テレビ東京系列日曜朝8時30分枠のアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレビ東京系列日曜朝8時30分枠のアニメは、2001年4月1日からテレビ東京系列日曜朝8時30分 - 9時00分に放送されている「テレビ東京系列日曜朝のアニメ・子供向け番組ゾーン」の一つである。

枠の歴史[編集]

この枠では1990年10月より金曜19:30枠から移動する形で、1993年3月まで『釣り・ロマンを求めて』が放送され[1]、その後は『大使の国のたからもの』等のドキュメンタリー番組や『おとバラ』等のバラエティ番組が放送されたが、2001年4月からはアニメ枠に転換し、テレビ朝日系列朝日放送(ABC)制作の作品とアニメ枠が重なるようになった[2]。第1作は女児向けアニメ少女向けアニメ)の『超GALS!寿蘭』が放送されたが、その後は男児向けアニメ少年向けアニメ)枠として放送。

2004年3月の『ソニックX』終了後に一旦アニメ枠を休止し、同年4月から9月まで教養バラエティ番組『美術はたのしっ!』を放送。同年10月から放送の『ゾイドフューザーズ』から再びアニメ枠となる。

『ゾイドフューザーズ』・『天元突破グレンラガン』・『メイプルストーリー』は半年間、それ以外の作品は1年間放送されているが、2009年4月から放送されている『メタルファイト ベイブレード』シリーズは、この枠としては初めて1年以上続く作品となったが、2012年12月23日をもって3年9ヶ月の放送を終了することになった(当初は2013年3月までの予定であった)。

2011年10月2日からこの枠は8:30 - 8:45と8:45 - 9:00の2つに分割され、8:45 - 9:00に『クロスファイト ビーダマン』が放送されることになったため、『メタルファイト ベイブレード 4D』は8:30 - 8:45の放送となり、放送時間が30分から15分に縮小された。

2013年1月13日からこの枠は1分縮小した8:30 - 8:44と1分拡大した8:44 - 9:00の2つに分割され、『メタルファイト ベイブレード』シリーズが放送されていた8:30 - 8:44枠には『クロスファイト ビーダマン eS』が15分繰り上げられ、8:44 - 9:00枠には新アニメの『ビーストサーガ』が放送される。

2013年10月6日開始の『ダイヤのA』からは2年ぶりに8:30 - 9:00の30分枠に戻されることになった。

2015年4月から、これまで土曜8:30 - 9:00枠で放送されていた『デュエル・マスターズ VSR』が移動することになった。そのため、『ダイヤのA』は、2015年4月から月曜18:00 - 18:30枠に変更される。

現在放送中の番組[編集]

過去に放送していた番組[編集]

番組名が太字のものは、BSジャパンでも放送されていた番組。

第1期[編集]

  • 超GALS!寿蘭(2001年4月1日 - 2002年3月31日・全52話) - 同枠の第1作。
  • 電光超特急ヒカリアン(2002年4月7日 - 2003年3月30日・全52話) - 東宝との共同制作。
  • ソニックX(2003年4月6日 - 2004年3月28日・全52話[3]) - 本作終了後半年間アニメ枠を休止していた。

第2期[編集]

2011年9月以前[編集]

2011年10月 - 2013年9月[編集]

8時30分 - 8時45分枠
  • メタルファイト ベイブレード 4D(2011年10月2日 - 2012年4月1日・全26話) – 2011年9月25日まで、30分枠で放送。
  • メタルファイト ベイブレード ZEROG(2012年4月8日 - 2012年12月23日・全38話)
  • クロスファイト ビーダマン eS(2013年1月6日 - 9月29日・全40話)
2012年10月7日から12月23日までは直後の8時45分 - 9時00分枠での放送。
2012年1月6日のみ新春お年玉スペシャルとして8時30分 - 9時00分枠での放送される。
8時45分 - 9時00分枠
2013年1月6日から8時30分 - 8時45分枠に移動。

2013年10月以降[編集]

  • ダイヤのA(2013年10月6日 - 2015年3月29日・全75話)
2015年4月から月曜18:00 - 18:30枠に移動。
※土曜8:30 - 9:00枠から移動

脚注[編集]

  1. ^ 1993年4月から土曜18:00枠に移動。
  2. ^ テレビ朝日系列は1994年度以降、女児向けアニメ(少女向けアニメ)を放送、放送内容は朝日放送制作日曜朝8時30分枠のアニメを参照。
  3. ^ 欧米では第2期として26話が追加されて全78話となったが、日本では第2期は未放送だった。

関連項目[編集]