白石雅彦 別所誠人 平山智 5月25日 トルネード2、Xトルネード
エピソード 9 渚のエミー 吉村清子 友永和秀 古谷渓一郎 井口忠一 6月1日 Eー38(オクトロン)、Eー39(クワイゾン)
エピソード 10 激闘! ソニック野球軍 三国睦 佐藤昌文 古池敏也 6月8日 10:ボックン(メッセンジャーロボ)、Eー21(ボリオス)
エピソード 11 美しき怪盗ルージュ まさきひろ 増田敏彦 小山田桂子 宮本佐和子 6月15日 ルージュ・ザ・バット、Eー70(ノイジー)
エピソード 12 エッグマン基地 総攻撃!(前編) 葛谷直行 武内啓 6月22日 12:エックスサイクロン、Eー35(ファンファンファン)
エピソード 13 エッグマン基地 総攻撃!(後編) 木村哲 久保山えい一 平山智
横手博人
6月29日 ダニエル、Eー18(ガラハド)
エピソード 14 英雄ソニックを追え! 浦沢義雄 八崎健二 小山田桂子 野口寛明 7月6日 ヘレン、フランシス
エピソード 15 移動要塞エッグフォート襲来! 吉村清子 増田敏彦 石川敏清 能地清 7月13日 エッグフォート、Eー42(トロール)
エピソード 16 目指せ! 南海の沈没船 北条千夏 佐藤昌文 古池敏也 7月20日 カニ、Eー57(クラーケン)
エピソード 17 ナックルズ! 怒りの鉄拳 白石雅彦 増田敏彦 木村寛 村上勉 7月27日 ホーク、Eー91(クノイチ)
エピソード 18 サバンナの大決闘! まさきひろ 葛谷直行 森脇まこと 桜井木の実 8月3日 チータ、Eー65(ゴルガ)
エピソード 19 古城の亡霊キングブーブ 増田敏彦 小山田桂子
沈相日
朴起徳 8月10日 ブー、キングブーブ
エピソード 20 出撃! エッグフォートII 亀垣一 原田奈奈 平山智 8月17日 ババン号、バババン号
エピソード 21 スピード勝負! ソニックVSサム 浦沢義雄 増田敏彦 岡崎幸男 村上勉 8月24日 ロケットカー、Eー45(ドスコイ)
エピソード 22 夏休み・チャオ〜な観察日記 吉村清子 佐々木皓一 佐藤昌文 古池敏也 8月31日 Eー66(ダダイオー)、チャオ
エピソード 23 大混乱! 6カオスエメラルド 北条千夏 増田敏彦 小山田桂子
沈相日
朴起徳 9月7日 バン号、Eー74(ウィゾー)
エピソード 24 暴走ソニック! 捕獲大作戦 白石雅彦 祝浩司 森脇まこと 南伸一郎 9月14日 Eー88(イダテンバード)、エッグフォートⅡ
エピソード 25 最後のカオスエメラルド まさきひろ 増田敏彦 岡崎幸男 村上勉 9月21日 Eー77(ラッキー)、トパーズ
エピソード 26 誕生! スーパーソニック 亀垣一 平山智 9月28日 Eー99(エッグエンペラー)[22]
(欧米では第2期)
エピソード 27 災いのはじまり 吉村清子 横田和善 高木信一郎
粉川剛
高梨光
10月5日 ビッグ、カオス
エピソード 28 謎の生命体カオス 菊池一仁 佐藤昌文 古池敏也 10月12日 エッグホーネット、カオス 4
エピソード 29 囚われのエミー 北条千夏 増田敏彦 小山田桂子
沈相日
崔宇植 10月19日 E-102¨γ¨(ガンマ)、カエルくん
エピソード 30 エッグキャリアの戦い 浦沢義雄 まさきひろ 矢崎しげる 山崎猛 10月26日 カエッグキャリア、カオス 6
エピソード 31 さすらいのガンマ 白石雅彦 森脇まこと 南伸一郎 11月2日 リリィ、E-101「改」
エピソード 32 パーフェクトカオスの叫び 平野俊貴 原田奈奈 平山智 11月9日 ティカル、パーフェクトカオス
エピソード 33 プロジェクト・シャドウの謎 まさきひろ 増田敏彦 小山田桂子
嚴上鎔
朴起徳 11月16日 エッグモービル、プロフェッサー・ジェラルド・ロボトニック
エピソード 34 逃亡者ソニック 白石雅彦 菊池一仁 佐藤昌文 古池敏也 11月23日 ビッグフット、ホットショット
エピソード 35 プリズンアイランドからの脱出 北条千夏 松浦錠平 福島一三 興村忠美 11月30日 レーザーハンター、フライングドッグ
エピソード 36 宇宙からの脅迫 まさきひろ 奥田誠治 矢崎しげる 川口敬一郎
金相曄
12月7日 アーク、エッグゴーレム
エピソード 37 スペースコロニー・アークの戦い 吉村清子 増田敏彦 榎本守 鈴木伸一 12月14日 シャドウ・ザ・ヘッジホッグ、マリア・ロボトニック
エピソード 38 マリアの願い、みんなの願い 平野俊貴 原田奈奈 平山智 12月21日 バイオリザード、ファイナルリザード
エピソード 39 カオティクス探偵事務所 浦沢義雄 亀垣一 森脇まこと 南伸一郎 12月28日 チャーミー・ビー、カオティクス[23]
エピソード 40 エッグマン株式会社 まさきひろ 浅見松雄 佐藤昌文 古池敏也 2004年
1月4日
ヴァニラ・ザ・ラビット、スカーレット・ガルシア
エピソード 41 光をわれらに!! えがみきよし 榎本守 鈴木伸一
清水恵蔵
1月11日 ジェローム・ワイズ、クリスティーナ・クーパー
エピソード 42 エミー愛の逃避行!? 吉村清子 奥田誠治 矢崎しげる 金相曄
智東載
1月18日 エメル、ドカドカ タンク
エピソード 43 家電大パニック!! まさきひろ 松浦錠平 興村忠美 1月25日 ミランダ・カーチス、家電ロボ
エピソード 44 おかしなおかしなスパイ大作戦 浦沢義雄 平野俊貴 原田奈奈 平山智 2月1日 スチュワートカー、エッグスパイダー
エピソード 45 ソニックバトル・開催!! まさきひろ
北条千夏
水原正則 前島健一 鈴木伸一 2月8日 エマー・ジョンソン、ネクスト
エピソード 46 ソニックバトル・決勝!! 菊池一仁 横田和善 山崎澄夫 2月15日 ナックルズ、クリーム
エピソード 47 緯度0大決戦!! 白石雅彦 森脇まこと 南伸一郎 2月22日 アツミ博士、エッグ大魔艦
エピソード 48 ソニック対地底怪獣 奥田誠治 山口美浩 高木信一郎
宇津木勇
2月29日 モスマッキン、モングラアン
エピソード 49 世界が静止する日 えがみきよし 榎本守 鈴木伸一 3月7日 マイルス・テイルス¨パウアー、ロボトニック[24]
エピソード 50 別れの朝 北条千夏 平野俊貴 古川政美 古池敏也 3月14日 エミー・ローズ、ルージュ・ザ・バット
エピソード 51 クリスの長い旅 吉村清子 水原正則 高橋滋春 小田仁 3月21日 ネルソン・ソーンダイク、リンゼー・ソーンダイク
エピソード 52 風の思い出 浦沢義雄 亀垣一 平山智 3月28日 なし
第2期(欧米では第3期、放送日はキッズステーションでの放送日)
エピソード 53 流星雨の使者 吉村清子 平野俊貴 熨斗谷充孝 未公開 2020年
3月25日
コスモ、メタレックス・キャリアー
エピソード 54 宇宙船ブルータイフーン号 水原正則 広嶋秀樹 3月26日 メタレックス・スパイク、ブルータイフーン号
エピソード 55 水の惑星ハイドー まさきひろ 奥田誠治 古川政美 3月27日 メタレックス・ギルマン、ギルマンのボス
エピソード 56 Dr.エッグマン参戦! 水原正則 鈴木卓夫 3月31日 メタレックスジャンピー、エッグマーズ
エピソード 57 アイスパレスの戦い! 白石雅彦 奥田誠治 棚橋一徳 4月1日 メタレックス・ギガテイル、メタレックス・クリスタル
エピソード 58 乙女のジャングルトラップ 吉村清子 原田奈奈 4月2日 メタレックス・キングエイプ、エッグ・ビー
エピソード 59 カオティクス、宇宙へ行く 浦沢義雄 水原正則 広嶋秀樹 4月3日 カオティクス探偵事務所(ベクター・ザ・クロコダイル、エスピオ・ザ・カメレオン、チャーミー・ビー)、カオティクスの宇宙船
エピソード 60 シャドウ・リバース 白石雅彦 奥田誠治 古川政美 4月6日 ホビドン人、メタレックス・ティザード
エピソード 61 メタレックス戦艦襲来! まさきひろ 水原正則 鈴木卓夫 4月7日 小惑星宇宙船、メタレックス・ヘルシップ
エピソード 62 地下渓谷の秘密 吉村清子 増田敏彦 熨斗谷充孝 4月8日 コスモの姉、メタレックス・バイパー
エピソード 63 宇宙要塞メタルプラント まさきひろ 平野俊貴 原田奈奈 4月9日 メタレックス・ペンチヘッド、メタレックス・プテラノ
エピソード 64 激突! ソニックVSシャドウ 吉村清子 奥田誠治 広嶋秀樹 4月10日 レッド・パイン、レッド・パインの戦艦
エピソード 65 カオティクス 電撃ラブラブ大作戦 白石雅彦 水原正則 古川政美 4月13日 ペール・ベイリーフ、ペールベイリーフの戦艦
エピソード 66 銀河回廊をわたれ! まさきひろ 奥田誠治 のがみかずお 4月14日 イエロー・ゼルコヴァ、イエローゼルコヴァの戦艦
エピソード 67 ブラック・トラップ 浦沢義雄 亀垣一 4月15日 ブラックナル・キッソス、ブラックナル・キッソスの戦艦
エピソード 68 こわれた星の上で 吉村清子 平野俊貴 熨斗谷充孝 4月16日 モリー、レオン
エピソード 69 お願いマルモリン! 奥田誠治 広嶋秀樹 4月17日 マルモリン星人(ルー、モモ、リリン)、ガーナ
エピソード 70 エッグマン艦隊現る! 白石雅彦 水原正則 古川政美 4月20日 所属不明機、メタレックス大母艦
エピソード 71 カフェ・カオティクス まさきひろ 奥田誠治 鈴木卓夫 4月21日 量産型メタレックス艦、クリムゾンエッグ
エピソード 72 メタレックスの正体!? 吉村清子 熨斗谷充孝 4月22日 ルージュ専用機、メタレックス戦闘機
エピソード 73 暗殺者シャドウ! 白石雅彦 原田奈奈 4月23日 ダーク・オーク、ダーク・オークの戦艦
エピソード 74 ロスト・プラネット 吉村清子 水原正則 広嶋秀樹 4月24日 ルクス、アーシア
エピソード 75 森化の日 白石雅彦 奥田誠治 古川政美 4月27日 エミー専用機、クリーム専用機
エピソード 76 決戦! ダーク・オーク 吉村清子 斉藤豊 4月28日 惑星アクリウス、ファイナルムーバ
エピソード 77 君のためにできること 水原正則 熨斗谷充孝 4月29日 スーパーシャドウ、スーパーソニック
エピソード 78 星の生まれるところ 亀垣一 4月30日 クリストファー・ソーンダイク、ソニック・ザ・ヘッジホッグ

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時[25] 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2003年4月6日 - 2004年3月28日 日曜 8:30 - 9:00 テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
青森県 青森朝日放送 水曜 16:00 - 16:30 テレビ朝日系列
宮城県 仙台放送 金曜 15:30 - 16:00 フジテレビ系列
静岡県 静岡放送 土曜 6:00 - 6:30 TBS系列
岐阜県 岐阜放送 火曜 19:30 - 20:00 独立局
滋賀県 びわ湖放送 月曜 7:30 - 8:00
奈良県 奈良テレビ
和歌山県 テレビ和歌山 日曜 8:00 - 8:30
長崎県 長崎国際テレビ 金曜 15:55 - 16:25 日本テレビ系列

日本国内での第2期の扱い[編集]

第2期(第53話以降)は2005年に欧米などで放送されたが、日本のテレビ東京系列では放送されなかった。ビデオ・DVD版にも収録されなかった為、日本国内においての第2期は長らく未公開であった。

2009年8月6日より、東京ムービーONLINE(現:ムービースクエア[26])を始めとした動画配信サイトで、第2期を含めた日本語版全78話のweb配信が始まり、欧米での放送から4年の歳月を経て、日本国内で第2期を視聴することが可能となった。

2020年1月6日からのキッズステーションでの再放送は、全78話の国内初放送となった[27]

また、2020年3月27日頃より国内大手配信サイトのドコモ・アニメストアにて78話分の定額視聴が可能になるなど、順次国内での視聴環境は整いつつある[28]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東京ムービーは本作開始時点で既に原作ゲームの開発元であるセガの傘下であり、社名も現在の「トムス・エンタテインメント」に変更していた。『ソニックX』は元々「東京ムービー」名義でのアニメーション制作作品を担当していたが、2007年頃から『名探偵コナン』等を除けばクレジットに「(放送局・広告代理店)トムス・エンタテインメント」や「(放送局・広告代理店)TMSトムス・エンタテインメント」が多くなり、「東京ムービー」は消滅しつつあった。2011年8月からは『名探偵コナン』も「(ytv・)トムス・エンタテインメント」のクレジット表記に変わったことで、「東京ムービー」名義での制作作品は廃止された。アニメーション制作名義においても『それいけ!アンパンマン』が2011年クリスマスSPから表記変更したことでTVアニメでは「東京ムービー」ブランドは消滅した。劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』では従来通り「アニメーション制作:東京ムービー」と発表されていたが、実際のクレジットは「TMS/V1Studio」だった。また、トムス・エンタテインメントは、2021年4月1日に、セガがセガグループを吸収合併した事に伴い、セガの完全子会社となった[2]。そのため、同じトムス・エンタテインメントの主要株主であるセガとして関わっていた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(OVA版)、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)² / Air / まごころを、君に』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』にも関わっている。2021年5月27日に、この日発行の官報にてSPEJがAK Holdingsを吸収合併すると公告[3]。これにより、アニマックスとキッズステーションはSPEJの直接子会社となる。これは、三井物産が『ソニックX』との再放送権を失ったからである。
  2. ^ 中東カタールビーイン・メディア・グループ英語版との合弁
  3. ^ 2005年10月以前のディメンション・フィルムズ作品も含む。
  4. ^ ただし、ウォルト・ディズニー・ジャパンからリリースされている『ぼくはゴーディ英語版』、『タイタニック 深海に沈む真実英語版』、『BIONICLE -マスク・オブ・ライト- ザ・ムービー』、『BIONICLE2 メトロ・ヌイの伝説』、『シンデレラマン』、『すべてはその朝始まった』、『最終絶叫計画4』、『こわれゆく世界の中で』の8作品を除く。
  5. ^ これは2022年2月15日に、社名を「パラマウント・グローバル」に変更することを発表し、翌16日付けで改称手続きが行われたため[4][5]
  6. ^ 米バイアコムCBS(現:パラマウント・グローバル)傘下の映画会社ミラマックス[注 2]の作品をパラマウント・レーベルとしてソフト発売・販売を担当し[注 3][注 4]、その後、長年パラマウント・ピクチャーズ ブルーレイ&DVD公式サイトで使用し続けてきた2代目バイアコム及びバイアコムCBSの署名欄は、2022年4月に全面的に廃止し、東和ピクチャーズ オフィシャルサイトで使用し続けてきたバイアコムCBSの署名欄も、同年4月に廃止し、同年5月に、Miramax Home Pageをリニューアルし、署名欄もバイアコムCBSからパラマウント・グローバルに変更したため[注 5]、『ソニックX』(日本語版)における制作提携は、2019年3月18日に、ミラマックスはアニメーション部門を復活したミラマックス・アニメーション英語版が、『ソニックX』(英語吹き替え(4キッズ)版)における制作提携は、2019年3月18日に、ミラマックスはファミリー部門を復活したミラマックス・ファミリー英語版がそれぞれ担当する役割分担が行われている。

出典[編集]

  1. ^ a b c マイティメディアからリリースされたVCDのスタッフロールより。
  2. ^ “当社グループにおける組織再編(会社分割及び吸収合併)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), セガサミーホールディングス, (2021年1月29日), https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/reorganization_j_20210129_final.pdf 2021年4月1日閲覧。 
  3. ^ ソニー・ピクチャーズ、アニメ事業を展開するAK HOLDINGSを吸収合併 AK HOLDINGSは解散へ、gamebiz、2021年5月27日
  4. ^ 米メディア大手バイアコムCBS、社名をパラマウントに”. 日本経済新聞 (2022年2月16日). 2022年2月20日閲覧。
  5. ^ バイアコム、社名をパラマウントに変更へー10~12月利益は予想下回る”. Bloomberg.com (2022年2月16日). 2022年2月16日閲覧。
  6. ^ テイルスの声優は今まで子役が演じていた。ビッグの声優は八代駿の死去により変更。
  7. ^ ムビマガ!アラカルト 2010年10-11合併号
  8. ^ ソニックアドベンチャーシリーズに近い世界観
  9. ^ リングを使用しないでスピンアタックをする描写も存在する。
  10. ^ エピソード46では好きな物・嫌いな物・特技の滑空は省略。
  11. ^ アニメ内でメタレックスに対し「ワシらも人質は取るが傷つけるような真似はしない」という趣旨の発言をしている。
  12. ^ 後のシリーズでその役割をオーボットとキューボットが受け継ぐ。
  13. ^ メカが暴走してソニックを殺そうとした際、動揺している。
  14. ^ なお、オメガを演じた松尾銀三は本作開始時点で故人となっており、ボコーを演じた島田敏は松尾が生前演じた役をいくつか引き継いでいる。
  15. ^ ソニックと違い、リングを使用してスピンアタックをする描写はない。
  16. ^ これは当初アニメ独自の設定だったが、後に原作ゲームへ逆輸入された
  17. ^ a b c 東京ムービーONLINE ソニックX 6ページ キャラクター紹介
  18. ^ 東京ムービーONLINE ソニックX 6ページ キャラクター紹介では「渡部猛」と表記されている。
  19. ^ テレビ放送、web配信版、キッズステーション版のみ。ビデオ・DVD、海外へのアニメ動画サイト(KissAnimeなどを含む)版では通常通りエミーが登場している。
  20. ^ テレビ放送、web配信、海外へのアニメ動画サイト(KissAnimeなどを含む)版のみ。ビデオ・DVD版、キッズステーション版では「光る道」のインストバージョンに差し替えられている。
  21. ^ テレビ放送、海外へのアニメ動画サイト(KissAnimeなどを含む)版のみ。ビデオ・DVD、web配信版、キッズステーション版では「夏の日」を使用したシーンは「光る道」、「緑の日々」を使用したシーンは「ソニックアドベンチャー2」のフィナーレ曲「Event: The Last Scene」に差し替えられている。
  22. ^ CM前・CM後と共にシルエット姿で共通。
  23. ^ キャラ紹介ではなく、「どんな事件でもそくざに解決!!カオティクス探偵事務所」とテロップが描かれたアイキャッチとなっている。
  24. ^ Dr.エッグマンの苗字であり、「Dr.エッグマン」は通称となっている。
  25. ^ アニメディア』2003年6月号の『TV STATION NETWORK』(p109 - 111)より。
  26. ^ 2014年6月でムービースクエアが閉鎖したが、現在は一部動画サイトにて有料で視聴可能。
  27. ^ 字幕放送も実施し、字幕の色はソニックが黄色、クリスが水色、テイルスが緑色、それ以外の人物は白色で表記。
  28. ^ dアニメストア SONIC X

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 日曜8:30 - 9:00枠
前番組 番組名 次番組
ソニックX(第1期)
【本番組までアニメ枠】
美術はたのしっ!
【同番組のみ教養バラエティ番組】