増田裕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ますだ ゆうき
増田 裕生
プロフィール
愛称 まっすん、ますん
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1979-09-12) 1979年9月12日(37歳)
血液型 A型
所属 フリー
活動
活動期間 (声優としては)1990年 -
デビュー作 ヘポイ(『RPG伝説ヘポイ』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

増田 裕生(ますだ ゆうき、1979年9月12日 - )は、日本男性俳優声優東京都出身。

概要・経歴[編集]

子役出身で、以前は劇団日本児童に所属していた。声優としては、『RPG伝説ヘポイ』の主人公、ヘポイ役でデビュー。当時はまだ小学生であった。他の代表作に『リトルツインズ』(タフル役)、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』(三沢大地役)、『テニスの王子様』(仁王雅治役)など。

2010年5月までリベルタに所属していた。

比較的洋画吹き替えへの出演が多い。アニメでは熱血漢役からクールな役、無口な性格のキャラクターまで演じている。

人物[編集]

  • ダウンタウンのファンである。
  • ホラー映画鑑賞が好き[1]
  • 手先が器用らしく、一晩でぬいぐるみを作るほど裁縫が上手い[2]

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • オズの魔法使い
  • なよたけ(1990年1月4日 - 28日、日生劇場
  • TAIZO Project 「Vの悲劇」(2002年5月1日 - 4日、シアターVアカサカ
  • 東京上空いらっしゃいませ(2002年12月11日 - 13日、東京ウィメンズプラザ)
  • アイスクリームマン(2003年3月28日 - 31日) 
  • 男ばかりのシェイクスピア〜オセロより〜(2003年12月3日 - 7日)
  • 劇団40carat 第12回公演『そして、沈黙。』(2004年3月11日 - 14日、新宿シアターモリエール)
  • ミュージカル「冒険者たち」(2009年3月5日 - 15日、シアターサンモール
  • ミュージカル「冒険者たち」-ガンバとその仲間たち-【再演】(2010年6月10日 - 13日、サンシャイン劇場/2010年6月19日 - 20日、テレピアホール
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「コカンセツ!」(2010年8月11日 - 15日、天王洲銀河劇場
  • ミュージカル「ホンク!ジュニア版~みにくいアヒルの子~」(2010年8月12日・13日・24日 - 26日、江東区文化センター)
  • 舞台「甘男子〜あまだん〜」(2010年12月2日 - 12日、俳優座劇場
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「新宿バックストリート」(2011年2月9日 - 13日、全労済ホールスペース・ゼロ)
  • Func A ScamperS 009「僕の後悔はジュリアナ」(2011年3月31日 - 4月3日、シアタートラム
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「KEEP OUT!〜勝手にアジトにしないで下さい〜」(2011年6月1日 - 5日、シアターサンモール/6月11日・12日、テレピアホール)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「コカンセツ!〜再演〜」(2011年9月22日、天王洲銀河劇場)※日替わりゲスト
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「The Radio Show Must Go On〜バレルナキケン〜」(2012年1月17日 - 22日、中野ザ・ポケット)
  • 水木英昭プロデュースvol.13『SAMURAI挽歌2012~房州幕末編~』(2012年4月18日 - 24日、紀伊國屋ホール
  • Hysteric・D・Band vol.2 神様の観覧車(2012年6月6日 - 17日、青山円形劇場
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「The Radio Show Must Go On〜バレルナキケン〜再演+外伝公演!」(2012年8月28日 - 9月3日、中野ザ・ポケット)
  • 時速246億vol.06『リボン』(2012年10月23日 - 28日、赤坂RED/THEATER/2012年11月3日・4日、テレピアホール )
  • 水木英昭プロデュースvol.14『SAMURAI挽歌Ⅱ~紀州の魂~』(2012年12月1日・8日、紀伊國屋ホール)※日替わりゲスト
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 「マティーニ! 〜ただ今、撮影5時間押し〜」(2013年2月6日 - 11日、シアター1010
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 舞台「ROBOTICS;NOTES」(2013年5月5日、全労済ホール スペース・ゼロ)※日替わりゲスト
  • スタンダードソングエンタテイメントPresents 『新・贋作水滸伝 –Heroes−』(2013年5月15日 - 19日、あうるすぽっと)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「The Fake Time Machine Story〜ウソヘノトビラ〜」(2013年6月26日 - 7月7日、中野ザ・ポケット)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「異聞天狼伝〜會津新撰組残党記〜」(2013年9月4日 - 11日、全労済ホールスペース・ゼロ)
  • 水木英昭プロデュース&曾我泰久 共同新企画『眠れぬ夜のLOVEストーリーズ vol.1』The First Act(2013年10月1日 - 10日、千本桜ホール)
  • 水木英昭プロデュース&曾我泰久 共同新企画『眠れぬ夜のLOVEストーリーズ vol.1』The Second Act(2013年10月21日 - 27日、千本桜ホール)
  • 時速246億vol.B「theatrical」(2013年12月3日 - 11日、赤坂RED/THEATER)
  • UMANプロデュース公演 ブラックコメディSF「スタア」(2014年2月27日 - 3月2日、六行会ホール)
  • BQMAP page140343『Birth』(2014年3月20日 - 22日、道頓堀ZAZA/4月9日 - 13日、笹塚ファクトリー)
  • 水木英昭プロデュースvol.16『眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章〜復活〜』(2014年5月23日 - 6月1日、紀伊國屋サザンシアター/6月12日、中村文化小劇場/6月14日・15日、ABCホール/6月17日、西鉄ホール)
  • プロペラ犬×時速246億SPECIALコラボ公演「ハッピーセット」(2014年7月21日、赤坂RED/THEATER)※日替わりゲスト
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 舞台「炎の蜃気楼昭和編 夜啼鳥ブルース」(2014年9月17日 - 23日、シアターサンモール)
  • 水木英昭プロデュース10周年記念公演第一弾 水木英昭プロデュースvol.17『レイジーミッドナイト』(2014年11月15日 - 24日、紀伊國屋ホール/11月29日・30日、西鉄ホール/12月2日・3日、近鉄アート館/12月5日、中村文化小劇場)
  • UMANプロデュースPresents Rockin'style『エデンズロック』(2015年3月25日 - 29日、新宿村LIVE)
  • 水木英昭プロデュース10周年記念公演第二弾 水木英昭プロデュースvol.18『眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章〜飛躍〜』(2015年5月30日 - 6月7日、紀伊國屋ホール/6月11日、名古屋市青少年文化センター アートピアホール/6月13日、西鉄ホール/6月16日・6月17日、エルシアター/6月19日、イズミティ21 小ホール)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 舞台「炎の蜃気楼昭和編 瑠璃燕ブルース」(2015年10月8日 - 13日、シアター1010)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース「魔王ロス症候群」(2015年12月23日 - 29日、シアターサンモール)
  • ピウスプロデュース「プライム輪舞曲~素数と宝剣(つるぎ)と金庫の謎~」(2016年2月11日 - 15日、シアターKASSAI)
  • パインソー 12th れんぞくきかくとうきょう2016「miLE」(2016年2月17日、シアター711)※ゲスト出演
  • UMANプロデュースPresents 「リボンの騎士-鷲尾高校演劇部奮闘記-」(2016年3月10日 - 13日、六行会ホール)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 朗読劇「雲は湧き、光あふれて」(2016年3月30日 - 4月3日、紀伊國屋サザンシアター)
  • ピウスプロデュース『女王の戦略』(2016年6月22日 - 26日、テアトルBONBON)
  • ビウス企画『虚言癖倶楽部』(2016年8月3日 - 7日、サンモールスタジオ)
  • 水木英昭プロデュースvol.20『眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章〜キセキ〜』(2016年8月31日 - 9月8日、紀伊國屋ホール/9月13日、わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)/9月16日、名古屋市青少年文化センター アートピアホール/9月19日、西鉄ホール/9月21日、JMSアステールプラザ中ホール/9月23日、新神戸オリエンタル劇場/9月27日・28日、イズミティ21 小ホール)
  • トライフルエンターテインメントプロデュース 舞台「炎の蜃気楼昭和編 夜叉衆ブギウギ」(2016年10月21日 - 30日、シアターサンモール)

テレビアニメ[編集]

1990年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2015年

OVA[編集]

1992年

2007年

2008年

  • テニスの王子様 全国大会篇 Final(仁王雅治)

2009年

  • テニスの王子様 ANOTHER STORY 過去と未来のメッセージ(仁王雅治)

2011年

  • テニスの王子様 ANOTHER STORY II アノトキノボクラ(仁王雅治)

2014年

  • 新テニスの王子様 OVA vs Genius10(仁王雅治)

劇場アニメ[編集]

1991年

1992年

2005年

2007年

2011年

ゲーム[編集]

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • テニスの王子様 もっと学園祭の王子様 - More Sweet Edition -(仁王雅治)

2011年

2015年

  • Angel Beats! -1st beat-(藤巻[5]
  • 新テニスの王子様 ~Go to the top~(仁王雅治)

吹き替え[編集]

実写
アニメ
  • フィニアスとファーブファーブ・フレッチャーカモノハシペリー
    • フィニアスとファーブ/ザムービー(ファーブ・フレッチャーカモノハシペリー
  • ベン10(ケビン・レビン)

ラジオ[編集]

webラジオ「まっすん」

CD[編集]

  • その唇をひらけ(永井)
  • Punch↑ 1(電機屋)
  • テニスの王子様シリーズ
  • ドラマCD 僕たちのスイートドラゴン(水のドラゴン“キリブリン”)
  • ドラマCD エンリコ・イリソギ WAO!AMUSEMENT PARK シリーズ
    • 第1弾 「ようこそここへ!クック81編」(グリーン)
    • 第2弾 「戦隊モノはじめました編」(グリーン)
    • 第3弾 「愛の激情編」(グリーン)
    • 第4弾 「バンドやろうぜ!編」(グリーン)

DVD[編集]

  • テニスの王子様 100曲マラソン
  • テニスの王子様 テニプリフェスタ2009
  • テニスの王子様 テニプリフェスタ2011 in 武道館
  • テニスの王子様 FAN DISC ~Animation's 10th Anniversary~
  • テニスの王子様 テニプリフェスタ2013
  • 新テニスの王子様 DVD FAN DISC ~be a rival and friend~
  • TALK LIVE E&Y Vol.2
  • TALK LIVE E&Y Vol.3
  • E&Y ANI-SONG LIVE 2012

CM[編集]

  • アサヒフードアンドヘルスケア バランスアップSOYクリスプ「なんちゃって料理番組」篇(2008年4月19日 - ) ※ナレーション

脚注[編集]

  1. ^ 増田裕生twitter 2014年10月13日
  2. ^ Pick-Up Voice(音楽専科社)2014年1月号 増田裕生記事より
  3. ^ エグザムライ戦国”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  4. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ 新テニスの王子様. 2012年1月4日閲覧。
  5. ^ CHARACTER”. Angel Beats! -1st beat-. 2015年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]