ソニック・ザ・ヘッジホッグ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ
開発元 ソニックチーム
セガテクニカルインスティチュート
発売元 セガ
プロデューサー 豊田信夫
ディレクター よしいまさはる
デザイナー 安原弘和
プログラマー 中裕司
音楽 中村正人
美術 山口恭史
シリーズ ソニックシリーズ
人数 1 - 2人(同時、対戦プレイ可)
メディア 8メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1992年11月21日 (1992-11-21)
  • アメリカ合衆国 1992年11月24日
  • ヨーロッパ 1992年11月24日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI3
OFLC:G
GRB:ALL
売上本数
  • 日本 163,367本[2](1993年)
  • アメリカ合衆国 447万本
  • ヨーロッパ 120万本
  • INT 603万本[3]
その他 型式:
  • 日本 G-4088
  • アメリカ合衆国 1051
  • ヨーロッパ 1051
テンプレートを表示

ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』 (SONIC THE HEDGEHOG 2) は、セガ(後のセガゲームス)が1992年11月21日に発売したメガドライブ用横スクロールアクションゲーム[4] ソニックシリーズ第2作。略称はソニック2

後年、他のゲーム機で発売された版については、#移植版の節を参照。

日本国外では同名タイトルだが内容の異なるセガ・マスターシステム版が発売され、日本ではメガドライブ版と同日に、同作の移植であるゲームギア版も発売された。本項では「#セガ・マスターシステム版」の節で併せて解説する。

ゲーム内容[編集]

操作方法[編集]

基本的には前作と同じだが、今回は新たにスピンダッシュが追加された。方向ボタンを下に入力した状態でボタンを押すとその場で回転を始める。そして、その状態から方向ボタンを離すと勢いよく加速することができる。方向ボタンを下にしてその場で回転した状態でボタンを連打すると、さらに加速度を上昇させることができる。

プレイヤーキャラクター[編集]

この作品で初めてテイルスが登場した。プレイ中は常にソニックの後を追う。2プレイヤー側にもコントローラを接続しているときは操作することができる。テイルスはミスをしても復活するため、実質上無敵である。なお、オプションでプレイヤー設定をテイルスのみにすると、1プレイヤーでテイルスのみで操作ができる(ソニックのみにした場合は一人用で、前作と同じようなものにできる)。この場合は無敵状態ではなく、ソニックと同じ扱いになる。

スペシャルステージ[編集]

リングを50枚所持している状態でチェックポイントを通過すると、星でできた輪が出現する。これに触れるとスペシャルステージが始まる。ただし、スペシャルステージに入ると、今まで集めたリングが全て無くなり、配置されたところに戻っていく。

スペシャルステージは奥への強制スクロールで、左右の移動とジャンプのみの操作で規定のリングを集めてカオスエメラルドを手に入れることが目的である。ステージ上には爆弾があり、これに当たってしまうとリングが10個減少する。また、チェックポイントが3つあり、チェックポイントごとに決められたリングを集めなければならず、リングが足りない状態でチェックポイントに到達するとスペシャルステージは強制終了する。

カオスエメラルドを7個全て獲得した状態でリングを50枚以上取ってジャンプすると「スーパーソニック」に変身可能になり、変身中は無敵状態で移動速度も上昇するが、時間の経過とともにリングが1個ずつ減少し、リングが無くなると元の姿に戻る。また、7個すべて獲得した状態でクリアすると、真のエンディングが見られる。

対戦モード[編集]

今作は新たに2人で対戦できるモードが追加された。このモードでは、画面が上下に分割した状態となる。1プレイヤー側は上画面でソニック、2プレイヤー側は下画面でテイルスを操作する。選べるステージはエメラルドヒルゾーン・カジノナイトゾーン・ミスティックケイブゾーンの3つ。アクト2の最後にドクター・エッグマンは登場せず、ゴールに変更されている。片方がゴールすると、もう片方は1分以内にゴールできなければ失格になる。勝利判定は以下の項目で決定する。

  1. スコア
  2. 時間
  3. リング
  4. 取得したリングの数
  5. アイテムを取得した回数

なお、片方のプレーヤーの残機がなくなった地点で終了になり、ゲームオーバーになったプレーヤーは強制的に負けとなる。また、全てのステージで同点だった場合はスペシャルステージで勝負し、リングを多く取得した方が勝ちとなる。

スペシャルステージ単独の対戦も可能で、この場合は上下に分割せず、2人プレイと同じ状態になる。各ステージ3ラウンドを行い、各ラウンド終了時にリングが多いプレーヤーがポイント獲得となり、3ラウンド終了時に2ポイント以上獲得したプレーヤーの勝ちとなる。2ステージ終了時に勝利数が同じ場合は3ステージ目で勝負し、ルールは同じで3ラウンド終了時に2ポイント以上獲得したプレーヤーの勝ちになる。

このモードは2人プレイ用だが、対戦せずに1人で各ステージの練習としてもでき、1人プレイで遊ぶ際の練習としてもプレイできる。

コンティニュー[編集]

アクトクリア時のタイムボーナスと、取得したリングのスコアの合計が1万点以上に到達すると、コンティニューが1回増える。

アイテム[編集]

通常・対戦モードに登場するアイテム[編集]

10リング
リングが10枚増える。
ハイスピード
移動速度が速くなる。
1UP
残り人数が1人増える。
無敵
光っている間は無敵になる。
バリア
1回だけダメージを守ってくれる。

対戦モードのみに登場するアイテム[編集]

対戦モードではアイテムが伏せられており、中身は取得しないと分からない。

ドクター・エッグマン
リングが無くなる。
テレポテーション
1プレイヤーと2プレイヤーが入れ替わる。

ステージ構成[編集]

ゲームの舞台は「ウエストサイドアイランド」と呼ばれ、 全部で11のゾーンに,、各ゾーンはアクトという基本2つの区間に区切られる。 また、これらのステージとは独立して、後述するスペシャルステージが存在する。

EMERALD HILL ZONE(エメラルドヒルゾーン)
前作のグリーンヒルゾーンに似た草原地帯。なお、このステージのBGMは、全国のセガのゲームセンターで使われている[要出典]
CHEMICAL PLANT ZONE(ケミカルプラントゾーン)
坂道やパイプが縦横無尽に伸びている化学工場。アクト2はマップ下部が大量の液体で満たされ、水没すると水中と同じように動きが遅くなる。
AQUATIC RUIN ZONE(アクアティックルーインゾーン)
水中に沈んだ遺跡地帯。コースの半分は水中で、水中では地面から出る泡で息継ぎをしながら進む。
CASINO NIGHT ZONE(カジノナイトゾーン)
ネオンが輝く夜のカジノシティ。ステージ全体がピンボールのような作りになっている。スロットマシンの中に入ると、揃った絵柄に応じてリングを獲得できる。
HILL TOP ZONE(ヒルトップゾーン)
雲上の山岳地帯で、地上と洞窟を交互に通り抜ける。いたる所に溶岩があり、触れるとダメージを受ける。
MYSTIC CAVE ZONE(ミスティックケイブゾーン)
ツタ状の植物が繁茂した洞窟。アクト2には落下したら脱出不可能な落とし穴があるが、セガサターン版『ソニックジャム』では修正され脱出可能となっている。
OIL OCEAN ZONE(オイルオーシャンゾーン)
海がオイルで汚染されている原油採掘工場。この海は通常の水中と異なり、ジャンプをしないと少しずつ沈んでいき、一番下まで沈むとミスになる。また、オイルが流れている坂道では強制的に滑落し、スピンダッシュができない。
METROPOLIS ZONE(メトロポリスゾーン)
蒸気と歯車で構成された巨大な城塞。このゾーンに限りアクトが3つある。
開発当初、このステージのアクト3は別ステージ(GENOSIDE CITY ZONE)として前半に出す予定だったのが取り止めになり、先行してマップが完成していたのでこのステージのACT3として編集されこのような形となった。(「ソニックジャム オフィシャルガイド」より)
SKY CHASE ZONE(スカイチェイスゾーン)/WING FORTRESS ZONE(ウィングフォートレスゾーン)
スカイチェイスゾーンはトルネード号に乗ってドクター・エッグマンを追跡する。足場はトルネード号と倒した後のドースンのみだが、トルネード号が常にソニックの真下にいるので、基本的に落下する心配はない。
ACT2に該当するウィングフォートレスゾーンはドクター・エッグマンの巨大空中戦艦。開始直後にテイルスのトルネード号が撃墜され、ソニックだけで行動することになる。ここもアクトは1つのみ。
DEATH EGG ZONE(デスエッグゾーン)
ドクター・エッグマンの宇宙ステーション。2体のロボットと戦う。前作のファイナルゾーンと同じく、リングが一つもないので厳しい戦いとなる。さらにミスをするとステージの最初からやり直しとなる。
セガサターン『ソニックジャム』版では調整が入り、ステージの最初にリングが設置された。

ベータ版[編集]

メガドライブ版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の開発初期(アルファ)版や開発段階(ベータ)版とされるものが主に海外向けのネット上で存在する(英語版の当項目記事も参照)。

以下は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の完成版には存在しないステージである。また、他のステージにおいてもステージ名など完成版とは相違がある。以下の他には、タイトル画面や音楽の違い、「DEATH EGG ZONE」が当初はACT3構成だったと予測される情報もある。このベータ版のデータや情報を元に、ファンの手によって完成版にはない新たなステージも作られている。

Wood Zone
森の中のアスレチック面。ACT1の序盤部分のみ完成しており、後は未完成のゾーン。『METROPOLIS ZONE』の音楽を使用している。ベルトコンベアーやMETROPOLIS ZONEにあるようなテレーポーション用のチューブなどが存在するが、未完成であるため作動していない。
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』は当初の設定では時間移動の概念が入れられる予定であったため(初期のパンフレットにもそれを基盤にしたストーリーが掲載されていた)、このステージは『METROPOLIS ZONE』の過去か未来にあたるのではないかとも言われたが、真実はよく分かっていない(時間移動の概念は『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』で実現した)。
Genocide City Zone
ROMに名前だけ残っているゾーン。このステージの原案は『METROPOLIS ZONE』ACT3に転用された。また、企画書では『CYBER CITY ZONE』という名前であったという。
Dust Hill Zone
海外のゲーム雑誌に写真のみ掲載されたゾーン。砂漠をイメージしたステージだったと思われる。また、製作者への質問で、このステージのパレットを白く変え、一部のキャラを入れ替えることによって雪のステージに見立てた『WINTER ZONE』というステージも開発される予定であったことがわかっている。
Hidden Palace Zone
同名ステージは『ソニック&ナックルズ』にもあるが実際は無関係なステージである。ACT1の途中まで完成している。ステージ構成はマップ下部分が水に覆われた洞窟である。ブリッジの上を通過すると、通過部分が光る演出がある。
序盤の1UPアイテムのキャラクターはソニックでプレイしても"テイルス"となっている。敵ロボットはコウモリ型と赤い恐竜型が確認できる。また、ステージ後半のパイプの蓋として緑色の大きな宝石が配置されている(パイプの先はステージが未完成なので奈落である)。ステージの最後に急激な角度の坂があるが、上る手段がない。ステージの最終部分には、『OIL OCEAN ZONE』のオイルの流れる坂道に似た水の滑り台がある。
完成版で未使用だったトラック10(サウンドテストで聴くことができる)の音楽はこのステージで使われる予定だったといわれている。ちなみに、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』の裏技のステージセレクト画面は、このゲームと全く同じ物を使用しているが、その中にこのステージのためのものと思われるステージ用アイコンが存在している。このステージだけは完成版にデータが残っており、チートコードを入力することによってプレイが可能になる。しかし、グラフィックは削除されているため、画面は正常に表示されない。

登場キャラクター[編集]

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

音速で走るハリネズミ。ウェストサイドアイランドでバカンスを楽しんでいたところ、ドクター・エッグマンの悪事を知る。詳細は「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を参照。

マイルス "テイルス" パウアー

2本の尻尾を持ったキツネ。通称「テイルス」。ソニックに憧れ、ソニックの後をついてくる。詳細は「マイルス "テイルス" パウアー」を参照。

ドクター・エッグマン

前作に引き続き登場する悪の天才科学者。今回もカオスエメラルドを狙っている。各ゾーンの最後にボスとして登場し、カプセル型の飛行マシン「エッグマンモービル」に乗って勝負を挑んでくる。詳細は「ドクター・エッグマン」を参照。

エッグマンモービル
エッグマンモービルは、様々なアタッチメントを装着することにより多彩な攻撃ができる。ドクター・エッグマンは、各ゾーンごとに毎回異なるアタッチメントを装着して勝負を挑んでくる。正式名称はないが、ここでは攻略本に記載されていた名称を準用する。
ドリル・エッグマン
エッグマンモービルと、地上を走行する先端に1本のドリルがついた車両が合体したメカ。直進してくる。あと1回の攻撃で破壊される状態になると、先端のドリルを飛ばしてくる。
ウォーター・エッグマン
足下に満たされている液体を吸い上げて頭上に落としてくる。また、足場の一部が反転し、落下の危険も伴う。
トンカチ・エッグマン
エッグマンモービルの先端に巨大なハンマーを装備し、これで左右に聳える石柱を叩くことにより矢を撃ちだす。
キャッチャー・エッグマン
クレーンゲームのようなツメをマシン下部に装着し、爆弾を落として来る。
サブマリン・エッグマン
潜水艦のような形態になっており、マグマの中から飛び出し、火の玉を撃ってくる。
ドリル・エッグマンII
2本のドリルを左右に装着している。このドリルで洞窟の天井を掘削し、鍾乳石のような尖った岩を落として攻撃してくる。また、前方に体当たりする。
サブマリン・エッグマンII
オイルの海の中に潜み、爪を飛ばす、レーザーを射出するなどの攻撃を行う。
フライング・エッグマン
エッグマンモービルに卵型のバリアを多数装備している。バリアはエッグマンモービルを中心にリング状に回転し、触れるとダメージを受ける。本体に攻撃すると、このバリアはエッグマンそっくりに変形して周囲を飛び跳ねる。分身は1回の攻撃で消滅する。

敵ロボット[編集]

ウェストサイドアイランドの住人が、ドクター・エッグマンによってロボットに改造されている。破壊することで動物達は元の姿に戻る。

スティンガー
エメラルドヒルゾーンに出現。ハチ型ロボット。空中を試行し、斜め下方向に弾を撃ってくる。
アイアイ
エメラルドヒルゾーンに出現。サル型ロボット。木の幹に捕まっており、ココナッツを投下する。
ガブッチョ
エメラルドヒルゾーンに出現。型ロボット。水中から垂直に飛び出し、噛み付いてくる。
ランダー
ケミカルプラントゾーンに出現。イソギンチャク型ロボット。壁や床に張り付き、ゆっくり移動しながら、時々黄色い弾を発射する。
グラバー
ケミカルプラントゾーンに出現。クモ型ロボット。天井に吊られており、ソニックが近付くとゆっくり降りてくる。ソニックを捕獲すると一定時間後に自爆するが、それまでに方向キーをすばやく上下左右に入力すれば脱出することができる。
ハンドリル
アクアティックルーインゾーンに出現。モグラ型ロボット。手と口に装着したドリルで遺跡の壁を破壊して出現する。ハンドリルが出てくる壁は、周辺の壁と色が異なる。
ブンブン
アクアティックルーインゾーンに出現。ハエ型ロボット。3匹で行動し、執拗にソニックを追跡する。
ピラーナ
アクアティックルーインゾーンに出現。ピラニア型ロボット。普段はゆっくり泳いでいるが、ソニックが近付くと急に速度を上げて体当たりしてくる。
ガードン
カジノナイトゾーンに出現。星柄の盾を装備したロボット。手にした盾で横や前からの攻撃を跳ね返す。倒すためには後ろから攻撃しないといけない。
ザウラ
ヒルトップゾーンに出現。首長竜型ロボット。溶岩の中から顔を出し、火を吐いてくる。背中は足場になる。
ゴーラ
ヒルトップゾーンに出現。ボール型ロボット。自分の周囲に4つの火の玉を回転させている。ソニックが近付くと火の玉を前方に飛ばしてくる。
ツンツン
ヒルトップゾーンに出現。巻貝型の殻を装着したロボット。ソニックが近付くと殻を上に飛ばしてくる。天井に張り付いている個体もあり、それらは下に殻を飛ばしてくる。
フラッシャー
ミスティックケイブゾーンに出現。ホタル型ロボット。時々発光し、その間は動かないが、こちらの攻撃が一切効かず、触れるとダメージを受ける。
ザキーン
ミスティックケイブゾーンに出現。ムカデ型ロボット。普段は身体を縮めて物陰に隠れているが、ソニックが近付くと体を伸ばして攻撃してくる。
オクター
オイルオーシャンゾーンに出現。タコ型ロボット。垂直に飛びあがり、横方向に弾を発射してくる。
シードラ
オイルオーシャンゾーンに出現。タツノオトシゴ型ロボット。空中を飛びまわり、斜め下方に弾を発射してくる。
テルスター
メトロポリスゾーンに出現。ヒトデ型ロボット。自爆して爪を5方向に飛ばしてくる。
カニパンチ
メトロポリスゾーンに出現。カニ型ロボット。片方のハサミが大きく、横方向にパンチを繰り出してくる。
カマキラー
メトロポリスゾーンに出現。カマキリ型ロボット。腕のカマを飛ばして攻撃してくる。カマは1対しか撃てないが、ある程度ソニックを追跡する。
バルキーン
スカイチェイスゾーンに出現。コンドル型ロボット。高速で突進してくる。
ドースン
スカイチェイスゾーンに出現。カメ型ロボット。親亀と子亀がセットになっている。親亀の口から弾を吐いて攻撃してくる。倒せるのは子亀のみで、倒すと親亀は足場として残る。
ポトス
スカイチェイスゾーンに出現。頭部にプロペラをつけたカプセル型ロボット。ソニックが近付くと上昇し、下方向に弾を落としてくる。
コケッコー
ウィングフォートレスゾーンに出現。ニワトリ型ロボット。戦艦内の砲台を操縦して弾を撃ってくる。

その他のメカ[編集]

バリアー・エッグマン
ウィングフォートレスゾーンのボス。戦艦内部のメカ。3つのとげ付きの台を浮遊させて攻撃してくる。本体からは垂直方向にレーザーを発射する。
メカソニック
デスエッグゾーンに登場。ソニックを模したロボット。回転して左右を様々な軌道で往復したり、とげを飛ばして攻撃する。回転中は無敵である。
巨大エッグマンロボ
デスエッグゾーンのボス。本ゲームのラスボス。
ナックルズ・ザ・エキドゥナ

ソニック&ナックルズ』と本ソフトのカートリッジを装着することで使用出来るキャラクター。ハリモグラでソニックのライバル。壁登りや滑空、マーシャルアーツを使ったアクションが出来る。詳細は「ナックルズ・ザ・エキドゥナ」を参照。

移植版[編集]

  • 全てセガ(セガゲームス)発売。
  • 特記の無い場合はメガドライブ版の移植(エミュレーション作品も含む)。
No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ソニック ジャム
  • 日本 1997年6月20日 (1997-06-20)
  • アメリカ合衆国 1997年8月22日
  • ヨーロッパ 1997年8月28日
セガサターン ソニックチーム セガ CD-ROM 日本の旗GS-9147
アメリカ合衆国の旗81079
欧州連合の旗MK81079-50
-
2 ソニックジャム
サタコレ
  • 日本 1998年7月23日 (1998-07-23)
セガサターン ソニックチーム セガ CD-ROM GS-9200
廉価版
3 ソニック メガコレクション
  • 日本 2002年12月19日 (2002-12-19)
  • アメリカ合衆国 2002年11月10日
  • ヨーロッパ 2003年3月7日
ニンテンドーゲームキューブ ソニックチーム セガ 光ディスク DOL-P-GSOJ -
4 ソニック メガコレクション プラス
  • 日本 2004年12月9日 (2004-12-09)
  • アメリカ合衆国 2004年11月2日
  • ヨーロッパ 2005年2月4日
PlayStation 2
Xbox
ソニックチーム セガ DVD-ROM 日本の旗PS2:SLPM-65758
XB:ZD6-00003
アメリカ合衆国の旗PS2:SLUS-20917
XB:SKU-64057
欧州連合の旗PS2:SLES-52998
-
5 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2006年 (2006)
FOMA903i
iアプリ
セガ セガ ダウンロード - -
6 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2007年6月19日
  • アメリカ合衆国 2007年6月11日 (2007-06-11)
  • ヨーロッパ 2007年7月6日
Wii
バーチャルコンソール
ソニックチーム
セガテクニカルインスティチュート
セガ ダウンロード - - -
7 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • INT 2007年9月12日 (2007-09-12)
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
ソニックチーム
セガテクニカルインスティチュート
セガ ダウンロード - -
8 Sonic's Ultimate Genesis Collection
  • アメリカ合衆国 2009年2月10日 (2009-02-10)
  • ヨーロッパ 2009年2月20日
PLAYSTATION 3
Xbox 360
Backbone Entertainment セガ Blu-ray Disc
DVD-ROM
- -
9 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
★ぷよぷよ!セガ
  • 日本 2009年2月19日 (2009-02-19)
EZアプリ
(BREW)
セガ セガ ダウンロード - -
10 SONIC THE HEDGEHOG 2
  • アメリカ合衆国 2009年11月20日 (2009-11-20)
BlackBerry セガ セガ ダウンロード - -
11 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2010年5月4日
  • アメリカ合衆国 2010年4月20日 (2010-04-20)
iPhone
iPod Touch
(iOS)
セガ セガ ダウンロード - -
12 SONIC THE HEDGEHOG 2
  • アメリカ合衆国 2011年1月26日 (2011-01-26)
  • ヨーロッパ 2011年1月26日
Windows
(Steam)
ソニックチーム
セガテクニカルインスティチュート
セガ ダウンロード -
13 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2011年7月28日
  • アメリカ合衆国 2011年4月19日 (2011-04-19)
  • ヨーロッパ 2011年4月20日
PlayStation 3
PSN
セガ セガ ダウンロード
  • 日本 NPJB-00127
-
14 ソニック・ザ・ヘッジホッグ
  • 日本 2013年12月13日 (2013-12-13)
Android セガ セガネットワークス ダウンロード -
15 3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2015年7月22日 (2015-07-22)
  • INT 2015年10月8日
ニンテンドー3DS
セガ3D復刻プロジェクト
M2 セガ ダウンロード - -
wii(バーチャルコンソール)版
Xbox 360版
PlayStation 3版
ニンテンドー3DS版『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』

音楽[編集]

BGMDREAMS COME TRUE中村正人により作曲された。エンディングテーマをベースに歌詞をつけた曲『SWEET SWEET SWEET』は、ドリームズ・カム・トゥルーのアルバム『The Swinging Star』『DREAMAGE-DREAMS COME TRUE “LOVE BALLAD COLLECTION”』などにも収録されている。また、Xbox 360PS3版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」では『SWEET SWEET SWEET』のリアレンジ版『SWEET SWEET SWEET-06 AKON MIX-』が収録された。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:中山隼雄
  • プロデューサー:豊田信夫
  • ディレクター:よしいまさはる
  • チーフ・プログラマー:中裕司 (YU2)
  • ゲーム・プランナー:安原弘和 (CAROL YAS)
  • キャラクター・デザイン、チーフ・アーティスト:山口恭史 (JUDY TOTOYA)
  • アシスタント・プログラマー:ビル・ウィルス、山元雅信
  • オブジェクト配置:安原弘和、あんとうたかひろ、菅野豊
  • スペシャル・ステージ・オブジェクト配置:菅野豊
  • ゾーン・アーティスト:山口恭史、クレーグ・スティット、ブレンダ・ロス、石渡爾奈、トム・ペイン、PHENIX RIE(小玉理恵子)
  • スペシャル・ステージ・アート&CG:ティモシー・スケリー、ピーター・モラウィエク 
  • 音楽:中村正人ドリームズ・カム・トゥルー
  • サウンド・プログラマー:嶋田智幸
  • サウンド・アシスタント:MACKY(牧野幸文)、JIMITA(久保田浩)、MILPO(香嶋良昭)、IPPO(竹内出穂)、S.O(小河幸男)、OYZ(瀬津丸勝)、N.GEE(長尾優進
  • プロジェクト・アシスタント:片木秀一、はまのたかひろ、大岡良樹、スティーブ・ウォーター
  • ゲーム・マニュアル:高橋よういち、キャロル・アン・ハンシャウ
  • エグゼクティブ・サポーター:桜井大三郎、鈴木久司、トーマス・カリンスキー、峰岸ふじお、宇都宮たかはる
  • スペシャル・サンクス:シンディー・クレイヴラン、フランス・タンティアド、斉藤だいすけ、青木くにたけ、青木つねこ、デボラ・マクラッケン、山田辰夫、ブロードリック・マカラエグ、LOCKY P(西山彰則)、かわむらまさあき

評価[編集]

評価
集計結果
媒体 結果
GameRankings 88% (8 reviews)[5]
Metacritic 82/100 (X360)[6]
60/100 (iOS)[7]
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 94%[8]
Electronic Gaming Monthly 35/40[9]
Eurogamer 9/10 (X360)[5]
ファミ通 30/40点[10]
(シルバー殿堂)
GameFan 197/200[11]
Game Informer 27.25/30[13]
9.5/10[14]
GamePro 5/5[12]
GameSpot 8/10 (X360)[15]
IGN 8.5/10 (Wii)[16]
Official Nintendo Magazine 94% (Wii)[17]
Official Xbox Magazine 9/10 (X360)[5]
Bad Influence! 星5つのうち5つ[18]
Mean Machines 96%[19]
Mega 94%[20]
Mega Zone 93%[21]
Sega-16 10/10[5]
Sega Force 97%[22]
Sega Force Mega 95%[23]
メガドライブFAN 26.58/30点 [1]
メガドライブ大全 肯定的[24]
受賞
媒体 受賞
Electronic Gaming Monthly Best Game of the Year (Genesis)[25]
GameFan Golden Megawards Best Action Platform Game[26]
Game Informer Best Action/Adventure Game,
Best Graphics in a Video Game[27]
GamePro Action/Adventure Game of the Year,
16-Bit Game of the Year (Runner-Up),
Award for Excellence in Graphics (Runner-Up)[28]
MegaTech Hyper Game
  • ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは合計30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得している[10]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、26.58点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「ゲーム中のグラフィックはもとより、マップやトラップなども前作に比べてはるかに充実している。また、無敵のスーパーソニック、スーパーテイルスなどのウルテクもいっぱい」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.78 4.34 4.51 4.29 4.38 4.28 26.58
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「当社比1.2倍の速さになったと言うけれど、元から速すぎるのでよく分かんない」、「2Pプレイ時、オドロキの上下二分割画面は、さすが天才・中裕司による賜物」、「もはや世界的な人気を得ていたソニックに続いてテイルスも、そのルックスと独特な浮遊感から大きな人気を得た」と評している[24]



























セガ・マスターシステム版[編集]

ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 セガ・マスターシステム
開発元 アスペクト
発売元 セガ
プログラマー KO.KO
SEMIMARU
TEA TEA
TOSIYAN
音楽 遠藤智三
SHIMACHAN
RAY
美術 福本久人
本田のぶひこ
TEZ
U.D.K
シリーズ ソニックシリーズ
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット
発売日
  • ヨーロッパ 1992年10月16日 (1992-10-16)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI3
OFLC:G
USK:0
GRB:ALL
その他 型式:9015
テンプレートを表示

日本国外では同名のタイトルで1992年にセガ・マスターシステム用ソフトとして発売され、その後日本でもメガドライブ版と同じ日にゲームギア用ソフトとして発売された[29]。ただし、内容はメガドライブ版と別物で、主人公のソニックがドクターエッグマンにさらわれたテイルスを救出するというストーリーになっている。

2008年11月18日より、Wiiバーチャルコンソールで配信された(ただし、配信されるのは海外版のマスターシステムのため、画面サイズなどの違いがある)。また、2012年10月31日にはニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでゲームギア版が配信されている。

ゲーム内容[編集]

カオスエメラルド[編集]

ゾーン1-6のどこかにカオスエメラルドが6個隠されている。これを取るとコンティニュー回数が1回増える。また、すべてのカオスエメラルドを取得すると真の最終ゾーンに進める。

ステージ構成[編集]

UNDER GROUND ZONE(アンダーグラウンドゾーン)
トロッコを使って地下を進んでいく。
SKY HIGH ZONE(スカイハイゾーン)
高山のステージ。ハンググライダーを使っていく。
AQUA LAKE ZONE(アクアレイクゾーン)
水中のステージ。方向ボタンを押したまま回転アタックしながら水中に飛び込むことで水切りが可能になる。
GREEN HILLS ZONE(グリーンヒルズゾーン)
草原のステージ。ジャンプ台を上手に使う必要がある。ステージBGMとして、『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』(日本・欧州版)のOPテーマ曲「Sonic‐You Can Do Anything」の原曲が流れる。
GIMMICK MOUNTAIN ZONE(ギミックマウンテンゾーン)
歯車、ベルトコンベアが設置されている山のステージ。
SCRAMBLED EGG ZONE(スクランブルドエッグゾーン)
パイプが張り巡らされたステージ。
CRYSTAL EGG ZONE(クリスタルエッグゾーン)
カオスエメラルドを6個集めないと進めない。このゾーンをクリアできたらテイルスを救出でき、真のエンディングが見られる。

キャラクター[編集]

敵ロボット[編集]

タラバン
ゾーン1・3・4・6に出現。カニ型ロボット。
ニュー・モトラ
ゾーン1・4に出現。テントウムシ型ロボット。
メレオン
ゾーン1・2・4に出現。カメレオン型ロボット。
ガメガメ
ゾーン2・6に出現。カメ型ロボット。
ザリリン
ゾーン3に出現。ザリガニ型ロボット。
ドリリン
ゾーン5に出現。モグラ型ロボット。
ブートン
ゾーン5に出現。ブタ型ロボット。
ボム
ゾーン5・6に出現。爆弾型ロボット。

ボス[編集]

アリジゴクメカ
ゾーン1のボス。
ガチョウメカ
ゾーン2のボス。
メカアシカ
ゾーン3のボス。
メカブタ
ゾーン4のボス。
イノブタメカ
ゾーン5のボス。
メカソニック
ゾーン6のボス。
Dr.エッグマン
クリスタルエッグゾーンのボス。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 1992年11月21日
  • アメリカ合衆国 1992年11月17日
  • ヨーロッパ 1992年10月29日 (1992-10-29)
ゲームギア アスペクト セガ 4メガビットロムカセット[30]
  • 日本 G-3321
  • アメリカ合衆国 2507
  • ヨーロッパ 2507-50
-
2 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
名作コレクション
  • 日本 1993年12月10日 (1993-12-10)
ゲームギア アスペクト セガ 4メガビットロムカセット G-3338 -
廉価版
3 ソニックアドベンチャーDX
  • 日本 2003年6月18日
  • アメリカ合衆国 2003年6月18日 (2003-06-18)
  • ヨーロッパ 2003年6月27日
ニンテンドーゲームキューブ ソニックチーム セガ 光ディスク
  • 日本 DOL-P-GASJ
  • アメリカ合衆国 DOL-P-GXSE
  • ヨーロッパ DOL-P-GXSP
-
4 ソニックアドベンチャーDX
  • 日本 2003年12月18日 (2003-12-18)
  • アメリカ合衆国 2004年9月14日
  • ヨーロッパ 2004年2月6日
Windows ソニックチーム セガ CD-ROM
ダウンロード
  • 日本 HCJ-0344
  • ヨーロッパ SEGA-PC002
-
5 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2008年11月18日 (2008-11-18)
  • アメリカ合衆国 2008年12月8日
  • ヨーロッパ 2008年12月26日
Wii
バーチャルコンソール
アスペクト セガ ダウンロード -
セガ・マスターシステム版の移植
6 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • 日本 2012年10月31日 (2012-10-31)
  • アメリカ合衆国 2013年6月27日
  • ヨーロッパ 2013年6月27日
ニンテンドー3DS
(バーチャルコンソール)
アスペクト セガ ダウンロード -
ゲームギア版の移植

音楽[編集]

ゲームギア版では尾形雅史と幡谷尚史がBGMを担当した。「GREEN HILLS ZONE」のBGMは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』の日本・欧州版OPテーマ曲「Sonic‐You Can Do Anything」の原曲となっている。なお『ソニック&テイルス』(SONIC CHAOS)の「MECHA GREEN HILL ZONE」では、このBGMをリミックスしたものが使用されている。

スタッフ[編集]

  • 音楽:TOMOZOU(遠藤智三)、SHIMACHAN、RAY
  • プログラム:KO.KO、SEMIMARU、TEA TEA、TOSIYAN
  • アート:JLY KING(福本久人)、NOBURIN(本田のぶひこ)、TEZ、U.D.K
  • エディット:RAIZOU、M.SHIMA、END、MARIYURI
  • サウンド:GATAO(尾形雅史)、NAO CHAN(幡谷尚史)、DAWASA(澤田朋伯)
  • サンクス:ASOHY(麻生宏)、TAKU.S(庄司卓)、THE HASE(長谷川勝弘)、THOMAS Y(湯田高志)、OKUSAN、LUNARIAN(新谷憲司)、HITMEN、アスペクト

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
SGG マスターシステム
ファミ通 24/40点[31] N/A
GamePro 5/5点 [32] N/A
IGN N/A 8/10点 (Wii)[33]
Mean Machines N/A 95% [34]
Mega Zone N/A 93% [35]
Sega Force 93% [36] 92% [36]
Sega Force Mega 93% [37] 92% [38]
Sega Master Force N/A 92% [39]
受賞
媒体 受賞
Electronic Gaming Monthly Best Game of the Year| (Portable Game Systems)[25]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)となっている[31]











関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 19頁。
  2. ^ Sonic the Hedgehog 2(Japan)
  3. ^ the Hedgehog 2(Genesis)
  4. ^ [セガハード大百科 メガドライブ対応ソフトウェア(セガ発売)]”. セガ. 2015年5月31日閲覧。
  5. ^ a b c d Sonic the Hedgehog 2”. GameRankings. 2012年2月3日閲覧。
  6. ^ Sonic the Hedgehog 2”. Metacritic. CBS Interactive. 2014年11月27日閲覧。
  7. ^ Sonic the Hedgehog 2 Critic Reviews for iPhone/iPad”. Metacritic. CBS Interactive. 2014年11月27日閲覧。
  8. ^ Computer & Video Games, issue 132 (November 1992)
  9. ^ Electronic Gaming Monthly, 1998 Video Game Buyer's Guide, page 87
  10. ^ a b ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 [メガドライブ] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年3月6日閲覧。
  11. ^ GameFan, volume 1, issue 2 (December 1992), pages 9 & 14-17
  12. ^ GamePro, issue 42 (January 1993), pages 46-47
  13. ^ Game Informer, issue 8 (January/February 1993), pages 56-57
  14. ^ “Classic Reviews: Sonic the Hedgehog 2”. Game Informer 12 (109). (May 2002). 
  15. ^ Provo, Frank (2007年). “Sonic the Hedgehog 2 Review”. GameSpot. 2007年10月21日閲覧。
  16. ^ Lucas M., Thomas (2007年). “IGN's Sonic the Hedgehog 2 Review”. IGN. Ziff Davis. 2007年10月21日閲覧。
  17. ^ East, Tom (2008年1月11日). “Sonic The Hedgehog 2: The blue hedgehog returns”. Official Nintendo Magazine. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月3日閲覧。
  18. ^ Bad Influence, issue 2, pages 46-47
  19. ^ “Review: Sonic the Hedgehog 2”. Mean Machines (2): 60–3. (November 1992). http://info.sonicretro.org/Review_-_Sonic_the_Hedgehog_2_%28Mean_Machines_Sega,_November_1992%29 2012年2月3日閲覧。. 
  20. ^ “Game Review: Sonic the Hedgehog 2”. Mega (Future Publishing) (2): 36–41. (November 1992). http://www.outofprintarchive.com/catalogue/mega/MEGA2.html 2012年2月3日閲覧。. 
  21. ^ “Sonic the Hedgehog 2”. Mega Zone (25): 31–33. (January 1993). http://info.sonicretro.org/Review_-_Sonic_the_Hedgehog_2_%28Megazone,_January_1993%29. 
  22. ^ “Reviewed: Sonic the Hedgehog 2 (Mega Drive)”. Sega Force (Impact Magazines) (12): 14–6. (December 1992). http://www.smspower.org/Scans/SegaForce-Magazine-Issue12?gallerypage=16 2012年2月3日閲覧。. 
  23. ^ “Sonic 2”. Sega Force Mega (Impact Magazines) 2 (1): 91. (August 1993). 
  24. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、142頁。ISBN 9784872338805
  25. ^ a b Electronic Gaming Monthly's Buyer's Guide. (1993). 
  26. ^ GameFan, volume 1, issue 3 (January 1993), pages 70-71
  27. ^ Game Informer, issue 8 (January/February 1993), page 34
  28. ^ GamePro, issue 44 (March 1993), pages 22-24
  29. ^ [セガハード大百科 ゲームギア対応ソフトウェア(セガ発売)]”. セガ. 2015年5月30日閲覧。
  30. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 115頁。
  31. ^ a b ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年3月6日閲覧。
  32. ^ “Game Gear Pro Review: Sonic the Hedgehog 2”. GamePro (44): 164. (March 1993). 
  33. ^ Thomas, Lucas M. (2008年12月9日). “Sonic the Hedgehog 2 (Master System Version) Review: The name's the same, but it's a totally different game”. IGN. 2012年2月9日閲覧。
  34. ^ “Master System Review: Sonic the Hedgehog 2”. Mean Machines (2): 66. (November 1992). http://info.sonicretro.org/Review_-_Sonic_The_Hedgehog_2_%28Mean_Machines_Sega,_November_1992%29 2012年2月3日閲覧。. 
  35. ^ “Sonic the Hedgehog 2”. Mega Zone (25): 31–3. (January 1993). http://info.sonicretro.org/Review_-_Sonic_the_Hedgehog_2_%28Megazone,_January_1993%29 2012年2月3日閲覧。. 
  36. ^ a b “Reviewed: Sonic the Hedgehog 2 (Master System & Game Gear)”. Sega Force (12): 30–33. (December 1992). http://www.smspower.org/Scans/SegaForce-Magazine-Issue12?gallerypage=30 2012年2月3日閲覧。. 
  37. ^ “Game Gear Guide”. Sega Force Mega 2 (7): 78. (January 1994). 
  38. ^ “Master Market”. Sega Force Mega 2 (7): 79–80 [80]. (January 1994). 
  39. ^ “Sega Master Force Issue 2”. Sega Master Force (2): 13. (September 1993). http://www.smspower.org/Scans/SegaMasterForce-Magazine-Issue2?gallerypage=13 2015年11月19日閲覧。. 

外部リンク[編集]