アルファ版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルファ版(アルファばん、α版)とは、性能や使い勝手などを評価するためのテストソフトウェアである。

概要[編集]

アルファ版は、開発初期において性能や使い勝手などを評価するためのテスター開発者向けの版である。未実装の機能があったり、動作が不安定、想定外の動作をする、クラッシュするなどバグが多数存在することが多く、酷い場合にはシステムに深刻なダメージを与えることすらある。そのためベータ版とは異なり、アルファ版が外部に公開されることはほとんどない。オープンな環境で開発されているソフトウェアでは、一般に公開されている場合もあるが、開発者やテスター向けに公開されているのであって、一般人は使用すべきではない。テスターとしてアルファ版を試すときは、最悪システムが破壊されることもあると覚悟しておく必要がある。

アルファ版で出た問題点やバグを改善し、ユーザーに試用してもらうための版がベータ版である。

関連項目[編集]