セガソニック・ザ・ヘッジホッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セガソニック・ザ・ヘッジホッグ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード
開発元 ヒットメーカー
発売元 セガ(後のセガ・インタラクティブ
人数 1〜3人
発売日 1993年6月
テンプレートを表示

セガソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1993年6月に発売したアーケードゲーム

ストーリー[編集]

悪の天才科学者ドクター・エッグマンにソニック、マイティー、レイは捕まってしまい、「エッグマン島」に投獄される。エッグマン島にある罠を生き抜きながら脱出しようとする3人であった。

ステージ[編集]

  • VOLCANIC VAULT

転がる火の玉を振り切ったり、火柱が出て来る穴を飛んだりなど、火山をイメージしたステージである。

  • ICY ISLE

南極風のステージ。地面が凍っていて、さらに氷のブロックが穴に向かって滑ったり、地面から針が飛び出したりするため、高い反射神経が必要とされる。

  • DESART DODGE

地面が砂でできており、砂が吹き飛ばされ穴ができたり、アリジゴク型の流砂の罠がある。

  • TRAP TOWER

巨大な歯車が転がってくるステージ。その名の通り、電気が流れる罠や、ジャンプ台など、様々な罠がある。塔から脱出すればステージクリアとなる。

  • LANDSLIDE LINBO

崖のステージで、前のステージから来た歯車が崖を壊してしまい、その状態を進んでいく。また、道だと思わせて壁だったりするトラップがあり、最後の機械を壊すとクリアとなる。

  • WILD WATER WAY

前半は水中を進み、後半は激しい川の流れを板に乗って進んでいく。川の流れに飲み込まれるとかなりのダメージを受けてしまう。

  • EGGMAN TOWER

今までのステージの様々な仕掛けがあるステージ。ドクター・エッグマンの司令室まで行き着くと、エッグマンが爆破スイッチを押してしまい、20秒たつまでに塔から出ないと、ゲームオーバーになってしまう。

システム[編集]

トラックボール

プレイヤーキャラクター[編集]

非プレイヤーキャラクター[編集]